革財布の汚れの落とし方!手垢や黒ずみを簡単に落とす方法は?

念願の革財布。大事に使っているから余計に気になる汚れ

普段使いの革財布、手垢はもちろん時間が経つと黒ずみもできやすくなります。

 

年季といえば聞こえはいいけど、

革財布を綺麗に保ちたいと願う方の方が多いのではないでしょうか。

しかし毎回専門のクリーニング店に出すのは手間もお金もかかります

 

そこで今回、自宅で簡単に取り入れられる革財布の汚れの落とし方を紹介します。

気になるのは手垢?それとも頑固な黒ずみ?




スポンサーリンク





革財布の手垢の簡単な落とし方

普段使いの革財布は、どうしても手に取る頻度が多くなります。

手に取ることで見えない手垢が財布についてしまいます。

 

すぐには目に見えなくても時間が経つと、なんとなく手垢の汚れが目立ってきます。

手垢が目立ってしまうのは、使用するごとに革財布に油分が付着していくからです。

使うごとに革財布もダメージを受けているんです。

 

手垢の汚れに焦ってゴシゴシむやみに拭く前に…

手垢汚れの正しい落とし方を身につけておきましょう。

 

革用で販売されている保護クリームを使用しましょう。

保護クリームならなんでもいいというわけではありません。

革製品はデリケート、少しの刺激で大きなダメージを与えてしまいます。

汚れを落とすつもりが製品を台無しにしてしまうこともあります。

 

革用の保革クリームを気になる手垢汚れの箇所に少量塗ります

そこからなじませるように革財布全体に優しくまんべんなくなじませます。

綺麗に塗り終えたら風通しのいい日陰で乾かしましょう

 

この時、直射日光は避けてください。時間は30分程度が理想です。

革財布が乾いたことを確認したら綺麗な布で優しく拭きます。

 

そして防水スプレーも使用すると、革財布の状態を保ちやすくなります。

革財布全体に防水スプレーをふきかけることにより、手垢などが付きにくくなります。

防水スプレーを使用する際は、革財布から30〜50cm程度離してムラなく吹きかけましょう。

さらに日陰で20分程度乾かし、革財布のツヤ感を確認してクロスで優しく拭きましょう。

 

革財布の汚れで手垢は気になる汚れです。

手垢を付きにくい状態にしておくことも綺麗に使うポイントですよね。

 

革財布のお手入れに必要なクリームや防水スプレーも慎重に選びたいものですが、

どの製品がいいのか分からないという方は保革クリーム、防水スプレー、

そしてクロスがセットになっている

初心者でも安心「レザーケアスターターセット」がオススメです。




スポンサーリンク





関連記事:財布に入れておくといいものや金額は?入れてはいけないものも詳しく解説!

革財布についたボールペンなどのインクの簡単な落とし方

革財布にうっかりインクが!こんな事態でも落ち着いて汚れを上手に落としましょう。

革財布の色にもよりますが、

中にはボールペンのインクが目立たないケースもあると思います。

 

それでも革財布の状態を綺麗に保つためにも、

生活の中で起こりやすいトラブルにも上手に対処しておきましょう。

 

ボールペンのインク、なかなか簡単に落ちてくれそうにない汚れですよね。

インクがシミになり黒ずみに変わる前にしっかりとクリームを使用し、

汚れを落としましょう。

 

ボールペンのインクの汚れは汚れの目立つ箇所にクリームをなじませます。

さらに革全体にクリームをなじませ、日陰で30分程度乾かします。

クリームを塗りながら、汚れが浮き出ていることを確認しながら行いましょう。

 

ボールペンのインクなど落ちにくい汚れには革の柔軟剤であるラノリン配合の

M.モゥブレィ「デリケートクリーム」がおすすめです。

実際に革財布愛用者は一家に一本常備している方も多い人気のアイテム。

仕上がりのツヤ感、潤いに革財布の感想やひび割れを防いでくれる万能クリームです。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!