「少し風邪気味かも…待ち合わせの場所に行くまではマスクしておこう」と思い、

メイクをした後にマスクをして家を出発。

 

待ち合わせをして友達を見つけたところでマスクを外すと…

「まつげがヤバイことになってるよ~!」

と言われてしまったことはありませんか?

 

夏でも冬でも、街へ出ればマスクをする人は必ず見かけます。

マスクは自分の咳で人に不快な思いをさせてしまうこともないですし、

逆に外からのウイルスも防止してくれる便利な道具です。

ですがそんなマスクも、女性には少し手ごわいものです。

 

女性が外へ出かける時は、大抵メイクをしていますよね。

メイクをした後マスクをし、その後マスクを取ると

ファンデーションや口紅が取れてしまっていた、ということはありませんか?

 

特に口紅なんかは、マスクを外すと裏側に唇の形に

口紅がついてしまっていることは多々あります。

 

そしてさらに気になるのが、まつげです。

マスクをしていたらいつの間にかマスカラがとれてしまい、

まつげだけすっぴんの状態になっていたり、

上向きにカールをしていたはずなのに下を向いてしまってたり

することがよくあります。

 

では、どうしてマスクをするとまつげに影響が出るのでしょうか。

そして、マスクをしていてもまつげをキープする方法はあるのでしょうか。

 

今回はマスクをした場合のまつげの問題に焦点を当てて、

マスクをしていてもまつげが下がらない対策について

おすすめのマスクやマスカラをご紹介します。

 

ぜひ参考にして、「せっかくメイクをしたのに、マスクを取ったらまつげがすっぴん!」

という悲しい状態を防止できるようになってくださいね。


スポンサーリンク



どうしてマスクをするとまつげが下がるの?

 

マスクをすると、どうしてまつげが下がるのでしょうか。

そもそもマスクをしていても、目元が隠れることはありませんよね。

 

マスクをすることでマスクで覆われている頬や口紅のメイクが落ちるのは

なんとなく分かるけど、全然関係ないまつげが犠牲になるのは納得できない…

と思う方も多いと思います。

 

ところで、皆さんはメイクをする時、まつげはどうしていますか?

まつげカーラーでくるりと上にあげたり、マスカラを塗って

まつ毛を増量したりしますよね。

 

マスクをすると、だいたい鼻まで隠れます。

そしてマスクと鼻の上の間には、少し空間があります。

この空間が問題で、マスクの中で吐いた息が温められ湿気を帯びた状態で

鼻の上から漏れていきます。

 

その湿った空気がまつげに当たることで、

まつげが水気を含んでしまい重くなってまつげが下がるのです。

 

また、まつげが湿ることでマスカラが滲んでしまい、

落ちてしまうこともあります。

これが、マスクをするとまつげが下がったりマスカラが落ちたりするからくりです。


スポンサーリンク


関連記事:マスクにファンデーションがつかない方法!おすすめのファンデやマスクをご紹介!

まつげが下がるのを防止するマスク①顔にしっかりマスクを固定させたい方におすすめ

マスクをすることでまつげが下がったり

マスカラが落ちてしまう理由は分かりましたね。

 

マスクの上から漏れる湿った息でまつげに水分が付着することで、

まつげが下がったりマスカラが落ちたりしてしまいます。

ですから、要はマスクから息が漏れなければいいのです。

 

その為には平べったいマスクではなく、

立体型で顔にフィットしたマスクを選ぶ必要があります。

 

例えばこの三次元マスクだと、口や鼻を覆う部分がプリーツの形をして

立体に立ち上がるので顔にフィットしやすくなっています。

 

しかもこの三次元マスクは特に「メイクが落ちにくい」為に開発されていて、

息が漏れないような加工の他に、内側にファンデーションや

口紅がつきにくいように工夫されています。

 

勿論外側は銀系抗菌フィルターや超極細繊維フィルターを使用しているので

マスクとしての機能もバッチリです。

 

さらに、長時間マスクをしていると耳が痛くなりますが、

このマスクは柔らかいひもを利用しているので

長く使っても耳に負担がかかりません。

 

このマスクなら、息でまつげが下がることも

マスカラが落ちることもなくなります。

 

メイクをしたままマスクをするなら、ぜひオススメしたいマスクですね。

もし今すぐマスクが必要なくても、1セット持っておくといざと言う時安心です。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2