秋にノースリーブはいつまで着れる?9月・10月は?ニットなら?

9月になると、暦の上では秋になります。

しかし、近年の9月は「秋」とはいえ、夏のような暑い日も増えています。

「涼しい格好をして出歩きたい…」と思う日も多いです。

 

夏の涼しい装いといえば、代表的なのはノースリーブ。

おしゃれな型も多いので、秋の暑い日にもノースリーブを着たいところです。

はたして、秋のノースリーブはいつごろまでOKなのでしょうか。

普通のノースリーブは駄目でも、

ノースリーブニットなら時期が延びるでしょうか。

 

今回は、秋にノースリーブがいつまで着られるかについて紹介していきます。




スポンサーリンク






ノースリーブに適した季節は? 秋の着用はいつまでOK?9月・10月は大丈夫?

ノースリーブの洋服全般が一般的にOKとされる時期について、

まずは紹介していきます。

 

基本的に、ノースリーブは初夏~夏の終わりごろまでの洋服。

強めの日差しの中、ノースリーブを着用した涼し気な格好は、

まさに「夏」というイメージで、健康的でオシャレに見えます。

 

9月に入ると、カレンダーの上では季節は「秋」。

しかし、特に9月の前半は、まだ真夏かと見紛うほどの暑い日も多いです。

日差しの強い日や気温の暑い日は、

9月であっても夏服を着ても違和感がありません。

ノースリーブを着てもOKと言えるでしょう。

 

9月も後半になってくると、

日差しも少し弱まってきて、日が落ちるのも早くなります。

この時期になると、夏らしいノースリーブは「季節外れ」に見えてしまいます。

「自分は暑がりだからノースリーブでも大丈夫!」という場合でも、

周りには肌寒い印象を与え、目立ってしまいます。

特に、薄手の生地や、爽やかな青緑系のサマーカラーなどは避けたほうが良いでしょう。

 

ノースリーブを9月後半に着るときは、

その日の気温や日差しを考えた上で、

暖かい色味や、少し厚めの生地を選ぶと良いかもしれません。

上着などを組み合わせることでも、秋らしいコーディネートにすることができます。

 

10月に入ると、季節もずいぶん秋らしくなってきます。

まだ暑い日もありますが、ノースリーブを1枚で着るのには限界を感じる季節です。

10月のノースリーブの着用は周りを見渡してもずいぶんと少なくなりますが、

着用する場合は、上着等を羽織って、外から見て肌寒い印象を与えないようにするか、

インナーに長袖や七分袖等の服を着用して、重ね着コーデにすると良いようです。

 

また、10月に着用する場合には、色や生地も少し秋らしいものを。

夏から売っているノースリーブの中にも、

オータムカラーのものや、厚手の生地などいろいろなものがあります。

周りの人の服装を見回して、

色味や生地をあわせていくと、「季節外れ」の印象はなくなります。

 

まとめると、

ノースリーブに適した季節は、基本的には初夏から夏にかけて。

秋に着こなしたいのであれば、色や素材、コーディネートに気をつけて、

「季節外れ」の印象を与えないよう、工夫する必要があります。




スポンサーリンク






秋にノースリーブを着るときに行うと良い工夫は?

先ほど、秋にノースリーブを着用するときには、

色や素材、コーディネートに気をつける必要があるとお伝えしました。

それでは、実際にどんな工夫を具体的に行うとよいのでしょうか?

 

秋にノースリーブを着るときにちょうどよい工夫について、

いくつかご紹介します。

1.カーディガンなど薄手の上着を重ねる

秋になると、ノースリーブ一枚では少し肌寒い印象を受けることも少なくありません。

そんな季節も、薄手のカーディガンなど、上着を一枚羽織るだけで、

肌寒い印象は全くなくなります。

 

秋のはじめに「寒そう」という印象を与えるのは

腕や肩などが露出していることが主な原因です。

「上着は暑い…」と思う場合には、

シースルー素材など透け感があり風通しの良いものを選ぶと良いでしょう。

 

2.ストールを使う

上着の代わりにストールを活用するのも、

9月頃にノースリーブを活用する際には効果的です。

ストールのほうが着脱がしやすく、巻き方も様々に工夫できます。

 

9月ごろは、朝方や夕方は涼しいけれど、

日中は夏のような日差しという日も珍しくありません。

薄手で大きめのストールを工夫すれば、涼しい時間は広く広げて露出部分を減らし、

暑い時間には首元に巻いたり肩を覆う程度にして涼しく過ごす工夫ができます。

 

上着よりもお手頃な値段のストールも多いため、

コーディネートの幅も広がりますね。

 

3.インナーを着用する

ノースリーブの服の下に、長袖や七分袖などのインナーを着用することもできます。

9月の後半から10月頃の、気温も落ち着いて涼しくなってきた季節には、

ノースリーブを1枚で着用することは寒さの面でもファッション面でも厳しくなります。

 

そんな季節に「お気に入りのノースリーブが着たい!」という場合には、

重ね着コーデをするのがおすすめです。

 

襟付きのシャツを着たり、Tシャツやカットソーと合わせたり。

重ね着の種類は様々です。

夏しか使えないと思っていたノースリーブも、重ね着をすることで

対応できる季節がぐっと広がります。

 

4.ニットを選ぶ

ノースリーブニットは、夏の時期からももちろん着用できますが、

素材や質感の面から、秋でも違和感なく着用できる洋服と言えます。

 

特に、秋に着用するノースリーブは、少し毛足の長いふわふわした生地のものや、

オータムカラーのものなどがおすすめです。

 

他のノースリーブ服と比べて、ニット生地のものなら

秋でも季節感を損なうことが殆どありません。

1枚で着られる時期は、露出の問題もあるため9月後半頃までですが、

上着やインナーを上手に活用すれば、秋の終わりまでニットは活躍します。

 

ノースリーブを秋に活用するときには、

「露出による寒そうな印象」を抑えたり、

ニットなどの秋らしい素材を選ぶといった工夫が大切です。

関連記事:長袖はいつから着る?子供・大人別の気温の目安は?




スポンサーリンク





おすすめのノースリーブニットと9月、10月の着こなし術!

秋にノースリーブを着るときの工夫について、紹介しました。

それでは、いくつか具体的なアイテムとそのコーディネート例をご紹介します。

今回は、秋にノースリーブを着るときにぴったりな

「ノースリーブニット」に注目してご紹介しますね。

 

1.秋冬カラーのボトルネックニット

秋にノースリーブを着用するには、やはり秋らしいアイテムが一番。

ボトルネックの場合、首元も秋らしくかわいい印象になります。

 

伸縮性があり、身体のラインを綺麗に見せてくれるニットのため、

上着等とあわせてコーデするのも素敵ですね。

もちろん、一枚で着ても色と素材のおかげで十分秋らしく見えます。

 

1枚で着用するなら9月頃、

上着は厚手のものまで対応できるので、重ねるならば10月以降も活躍しそうです。

一枚持っておくと、秋のノースリーブニットコーデの幅がぐっと広がります。

 

2.ざっくり編みのベスト風ノースリーブニット

 

こちらはゆったりとした長めのシルエットのノースリーブニットです。

1枚で着てもいいし、インナーを入れて重ねてもOK。

太めの毛糸で編んでいるので、見た目の暖かさもあり、秋にはぴったりです。

 

9月前半の暑い日には、見た目にも少し暑い印象を与えるかもしれませんが、

9月中頃に1枚で着用したり、9月後半や10月にはインナーと合わせたり。

また、ざっくり編みのニットは、シャツや厚手のストールとも相性抜群。

あわせるアイテムを変えれば、真夏以外のオールシーズン使えるアイテムです。

関連記事:秋にコートはいつから着る?時期や気温の目安も詳しく解説!




スポンサーリンク





最後に

いかがでしたでしょうか。

ノースリーブがいつまで着ることができるか、

特に9月、10月のコーディネートに注目しながらご紹介しました。

 

ノースリーブはとても素敵なアイテムですが、

「夏限定」の印象も受けがちです。

今回紹介したように重ね着をしたり、ノースリーブニットを活用することで

秋の9月や10月までコーディネートを楽しむことができます。

 

1枚で完結することもできるし、他のアイテムとも組み合わせやすいのが

ノースリーブの大きな魅力。

ぜひ、いろいろなコーディネートを楽しんでみてください。

関連記事:薄手・厚手のニットはいつからいつまで着れる?時期の目安は?





スポンサーリンク


サブコンテンツ