突然ですが、私は1歳3ヶ月の娘を

子育て中のママです。

 

つい最近まで、我が家でも

ジョイントマットを敷いていましたが

今はもう撤去しています。

 

ジョイントマットには

もちろんメリットもありますが

デメリットもたくさん!!

 

今回は私の経験談も交えながら

ジョイントマットがいらない理由

そして、ジョイントマットの代用品になるものを

いくつかご紹介したいと思います。


スポンサーリンク



ジョイントマットはいらない?デメリットをご紹介!

我が家では、娘が歩けるようになった

1歳ごろには、ジョイントマットは

撤去しました。

 

それまでも、正直なところ

早く取り外してしまいたくて

仕方ありませんでした。

 

その理由は、こんなところにあります。

 

掃除が面倒。

ジョイントマットの掃除は

意外と面倒くさいんです!!

 

ジョイントマット隙間は

ホコリや髪の毛などの汚れが入り込み

1枚ずつ外さないと取れません。

 

しかし、ジョイントマットを敷くご家庭は

小さな子供がいることが多く

1枚ずつ取り外して掃除する時間も大変!

 

そして、隙間から落ちたゴミは

床はもちろん、ジョイントマットの裏にも

くっついているんです。

 

裏返して掃除しようと思い

一気にひっくり返そうとしたものなら

ジョイントマット部分が取れて

イライラ…

 

表、裏、そしてジョイントマットの下の床

3回の掃除機をかけるのが

毎日とても苦痛でした。

 

ジョイント部分が簡単に外れる。

子供がハイハイができ

お座りもできるようになれば

家の中の物すべてがオモチャです。

 

一度持ち上げた時に

外れることを覚えてからは

すぐにペリペリ外されていました。

 

なんのためのジョイントマットなの?

と思ったくらいです。

 

確かに、おもしろい気はしますが

何度も付け直すのは大変な作業でした。

 

また、歩きだした頃には

外したジョイントマットを

持ち歩くようになり

我が家では撤去することにしました。

簡単に持ち上がり、滑りやすい。

ある日ふと見たら

ジョイントマットの端に

歯型がありました。

 

どうやら、何でも口に入れたい時期に

噛んでいた様子。

 

注意して見ていると

案の定、上手に持ち上げ

かじっている現場を発見!

子供の力でも持ち上がる軽さなんです。

 

また、裏面には特にすべり止めもないので

簡単に滑って移動してしまうのも

難点でした。

 

洗うのも干す場所の確保もいる。

我が家ではジョイントマットは

お風呂場で洗うようにしていました。

 

しかし、大きなジョイントマットを

1枚ずつ洗うのも大変。

そして何枚ものジョイントマットを

干そうものなら

かなりのスペースがいります。

 

そして、簡単に物干し竿に

洗濯ばさみで干せるものではなく

我が家ではベランダにシートを敷き

並べるようにして干していました。

 

ジョイントマットを洗ったり

干したりする作業にも

とても労力はいりますが

マンションの狭いベランダでは

干す場所の確保も必要ですよ。

凸凹の汚れが落ちない。

ジョイントマットには

細かい凸凹があります。

 

娘がお茶をこぼしていたのを

気が付かず、少し時間が経った時

拭いても拭いても茶色いシミは取れず。

 

また、ご飯の食べこぼしで

ケチャップやミートソースなどがついた場合も

すぐにシミになりました。

 

カビも生える!?

私の場合は、汚れが気になり

こまめに掃除していたのですが

半年ほど敷きっぱなしにしていた

友人の話。

 

買ってから半年経って

初めてジョイントマットをバラバラにし

掃除しようとしたら

白いカスのようなものがついていたそうです。

 

調べてみると、それはダニだったようで

慌てて全て処分したそうです。

その上で、子供が寝転んで遊んでいたと思うと

恐ろしい!!

と言っていました。


スポンサーリンク



関連記事:ジョイントマットの掃除の仕方や頻度は?汚れの落とし方も詳しく解説!

ジョイントマットはメリットもあるの?

デメリットばかりをご紹介しましたが

もちろんジョイントマットにも

メリットはありました。

 

転倒した時の衝撃吸収。

娘がお座りを始めたころから

上手に1人で歩けるようになるまでは

何度か転倒した時に

ジョイントマットに助けられたことも。

 

お座りが安定せずに転んだり

つかまり立ちの失敗で転倒した時には

クッション性があるので

コケても痛くなかったようです。

 

おむつ替えも安心。

床でのおむつ替えは

硬くて寝かせるのには可哀そうですよね。

 

ジョイントマットのおかげて

抵抗なくコロンと寝転ばすことができ

安心しておむつ替えができました。

暖かい。

我が家は賃貸マンションなので

床暖房とかもなく

冬には、フローリングはとても冷たくなります。

 

まだ床に寝転んでる時間や

お座りしている時間が長い娘には

ジョイントマットは暖かく

冬場も安心して遊ばせることができました。

取り替えが楽。

我が家では、2~3枚は

予備のジョイントマットを用意していたため

クッション性がなくなってきたり

へこみや傷の多くなった場所だけを

取り換えていました。

 

これは外れることのメリットですね。

 

床に傷がつかない、下の人に響きにくい。

赤ちゃんの遊びの1つでもある

オモチャを床にコンコンする遊び。

 

成長の1つでもあるのですが

下の人への音も気になるし

賃貸マンションなので

床の傷も気になります。

 

しかしジョイントマットを敷いていれば

防音にもなり、傷もつきません。


スポンサーリンク


関連記事:珪藻土バスマットは臭いや水虫・汚れなど衛生的に大丈夫?

ジョイントマットの代用品になるものは?おすすめベスト5

私も小さな子供がいる家庭では

よく見かけるジョイントマットは

定番だと思っていました。

 

色々なデメリットがあることは知らず

購入しましたが、今は使っていません。

 

我が家ではジョイントマットの次に購入したのは

プレイマットでしたが

最初から、こっちにしとけば良かった!

と後悔することも。

 

そんな私がプレイマットを購入する時に

検討していた物や

次はこれにしたいな!と思う

オススメの代用品をご紹介いたします。

 

クッションマット

 

今、我が家ではこちらを使っています。

 

1枚物なので掃除もとても楽ちん!

しかもリバーシブルなのも可愛く

気分によって変えたりしています。

 

厚みもあり、クッションもしっかりしているので

これなら転倒の時にも安心。

 

もっと早く買っておけば良かった!

と思う商品です。

 

道路ルームマット

 

子供が男の子だったら

絶対これにしていただろうなぁ!

と思うルームマットです。

 

男の子が大好きな道路の絵が書かれ

車を走らせて遊べますよ。

 

また毛足も短く掃除もでき

撥水加工もされているので

子供がいる家庭にはピッタリです。

 

プレイマット

 

買う時にとても悩んだ商品ですが

滑り止めがついていて

綿100%で肌に優しい。

 

また丸洗いもできるので安心ですね。

 

しかしクッションマットに比べて

厚みが心配なので

しっかり歩くようになった頃が

いいかもしれません。

 

ラグマット

 

花柄やストライプのデザインが

とても可愛くて、まず目についた1点。

 

熱にも強いので

床暖房やホットカーペットの上でも大丈夫!

 

次は、これにしようかと思っています(笑)

 

コルクマット

 

私は値段の安さで、赤ちゃん用品店で

ジョイントマットを買ったのですが

こんなジョイントマットも出ているんですね。

 

一番気になる繋ぎ目に配慮され

保温や防音もしっかりできるんです。

クッション性にも優れているので

赤ちゃんにも安心ですよね。

 

お値段はそこそこいいお値段ですが

子供っぽいデザインではないので

長く使える商品です。


スポンサーリンク


関連記事:ジョイントマットのお手入れ方法!隙間のゴミ対策には養生テープがいい?

最後に

今回は、ジョイントマットはいらない?

代用品はあるの?

についてご紹介しました。

 

安くすぐ手に入るジョイントマットですが

しっかり商品を調べたら

長く便利に使えて、いい物があったんですね!

 

ぜひ参考にしてみてください。