「エアコンをつけるほどの

暑さではないものの

扇風機だとちょっと暑い

・・どうしようかな」

 

・・これ、ひと夏に何度か

考えることありませんか?

 

また、エアコンに長時間当たっていると

体の冷えが気になるけれど

消して扇風機にすると暑いなどと

悩んでしまうこともありますよね。

 

そんな時に便利なのが、冷風扇!

 

冷風扇とは、エアコンと扇風機の

ちょうど中間くらいの冷房家電と

言われています。

 

今回は、この冷風扇を徹底調査!

効果やメリット、デメリットを

解説していきたいと思います。


スポンサーリンク



冷風扇の仕組みとは?

暑い夏の時期に欠かせない冷房家電といえば

エアコンですが、最近は「エアコン病」とか

「冷房病」などと呼ばれ

長時間エアコンに当たっていると

体調を崩してしまう方が多くいるようです。

 

そこで注目されているのが、冷風扇!

 

冷風扇とは、エアコンほど部屋を

冷やすパワーはないものの

冷たい風を送ってくれるので

扇風機よりはヒンヤリ。

 

まさに、エアコンと扇風機の

中間くらいの冷房家電になります。

 

そんな冷風扇、どんな仕組みに

なっているのかというと「水」を利用して

空気を冷やす仕組みになっていて

昔の「打ち水」のような仕組みに

なっています。

 

水などの液体は、周りの熱を奪って

蒸発(気化)していきます。

ということは、熱を奪われた部分(気体)は

温度が下がることになりますよね。

 

打ち水とは、道路や庭に水をまき

この気化熱の仕組みによって

周辺の温度を下げようという

昔ながらの涼の取り方になります。

 

冷風扇は、この温度が下がった部分に風を送り

部屋に冷たい風を送り出すという仕組みになります。

 

ちょっと分かりやすく例えると

扇風機の前に、水で濡らしたタオルをかざすと

通常の扇風機の風より冷たい風が

送られてきますよね?

冷風扇は、これと同じ原理になるそうです。

 

具体的には、冷風扇の中に蒸発用のフィルターや

水を入れるタンクが装備されていて

そのフィルターの水分が蒸発する際に

 

1、気体の熱が奪われる

2、フィルターの温度が下がる

3、冷たい風が出てくる

 

という仕組みになり、水を入れるタンクに

保冷剤を入れることで、さらに冷たい風を

出すことが可能になります。

 

この保冷材は、付属品として

冷風扇についていることがほとんどですが

氷を入れても使用できます。

 

冷風扇は、エアコンと違い

取り付け工事などが不要であることや

扇風機くらいの大きさで

キャリーが付いているものが多い為

出し入れや取扱いが楽になります。

 

また、円柱や長方形など

スタイリッシュなものが多く

どんなインテリアにも馴染む

デザインが多いです。

 

その他の冷風扇の特徴としては

 

風量

運転機能(自然風モード、お休みモード、涼風モード、マイナスイオンなど)

上下、左右のスイング

タイマー

 

などが、搭載されていることが多いですよ。


スポンサーリンク



関連記事:トラウトサーモンとは?ニジマスなの?サーモンとの違いは?

冷風扇はどのくらいの効果があるの?

冷風扇とは、水を使って

部屋に冷たい空気を送る冷房家電になります。

 

確かに、私達もお風呂上りで

体が濡れている状態のままでいると

体の熱がどんどん奪われて

冷えていきますよね。

 

この冷えた状態や原理を

冷風扇は上手に利用しています。

 

冷風線の仕組みはわかりましたが

この冷風扇、具体的にはどのくらいの

冷房効果があるのでしょうか。

 

冷風扇の機種にもよりますが

ある冷風扇の効果を調べた実験結果によると

 

部屋の温度が31℃

冷風扇のタンクの水温24℃

 

で、冷風扇を稼働させたところ

「28.4℃=部屋の温度より2℃ほど低い風」が

送られてきたそうです。

これは、部屋全体の温度ではなく

冷風扇から出てきた風の温度です。

 

さらに、冷風扇のタンクに

保冷剤を入れて稼働させたところ

「28.1℃=マイナス0.3℃」に

なったそう。

 

冷風扇は、扇風機などの

ただ風を送るだけの冷房家電に比べると

冷たい風を送りだしてくれる為

ヒンヤリ涼しい効果が期待出来そうですよね。

 

ただ、やはりエアコンのように

部屋全体を涼しく快適にしてくれる家電とは

言えません。

 

次の項目では、そんな冷風扇の効果についての意見!

冷風扇のメリットやデメリットについて

見ていくことにしましょう。


スポンサーリンク


関連記事:数え年の数え方!早生まれの場合や満年齢との違いも解説!

冷風扇のメリットとデメリットは?

冷風扇の仕組みや効果、いかがですか?

「想像以上に効果的で涼しそう!」

「思ったより効果がない・・期待とは違った!」

どちらでしょうか。

 

実はこの冷風扇、使用した方の感想が

「冷風扇はアリ!」と「冷風扇はナシ!」と

両極端に分かれています。

 

そこで、冷風扇のメリットと

デメリットを紹介しておきたいと思います。

 

冷風扇を購入する前に要チェック!

じっくり考えてから購入するようにしましょう!

 

冷風扇のデメリット

まずは、冷風扇のデメリットから

紹介していきますね。

 

基本的に、冷風扇を「ナシ」と感じている人は

先の冷風扇の効果でも見た通り

「部屋全体の温度がグッと下がるわけではないから」

という点が気になるようです。

 

扇風機よりは涼しい風が出るので

冷風扇の風が当たる場所は涼しいものの

部屋全体を冷やしてくれるわけではない為

「微妙・・?」と、感じてしまうそう。

また、それ以外にも

 

水を使っているので部屋の湿度が上がってしまう

水を使っているので冷風扇の近くにパソコンや大事な書類を置けない

水を使っているので倒してしまうと水浸しになる

水の補充や交換、掃除に手間がかかる

カビや菌が気になる

30℃を超えてしまうと効果を感じにくい

稼働音が大きい

ニオイが気になることがある

 

などが、冷風扇のデメリットとして

挙げられています。

 

うーん・・冷風扇のデメリット。

ちょっと気になってしまいますよね!(笑)

 

加湿器などもそうですが、水を使う家電は

どうしてもお手入れが大変!

水がこぼれたり重かったりで億劫に感じたりするものの

反面、放っておくとカビや菌が気になったりもします。

 

カビや菌、またニオイについては

こまめなお手入れがもちろん必須ですが

冷風扇に入れる水と一緒に

こちらの除菌ウォーターを

入れておくと安心です。

 

ホタテ貝から生まれた天然の除菌水で

抗菌や消臭効果が期待できるうえに

人体には極めて安心な除菌ウォーターです。

 

全て無香料の天然素材で

作られているので、お子さんや妊婦さん

お年寄り、病気をされている方がいらしても

安心して使えます。

 

部屋全体に使用できるので

冷風扇の水に混ぜておくと安心ですよね。

 

冷風扇のお手入れは必須ですが

除菌ウォーターのパワーで

安心な風を送ってもらいましょう!

 

冷風扇のメリット

冷風扇のデメリット・・ちょっと

色々とあるようでしたよね!

冷風扇の購入を迷ってしまいますが

とはいえ、冷風扇を気に入っている方も

もちろんいらっしゃるようです。

 

冷風扇のメリットも

見ていくことにしましょう!

冷風線のメリットは

 

扇風機よりも涼しい

風が優しいのでエアコンより体の冷えが気にならない

エアコンのように乾燥しない

移動して使えるので便利

電気代が安い

扇風機のようにずっと当たっていてもだるくならない

 

などになります。

 

冷風扇は女性や高齢の方に好まれる傾向にあります。

 

エアコンの冷えが辛い

扇風機の風に長時間当たっているのが辛い

 

などの悩みを抱える方には

冷風扇は効果的で「アリ」と

されているようです。

 

部屋全体を冷やす効果はない冷風扇なので

おすすめの使い方としては

 

冷風扇を近距離に置いて使う

湿度が気になる場合は、換気を行うか除湿機を使う

エアコンの弱と冷風扇を両方使う

 

などになります。

 

住宅環境によっても異なるそうですが

エアコン並の冷え効果を期待してしまうと

ガッカリしてしまうので

「扇風機より涼しい冷房家電」と捉えて

購入するのがいいですよ。

関連記事:財布の種銭はいくら?一万円?小銭なら5円・115円がいい?

冷風扇の選び方は?

メリット、デメリットがあり

効果があると感じる人とそうでない人とに

分かれる冷風扇ですが

女性には人気の冷房家電になります。

 

男性や、暑がりの方にはちょっと

物足りないのかもしれませんよね。

冷たい風が送られてくるので

ある一定の箇所だけ涼しくしたい場合は

エコで効果的な冷房家電になるのかもしれません。

 

そんな、冷風扇を購入する場合!

どのように選んだらいいのか

「ここは押さえて欲しい」というポイントが

いくつかあるようなので

最後に紹介したいと思います。

 

冷風扇の選び方!

ポイントとしては3つあるようです。

ひとつずつ見ていきましょう。

 

1、冷風扇のタンク内に保冷剤が設置できる

 

やはり、夏の暑い時期は水だけでは

ヒンヤリ度を感じにくいそうで

保冷剤とセットになった冷風扇の方が

安心です。

 

2、タンクやフィルターが丸洗いできてお手入れしやすい

 

気になるニオイやカビ、菌などの面からも

冷風扇のタンクやフィルターは

取り外しが可能で、丸洗いできるものがいいそう。

購入の際は、冷風扇のタンクやフィルターなどの

構造もしっかりチェックするといいですよ。

 

3、タイマーや風量の調節などの機能

 

大抵の冷風扇にはタイマーや

風力の調節、モードの切り替えなどの

機能などが付いているそうですが

機能の段階が各冷風扇によって異なります。

 

例えば、タイマーは1~2時間までしか

セットできない冷風扇もある反面、

4時間以上セットできる冷風扇もあります。

 

風力についても、弱や強だけでなく

中間の中があったり、自動で

風力を調節してくれる冷風扇もあるので

使用する目的や部屋の環境に応じて

機能もチェックするといいそうですよ。

 

そんな冷風扇、今、人気の冷風扇も

いくつか紹介しておきたいと思います。

あなたの好みや環境と合うか

ちょっとチェックしてみてくださいね!

まずはこちら!

 

テクノスのテクノイオン搭載の

リモコン冷風扇です!

 

操作方式がフルリモコンのこの冷風扇は

テクノスが独自で開発した高濃度な

「テクノイオン」が搭載されています。

 

テクノイオンとは、お部屋の除菌や

消臭をしてくれる嬉しい効果のこと!

冷風扇で気になるニオイや菌などの発生を

抑えてくれる効果が期待できるので

赤ちゃんやペットがいるご家庭でも安心!

 

保冷剤も付属で付いているので

当然、保冷材の設置もOK!

タンクの丸洗いもできますし

タイマーの設定は0.5~7.5時間まで

切り替えることが可能です。

 

風量の切り替えは3段階で

モード機能の切り替えは、お休み風と自然風とで

切り替えが可能です。

心地いい風を選んで、快適に冷風扇を

使いこなしちゃいましょう!

 

冷風扇といえば

夏の冷房家電ですが、なんと!

最近は、冬でも使える冷風扇

その名も「温冷風扇」と呼ばれるものが

登場しています。

 

 

シロカの加湿付き温冷風扇「なごみ」です!

 

夏だけでなく、冬も使える温冷風扇!

ちょっとビックリですよね!

しかも冬は加湿機能を使うことで

水を含んだ温かい風が送り出されるので

冬のイヤな乾燥対策にもなります。

 

秋冬は、温風、または温風+加湿

春夏は、冷風、または扇風機代わりの

送風としても使えちゃいます。

 

イオンモードが搭載されているので

風と一緒にマイナスイオンも送られてきますよ!

 

また、こちらの冷風扇も

保冷剤付きなので保冷剤設置はOK!

タイマーは7段階まで調節できて

タンクやフィルターは丸洗いがOKです。

 

「冷風扇が気になる、きっと気に入る!」

そんな予感がする方は、一年中使える

温冷風扇もいいかもしれませんよね。

 

春夏秋冬、冷風扇を上手に

使いこなしちゃいましょう!


スポンサーリンク


最後に

冷風扇の効果やメリット、デメリットを

見てきました。

いかがでしたか?冷風扇、気になりますか?

 

メリットやデメリットの観点から

「アリ・ナシ」の意見が分かれる冷風扇ですが

優しいマイルドな冷風は、エアコンに疲れた体には

嬉しいかもしれませんよね。

 

体に優しい冷風扇で

夏を上手に乗り切っちゃいましょう!