風水では、玄関に鏡を置くと運気上昇に効果があると言われています。

しかし、とりあえず置けば良いというわけでなく、

逆効果になってしまう向きや鏡の形があり、置く位置によっても効果は様々です。

 

中でも有名なのは、玄関の正面に鏡を置くと良くないというものです。

みなさんの玄関はどうですか?

今回は、風水で考える玄関の鏡について、

正しい置く向きや位置、鏡の形による効果の違い、

正面に鏡がある場合の対策について紹介していきます。


スポンサーリンク



風水で玄関の正面に鏡があると良くない?正しい置く向き・位置は?

風水とはそもそも、自分の生活している場所に厄、いわゆる悪い気が入ってくるのを

防ぐために行う対策のようなものです。

中でも鏡は強力で、厄を跳ね返してくれるという役割を持っています。

 

そのため、風水において玄関に鏡を置くことは

悪い気を遠ざけて運気を上昇させるものとされていますが、

実は、置く向きや位置、形を正しく理解していないと

場合によっては逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

まず注意しなければいけないのは、玄関のどの位置に鏡を置くかということです。

風水では、玄関は気の出入り口とされています。

良い気も悪い気も玄関から入ってくるということです。

 

そのため、鏡を玄関の真正面に置いてしまうと、

悪い気だけでなく良い気も跳ね返してしまうということになります。

基本的には、鏡を玄関の真正面に置くのは避けましょう。

右か左に寄せた位置で、壁に対して平行に置くのが良いとされています。


スポンサーリンク


 

外から玄関に入って右側に鏡を置くと、人気運や名誉運が上がるとされています。

反対に左側に鏡を置くと、金運が上がり、人間関係を良好にすると言われています。

ただし、両方欲しいからと鏡を左右にかけてしまうと

合わせ鏡になってしまいます。

合わせ鏡は風水では運気を下げるとされ、タブーとなっていますので

どちらか一方にしておきましょう。

 

もう一つポイントは、玄関の向いている方角になります。

風水では玄関の向きによって、

良い気が入ってくる方角と悪い気が入ってくる方角があります。

 

悪い気が入ってくるとされている向きは北、北東、南西、西の方角になります。

この方角の向きに玄関がある場合には、

玄関に鏡を置くことで悪い気を防ぐのに効果があると言われています。

 

逆に良い気が入ってくるとされている向きは東、南、東南の方角になります。

この方角の向きに玄関がある場合には、

鏡を置く必要はなく、そのままで良い気が入ってくるとされています。

 

また、玄関自体をいつも綺麗にしておくことが大切です。

風水においてなにより重要なのは場の清潔感と言われています。

靴も使用する1足以外は棚にしまっておくようにしたり、

床やドアノブなどはこまめに掃除しておくようにしましょう。

 

鏡も同様に、曇っていては風水の効果がなくなってしまいます。

定期的に鏡を磨いて綺麗にしておくようにしましょう。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2