トラウトサーモンとは?ニジマスなの?サーモンとの違いは?

「サーモン」はお寿司屋さんでも人気のネタの一つですが、

正式名称は「トラウトサーモン」と言って、実はサケとは別の種類の魚になります。

サケを英語でサーモンと言うので、この呼び方って非常にややこしいですよね。

 

また、トラウトサーモンという表現については、

消費者庁も食材の虚偽表示問題の中で具体的に触れたことでも話題となりました。

 

そこで今回は、このトラウトサーモンについての疑問をまとめています。

ニジマス、サーモンとの違いについても分かりやすく解説していきますので、

ややこしいトラウトサーモンについての知識を整理しておきましょう。




スポンサーリンク





トラウトサーモンとは?ニジマスなの?


トラウトサーモンはニジマスの一種

トラウトサーモンは、海水で養殖されたニジマスのことを指します。

つまり、厳密にはサーモン(鮭)ではないということです。

 

サーモンもニジマスも、どちらもサケ目サケ科サケ属に分類される魚なのですが、

呼び方はその生活様式によって変わっています。

呼び分けがややこしいですが、順番に整理していきましょう。

 

まず、ニジマスには川や湖などの淡水で生活するいわゆる「ニジマス」と、

淡水で生まれた後に海で生活する「スチールヘッド(北米に生息)」に分かれます。

 

最初に、トラウトサーモンとは海水で養殖されたニジマスだと述べましたが、

実はこの「トラウトサーモン」という名称は商品名であって、魚名ではありません。

厳密に言うと、海水で生活する天然物のニジマスをスチールヘッド、

海水で養殖されたニジマスをトラウトサーモンと名付けて

販売しているということになりますね。

 

ちなみに、トラウトサーモンは日本で作られた造語なので、英語圏の国では通じません。

 

なぜニジマスをサーモンとして売っても良いの?

トラウトサーモンという商品名だと、

ニジマスなのにも関わらず、あたかもサーモン(鮭)かのように思ってしまいますよね。

実際、お寿司屋さんでサーモンを頼んでいる人の中には、

鮭を食べていると思っているかたも少なからずいると思います。

 

どうしてこのような事が起こっているのかというと、

「サーモン」という言葉に定義が存在していないからなのです。

鮭を英語でsalmon(サーモン)と呼ぶのは確かなのですが、

極端な話、トラウトサーモンを加工した商品を

「鮭の燻製」などと売り出しても問題がないのです。

 

また、ニジマスよりもサーモンと表記されている方が売れやすいという現実もあり、

意識的にサーモンという表記が行われているようですね。

 

甘塩トラウトサーモン 厚切り10切

世界1位のサーモン輸出国であるノルウェーで育てられたトラウトサーモンが、

厚切りで10切れ入っている、ボリュームたっぷりの商品になります。

減塩ですが適度な塩加減で味付けされているので、

そのまま焼いても、お醤油を少々かけても、バター焼きやフライなど、

さまざまな調理法で美味しくいただくことができるでしょう。

 

鮭専門店が選び抜いたという信頼の通り、

マグロで言うところの大トロにあたるハラスの部分も贅沢に含まれています。

食卓だけでなくお弁当にも使いやすいですよ。

 

チリ産トラウトサーモン 刺身用 皮なし

チリもトラウトサーモンの輸出量が多い国の一つです。

ノルウェー産よりは少しあっさりめで、

脂っぽいのが苦手という方でも食べやすいかと思います。

 

骨・皮・血合いを取った状態で真空冷凍してあるので、

調理の手間がかからず非常に簡単に召し上がっていただけます。

軽く炙ってたたきにするのもおすすめです。




スポンサーリンク





関連記事:マグロが変色する原因や防止法は?食べられる?

トラウトサーモンとサーモンは何が違う?

トラウトサーモンもサーモンと呼ばれていますが、

ここではサーモンは鮭のこととして話を進めていきますね。

 

サーモンとトラウトの歴史

もともと、サケとマス(トラウト)は同じサケ科の魚です。

生物学的にはかなり近い生き物ですが、

マスの種類の中で最も大きい魚がサケと呼ばれるようになりました。

 

また、日本ではサケは標準和名のサケ、マスはサクラマスとして区別していたのですが、

明治時代に英語の文化が流入してきたときにこの混乱が始まります。

 

英語では産卵のたびに海から淡水を行き来するものをサーモン、

淡水のみで暮らすものをトラウトと区別していたのですが、

日本ではその英語のサーモンをサケ、トラウトとマスとしてしまったわけです。

そのため、海で養殖されたニジマスは、日本的な解釈ではトラウトだし、

本来の英語の意味ではサーモンになるという微妙な立ち位置になってしまうのです。

 

また、日本ではマスよりもサケの方が格上であるという印象があるため、

トラウトであることを承知でサーモンと名付けることが多いのも、

この混乱の原因になっています。

 

実際、北洋で獲られていたベニマス、ギンマスという品種も、

日本ではベニサケ、ギンザケと呼ばれるようになり、

余計にサーモンとトラウトの境界は曖昧になってしまったというわけです。

 

トラウトサーモンとサーモンの違い

これまで紹介してきた通り、トラウトサーモンとサーモンの違いは非常に曖昧で、

ただ呼び方に違いがあるだけという考え方もできますが、

細かく見ていくと違いはあります。

 

まず一つ目の違いは、

トラウトサーモンは海での養殖用に作り出された品種であるということです。

天然のトラウトサーモンという言い方はしないということですね。

また、トラウトサーモンは海でのびのびと養殖されているため、

サーモンに比べて脂がたっぷりのっているという特徴があります。

 

二つ目の違いは、サーモンは一般的に生食できませんが、

トラウトサーモンは寿司ネタでも用いられているように生でも食べることができます。

 

ただ、生食されているトラウトサーモンは、

寄生虫対策のために一度冷凍し解凍した後のものになります。

 

一度も冷凍されていないものは「オーロラサーモン」と呼ばれ、

ノルウェーの養殖場から48時間以内に空輸されている、貴重なものになるので、

お店で見かけたら興味を持って見てみてください。

 

オーロラサーモン

一旦冷凍されて輸出されるのが当たり前のサーモンですが、

こちらのオーロラサーモンは、水揚げから36時間で到着し、

そのまま生で召し上がって頂くことが可能です。

 

寄生虫が付かないよう、汚染されていない透き通った海で

子供の頃から徹底管理されているので、安心して食べてください。

臭みの全く無い生のサーモンをぜひ食べてみてください!



スポンサーリンク



関連記事:寿司は太る?太らない?カロリーは高いの?

トラウトサーモンと似た魚はまだいる!

「サーモン」として売られる魚は実は他にもいます。

 

アトランティックサーモン

「アトランティック」は「大西洋」のことで、

その名の通り大西洋とその流入河川に生息するサーモンのことです。

 

日本でも、沖合でたまに獲れるサーモンでしたが、

同時にノルウェーなどのヨーロッパから養殖のトラウトサーモンが入ってきていたため、

アトランティックサーモンも養殖のサケというイメージが定着してしまいました。

実際、一アトランティックサーモンも

トラウトサーモンとして売られた時期もあったようです。

 

サケ

川で生まれて海で生息するサケは、

アトランティックサーモンの他にあと5種類います。

それぞれ、養殖となれば〇〇サーモンと呼ばれます。

 

・カラフトマス→ピンクサーモン

・シロザケ→チャムサーモン

・ベニザケ→サッカイサーモン

・ギンザケ→シルバーサーモン

・マスノスケ→キングサーモン

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

トラウトサーモンは、海で養殖されたニジマスのことでした。

なぜそんなややこしい名前が付けられているのかというと、

ニジマスだと知りながらも、より格が高いとされるサケとして売り出すことで

売る側も買う側も良い気分なれたという歴史がありました。

 

これからお寿司屋さんでサーモンを食べるときには、

このような背景を想像しながら食べてみると、

またひとつ違った味わい方になるかもしれませんね。



スポンサーリンク





スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!