バーベキューの煙対策!煙を出ないようにする方法を徹底解説!

外でワイワイバーベキュー

楽しいですよね!

外で食べるとなぜ、あんなに楽しくて

美味しいのでしょうか。

皆が笑顔になれちゃいます♪

 

そんなバーベキューを

気軽に自宅の庭で楽しめたら最高!

・・ではありますが

自宅の庭でバーベキューとなると

気になるのがバーベキューの煙!

 

キャンプ場などと違って

煙モクモクでは隣近所への

大迷惑になってしまいます。

 

そこで今回は、バーベキューの煙を

出なようにする方法はないのか、

徹底リサーチしてみました。

 

バーベキューの煙対策はある?

一緒に見ていきましょう。




スポンサーリンク





バーベキューの煙対策!バーベキューで煙を出ないようにする方法はコレ!

ご家族や親しいお仲間で

ワイワイ楽しいバーベキュー!

最近は自宅の庭などで

バーベキューを楽しむ方も

増えているようです。

 

自宅の庭なら、荷物を運ぶ手間もないですし

食材も冷蔵庫から持ち出せばいいので安心ですよね。

また、片づけが楽なのも嬉しいところです。

 

そんな、庭でのバーベキューですが

注意をしたいのが、バーベキューで出る煙!

 

逆の立場で考えたら

お隣の庭からバーベキューの煙が

モクモクと立ち込めてきたら

ちょっとイヤな気持になりますよね!

 

ご近所トラブルになってしまっては

楽しいバーベキューの時間も

台無しになってしまいます。

 

その為には、煙対策は絶対必須!

実は、バーベキューの煙を出ないようにする方法や

対策はいくつかあるようです。

どんな方法があるのでしょうか

ひとつずつじっくり見ていくことにしましょう!

 

バーベキューで煙を出ないようにする方法①着火剤を使う

まずは、バーベキューの最初の一歩!

火をおこすところで注意しておきたい対策から

見ていくことにしましょう。

 

皆さんは、バーベキューで火をおこす際は

何を使って火おこしをされていますか?

 

私はこれまでキャンプ場や川原などで

何度かバーベキューをしたことがあるのですが

その際は、新聞紙や段ボールに着火して

火をおこしていました。

 

恐らく皆さん、私と同じだと思うのですが

実は、これはNG!

煙が出やすい火おこしの方法になるそうです。

 

そもそも煙は、完全に燃焼する前の

燃えている状態の時に多く発生するそう。

 

新聞や段ボールなどの場合、コンロ上で

すぐに完全燃焼させるのは難しく

火をおこしながらモクモクと

煙が出てしまう結果になるそうです。

 

そこで、火おこしに

おすすめなのが着火剤!

着火剤を使用すると

炭への着火が素早く行える為

煙が出にくくなるそうです。

 

特にジェル状の着火剤は

ほぼ煙が出ないと

言われているそうですよ。

 

バーベキューで煙を出ないようにする方法②炭にこだわる

バーベキューで、出来る限り

煙が出ないようにするには

炭を購入する際にも

注意をするといいそうです。

 

つい、安い値段の炭を

選んでしまいますが、それはNG!

 

煙対策をしたい時のバーベキューには

少しお値段は高くなってしまいますが

煙が出ない、出にくいと言われている炭を

利用するといいそうです。

例えば、こちら

 

 

「あおい備長炭=オガ炭」と呼ばれ

その名の通りオガ屑を加熱、圧縮、成形した

人口の薪を炭化させた炭になります。

このオガ炭の特徴は

 

大きさが均一なので着火しやすい

爆跳しない

火持ちが良い

煙が出にくい

 

などになり、煙対策をしっかりとしたい

バーベキューにはピッタリの炭!

 

お値段は少しお高めになりますが

ご近所のことを考えたらここは奮発!

煙対策に安心なオガ炭を購入して

心置きなくバーベキューを

楽しむようにしましょう。

 

また、炭の量を入れすぎたり

火力が強すぎても煙モクモクの

原因になるそう。

 

出来るだけ少ない量の炭で

バーベキューをすることも大切で

火力が強すぎる場合はコンロから

炭バサミなどで炭を取り出して

火力を調節するといいそうですよ。

 

バーベキューで煙を出ないようにする方法③食材にこだわる

上手に炭に火が着いたら

いよいよ食材をジュージュー焼いていきますが

煙が出ないようにするためには

ここでも注意するべきことがあるようです。

 

バーベキューで煙が出る時というのは

食材から出た油やタレが炭に落ちることで

煙が出てしまうことも多いそうです。

 

また、網にこびりついたタレも

煙の原因になるのだとか。

 

なので、煙が出ないように

バーベキューを行いたい場合は

脂っぽいお肉やタレの付いたお肉は

避けた方がいいそう。

具体的には

 

ホルモン系

脂の乗っている魚

トントロ

 

などは避けた方がいいそうで

タレに漬けてあるお肉もNG!

タレは焼き上がった後で

付けて食べるのがいいそうです。

 

煙対策のお肉におすすめなのは

脂身の少ない赤身のお肉を選ぶと

いいそうですよ。




スポンサーリンク





関連記事:バーベキューの炭の量の目安!10人・20人・30人・40人の場合は?

 

バーベキューで煙を出ないようにする方法④焼き方を変えてみる

バーベキューといえば

網の上で食材を焼くのが定番ですが

先の食材選びでも見てきたように

この網の間から、食材の脂などが落ちることで

煙の原因に繋がることも多いそうです。

 

そこで!網で焼くのではなく

下に脂などが落ちないものを使って

焼くといいそうです。

例えば、

 

網の上にアルミホイルを乗せる

鉄板を利用する

 

などがいいそう。

 

アルミホイルで手軽に煙対策が

出来るのは嬉しいですよね!

また、頻繁にバーベキューを楽しみたい方は

鉄板を用意してしまうのもおすすめ!

おすすめの鉄板、ありますよ!

 

 

プロ仕様のバーベキュー用の鉄板です。

 

極厚の鉄板なので

焼き上がりの焼きムラや

加熱による歪みの心配がナシ!

安心してジュージューと

バーベキューを楽しめます。

 

国内材料、国内生産の職人さん手作りの鉄板は

使い心地も抜群で煙対策もバッチリです。

 

鉄板があれば、焼きそば、ホイル焼き

餃子やお好み焼き、魚介類などの

バター焼きだってOK!

 

バーベキューのメニューの幅がグッと広がって

さらに盛り上がること間違いなしですよね。

 

また、脂っぽいお肉やタレ付きのお肉は

鉄板で焼いて、脂が少ないお肉や野菜などは

網で焼くなど、使い分けても楽しいかもしれません。

 

安心便利な鉄板で

ますますバーベキュータイムを

楽しんじゃいましょう。

 

バーベキューで煙を出ないようにする方法⑤無煙のバーベキューコンロを使う

むむ!無煙バーベキューコンロとは一体!?

 

驚きですよね!実は、最近のバーベキュー界は

どんどん進化していて、なんと煙が出ない

無煙のバーベキューコンロなるものが

存在しているそうです。

 

これは便利!さっそく紹介しますね

こちらになります!

 

 

ドイツ生まれの

無煙の卓上バーベキューコンロ

ロータスグリルです!

 

なぜ、煙が出ないのかというと

炭の上がプレートになっていて

炭に煙の原因となる食材の脂やタレが

付かない作りになっているから!

 

また、もうひとつの煙の原因となる

「着火」についても安心構造!

電池で駆動する内臓ファンが付いている為

スピーディーな着火が実現可能になっています。

 

口コミでも

「バーベキューをすぐに始められた!」

「着火が早くて簡単!」などの声が

多数寄せられています。

 

使用後は炭を処理して

網とインナーボウルを洗えばOK!

食器洗い機にも対応している

嬉しい無煙バーベキューコンロです。

 

カラーバリエーションも豊富で

見た目がコロンと可愛いのも嬉しいですよね!

バーベキューをたくさん楽しみたい!

そんな方には、絶対おすすめ!

 

煙対策バッチリのバーベキューコンロで

心置きなくバーベキューを堪能しちゃいましょう!

 

バーベキューで煙を出ないようにする方法⑥バーベキュー後にも注意する

楽しいバーベキューが終わった

あとは適当に片付けて解散・・ではNG!

 

使い終えた炭から煙は出ていなくても

灰やニオイが残っていることもありますよね?

また、火の消えていない炭などの

処理も丁寧に行うことも大切なようです。

 

特に、火の消えていない炭に

水をジャっとかけてしまうと

熱湯や灰などが広がってしまうので要注意!

 

火のついた炭をそのまま入れられて

蓋をしておくと火を消してくれる

「火消壺」などを用意しておくことも

煙対策には大切なようですよ。

 

「バーベキューは最後まで気を配る」

ご近所への煙対策には、この気持ちも

大切なのかもしれませんよね。



スポンサーリンク



関連記事:バーベキューの差し入れ!ゼリーやフルーツなど喜ばれるおすすめをご紹介!

バーベキューでは煙以外の対策も大切

庭などでバーベキューを行う際には

まず、煙を出ないようにすることが大切ですが

それ以外のも気を付けたいのが騒音!

音への対策です。

 

実は、ここだけの話し

私の家のお隣さんは、時々ベランダで

ご友人たちと食事をされている様子で。

 

バーベキューではなさそうなので

煙などが流れてくることはないのですが

喋り声がキャッキャとうるさくて

ちょっと困っているのです。

 

そんなに頻繁ではないので

窓を閉めるなどをして対処しているのですが

気になってしまうのが、やはり正直なところ。

そんなことにならない為にも

音の対策を考えておくことは大切!

 

バーベキューだと、つい盛り上がって

騒がしくなってしまいますよね?

お酒などを飲むとなおさらです。

 

そんな騒音の対策としては

 

バーベキュー前に大きな声や騒音は出さないように伝えておく

バーベキューは昼の時間帯に行うようにして、遅くても19時には終わらせる

子供にはうるさくしないように伝えておく

 

などをしておくといいそうです。

 

また、バーベキューを行う前は

予めご近所へ挨拶をしておくのもおすすめ!

 

バーベキューを行う日にちと時間

煙が出ないように対策はするが洗濯物には注意してほしいこと

煙や騒音など気になったら遠慮せずに連絡してほしいこと

 

などを予め伝えるといいそうです。

 

電話番号と一緒にお菓子などを添えると

なお、いいかもしれませんよね。

 

庭でバーベキューを行うこと自体は

違法ではないそうですが

煙やニオイ、騒音などがあまりにもひどいと

警察沙汰に・・などというケースもあるそうです。

 

気持ちよくバーベキューを行えるように、

また、バーベキューが楽しい思い出になるように

煙と合わせて騒音の対策も

丁寧に行うようにしましょう。

関連記事:バーベキューの食材ランキング!人気でおすすめの食材をご紹介!

最後に

バーベキューの煙対策について

煙を出ないようにする方法を見てきました。

 

煙対策にはいくつかの方法が

あるようでしたよね。

気持ちよくバーベキューを終えられるように

しっかりと対策を練るようにしましょう。

 

皆さんの笑顔溢れる

楽しいバーベキューになることを

心から祈っています。



スポンサーリンク





スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!