空港では、必ず通る金属探知機。

 

危険な金属類がないかを確認するための物ですが

私は毎回とてもドキドキしてしまいます。

 

そんな危な物は、もちろん持っていませんが

これは鳴るのか?鳴ったらどうしよう!!

と、ハラハラドキドキ。

そんな不安もある程度知識があれば安心できますよね。

 

今回は空港での金属探知機に、普段身に着けている物などが

反応してしまうのか?をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク



空港の金属探知機でチャックやベルトは反応する?

旅行などの時、少し気合を入れてオシャレなベルトや

チャックのついたジャケットを着て出発!

 

ふと気になるのが、ベルトについている金属や

チャックに金属探知機は反応するの?

という疑問。

 

まず、チャックやベルトについてご紹介いたします。

 

金属探知機にチャックは反応するの?

服についているチャック程度では

まず反応しないと言えます。

しかし、服のデザインにより、あまりにたくさんのチャックがついているような

ロックな服装の場合は、もしかすると反応する可能性も!

 

心配な場合は、金属探知機を通る前に脱いで

トレイに入れておくといいですね。

 

また万が一着用したままで、金属探知機に反応しても

ハンドタイプの金属探知機で係の人が検査し

問題がなければ通ることができますよ。

 

金属探知機にベルトで反応する?

これはベルトの種類により一概には言えません。

 

大きめのバックルのついたベルトは

反応することもあるので

取り外してトレイに入れておきましょう。

 

また細身のベルトでも、反応したという人も!

 

デザインによっては反応しやすい場合もあるので

心配な場合は取り外しておきましょう。


スポンサーリンク



 

空港の金属探知機で指輪・ピアス・ネックレスは反応する?

普段つけている、指輪やピアス、ネックレスなどは

金属探知機に反応するのでしょうか?

 

取り外しもなかなか面倒なものが多いので

知っておきたいところですよね。

 

金属探知機に指輪は反応する?

結婚指輪など、一番身に着けている人が多いアクセサリー。

 

これが引っ掛かっては、太ってしまって外れない!

なんて人も多くて大変ですよね(笑)

 

指輪は、まず反応することはありません。

基本的に、金属探知機で反応するのは

鋭利な金属なので、丸っこい指輪は大丈夫でしょう。

 

金属探知機にネックレスは反応する?

指輪で反応する人は、まずいないそうですが

ネックレスは意外と多い事実!

 

ネックレスのデザインにもよりますが

やはり大きめの金属ではアラームが鳴ることも!

 

鳴ってしまったら、さらに慌ててしまうので

最初から取り外してトレイに入れておきましょう。

 

金属探知機にピアスは反応する?

ピアスは物により、反応したりしなかったり。

 

小ぶりのピアスなら大丈夫だったりしますが

大きめのピアスや尖っているピアスなどは

反応することもあります。

 

ピアスもドキドキしないために

最初から外しておくのがいいでしょう。

 

アクセサリーが反応して慌てないために!

アクセサリー類は小さく、外しにくかったりしますよね。

 

鳴ってからでは、焦ってしまい

なかなか外せない!なんてことも。

 

そうならないために、手荷物検査に行く前に

外しておくことをおすすめします。

 

手荷物検査の入り口も意外と混雑していて

カゴをとってから外していては

他の乗客の迷惑になることもあります。

 

また、アクセサリー類は数が多いと反応することも!

 

ピアスなどでは、いくら小さいからと言っても

たくさん付けていたりする場合は

反応することもあるので

出来る限り外しておくといいですね。


スポンサーリンク


関連記事:サングラスの紫外線透過率0.1以下の意味とは?調べ方は?

空港の金属探知機でチタンは反応する?

骨折や手術などで、チタンが体に入っていることもあります。

 

人工関節は反応する?

リウマチなどの病気を抱え、人工関節が入っている方は

珍しくありません。

 

実は、人工関節でも空港の金属探知機に反応することがあります。

しかし、その場合は慌てず説明すれば大丈夫!

 

国内であれば、口頭で説明すれば通ることができます。

しかし、海外でアラームが鳴った場合

ちゃんと伝えられるか心配になりますよね?

 

そんな時は医療機関で、人工関節が入っている内容を書いた

手帳やIDを作成してもらうことができます。

 

心配な方は担当医に相談してみるといいですね。

 

事故や手術でボルトが入っているが反応する?

こちらはボルトの大きさにより

反応したりしなかったりするようです。

 

しかし、こちらも説明をすれば問題はありませし

医療機関で証明書を発行してもらっていれば

安心ですね。

 

インプラントは反応する?

歯にインプラントが埋め込まれている人もいるのでは?

インプラントにはチタン製のものもあります。

 

インプラントは、まず反応しないと言えますが

磁石のついたインプラントは

空港の検査員が見ている画像に乱れが起きることも。

 

空港の金属探知機で身につけている物で他に注意する物!

アクセサリー、チタン、服やベルトなどを

ご紹介してきましたが

他にも注意しなければならない持ち物は

意外と多くあります。

 

いくつかご紹介したいと思います。

 

スマートフォンやノートパソコンやタブレットなど。

電子機器は金属探知機に反応することが多いです。

大きなものは手荷物に入れてあることが多いですが

気を付けたいのがスマートフォン。

 

ついつい、いつもの癖でポケットに!

なんてことも考えられるので

気を付けましょう。

 

財布や小銭入れにも注意!

財布や小銭入れも

金属探知機に反応することがあります。

またポケットに入れていた小銭に反応することも。

 

ギリギリまで持ち歩くものですが

手荷物検査の前には気を付けて

確認しておきましょう。

 

鍵にも注意!

車の鍵や家の鍵なども反応することがあります。

 

バッグの中でも、たくさん束ねている場合は

反応することがありますので

トレイに出し、重ならないように置いておきましょう。

 

ブーツにも反応することが!

あまり意識しないブーツですが

厚底のブーツなどの場合は

かかとなどに、金属が入っており

反応することがあります。

 

心配な方は、あらかじめ脱いでおきましょう。

 

また海外では、先に必ず脱いでおかないといけない国も。

 

海外旅行に行かれる時は

事前にチェックしておきましょう。

 

空港の金属探知機が反応したりしなかったりするのはなぜ?

同じアクセサリーやベルトをしていても

なんなく通れた人や、アラームが鳴ったという人も。

 

もちろん、デザインや身に着けている数にもよりますが

空港の金属探知機の精度は調整することができます。

 

空港のセキュリティレベルによって

反応したり、しなかったりがあるようです。

 

例えば、どこかでテロなどがあった場合は

厳しくなることもありますので

事前に外せるものは外し

スムーズに通れるようにしておきましょう。


スポンサーリンク


最後に

空港の金属探知機は

何度経験してもドキドキしますよね。

 

何も悪いことはしていなくても

検査されると緊張します。

 

アラームが鳴って慌てないためにも

事前に確認し、時間に余裕を持って

手荷物検査に行ってくださいね。


スポンサーリンク