普通のごみ袋に入らない大きなごみは、粗大ごみとして出します。

 

その時はごみに粗大ごみシールを貼らなければいけませんが、

粗大シールはどこで手に入れるのでしょうか。

また粗大ごみシールはコンビニでも買えるのでしょうか。

 

そこでここでは、粗大ごみシールの手に入れ方や書き方、

粗大ごみの出し方などを詳しく解説します。


スポンサーリンク



粗大ごみって何?

粗大ごみシールの手に入れ方や書き方、粗大ごみの出し方などを詳しく解説する前に、

まずは「粗大ごみとは何なのか」について説明します。

 

毎日生活をしていると、ごみが出ます。

 

そのごみは、住む地域で指定されたごみ袋に入れてごみの日に出します。

ごみは必ず指定のごみ袋に入れなければいけません。

 

ところがこのごみ袋の大きさというのは限度があって、

ごみ袋に入らないごみもあります。

 

例えば不要になった布団、大きなカーペット、家電製品や自転車などです。

このようなごみ袋に入らない大きなごみが、粗大ごみになります。

 

布団などは切り刻めばごみ袋に入るのでごみ袋に入れば燃えるごみになりますが、

そこまでするのが面倒という人が多いです。

 

そういった袋に入らない粗大ごみの場合は、袋に入れる代わりに

粗大ごみシールというものを購入し、直接ごみに貼ります。

そうする事で、粗大ごみも同じようにごみとして出す事ができます。

 

ただ、ある地域では「これは粗大ごみ」となっているものが、別の地域では

「これは資源ごみ」となっている場合もあります。

 

粗大ごみの分別は実際地域でかなり違うので、

もし袋に入らないような大きなごみを出したい時はそれが粗大ごみに分類されるのか、

それとも別のごみ扱いになるのか調べてから出すようにしましょう。


スポンサーリンク



 

粗大ごみのシールはどこで買える?

粗大ごみを出したい時は、粗大ごみシールを貼る必要があります。

では、粗大ごみシールはどこで買えるのでしょうか。

 

粗大ごみシールは、スーパーなどで買う事ができます。

また、粗大ごみシールは地域によって

200円券、300円券などいくつか種類がある場合があります。

 

ごみの大きさや重さによって、貼るシールの値段が変わるのです。

もし粗大ごみシールを貼っていても、その地域で指定されている

シールの量が足りなければ回収してくれません。

 

ですから、自分が出したい粗大ごみが粗大ごみシールいくら分必要なのか調べてから

粗大ごみシールを購入するようにしましょう。


スポンサーリンク


関連記事:枯れた観葉植物の捨て方!粗大ゴミ?土はどう処分する?

粗大ごみのシールはコンビニでも買える?

粗大ごみシールが急に必要になる事もありますよね。

でも、時間が朝早かったり夜遅かったりするとスーパーは開いていません。

 

そんな時に気になるのがコンビニですが、

粗大ごみシールはコンビニでも買えるのでしょうか。

 

粗大ごみシールは、コンビニでも買う事ができます。

さきほど粗大ごみシールにはいくつか種類がある場合があると書きましたが、

いくつか種類がある場合全種類置いている事がほとんどです。

 

さらにコンビニなら24時間開いているので、

粗大ごみシールをいつでも購入する事ができます。

 

ちなみに、粗大ごみシールの値段は

スーパーで買おうとコンビニで買おうと同じです。

 

変な時間に粗大ごみシールが必要になったら、コンビニに走るのも手です。

関連記事:珪藻土バスマットが割れた!補修法や再利用法は?捨て方は燃えるゴミ?

粗大ごみシールの書き方は?

日本でのごみの出し方というのはどこも同じように感じますが、

実は住んでいる地方によって違った決まりがあります。

 

粗大ごみを出す場合、粗大ごみシールは「ごみに貼るだけOK」という所もあれば、

「粗大ごみシールに書き込みをしてから貼らないとダメ」という所もあります。

 

そこでここでは、粗大ごみシールに書き込みをしなければいけない場合の

粗大ごみシールの書き方を説明します。

 

粗大ごみシールの書き込みが必要な場合、書くことが多いのは

「ごみを出した日」と「自分の名前」です。

 

ただ、そのような書き込みが必要な場合は粗大ごみシールにきちんと

日付を書く欄、名前を書く欄が用意されているので困る事はないと思います。

 

ですから、もし自分が買った粗大ごみシールに名前欄や日付欄があったなら、

それに従って書くようにしましょう。

 

もし粗大ごみシールに何も書く欄がなければ、何も書かなくて大丈夫です。

心配な方は、自分の住む地域のごみの出し方を調べてみるといいですね。

関連記事:ジョイントマットのお手入れ方法!隙間のゴミ対策には養生テープがいい?

粗大ごみのシールの貼り方・出し方は?

では次は粗大ごみのシールの貼り方や出し方について見ていきましょう。

 

粗大ごみのシールの貼り方ですが、目立つところに直接貼ってください。

回収する人は「このごみは粗大ごみシールが貼られているな」と確認して

初めて持っていってくれるので、剥がれないようにごみの裏側や底に貼ってしまうと

ただの不法投棄とみられて回収してくれません。

 

また、粗大ごみシールが剥がれそうな場合は周りをガムテープなどでしっかり補強して

取れないように対策しましょう。

 

次に粗大ごみの出し方ですが、粗大ごみの出し方も地域によって違います。

 

粗大ごみの日にごみ置き場まで持っていけば勝手に回収される所もありますが、

事前にごみセンターに予約が必要な場合もあります。

 

予約がいる場合は、事前にごみセンターに連絡して自分の住所を伝えます。

そして粗大ごみの日に粗大ごみを家の前に出して置くと、

時間が来たら係の人がトラックで来て持っていくという所もあります。

 

粗大ごみの出し方については地域によって本当に色々で、

「こういう出し方で全国OKです」というものはありません。

 

自分の住んでいる地域の粗大ごみの出し方をよく調べてから、

粗大ごみを出すようにしてくださいね。

 

あ!と忘れてしまうごみの日も、これなら安心♪

 

ごみってけっこう溜まっていても、出し忘れる事は多くありませんか?

 

特に粗大ごみは場所をとるので「捨てる」と決めたなら

自分で決めた期日までにぱぱっと出してしまいたいですよね。

 

そこでおすすめなのが、こちらのオシャレな壁紙ボードです。

 

こちらはインテリアの壁紙ですが、

なんとホワイトボードのように上から文字を書くことができます。

貼り方は付属のシールで貼り付けるだけなので、壁に穴を開ける事もありません。

 

ただのホワイトボードではなくオシャレな壁紙風なので、

家の中の空間を壊さずにしっとりと馴染んでくれますよ。

 

玄関などに貼って、「今日はごみを出す!」と書いていたら絶対忘れません。

よくごみを出し忘れる人は、ぜひこちらを使ってみてくださいね。

 

そのごみは、粗大ごみじゃない!①家電リサイクル法

指定のごみ袋に入らない大きなごみは、基本粗大ごみです。

 

ですが…

「このごみは大きくて袋に入らないな、よし、粗大ごみ!」

と考えている方、ちょっと待ってください。

 

実は今は、袋に入らない大きなごみ全てが粗大ごみという訳ではないんです。

そこで重要になってくるのが家電リサイクル法です。

 

この法律は正式名称を特定家庭用機器再商品化法と言って、

平成10年に制定、平成15年に改正された法律です。

 

この法律のメインは名前の通り「家電」で、

家電ごみを減らしリサイクルを促す為に作られました。

 

そしてこの法律では、それまで粗大ごみとして出されていた4つの家電が

粗大ごみではなくなりました。

 

そしてこの法律で指定されているのは、以下の4つの家電です。

エアコン

テレビ(ブラウン管も)

冷蔵庫、冷凍庫

洗濯機、乾燥機

 

これらはどれも家庭では必須の家電ですが、

10~20年の間に一度は買い替える事もある為必ずでるごみですよね。

 

これらの家電はそれまでは「粗大ごみ」とされていましたが、

この法律ができた現在では粗大ごみとして出せません。

 

ですから、これらの家電はごみ袋に入らないからと言って

粗大ごみシールを貼って粗大ごみとして出さないでくださいね。

 

ちなみに、もしごみ袋に入るような小さな家電でも、

これら4品目に該当するものであれば普通のごみとしては出せません。

家電4品目をごみに出したい時は?

エアコン、テレビ、冷蔵庫冷凍庫、洗濯機は粗大ごみとして出せません。

では、これらの家電を捨てたくなった場合、どうやってごみに出したらいいのでしょうか。

 

そこでここでは家電4品目のごみの出し方について説明します。

家電4品目のごみの出し方はいくつか方法があるので、それぞれ紹介しますね。

 

1.新しいものに買い替える場合。

「新しい家電に取り換える為に今ある古い家電を捨てたい」という時がありますよね。

 

この時は、新しく家電を買ったお店にお願いすれば古い家電を引き取ってくれます。

古い家電がそのお店で買ったものではなくても大丈夫です。

 

また、引き取ってもらう際には、リサイクル料金を支払う必要があります。

ただ、お店によっていつ引き取るのかや細かい料金などは違う場合があるので、

古い家電を引き取ってもらうにはどうすればよいか聞いておきましょう。

 

2.今ある家電の処分だけする場合。

別に家電を買い替える訳ではなく、

「今ある家電をとにかく捨てたい!」という時もありますよね。

 

その場合、処分方法はいくつかあります。

 

その家電を買ったお店で引き取ってもらう。

その家電を買ったお店に行けば、ごみとして引き取ってもらえます。

リサイクル料金は同じくかかりますので、忘れないようにしてくださいね。

 

こちらもお店によって引き取る時期や値段が変わる事があるので

事前に聞いておいてください。

 

自治体の指定引取所へ持っていく。

基本的に、家電4品目はその家電を買ったお店で引き取ってもらえる事になっていますが、

中には「家電を買ったお店が潰れてしまってもうない」

「買った店が遠すぎる」という場合もあります。

 

その場合は、地域にある自治体の指定引取所に引取りをお願いするのでもOKです。

勿論お金は同じようにかかります。

 

自治体の指定引取所に関しては、こちらのサイト

で全国から近い所を検索する事ができます。

 

ところで、たまに街中で「家電を何でも無料で引き取ります!」と宣伝して

回っている回収トラックのようなものを見かける事がありますよね。

 

家電4品目の回収には基本いくらかお金がかかります。

 

ですから「無料で回収!」と言われるとつい「お願いします!」と

家電を渡したくなります。

 

ですがそれはいけません。

 

これらは違法な業者が多いです。

こういった回収業者は「無料で引き取る」と言いながら後で高額なお金を請求してきたり、

回収したごみを山や海に不法投棄したりする悪質な業者です。

 

家電4品目をごみに出すのは基本お金がかかるとしっかり認識して、

「無料」という言葉に騙されないようにしてくださいね。

 

では最後に、リサイクル料金が税別いくらくらいかかるか紹介します。

※金額は一律ではなく、大きさなどで料金が変わります。

 

29年4月1日現在の値段

  • エアコン…972円~
  • テレビ…

・ブラウン管(15型以下)…1296円~

・ブラウン管(15型以上)…2376円~

・液晶・プラズマ(15型以下)…1836円~

・液晶・プラズマ(16型以上)…2916円~

 

  • 冷蔵庫、冷凍庫…

・170L以下…3672円~

・170L以下…4644円~

  • 洗濯機、乾燥機…2484円~

 

これらを目安に考えておくといいですよ。

そのごみは、粗大ごみじゃない!②パソコンリサイクル法(資源有効利用促進法)

家電4品目だけでなく他にも、粗大ごみのように見えて

実は粗大ごみ扱いではないものがあります。

それはパソコンです。

 

パソコンは「パソコンリサイクル法(資源有効利用促進法)」という法律によって、

明確なリサイクル方法が決められています。

 

元々この法律は1991年に「再生資源の利用の促進に関する法律」という名前で

ごみを減らし資源を有効活用する為に制定されました。

 

ですがエコ活動が活発になる中何度も改正され、

2003年に改正された時にパソコンの回収も加えられました。

 

使えなくなったパソコンも分解すれば資源の宝庫なので、

もはやパソコンは粗大ごみではないのです。

 

ですからもしパソコンを捨てようと思っても、

粗大ごみとして出さないようにしてくださいね。

パソコンをごみに出したい時は?

家電は10~20年で買い替える人がほとんどですが、パソコンとなると

5年くらい、早ければ3年ほどで買い替える人もいます。

 

そうなると家には使わないパソコンがどんどん溜まっていってしまうので、

不要なパソコンはどうにかして処分しなければいけません。

 

では、パソコンをごみに出したい時はどうすればいいのでしょうか。

 

まず、ごみに出したいパソコンに

「PCリサイクルマーク」があるかどうか確認してみてください。

 

リサイクルマークは、下のようなマークです。

引用元:https://jpn.nec.com

 

 

基本的に、平成15年以降に購入した正規のパソコンであれば必ずマークがついています。

PCリサイクルマークがあれば、無料でパソコンを処分する事ができます。

 

その場合、そのパソコンのメーカーのホームページから申し込みをすると、

しばらくして宛先が書かれた箱が送られてくるので、

その箱にパソコンを入れて送れば終了です。

 

パソコンを購入した時に輸送費を含むパソコンのリサイクル料金も支払っているので、

宅配便の料金も必要ありません。

 

もし古いパソコンでPCマークがない場合ですが、

その時もそのパソコンのメーカーが回収してくれます。

 

ですが、この場合は運送料やリサイクル料がかかります。


スポンサーリンク


最後に

粗大ごみシールはコンビニで買う事ができますので、

いつでも簡単に手に入れる事ができます。

 

ただ、粗大ごみの出し方やシールの書き方については

各地域で色々と違った決まりがあります。

ですからきちんと粗大ごみを回収してもらえるように、

その地域の規則に従って粗大ごみを出してくださいね。

 

また、家電4品目やパソコンなど粗大ごみとして出せないごみもあるので

注意しておきましょう。