夏の風物詩と言えば花火大会ですよね。

そして花火大会と言えば、当然屋台なども楽しみの1つだと思います。

 

相模原で行われる相模原納涼花火大会は、毎年多くの人が集まる人気のお祭りです。

当然混雑も予想され、駐車場の場所や屋台の時間なども気になるポイントだと思います。

また、毎年8月の終わりに開催されていますが

2019年の具体的な開催日程はどのようになっているか、確認しておきたいですよね。

 

夏の終わりに夜空に打ち上げられる盛大な花火と、

連なる屋台のお祭を楽しみながら過ごしたいと計画している方も多いと思います。

今回は相模原納涼花火大会2019について、

事前に知っておきたい情報を盛りだくさんでご紹介していきます。


スポンサーリンク


相模原納涼花火大会2019の日程は?

今年の相模原納涼花火大会の日程は、まだ明らかにされていませんが

2018年は、8月25日(土)が予定されていましたから、今年もそれに近い時期でしょう。

花火が打ち上げられる時間は、19:00~20:15です。

場所は、神奈川県相模原市中央区水郷田名 相模川高田橋上流となっています。

 

来場者は毎年30万人~40万人にも上り、とても人気のある盛大で魅力的なお祭です。

花火の打ち上げ総数は約8000発と、

迫力ある花火を1時間以上も楽しむことができるのです。

 

そして、忘れてはいけないのが屋台ですよね。

屋台なくしてお祭を楽しむことはできない、という方も多いですよね。

 

相模原納涼花火大会では、毎年約200店舗の屋台が出店しています。

かき氷や焼き鳥、たこ焼き、おでんなどの食べ物はもちろんのこと、

金魚すくいや射的など、遊ぶことができる屋台もたくさんあります。

露店の数が大変多くて賑やかなのも、相模原納涼花火大会の魅力の1つになっています。

 

ただ、注意したいのが、来場者も多く、人気の屋台は混雑が予想されるので、

時間に余裕を持って行動しておくということです。

気づいたときにはもう花火大会が始まってしまったということが無いように、

事前に屋台の場所や時間も確認しておきましょうね。


スポンサーリンク


 

折りたたみチェア

アウトドアの際には必需品となる折りたたみチェアです。

相模原納涼花火大会2019では、有料となっている花火観覧席もありますが、

周辺の空き地や高田橋の周辺でも無料で観賞することができます。

 

そんなとき、小さい折りたたみチェアがあるととても便利なのでおすすめです。

椅子を持ち歩くなんて逆に大変ではと思うかもしれませんが、

この折りたたみチェアはとてもコンパクトで軽量なので、

あまり負担にならずに持ち歩くことができますよ。

 

レジャーシート「タフケット」

何年でも使える最強の耐久性を誇るマルチレジャーシートです。

お祭りに行くと歩き疲れて休みたいということもありますよね。

特に子ども連れの場合には、長時間の移動は大変です。

少し腰を下ろして休みたいという時に便利なのがこの商品。

 

超軽量で超薄型のこのレジャーシートは、

畳むとスマホよりも小さくなるので荷物の邪魔にもなりません。

さらに、広げると4人掛けできるほどの大きさになるのですから驚き。

撥水加工も施されているので、濡れた時にも安心です。

花火を見るときにも家族みんなで使うことができるのでおすすめですよ。

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2