ニュースや新聞、カレンダーなどで、

季節を表す言葉を目にしたり、耳にしたりする機会は多いでしょう。

夏至や冬至は馴染みが深いですよね。

 

春至、秋至という言葉はありませんが、

春や秋には春分、秋分があります。

春分・夏至・秋分・冬至、四季それぞれにあるこれらの日にちは

一体いつなのでしょうか?

また、違いは何なのでしょう?

 

今回は春分・夏至・秋分・冬至について、違いや日にち、

更にこれら4つをまとめて何というかもご紹介します。

 

この記事を読めば春分・夏至・秋分・冬至が決められる基準や、

4つの日について詳しく知ることができますよ。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。


スポンサーリンク



春分・夏至・秋分・冬至の日の違いは?まとめて何という?

まずは春分・夏至・秋分・冬至の違いについてです。

これらは「太陽の角度」によって決められます。

詳しく説明していきますね。

 

まず、太陽がほぼ真東から昇り、ほぼ真西に沈む日を

天文学では「分点」と言います。

分点は春と秋に1回ずつやってきます。

これが「春分」と「秋分」です。

 

また、太陽から地球までの距離が最も長くなる地点を「至点」と言います。

至点は同時に、地球の太陽に対しての傾きが

最も大きい地点でもあります。

これが6月後半頃と12月後半頃にある「夏至」と「冬至」です。

 

「分点」が関係するから「春分」と「秋分」、

「至点」が関係するから「夏至」と「冬至」なのですね!

 

ちなみに、それぞれの太陽の角度は

 

春分:0度。地球の真横から日が当たり、昼夜の長さがほぼ等しい。

夏至:90度。垂直に近いので、高度から日が当たる。昼が最も長い。

秋分:180度。地球の真横から日が当たり、昼夜の長さがほぼ等しい。

冬至:270度。水平に近くなるので太陽が低い。夜が最も長い。

 

というようになっています。

角度の違いが生まれる理由としては、

地球自体が少し斜めに傾きながら回り、

更に回転しながら太陽の周りをゆっくり回っていることが挙げられます。

 

とはいえ、実際は大気の差など様々な要因により

春分と秋分に昼夜の長さが等しくなることはほぼありません。

 

また、これら4つの日にちは固定されているわけではなく、

その年によって1、2日変わります。

何故かと言うと、地球は1年かけて太陽の周りを1周しますが、

厳密に言うと1年+約6時間…

この約6時間のズレが、日にちのズレに繋がるのですね。

 

ちなみに、約6時間のズレを修正するために存在するのが、

4年に1回の「閏年(うるうどし)」です。


スポンサーリンク



関連記事:ストロベリームーン2019はいつ?意味や原理も詳しく解説!

 

春分・夏至・秋分・冬至、4つまとめて何という?

春分・夏至・秋分・冬至、4つをまとめて

「二至二分」と言います。

読み方は「にしにぶん」です。

 

書いてそのまま、夏至と冬至で「二至」、

春分と秋分で「二分」。

両方合わせて「二至二分」です。

 

ちなみに二至二分の4つの日は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ。

「二十四節気」とは中国の古い時代に、太陽の動きを元に作られました。

 

天球上で太陽が移動する道のことを「黄道」と言いますが、

この「黄道」を24に分割して、それぞれに名前をつけたのが二十四節気。

毎年同じタイミングで同じ節気が訪れるので、

農業など天候が関係する仕事の人々には特に役立つものでした。

 

二至二分以外にも色々な節気がありますが、

これらは季節を知るための指標にふさわしく、

天候や生き物の様子を表す名前がそれぞれつけられています。

 

二至二分と共に二十四節気のなかで重要な節気とされたのが「四立(しりつ)」。

「立」がつく立春・立夏・立秋・立冬のことです。

四立はそれぞれ二至二分のちょうど真ん中にあたる時期で、

春夏秋冬、各季節の始まりの日とされていました。

 

更に、二至二分と四立、8つの節気のことをまとめて

「八節(はっせつ)」と呼びます。

八節は季節の節目なので、二十四節気の中でも特に重要視されていました。

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2