最近はメールやメッセージアプリで簡単に連絡が取れるので

手紙を書く機会もめっきり減ったという方も多いかもしれません。

しかしビジネスレターや暑中見舞いなどの季節のご挨拶で

たまにかしこまった文章を書かないといけないという場面もあります。

 

そんな時、どうやって書き出しを始めればいいのかすごく悩みますよね?

季節の挨拶というのは日本独特の細かい時期の分け方があるので、

お手紙をもらった方は、季節を感じることができる素晴らしいものですが

書く方としてはかなり迷います。

 

そこで今日は夏によく使われる、

盛夏の候という挨拶について解説してみたいと思います。

詳しい時期や例文もご紹介していますので、

大人のマナーとしてぜひ覚えておきましょう!


スポンサーリンク



盛夏の候はいつ使うの?そもそも意味は?

 

日本独特の暦の季節というのは、実際の季節感や気温とは違っているので

なかなか覚えるのも難しいですよね。

そこで、まずは「盛夏の候」の意味や使える時期を解説してみたいと思います!

 

盛夏の候ってどういう意味?

まず盛夏の候を挨拶文に使うに当たっては、その意味を知っておく必要がありますね。

「盛夏の候」というのは漢字から推測できるように、夏真っ盛りという意味です!

イメージの通り、梅雨が明けてジリジリと焼け付くような暑さが続く頃の

ことを指す言葉として使われています。

ちなみに読み方は、「せいかのこう」なので、そのままですね♪

 

ですがこの季節の感覚は、暑さの感じ方には個人差がありますし

そしてなによりも、地域差もありますよね。

盛夏の候を含め、時候の挨拶は

こういったあいまいな感覚で使っているわけではありません!

時期にはしっかりと線引きがあるので、理解しておきましょう。

 

盛夏の候を使う時期はいつ?

暦のうえでは、夏は初夏・盛夏・晩夏に分けることができます。

盛夏というのは先ほどもご紹介したように、夏真っ盛りの時期にあたるので

8月くらいのイメージを抱く方も多いのではないでしょうか?

 

ですが実は意外な時期なので、注意が必要ですよ。

盛夏というのは具体的に6月6日から7月6日までとなっています。

感覚的に一番暑い時期ではないので、ちょっとびっくりですよね。

ビジネスレターや取引先や顧客への挨拶などを出すときには

この実際の季節とのズレを勘違いしないように、文章を作成しなければいけません。

 

なぜかというと、「盛夏の候」を使う時期を間違えると

その前後の、初夏の候と晩夏の候もズレてきてつじつまが合わなくなってしまいます。

そのため盛夏の時期だけでなく、初夏と晩夏も理解しておく必要がありますね。

そこで、この夏の区切りを把握しておきましょう。

 

初夏:5月6日~6月5日

盛夏:6月6日~7月6日

晩夏:7月7日~8月6日

暦上、このような時期の分かれ方になっているので、全部意外な感じですね!

 

しかし、最近では9月頃まで猛暑日が続いていますよね。

そのため暦上、晩夏の時期であっても盛夏の候という挨拶を

使っていることが多いようです。

これも時代の流れとともに変わっていくことなので、

実際の季節に合った挨拶を使うという考え方も間違いではありませんよ!

 

しかし盛夏の候という挨拶は、さすがに晩夏を過ぎた日には使えないので

8月6日を目途にしておきましょう!

ですが、手紙を出す相手がこういったマナーや厳しい方や

日本文化に精通している方である場合には、時候の挨拶は厳密に守るのが無難。

勉強不足だと思われてしまいかねません。

 

暑中見舞いやお中元、そしてイベントのお知らせなどで

なにかとお知らせやお手紙を書くことが増える時期なので

フォーマルな雰囲気や、しっかりとした印象を持ってもらいたい時には

しっかりと夏の時候の挨拶をマスターしておきましょうね。


スポンサーリンク



関連記事:犬のフン対策!漂白剤・酢・薬・唐辛子・コーヒーなど犬よけ方法を解説!

盛夏の候の使い方は?例文をご紹介!

夏の時候の挨拶の時期がわかったところで、

では手紙の書き出しや結びなどはどういう風に進めていけばいいのかも悩みますね。

そこで具体的な例文をシーン別にご紹介してみたいと思います。

ぜひお手紙を書く際の参考にしてみてくださいね。

 

ビジネス用の手紙の例文をご紹介!

まず定型として覚えておきたいのは

「時候の挨拶+安否の挨拶、確認」というのが導入です。

 

たとえば・・・

 

・初夏の候、ますますご発展のほどお慶び申し上げます。

・盛夏の候、ますますご繁栄のことと存じます。

・晩夏の候、ますますご健勝のほどお慶び申し上げます。

 

このように、季節の挨拶にプラスして先方の状態を気づかうような言葉を続けましょう。

そしてこのあと、本題に入っていきます。

また結びの文章も迷うところですが、こんな感じで締めましょう。

 

・皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

・時節柄、お体ご自愛下さい。

・略儀ながら、書中をもちましてお礼を申し上げます。

・ご多忙中のところ恐縮ではございますが、ご返事賜りたく存じます。

・今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

 

このように、本文中の内容に即して締めればOKですよ。

とくに相手からの返信が欲しい時のお知らせなどはなかなか気を遣いますが

こんな感じでフォーマルな挨拶と結びでお願いすれば、印象もいいですね!

 

なにかとルールやマナーが多いビジネス文書。

社会人を何年やっていても、意外とマスターしていないこともありますよね。

ましてや社会経験が浅い新入社員さんなどならなおさら。

 

そこで、こういったビジネス文書のマナーや書き方を網羅した

マニュアル的な一冊を持っておくと非常に安心です。

デスクに常備しておけば、咄嗟の文書作成にも対応できますよ!


スポンサーリンク


関連記事:数え年の数え方!早生まれの場合や満年齢との違いも解説!

 

親しい個人あてに出す場合は?

親しい相手にお手紙を出すといえば、暑中見舞いや絵手紙などで

相手の体調を気づかったり、交流を維持するためのちょっとしたご挨拶ですね。

そのため、会社用の手紙の用に格式ばった雰囲気を出す必要はありません。

しかし一応は、季節の挨拶で始まり、結びの言葉で締めるということを意識しましょう。

 

書き出しの例文としては・・・

 

・うっとうしい梅雨の季節になりましたが、皆さんいかがお過ごしですか。

・うだるような暑さが続いておりますが、皆さんいかがお過ごしですか。

・本格的な夏を迎えましたが、お変わりはありませんか。

・吹く風も次第に秋めいてきましたが、皆さんお元気ですか。

 

このような感じで、暦上の季節はあまり気にする必要はなく

今現在の季節の感覚を共有するような感じで始めれば

手紙を受け取った相手も、季節感をより一層楽しむことができるので

なんとも風流なお手紙になるでしょう。

 

そして結びもカジュアルな雰囲気でOK。

 

・暑さに負けない体力を養って、暑い季節を乗り切りましょう。

・まずはお礼とご挨拶まで。

・暑さの厳しい季節、皆さんお体ご自愛下さい。

・お返事を心よりお待ちしています。

 

こちらも本文の内容に沿った締めの文言で終わりましょう。

季節のご挨拶などちょっとしたお手紙なら、そんなに本文もたくさん書く必要は

ありませんので、挨拶と締めの文言の間に少し近況報告を入れるくらいでもいいでしょう。

 

ビジネス文書は難しいイメージが付きまといますが、

こういった親しい人へのお手紙なら、肩ひじ張ることなく書けるので

季節ごとに書いてみるのもいいかもしれませんね!

 

絵手紙を書くのに欠かせないのが、淡い色彩と筆のタッチ。

しかし絵具を準備して、水で薄めてなどの準備や片付けを考えると

ちょっと億劫になってしまいがちです。

 

しかし、こういった筆ペンタイプの水彩ペンなら取り扱いがとっても簡単。

もちろん後片付けもいらないので、ササっと書き上げることができますね。

20色もセットになっているので絵手紙だけでなく、

水彩画を趣味にしている方や、年賀状を手書きで作成している方にもおすすめ。


スポンサーリンク


関連記事:前澤友作のプライベートジェットの値段は?日本人でもってる人はどれくらい?

最後に

いかがでしたか?

「盛夏の候」という時候の挨拶は、基本的には6月6日~7月6日まで使います。

遅くても8月6日までは使えますが、それを過ぎたら季節感がズレすぎてしまうので

使用するのは控え、秋の挨拶に切り替えましょう。

 

こういった時候の挨拶は、全部マスターするのは非常に難しいので

覚える必要はありませんが、フォーマルな手紙を書きたい時には必須です。

各タイミングでその都度、調べたほうが間違いはないのでいいのですが

日本の旧暦に基づいて、時期が分かれているということは覚えておきましょう。

 

そして個人間のお手紙なら、あまり気にする必要はないので

せっかくならメールなどで済ませるのではなく、どんどん手書きのお手紙を書いて

日本の四季を味わってみるのもいいですね!