お誕生日やクリスマスなどのイベントに

会いに行くには少し遠いご家族やご友人に

サプライズでプレゼントを贈りたい!!

 

そんなタイミングってありますよね。

 

商品を選んだ後に

そのまま配達してくれるお店もありますが

梱包や配達は、ご自身でお願いします!

というお店も少なくはありません。

 

今回はプレゼントを郵送する場合の方法

梱包の仕方や伝票の書き方などを

ご紹介したいと思います。


スポンサーリンク



プレゼントを郵送する方法!

まずはプレゼントを送る方法について

ご紹介いたします。

 

大切なプレゼントなので

安心して利用できるサービスがいいですよね!

 

プレゼントを郵送する主な方法は2つ!

ゆうパックで送る。

宅急便で送る。

 

この2つが主な方法となります。

 

どちらも共通していることは

 

日時の指定ができる。

30万円まで保証がある。

追跡サービスがある

 

ということです。

 

大切なプレゼントなので

荷物がどこかに行ってしまった!

ということや

万が一、配達中に壊れても

安心なサービスがあるのは助かりますね。

 

また、ゆうパックと宅急便は

取り扱っている会社が違うため

サービス内容にも少し違いがあります。

 

その内容もご紹介したいと思います。

 

プレゼントを郵送する時のサイズや送料は?

ゆうパックや宅急便を使いプレゼントを送る場合

大きさによって送り方が少し違ってきます。

 

〈ゆうパック〉

サイズ 送料 時間指定 サイズが大きい場合
縦+横+高さ

=170㎝以下。

 

重さ:25㎏以下。

 

サイズ

差出地、宛先地

によって

金額が変わります。

1、午前中

2、12時頃~14時頃

3、14時頃~16時頃

4、16時頃~18時頃

5、18時頃~20時頃

6、19時頃~21時頃

7、20時頃~21時頃

荷物の重さが

25㎏を超え、30㎏までなら

 

重量ゆうパックに変更。

 

 

〈宅急便〉

サイズ 送料 時間指定 サイズが大きい場合
縦+横+高さ

=160㎝以下。

 

重さ:25㎏以下。

 

サイズ

差出地、宛先地

によって

金額が変わります。

1.       午前中

2.       14時~16時

3.       16時~18時

4.       18時~20時

5.       19時~21時

荷物のサイズが

160㎝を超える場合

 

ヤマト便に変更。

 

細かい時間の指定やサイズにも違いがありますので

プレゼントの大きさで選ぶといいですね。


スポンサーリンク



 

大切なプレゼントを郵送する場合の梱包方法!

それでは、大切なプレゼントを梱包する方法を

ご紹介したいと思います。

 

プレゼントが相手に届くまでに

壊れてしまったりしては台無しに!

 

しっかり梱包して届けたいですよね。

 

プレゼントの梱包方法!

まずプレゼントは

ラッピングをした状態のままでは

直接きれいな包装紙に

伝票を貼ることになります。

 

なので、ラッピングされたプレゼントを

さらに梱包する!という

作業が必要になります。

 

梱包する方法は

 

段ボールに詰める。

厚手の紙袋に入れ、ガムテープで止める。

 

どちらかがよいでしょう。

 

割れ物の場合などは、段ボールに詰めて

隙間があれば、紙や梱包資材などを詰めて

箱の中でプレゼントが動かないように

工夫してみてくださいね。

 

そうすることで、段ボールや紙袋に

伝票を貼ることになるので

ラッピングがきれいなまま

相手に贈ることができますよ。

 

また一般的な段ボールは

無地のものが多いですよね?

 

もし、お孫さんへのプレゼントの場合

こんな段ボールはいかがでしょう?

 

宝箱のような段ボールが届いたら

開ける前からワクワクしますよね!

こんなサプライズもいいと思います。

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2