バリウムを飲むバリウム検査。

いくら健康の為とは言え、バリウム特有のあの味は

いくら飲んでも慣れることができません。

 

さらにバリウムが面倒なのは、

検査の後はしっかり便として出さなくてはいけないということです。

 

便は自分の意志で動かすことはできないので、

便秘体質の人にはなかなかきついですよね。

 

でもバリウムは体内で放置しておくと固まって別の病気を引き起こすこともあるので、

早く出すことに越したことはありません。

 

今回はバリウムが出ない場合の対処法やいつまでにバリウムを出せば良いのかなど、

バリウムの後処理について説明します。

 

普段から便秘気味の人は、ぜひチェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク



バリウムってそもそも何?

バリウムは胃や腸を検査する時に飲みますが、

なぜバリウムを飲まないといけないのでしょうか。

 

バリウムとは正式名称を硫酸バリウムと言い、

水に溶けにくい・胃液や腸液に溶けない・X線を透過させないという性質があります。

 

バリウムを使うバリウム検査は、

胃や腸を調べる直前に飲むようになっています。

 

これは、口から入ったバリウムがその人の胃や腸を正しい形状をしているか、

流れ動くバリウムの形を通してリアルタイムでレントゲンで見る為です。

 

確かに胃液や腸液と混ざらず、X線も透過させないとなると

胃や腸を調べるのにはうってつけの成分ですよね。

 

さらに胃や腸の粘膜にくっつくという性質もあるので、

体を回転させてバリウムを胃や腸の形に添わせることでガンなどの変な突起がないか、

あるいは胃潰瘍などの不自然なへこみがないかなども詳しく調べることができるのです。

 

バリウムは大変飲みにくい飲み物(?)ですが、

相応の苦労に見合った素晴らしい働きをしてくれるんですよ。


スポンサーリンク


バリウムが出ないとどうなるの?

バリウム検査が終わると、

体の中に残ったバリウムを出す為に下剤をもらえます。

 

普通、健康で便秘でもない人に病院から下剤を渡すことはあまりありません。

ですが、バリウム検査の後はどんなに快便の人にも下剤が渡されます。

 

これは、少しでも早くバリウムを出し切る為です。

ではバリウムが体の中に留まったままだと、どうなるのでしょうか。

 

検査で飲むくらいですから、バリウム自体に毒性はありません。

ですがバリウムには時間が経つと固くなるという性質があります。

 

つまり腸の中にバリウムが残ったままだとそこで硬くなり、

便が出なくなったり腸閉塞などの腸の病気を引き起こします。

 

検査の為に口に入れるものの、要が済んだらさっさと出してしまうのが

バリウムとの正しい付き合い方なんです。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2