革財布の傷はどう手入れすればいい?簡単な修復方法をご紹介!

ふと気がつくと、お気に入りの革財布にひっかき傷が…なんてことありますよね。

お気に入りであればあるほどいつも持ち歩きますから、

傷が付いてしまうリスクも高まります。

 

傷ついて年期が入ってくるのもある意味革財布の魅力の一つではありますが、

余計な傷はやっぱり隠したいですよね。

 

この記事では、革財布に傷が付いてしまったときの修復方法を紹介します。

難しい手順はありませんので、知っておけばいざというときに役に立つはずですよ!




スポンサーリンク





まずは革財布の革の種類と傷の種類の確認から

 

革財布の素材の種類

一口に革財布と言っても、その材質には沢山の種類がありますよね。

その材質によって、最適な傷の修復方法は異なりますので、

まずは自分の使っている革財布の革の種類を確認しましょう。

 

革財布の種類は、大きく分けると3種類です。

革にオイルが含まれているもの

オイルレザーと呼ばれます。

なめしの段階でオイルをじっくり染みこませたもので、

表面がしっとりとしているのが特徴

具体的なオイルレザーの種類をいくつか紹介します。

 

・ミネルバボックス

出典:http://www.メンズ革財布0.com

・ミネルバリスシオ

出典:http://www.メンズ革財布0.com

・マットーネ

出典:http://www.メンズ革財布0.com

革にオイルが含まれていないもの

なめしの段階でオイルを使わないものになります。

オイルレザーに比べると、表面に傷が付きやすいのが特徴です。

・ヌメ革

出典:http://cocomeister.jp

起毛系のもの

表面をサンドペーパーで磨き、毛羽立てたものです。

温かみがある肌触りが特徴的です。

内側を毛羽立てたものをスエード、外側を毛羽立てたものをヌバックと言います。

・ナポレオンカーフ

出典:http://www.メンズ革財布0.com

 

傷の確認をしよう

自分の革財布が一体どのタイプに当てはまるかわかったら、

次は実際に付いた傷の確認です。

 

個人で修復できるのは、革財布の表面に付いた爪でひっかいたような浅い傷や、

擦れた傷です。

 

完全に革が裂けていたり、めくれてしまっている場合は、

個人で修復できるレベルを超えてしまっているので、プロにお願いしましょう。

 

また、傷の範囲が大きい場合もあまり個人で修復するのはおすすめできません。

修理に出す場合の費用は、最低でもだいたい1万円前後かかると思って下さい。




スポンサーリンク





関連記事:新しい財布を買ったらすること!使う前にすることを詳しく解説!

素材別の革財布の傷の手入れの仕方

それでは、具体的な革財布の傷の手入れに入っていきましょう。

素材別に少しずつ異なりますので、注意して下さいね。

オイルを含む革財布の傷の手入れ

 

1.気にしないで使い続ける

オイルレザーは、使っているうちに革に染みこんでいたオイルが馴染み、

小さい傷であればほとんど目立たなります。

 

傷が小さいのであれば、無理して修理せずとも、自然に傷は見えなくなっていきます。

また、指でならしてあげるだけでも、傷が目立たなくなることもあります。

 

2.革専用クリームを使う

そのまま使っていても変化が無い場合、あるいは早く直したいという場合は、

革専用のクリームを使いましょう。

 

手順も簡単です。乾いた布にクリーム少量付け、傷の部分に馴染ませ、

周辺に優しく伸ばしましょう。

沢山付けてしまうとシミの原因になりますので、少しずつ付けましょう。

 

3.レザーマニキュアを使う

傷隠しの最終手段です。きちんと自分の財布にあった色のマニキュアを見つける

必要はありますが、傷のコーティング力は抜群です。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!