プラバンは作業が少なく簡単に作れる上に、

自由度の高い楽しい工作のひとつですよね。

 

ただ、プラバンは基本オーブントースターを使います。

ではオーブントースターがない場合はどうすればいいのでしょうか。

 

そこでここでオーブントースターの代わりにアイロンやホットプレート、電子レンジで

プラバンが作れないかを説明します。

 

「オーブントースターがないけどプラバンを作りたい!」と思っている方は

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



プラバンって?

アイロンやホットプレート、

電子レンジでプラバンが作れないかを説明する前に、

まずは「プラバンとは何か」について軽く見ていきましょう。

 

プラバンとは、「プラスチックの板」の略称です。

 

プラバンはハンドメイドに色々と使える便利な工作素材ですが、

一番簡単で楽しまれているのは「キーホルダー作り」です。

 

透明なプラスチックの板に好きな絵を描き、

その形に切り取ってそれをオーブントースターで焼く事で

自分だけのモチーフを作る事ができます。

 

昔はそれに紐を通してキーホルダーっぽくしたり

ネックレスにしたりしていました。

 

しかし今は百均などで気軽に輪っか付きのフックを

手に入れる事ができるので、

それを取り付ければあっという間に既製品のような

キーホルダーが完成します。

 

工程が少なく子供でもできるので、

親子遊びとしても人気の高いハンドメイドです。


スポンサーリンク



関連記事:スライムの作り方!重曹と洗濯糊で簡単に作る方法!

プラバンを加熱したらどうなる?その後は?

プラバンは加熱する必要があります。

では、プラバンを加熱したらどうなるのでしょうか。

 

オーブントースターの代用品を考える前に、まずは基本の

「オーブントースターでプラバンを焼いたらどうなるか?」

を見ていきましょう。

 

その過程を見る事で、

代用品でもできるかどうかある程度予想がつきます。

 

プラバンを焼くには、まずは予熱が必要です。

オーブントースターの中にくしゃくしゃに丸めたアルミか

クッキングシートを敷き、 庫内が160℃になるように予熱させます。

 

オーブントースターが温まったら、

箸などでプラバンを入れて扉を閉めます。

さて、この後プラバンはどうなるのか、

順を追って見ていきましょう。

 

1.だんだん柔らかくなる。

2.内側に丸まり出す。

3.丸めた紙くずのようになる。

4.再び開き出す。

5.元の形に戻る。(小さくなっている)

 

5になって落ち着いたら取り出します。

 

初めてプラバンを作る人がびっくりするのは2~3の過程ですね。

 

ぐしゃっと潰した紙のようにかなり丸まってしまうので、

思わず「失敗だ!」と思い慌てて取り出してしまう人も多いです。

 

ですが、プラバンはその状態のままくっついてしまうという事はなく、

その状態から見事に元の形に戻るので焦らずにそのまま見守ってください。

 

むしろ途中で開けてしまうと庫内の温度が下がり

プラバンが一気に冷えてしまってその状態で固まってしまいます。

 

こうなると元には戻せません。

ですから、プラバンが落ち着くまで扉は

絶対に開けないようにしましょう。

 

プラバンが元の形(縮んではいますが)に戻ったら、

柔らかいうちに取り出してください。

 

アルミやクッキングシートごと取り出すと楽ですよ。

 

またこの時点でプラバンは歪んでいる事もありますので、

真っ直ぐさせる必要があります。

取り出したプラバンをクッキングシートで挟んだ後、

分厚い本などを上に置きプレスしましょう。

 

5分ほど放置してプラバンが冷えたら、完成です。


スポンサーリンク


 

プラバンはアイロン・ホットプレート・電子レンジでも作れる?

オーブントースターで焼いた時のプラバンの様子を見ましたね。

 

基本入れて1分ほど焼くだけなので、プラバンは簡単に作る事ができます。

ただ、オーブントースターが家にないという人が意外に多いです。

 

ではオーブントースターの代用になるようなものは何かないのでしょうか。

 

プラバンはアイロンでも作れる?

家にあるお手軽な熱源と言えばアイロンですね。

 

アイロンでプラバンを作る事はできるのでしょうか。

正解は「できない」です。

 

それは、オーブントースターで焼いた場合の

プラバンの様子を見ればすぐ分かると思います。

 

プラバンは熱いものをジュッと押し付けて作るのではなく、

全体を加熱させて一度丸まらせ、それから自分で開かせるのが大切です。

プラバンがモソモソ動いている間も、加熱し続けなければいけません。

アイロンだとそれができないので、アイロンではプラバンを作る事はできません。

 

なんとなくできそうな感じはしますが、

アイロンでプラバンを作る事はできないので

アイロンは使わないようにしましょう。

 

プラバンはホットプレートでも作れる?

オーブントースターはないけど焼肉やお好み焼きを作るから

ホットプレートはある、という家庭はありますよね。

 

ではホットプレートではプラバンは作る事ができるのでしょうか。

 

正解は「できる」です。

 

ホットプレートの加熱の仕方はオーブントースターと似ているので、

ホットプレートでもプラバンを作る事ができます。

 

ただ、温度を維持する為に必ずフタを用意しましょう。

 

ホットプレートの場合の作り方を説明します。

1.ホットプレートの上にクッキングシートを敷く。

※プラスチックがプレートにくっつかないようにする為。

 

2.ホットプレートにフタをして160℃に加熱させる。

 

3.ホットプレートが温まったら、プラバンを入れてフタをする。

※熱くなっているのではしなどで置いてください。

 

4.中の様子を見ながら、柔らかくなる→丸くなる→開くという過程を経て、

落ち着いたら少し柔らかいうちに取り出してください。

 

あとの流れはオーブントースターの時と同じです。

 

プラバンは電子レンジでも作れる?

オーブントースターやホットプレートはないけど、

電子レンジならある、という人もいますよね。

 

むしろこのパターンが一番多いかもしれません。

では、プラバンは電子レンジでも作る事ができるのでしょうか。

 

これはちょっと回答が難しいのですが、

「オーブン機能」また「トースター機能」がある

電子レンジなら作る事ができます。

 

電子レンジ本来の機能、

つまり「温める」というボタンを押しても

プラバンを作る事はできません。

 

あくまでも、電子レンジの中にある

オーブントースターに似た機能を使う事で作る事ができるという事です。

 

ですから、

「温める」しか機能のない電子レンジは、

残念ながらプラバンを作る事はできません。

 

では、電子レンジのオーブン機能またはトースター機能での

プラバンの加熱の仕方を見ていきましょう。

 

1.電子レンジの中にクッキングシートを敷く。

2.電子レンジのオーブンまたはトースター機能を使って加熱する。

 

3.予熱が済んだらプラバンを入れる。

4.電子レンジのオーブンまたはトースター機能で加熱し、

中のプラバンの様子を観察する。

 

プラバンが柔らかくなる→丸くなる→開くという過程を経たら、

電子レンジを止めてプラバンを取り出す。

 

後の流れはオーブントースターの時と同じです。

 

やっぱりトースターが一番!

 

プラバンを作るのにオーブントースターの代用品を

色々見てきましたが、一応ホットプレートや電子レンジでも

プラバンを焼くことはできます。

 

ただ、お手軽さから言えばやはりオーブントースターが一番です。

 

またオーブントースターはパンやグラタンなど

「焦げ目を付けたいもの」などが

素早く美味しくできるとても便利な家電です。

 

確かに電子レンジにもそのような機能はついていますが、

時間がかかりますし調整が難しいです。

 

オーブントースターは直接熱源を当てて焼くので、

料理の出来上がり具合も全然違いますよ。

 

プラバンだけでなく料理にも幅広く使えるので、

もしオーブントースターを持っていない方は

この機会にぜひオーブントースターを購入してみる事をおすすめします。


スポンサーリンク


 

最後に

プラバンは簡単にできるお手軽ハンドメイドにひとつです。

 

プラバンを加熱する時、普通はオーブントースターを使いますが、

オーブントースターがない時はホットプレート・

電子レンジ(オーブンまたはトースター機能があるもの)でも作る事ができます。

 

やってみると意外に楽しいので、ぜひ作ってみてくださいね。