枯れた観葉植物の捨て方!粗大ゴミ?土はどう処分する?

「家にミドリが欲しい!」と思って観葉植物を購入する方は多いですよね。

 

観葉植物はペットと違い世話も簡単ですし、

大きさの割りに安いものが多いので気軽に買うことができます。

 

ただ、買うのは簡単でも観葉植物の「捨て方」は知っていますか?

 

また、一口に「観葉植物」と言っても

分けると「植物」「植木鉢」「土」になりますよね。

 

これら3つはまとめて粗大ゴミ扱いで大丈夫でしょうか。

 

ここでは、枯れた観葉植物の捨て方や処分の方法について説明します。

 

「現在枯れた観葉植物があるけどどう処分したら良いか分からない」

という方はぜひ参考にしてください。




スポンサーリンク





枯れた観葉植物は早めに処分を決めよう!

家をキレイに見せたかったり目の癒しの為に観葉植物を買ったのに、

世話の仕方が悪かったのかたまたま運が悪かったのか、観葉植物が枯れてしまいました。

 

観葉植物はすでにミドリではなく、完全に枯れた色をしています。

こうなったらもう「観葉」するような植物ではないですよね。

 

もし家にある観葉植物がそんな状態になってしまったら、

あなたはどうしますか?

 

実は「すぐに処分する」方は少なくて

 

「処分はかわいそうだからそのままにする」

「処分するのは面倒だから、とりあえず物置にでも入れておく」

「何かに使える(?)かもしれないから、一応取っておく」

と思う方も、意外と多いんです。

 

確かに観葉植物も生き物ですから

ゴミとして処分するのに抵抗がある気持ちも分かりますし、

植木鉢などがある為捨て方が面倒だという心も分かります。

 

また、枯れたとしても何かに使えるかも…というのも、

せっかくお金を出して購入したんだからもう少し活用したいと

考えるのも分からないではありません。

 

ですが、もし観葉植物が枯れて

「観葉植物として」の活路が見いだせなくなったら

すぐ処分することをオススメします。

 

それにはまず風水的な意味合いがあります。

 

ミドリでキラキラしている観葉植物を家に置くことは

運気を呼び込むので封数胃的にもとても良いこととされていますが、

枯れた観葉植物を置き続けると運気は逃げてしまうとされています。

 

また、枯れた植物を目に入るところに置いておくと

落ち込んだ時にさらに落ち込みやすくなり心にもあまり良い作用はしません。

 

さらに枯れてしまった観葉植物がもったいなくて

他の何かに使えるかもと思ってしまうこともありますが、

枯れた観葉植物に他の活用方法はありません。

 

捨てるのはかわいそうと感じる方も「この観葉植物は、自分の役目を終えた」

と思い、潔く処分をしましょう。

 

人間も亡くなった後に「かわいそうだから」と

いつまでも肉体がその辺に放置されていたら逆に嫌ですよね。

 

役目を終えたら、焼いたり墓に入れるなりして次の段階に進むことが大切です。

 

観葉植物も同じで、観葉植物が枯れてミドリを「観る」ことができなくなったら

早かろうと短かろうとそれが観葉植物の寿命なので、

購入したあなたの手で速やかに次の段階に進ませてあげましょう。




スポンサーリンク





関連記事:こたつ布団の捨て方・処分方法!分別は粗大ゴミ?リサイクルできる?

枯れた観葉植物の土の捨て方次第で逮捕!?

観葉植物は植物の部分、土の部分、植木鉢の部分と3つに分類されますが

処分する時に意外に気をつけないといけないのは土です。

 

もし自分の土地があり、そこの庭に捨てる捨て方であれば問題ありません。

問題は「他人の土地」に勝手に土を捨てる捨て方です。

 

もし自分が借家やマンション住まいで土地を持っていない時

「土だから、その辺の公園や河原に混ぜちゃっていいか」と思う方もいると思います。

 

むしろ「土を自然に返す」ということで良いことをしていると思うかもしれません。

 

ですが、自分で購入した観葉植物の土を勝手に公園や河原などの

他人(国)の土地に捨てると、不法投棄になり犯罪となります。

 

たまにどこかの悪徳企業が山に企業ゴミを捨てて問題になりますが、

観葉植物の土を公園や河原に捨てるというのはそれと同じことなのです。

 

でも「何で土を土のある場所に捨てるのが問題なの?」と思いますよね。

 

実は観葉植物の土には純粋な土だけでなく、

観葉植物に合わせて色んな化学物質が含まれていることが多いんです。

 

特に多いのは発泡スチロールで、

純粋に土だけに見える観葉植物の土は土の重量を軽くしたり通気性をよくする為に

土に細かい発泡スチロールが含まれていることが多いんですよ。

 

そのような化学物質は観葉植物には良い効果が出ても

その土地に自然に存在する虫や微生物、植物には毒ということもありますので、

同じ土だからと言っても当然自然にはよくありません。

 

また化学物質が入っていないとしても土にはその土地ごとの成分の違いがあり、

不用意に別の所からもってきた土を混ぜてしまうと

それだけでも生態系にも影響を及ぼします。

 

ですから、「ただの土だから」と言って

安易に捨てないように処分の仕方には注意しましょう。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!