強い日差しから目を守ってくれるサングラス。

ですが!サングラスを見た目だけで選んでいませんか?

色の濃いサングラスだからと言って、

しっかり目を保護してくれるわけではありません。

 

サングラスには紫外線透過率というものがあります。

1.0以下、0.1以下などの数字が記載してあるのですが、

この意味とは一体なんでしょう?

 

今回は、サングラスの紫外線透過率の意味や調べ方、

サングラスを選ぶ際の注意点などをご紹介します。

 

これからサングラスを購入しようと思っている方も、

既に持っているサングラスの紫外線透過率を知りたい方も、

ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



サングラスの紫外線透過率0.1以下の意味とは?調べ方は?

紫外線透過率0.1以下の意味とは?

紫外線透過率とは、一言でいうと

「紫外線をどれくらい通すか」を表わしたものです。

 

「紫外線透過率1.0%以下」「紫外線透過率0.1以下」

などの表示がありますが、

これは紫外線を1.0%(0.1%)以下しか通さない、

つまり99%以上の紫外線をカットするという意味になります。

 

紫外線透過率は低ければ低いほど良いので、

1.0%以下よりも0.1%以下の方が

紫外線のカット率が高いです。

 

紫外線透過率0.1以下と言うことは、

99.9%以上!

紫外線がほぼ目に入らない、と言っても良いでしょう。

 

ちなみに紫外線にはUV-A・B・Cの3種類があり、

それぞれ波長が違います。

UV記載のものの場合はUV400以上のものを選ぶと良いです。

 

また、サングラスによっては紫外線透過率ではなく

紫外線カット率という記載があるものもあります。

こちらは紫外線透過率とは反対に、

高いほど紫外線をカットしてくれるので

紫外線カット率99%、といったものを選びましょう。

 

また、サングラスにはデザイン重視の

ファッション用サングラスもありますが、

これはオシャレなだけで紫外線対策にはなりにくいことも多いです。

 

また、色が濃いからと言って

紫外線をカットしてくれるわけでもありませんから、

紫外線対策にサングラスを購入する際は、

しっかりと紫外線透過率やUVカット率を調べてくださいね。

 

紫外線透過率の調べ方

サングラス選びに重要な紫外線透過率は

どのように調べれば良いのでしょうか?

 

これからサングラスを購入する場合は、

サングラスについているシールやタグに

記載されていることが多いので、

そこを確認すればOKです。

 

ちなみに、サングラスのレンズの加工方法として、

レンズに紫外線吸収剤という成分が練り込まれているものと、

レンズの表面をコーティングしてあるものの

2種類があります。

 

コーティングしたものは時間と共に

紫外線カット作用が落ちてしまうので、

できればレンズそのものに成分が練り込まれたものを

選ぶと良いでしょう。

 

では、現在お手持ちのサングラスの

紫外線透過率を調べたい!という場合には

どのような方法があるのかご説明しますね。

 

購入時のシールやタグがなく

紫外線透過率が分からない場合でも、

サングラスのメーカーや型番がわかれば

たいていのものは商品サイトで確認できますので、

インターネットで検索してみてください。

 

購入した店舗に直接問い合わせるのもOKです。

電話でも教えてもらえるでしょうが、

近くならサングラスを持って直接来店すると

店員さんも調べやすいです。

型番でわからなくても、UVカットテスターなどの

専門機器を持っているお店であれば調べてもらえますよ。

 

購入店舗以外でも、専門機器があるお店なら

お願いすると調べてもらえることが多いです。

事前に電話で調べてもらえるか確認してから来店しましょう。

 

また、測定が無料の時はお礼として

メガネ拭きやメガネケースなど

安価なものを購入してあげると喜ばれると思います。

 

詳しい紫外線透過率を知りたい場合は、

分光光度計という測定機器を使用し、

専門の機関で調べてもらうこともできます。

しかし試験料として10000円ほど費用がかかるので、

勿体ない気もしますよね。

 

調べてもわからない、近くに専門機器を置いためがね屋もない場合、

専門機関に行くしかないかというと

決してそんなことはありません。

自宅で簡単にサングラスの紫外線カット効果を調べることができます。

 

この場合は「紫外線測定器」を使用します。

紫外線測定器は2000円くらいの比較的安価なものから、

高価なものだと2万円以上するものまでありますが、

お手持ちのサングラスが

きちんと紫外線をカットしているかを知りたいだけならば、

お手頃な価格のもので充分でしょう。

 

そこでオススメしたいのがこちらです。

 

簡易紫外線測定器です。

液晶窓の横にあるボタンを押せば、

簡単に紫外線の強さを測定できます。

 

11段階の数字表記で、

1は紫外線が少ない、11は多いと

わかりやすく見やすいです。

 

日差しの強い屋外などで

まず普通の紫外線量をチェックし、

その後サングラス越しに再度測定器を使用します。

 

最初に測定したときよりも数字が低くなっていれば

紫外線をカットできている、ということになります。

具体的な数字までは出せないものの、

10→1のように大幅に数字が減っていれば

カット率も高いと言えますね。

 

手のひらサイズで持ち歩きやすいので、

サングラスに使用した後は

日常生活で紫外線の強さを調べるのに役立ちます。

 

白、青、ピンク、3種類のカラーで

見た目もオシャレです。

 

色々な場で活躍してくれそうですし

お値段もお手頃なので、

ご家庭に1つあっても良いかもしれませんね。


スポンサーリンク



関連記事:クレンジング不要の日焼け止めでおすすめの人気商品はコレ!

 

可視光線透過率とは?

サングラスには紫外線透過率の他に、

可視光線透過率というものも表記されています。

 

可視光線透過率とは、どれだけ鮮明に見えるか、

日差しの眩しさをどれだけ抑えてくれるかを

「%」で表したものです。

 

レンズが通す光の量を表しているので、

低いほど光を通さない、ということになります。

つまり0%に近いものは眩しさを抑えるのでレンズが暗く、

100%に近いものは眩しさをあまり抑えないので

レンズの色は透明に近いです。

 

眩しくないサングラスが欲しい場合は

可視光線透過率の低いものを選ぶと良いですが、

眩しくないからと言って

紫外線透過率も低いという訳ではありません。

 

可視光線透過率と紫外線透過率は

別物だと考えましょう。

 

また、サングラスには紫外線はもちろんですが、

眩しさをカットする役割もあるので、

眩しくないサングラスを選ぶのも大切です。

 

しかし、眩しくない=暗く見えるので、

あまり暗いものを選ぶと車の運転などの場合

事故を起こす危険性などもあります。

 

更に、視界が暗いと瞳孔が開きます。

瞳孔が開いた状態で紫外線透過率の高いサングラス、

つまり紫外線をたくさん取り入れるサングラスをかけると

目は紫外線のダメージを受けやすくなります。

 

用途によってレンズの暗さを選ぶ、

紫外線透過率と可視光線透過率の

バランスがとれたものを選ぶなどの注意が必要です。


スポンサーリンク


 

サングラスの必要性や選ぶ際の注意点は?

サングラスの必要性

サングラスを選ぶ際、紫外線透過率が重要なのはわかりましたが、

そもそもなぜサングラスが必要なのでしょうか?

 

実は目に紫外線が入っても、その80%以上は

角膜で吸収されます。

網膜というところまで届き悪影響を与える紫外線は

たったの1~2%。

だったら気にしなくて良いのでは?と思うかもしれません。

 

しかし、この1~2%の紫外線によって

恐ろしい病気になる可能性があるのです。

 

水晶体が白く濁り視力が低下する白内障や

強い紫外線を浴びることで角膜に炎症が起こる紫外線角膜炎。

更に、加齢が原因で起こる加齢黄斑変性症なども、

紫外線を浴び続けることで発症する危険があります。

 

こういった目の病気にならない為にも、

紫外線透過率がしっかりしたサングラスを

かける必要があるのです。

 

また、紫外線をカットしてくれるサングラスは、

瞳はもちろんのこと、目の周りの肌に当たる紫外線も

カットしてくれます。

 

実はこれは目の周りのシワやシミの対策になるだけでなく、

体全体の日焼け防止にもなります。

 

最近の研究によって、紫外線が直接肌に当たらない場合でも、

目に紫外線が入ると脳が反応し、

肌が黒くなることがわかったのです!

 

どれだけ日焼け止めや洋服で肌を保護していても、

目の紫外線対策ができていなければ

完璧な日焼け対策にはならないということですね。

 

サングラスを選ぶ際の注意点

サングラスは紫外線による眼病気対策だけでなく、

全身の日焼け防止にも効果があることがわかりました。

 

では、紫外線透過率や可視光線透過率などの他に、

サングラス選びのポイントとなるのは何かをご紹介します。

 

レンズは大きいものを

小さいレンズは光が入りやすいので、

大きめのレンズを選びましょう。

とはいえあまり大きいとファッション的に気になるでしょうから、

ある程度好みに合わせたものを選んでくださいね。

 

練り込みタイプのレンズを選ぶ

前述の通り、UVカット加工には

レンズに成分を練り込んだものと、

レンズの表面にコーティングをしたものがあり、

練り込みタイプの方が効果は持続します。

 

コーティングははがれてしまう可能性がありますが、

コーティングタイプのレンズも多いです。

コーティングレンズの場合、丁寧に使っても

5年ほどで紫外線を防止する効果はなくなるので、

5年を目安に買い替えましょう。

 

色の濃さはお好みで

レンズの色が濃いからと言って、

紫外線を防いでくれるわけではありません。

レンズの色に関係があるのは可視光線透過率です。

レンズの色の濃さは好みや用途に合ったものにしましょう。

 

ちなみにサングラスを常用すると

目の働きが衰えてしまうのではないかと思っている方も

少なくないと思います。

 

体は紫外線を浴びるとビタミンDを作りますが、

目が紫外線を浴びるメリットはありません。

サングラスを常用して悪いことはあまりないので、

しっかり目を保護してあげても問題はないですよ。

 

また、サングラスの紫外線カット効果は

コーティングタイプのものだとなくなってしまうと言いましたが、

練り込みタイプでも効果が落ちていくことがあります。

 

できるだけサングラスを長持ちさせるには、

しっかりとお手入れをしてあげることが大切です。

ほこりや汚れは水洗いした後に、柔らかい布で拭いて落としましょう。

お湯だとコーティングがはがれてしまうことがあります。

 

それでも取れない化粧品や皮脂による汚れには

中性洗剤がオススメです。

指に洗剤をつけて洗い、水ですすぎます。

 

洗ったらしっかりと乾かし、

左側から畳んでレンズを上向きにして

必ずケースにしまいましょう。

適当に放置するとまたホコリがついたり、

キズの原因となったりします。

 

汚れが気になった時以外は、月に1度くらい洗えば問題ありません。

 

更に、保管場所にも注意してください。

サングラスは熱に弱いので温度の高い場所に置くと

機能低下だけでなく変形してしまうことも!!

毎日使うからといって夏の車内などに置きっぱなしにするのは

絶対にやめてくださいね。


スポンサーリンク


関連記事:爪を強くするベースコートは?クリームやマニキュアのおすすめもご紹介!

最後に

サングラスの紫外線透過率について

意味や調べ方をご紹介しました。

 

サングラスの紫外線透過率は

どれだけ紫外線を通すかを表した数字なので

低ければ低いほど良いです。

0.1以下だと99.9%以上の紫外線をカットしてくれます。

 

サングラスの色の濃さは紫外線透過率ではなく、

これは可視光線透過率に関係があります。

色の濃いサングラスが

必ずしも紫外線をカットしてくれるわけではありません。

 

サングラスで目を紫外線から守ることは、

眼病予防だけでなく

全身の日焼け予防にもつながるので、

ぜひ紫外線透過率に注目してサングラスを選んでくださいね。