渡辺千穂の学歴や出身大学は?【画像】パクリ疑惑や作品もチェック!

羽鳥慎一アナウンサーが、8月に再婚していたことが分かって、

ニュースになっていますね。お相手は、脚本家の渡辺千穂さんです。

羽鳥慎一アナウンサーは、2012年5月に離婚しており再婚と

なっています。

 

私は、渡辺千穂さんという方を知らなかったので、今回は、渡辺千穂さんについて、

いろいろ調べてみました!



スポンサーリンク




 

渡辺千穂のプロフィール


名前:渡辺千穂(わたなべちほ)

生年月日:1972年10月18日(現在42歳)

出身:東京都

 

渡辺千穂さんの出身大学や学歴については、いろいろ調べてみたのですが、

情報はありませんでした。出身大学や学歴以外の情報もあまり公開されておらず、

プライベートな部分はあまり表に出したくない方なんだと思います。

 

渡辺千穂さんは、脚本家になる前は、OLとして企業で働いていたそうです。

元々書くことが好きで、2000年から脚本家を志したそうです。その後、下積み

期間を経て2002年にデビューしています。たった2年で脚本家としてデビューしている

のですからかなりの才能ですよね。

 

羽鳥慎一アナウンサーと渡辺千穂さんは、2012年8月に食事会で知り合って、

2012年11月から交際していたそうです。なので、結婚するまでの交際期間は

2年弱ということになりますね。羽鳥慎一アナウンサーは再婚ということで、

結婚に慎重になっていたのかもしれませんね。

 

渡辺千穂さんは、現在42歳とのことなので、羽鳥慎一アナウンサーと同じく

再婚なのかと思ったら初婚のようで、離婚歴はないとのことです。

渡辺千穂さんは、売れっ子脚本家なので、男性と交際して結婚という時間が

今まではなかったのかもしれませんね。ちなみに、二人は挙式や披露宴を

する予定はないとのこと。芸能関係の人は、派手な結婚式をするというイメージが

あったので意外でしたね。



スポンサーリンク




渡辺千穂の作品について

 

渡辺千穂さんは、2002年に『天体観測』で脚本家デビューをしています。

その後も「ケータイ刑事 銭形シリーズ」、「危険なアネキ」、「恋する日曜日

セカンドシリーズ」、「ファースト・クラス」など、数々の作品を手掛けています。

 

渡辺千穂さんの手がけた作品を見ると、その数の多さに驚きます。また、松本清張の

ドラマや世にも奇妙な物語の脚本も手掛けており、かなり幅広いジャンルの脚本が

書けるようなのですごいですよね。

 

渡辺千穂のパクリ疑惑について

渡辺千穂さんには、過去にパクリ疑惑があったようです。渡辺千穂さんが脚本をした

2011年放送の「名前をなくした女神」が、角田光代さんの小説「森に眠る魚」の

パクリではなかとうわさになったようです。

 

両方の作品を調べてみると、確かにママ友、お受験といったテーマは同じですが、

細部を見るとだいぶ違う印象を受けましたね。ママ友、お受験というテーマ自体珍しい

ものではないので、かぶったからと言ってパクリではないと思います。

 

パクリ疑惑というのは、売れているミュージシャンや作家などにはつきものの話で、

渡辺千穂さんもパクリ疑惑が出ているということは、逆に売れっ子脚本家であることを

証明しているということかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 



スポンサーリンク

サブコンテンツ