日々の食生活において

“調味料”は欠かせない

必要不可欠なモノですよね。

 

調味料と一概に言っても

食卓で使われるモノや

調理中に使われるモノなど

たくさんの種類があります。

 

家にも開封済みで使いかけの

調味料は必ずあるでしょう。

それら開封後の調味料は

一体いつまで大丈夫か,分かっていますか?

 

そこで今回は,調味料の

開封後の賞味期限

開封後の適切な保存方法

についてまとめました。


スポンサーリンク



開封後の調味料の賞味期限は?

調味料は,食生活において

ほぼ毎日使われるモノです。

 

その種類も多く,使いかけで

開封済み調味料は想像以上に

多数あるでしょう。

 

醤油や塩,マヨネーズなど

使用機会の多いモノもあれば,

ウスターソース,ケチャップなど

使用機会は少ないですが

人気の高いモノもあります。

 

また,食卓の上には出ませんが

料理を作るうえで,

砂糖や料理酒,みりんなどの

調味料は良く使われます。

 

それら開封後の調味料の

賞味期限はどのくらいなのか?

いつぐらいまで大丈夫なのか?

 

と,不安になることが

あるでしょう。

 

調味料自体に書かれている

賞味期限は未開封の状態での

話になるし,開封後は

どのくらい大丈夫なのか

判断が難しいところですよね。

 

料理の基本の調味料と

主に良く使われる人気の調味料を中心に,

開封後の賞味期限を調べ

まとめてみました。

 

“料理のさしすせそ”の賞味期限

砂糖

賞味期限:無期限

 

砂糖は時間経過による

品質の変化が少ないので,

そもそも賞味期限がありません。

 

正しく保存して状態が良ければ

開封後でも賞味期限は

無期限で使うことが出来ます。

 

賞味期限:無期限

 

塩も砂糖と同様に

時間経過による劣化が

少ないので,状態が良ければ

無期限に使うことが出来ます。

 

酢は防腐効果が高く,

賞味期限も未開封時には

1~2年ほどになっています。

 

開封後は保存状態が

良ければ,賞味期限は

冷蔵庫では1年ほど

冷暗所では半年程度です。

 

開封後はどうしても

外気と触れることになり

賞味期限は短くなります。

 

また,酢は長期間

使わないでいると,

酢の酸味が抜けていることが

あるので注意が必要です。

 

腐りはしませんが,

味が変わるので気を付けましょう。

 

醤油

醤油は未開封時では

1~2年ほどの賞味期限ですが,

開封後では冷蔵庫で1ヵ月程度

と一気に短くなります。

 

開封後の醤油は外気に触れて

酸化し劣化してしまいます。

 

最近は外気が触れないように

空気が入りにくい容器の

商品が増えました。

 

それでも開封後に

一気に劣化が進むことに

変わりないので,注意してくださいね。

 

また“賞味期限”なので,

期限を過ぎても使うことは出来ます。

 

ただし風味は落ちるので

早めに使い切るのが良いでしょう。

 

味噌

味噌は元々保存食であり

長期間使うことは出来ますが,

時間経過につれて

風味などは劣化します。

 

一概に味噌と言っても

種類が複数あり,賞味期限も異なります。

 

豆味噌系統は6~12ヵ月

 

米味噌系統については

甘味噌が3~6ヶ月

辛口味噌が3~12ヵ月

だし入り味噌は3~12ヵ月

 

これくらいが目安となります。

すべて冷蔵庫保存を仮定しています。

 

味噌は冷凍庫での保存も可能です。

風味は冷凍庫の方が長持ちします。

冷凍庫に保存しても

味噌が凍ることはないので,

冷凍庫から出してもすぐに使えます。

 

味噌の冷凍保存は

結構おススメですよ。


スポンサーリンク



関連記事:グラニュー糖は体に悪い?害があって危険?砂糖はどれがいいの?

 

良く使う人気調味料の賞味期限

みりん

みりんは良く料理を

作っている方にとっては

良く使う欠かせない調味料です。

 

開封後の賞味期限は本みりんで3ヶ月

みりん風調味料で1ヵ月となっています。

 

本みりんかみりん風調味料か

の違いによって,開封後の

賞味期限が異なるので

良く見て注意しておきましょう。

 

料理酒

料理酒の賞味期限は

常温保存で2ヵ月程度です。

 

油についても

味噌と同様に種類が多く,

賞味期限も異なります。

 

開封後の賞味期限の

目安としては1~2ヵ月です。

 

その上で,オリーブオイルなど

その香りが大切な油は

早く使い切るようにしましょう。

 

特に,エクストラバージンオリーブオイルは

その香りが命の油です。

開封後は1ヵ月以内には

使い切るようにしましょう。

 

マヨネーズ

マヨネーズは子どもに

超人気の調味料ですよね。

お子さんのいるご家庭では

まとめ買いをしていることも

多いのではないでしょうか。

 

マヨネーズには酢が

多く使われているので,

未開封時の賞味期限は長めで

1年程度は保存が可能です。

 

開封後の賞味期限は

冷蔵庫で1ヵ月程度が目安です。

 

ケチャップ

ケチャップについてもマヨネーズと同様で,

未開封時は1年ほど

開封後は1ヵ月程度が目安です。

 

ウスターソース

ウスターソースも

酢が使われているので,

未開封時は1年ほど保存可能です。

 

開封後は冷蔵庫で2ヵ月程度

が賞味期限の目安となります。

 

ちなみに,とんかつソースなどの

中濃ソースは1ヵ月程度が

目安となるので混同しないよう

気を付けてください。

 

チューブ調味料

チューブ型の調味料

わさびやにんにく,しょうが

などは結構常備していること

多いですよね。

 

あまり使うことはないけれど

冷蔵庫に入っている,

という家庭は多いです。

 

開封後の賞味期限は

意外と思ったより短く,

チューブしょうがは1ヵ月程度

わさびとにんにくは3ヶ月程度です。

 

チューブ容器に記載された

賞味期限さえも過ぎたモノを

使っている家庭も多い調味料ですが,

 

その美味しく食べられる期限は

結構短いのです。

 

まあ,賞味期限なので

食べられないわけじゃないので

問題はありません。

 

私も家の冷蔵庫にある

チューブ調味料も賞味期限

過ぎていますが,普通に

使ってますし...

 

はちみつ・ジャム

はちみつとジャム,

どちらもパンに塗ったりして

重宝するモノですよね。

 

しかし,その賞味期限は

全然違うので注意が必要です。

 

はちみつは開封後も

特に外気の影響を受けず,

容器に書かれている未開封時の

賞味期限の日にちまで

使うことが出来ます。

 

ジャムは開封後の賞味期限は

2週間ほどと短いです。

特に,低糖のモノは

普通のジャムよりも劣化が早く

早めに食べ切る必要があります。

 

ジャムだけでなくすべての

調味料で言えることですが,

こまめに交換するのが面倒だから

といって大きい容器のモノを

買ってしまうのは得策とはいえません。

 

使いきれずに風味の落ちた

調味料となるか,

劣化して捨ててしまうことも

考えられます。

 

ちゃんと賞味期限前後で

使いきれるような容量のモノを

選んで買うようにしましょう。

 

また,醤油やみりんなどは

一升瓶で一気に買う方が

お得だし,そうする人も

多いと思います。

 

私もそうしています。

 

こういった容器にある程度

使う分を入れ,他はきちんと

密閉して保存することを

おススメします。

 

この醤油差しはオリーブオイルや

酢,ソースにも使える,

液だれしないことにこだわった商品です。


スポンサーリンク


 

調味料の適切な保存方法とは?

保存方法といえば,

常温保存・冷蔵保存・冷凍保存

を思い浮かべると思います。

 

この保存方法を間違うと

そのモノの味が落ちてしまったり

賞味期限が短くなってしまうので

注意が必要です。

 

①常温保存

冷蔵や冷凍による乾燥がNGな場合や,

冷やすことがNG・冷やす必要がない

場合などに常温保存が使われます。

 

砂糖は温度変化や乾燥に

弱く,そういった状況下で

保存するのはNGです。

そのため常温保存がおススメです。

 

また塩は湿度の低い所に

保存するのが良いです。

そのため,冷蔵庫も

保存場所として良いと言われます。

 

しかし,塩はよく食卓に

登場する定番調味料です。

 

使う度に冷蔵庫から出し,

常温下に置いておくと

その温度変化によって

結露する可能性があります。

 

そういった温度変化も受けない

一番最適な保存方法は

密封容器で常温保存となります。

 

②冷蔵保存

冷蔵保存が最適な調味料は

そもそも冷蔵保存前提で

作られているモノが多く,

常温保存では劣化したり

腐ったりするおそれがあります。

 

醤油や味噌は発酵食品であり

常温ではカビが生えやすいです。

冷蔵庫は湿度が低いので

カビの発生も多少抑えることが

可能なので冷蔵保存がおススメです。

 

ソース類の調味料など

たくさんの原材料から

出来ている調味料は

酸化や劣化が激しいモノが多いです。

 

ポン酢やみりん風調味料なども

同様に多色々な原材料が

混ざっているので冷蔵がおススメです。

 

未開封時は常温でも問題ない

調味料もありますが,

開封後は常温保存がおススメです。

 

③冷凍保存

調味料の冷凍保存は

なかなかありません。

 

味噌は冷凍でも凍らずに

ペースト状を保てるので

冷蔵庫内が満杯で入らない...

 

という場合などには冷凍保存も可能です。


スポンサーリンク


 

最後に

今回は,開封後の調味料について

 

開封後の賞味期限は?

長持ちする適切な保存法は?

などをまとめました。

 

イメージ通り長く持つ

調味料もあれば,

想像以上に早く劣化する

調味料もあることが分かりました。

 

調味料は料理において

食事において欠かせないモノです。

 

それぞれの調味料によって

使いきれる容量の商品を選んだり

保存方法に気を遣ったりして

それぞれの調味料の特徴を理解して

美味しい状態で使っていきたいですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!