子供の口の周りに赤いブツブツが!原因や対処法は?

赤ちゃんや子供はよく口の周りに赤い湿疹やブツブツができることがあります。

自分の子供だと特に、肌のかぶれや湿疹は見ていて心配になりますよね。

かゆみや痛みの度合いも自分のことではないので分かりづらいですし、

辛くて泣いている子供をみると親も辛くなってしまうものです。

 

そのブツブツの原因や対処法が分からないと不安になると思います。

今回は、子供の口の周りにできる赤いブツブツで考えられる病気とその原因、

対処法について詳しく解説していきます。




スポンサーリンク






子供の口の周りにできた赤いブツブツは病気?原因は?

特に肌が弱い子供の場合、口の周りに赤いブツブツができてしまうことがよくあります。

それは接触性皮膚炎である可能性が高いです。

何かのアレルギーか重篤な病気ではないかと心配になる方もいると思いますが、

口の周りだけにできる赤いブツブツの場合には、

アレルギーの心配はほとんどありませんので、まずは安心してください。

アレルギーの場合には口の周りだけでなく、

体全体に湿疹ができるので、すぐに見分けがつきます。

 

唇を舐めた部分に唾液や食べ物が付着し口の周りがかぶれてしまうことが、

接触性皮膚炎の原因だと言われています。

その他にも、乳幼児の場合は、子供の頬に自分の頬をすりつけたときに、

化粧品や整髪料が付いてしまうことでかぶれることもあります。

なぜ口の周りに赤いブツブツができてしまうのか、

日頃の生活を見直し、原因を探して除去することから始めると良いでしょう。

 

また、口の周りだけでなく口の中や顔全体に赤いブツブツが広がってしまうと、

他の病気の可能性も考えなければいけません。

子供に特に多いと言われているのが、

口の周りや口の中、手足にも赤いブツブツができる手足口病です。

これは水疱性の湿疹ができるので痒みや痛みも伴います。

 

その他、りんご病や風疹、ヘルペス性の口内炎など

子供がかかりやすい病気はたくさんあります。

どれも接触により感染してしまうので、子供に触れる大人の行動にも注意が必要です。

気になる症状を発見したときには、早めに病院を受診することをおすすめします。




スポンサーリンク






関連記事:玄米子供は何歳から?成長や身長に影響する?消化やアレルギーは大丈夫?

子供の口の周りに赤いブツブツができたときの対処法!

口の周りにできたブツブツの対処法としては、

まずはどの原因を除去することが大切です。

よだれや食べかすが原因でかぶれてしまっている場合には、

なるべく口の周りを清潔に保つことを心掛けましょう。

 

特に赤ちゃんの場合には、よだれや食べかすなどがつきやすく

どうしても口の周りが常に汚れてしまいがちです。

小さい子供は皮膚のバリア機能も弱いので、ほんの少しの刺激でもかぶれてしまいます。

 

口の周りが赤くかぶれているだけなら、こまめに拭いてあげるだけで改善しますが、

なるべくゴシゴシと擦らずに、濡らしたガーゼなどで

優しく拭うように拭き取るのが良いでしょう。

乾いたタオルを使用すると、赤ちゃんの敏感な肌に少し刺激が強すぎます。

 

また、冬場によく赤い湿疹のようになる場合は、乾燥が原因だと考えられますので、

常に乾燥しない状態を保つことが大切になります。

また、どうしても小さい子供は無意識に唇をなめてしまいがちです。

5~6歳程度になれば、親が言うこともある程度理解できるようになりますが、

乳幼児の場合はそうはいきませんよね。

 

ただ、せっかく良くなりかけても唇をなめてしまうと、

また痒くなったり痛くなったりを繰り返してしまいます。

できるだけ唇をなめないように根気よく注意し続けることも対処法としてとても大切です。

 

しかし、どんなに注意深く子供を見ていても、

なかなか症状が良くならず悪化してしまう場合もありますよね。

そういう時には、早めに小児科か皮膚科を受診することをおすすめします。

 

病院を受診すると、ステロイドの外用剤が処方されることが多いですが、

ステロイドは副作用の心配もあるのであまり使いたくないと思う方もいると思います。

しかし、ステロイドにも種類がいろいろあって、

特に子供が使用するものや、口の周りに使う物は安心して使用できる弱めのものなので、

気にしすぎなくても大丈夫ですので、安心してください。

 

また、ステロイドの使用である程度症状が落ち着いても

薬を止めると、子供はまた唇をなめるという行為を繰り返してしまいます。

薬を塗布して治った後でも再度炎症が起こらないようにするために、

子供用のリップクリームを塗るというのも効果的な対処法です。

 

リップクリームで唇の乾燥を抑えることができるので、

1日2~3回塗るだけでも効果を得ることができますよ。




スポンサーリンク





関連記事:子供の熱を下げる方法は?食べ物や飲み物についても詳しく解説!

馬油リップクリームキッズ&ベビー

こちらの商品は、馬油を使用した肌に馴染みやすく、

唇の乾燥を防ぐのに適した子供用のリップクリームです。

プロポリスや汚れを取り除いた後に太陽光にさらした、

高品質のミツロウが使用されています。

溶剤を使用して精製したミツロウではないので、さまざまな有効成分が残っています。

 

また、シア脂やホホバ脂、天然ビタミンEが配合されていますし、

子供用にも使えるデリケートな肌対応のリップになっています。

子供の口の周りの潤いを保ち、唇をやさしく守るにはぴったりですよ。

 

もちろん大人でも使えますし、

唇に使えるのですから他の部位に使用しても問題ありません。

口に入ってしまっても品質上問題ないので、安心して使えますね。

 

オーガニックパーム

 

こちらのパームも、子供からお年寄りまで使える安全性の高い

天然成分100%のハーバルパームとなっています。

デリケートゾーンなどのかゆみ対策としても効果的で、

かぶれを押さえてくれます。

 

塗った場所に成分が長持ちするのにべた付き感があまりないのも特徴で、

とても使いやすいと評判です。

パッケージもオシャレで使いやすく、

部屋おきからポーチのお供まで様々なシチュエーションで活躍してくれます。

刺激の強い薬はあまり使いたくない子供の肌ケアにはまさにぴったりのパームです。

 

今治ハンカチタオル

 

子供の顔を拭くタオルは、なるべく刺激の少ないものを選びたいですよね。

こちらのハンカチタオルは実績と信頼のある今治製で、

サイズも16cmや13cmと子供に持たせるにもちょうど良いサイズとなっています。

カラーも基本のホワイトからブルー、ピンクと男女2枚などでも

選びやすいように配慮されています。

 

お客様の声を元に作りやすく改良が重ねられた商品なので、

贈り物としても評判が高いのが嬉しいですよね。

このハンカチタオルでこまめに子供の口の周りを拭いて清潔を保ち、

赤い湿疹やブツブツが出来ないように気をつけましょう。




スポンサーリンク





関連記事:子供へのレントゲンの被爆の影響は?回数や頻度による危険性は?

最後に

子供の湿疹にはたくさんの種類や原因があるとされています。

今回ご紹介したのはあくまで一般的に多くみられる症状と対策ですが、

対処法を自己判断したり、怠ってしまうとどんどん悪化してしまう場合もあります。

たかが湿疹と軽視すると重篤な症状を引き起こしてしまう場合も考えられるため、

どんな症状であっても一度病院で診てもらうことをおすすめします。

 

特に乳幼児の場合には湿疹ができてしまうと、

親が動揺してパニックになることがあるかもしれませんが、

基本的に子供は湿疹が生じやすいということを忘れずに、

症状に応じた適切な対処法をとることが大切です。

 

まだかかりつけの小児科がないという場合には、もしもの時のことを考えて、

前もって信頼できる病院をチェックしておくと良いかもしれませんね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ