送別会の締めの挨拶!一本締めと三本締めのやり方も解説!

異動や退職などの節目に送別会をする会社は多いです。

ただの参加者であれば気も楽なのですが、

年数を重ねていると締めの挨拶をお願いされることも増えてきます。

 

送別会の締めの挨拶の最後には、一本締めや三本締めをすることが多いと思いますが、

今回はそんな手締めのやり方や使い分けについて詳しく解説していきます。

締めの挨拶のポイントや例文も少し紹介していますので、

送別会で締めの挨拶が回ってきたときには、ぜひ参考にしてみてください。




スポンサーリンク





送別会の締めの挨拶!一本締めと三本締めのやり方を解説!

送別会だけでなく様々な宴会の最後に行われるのが、

参加者全員の手拍子による締めで、これは「手締め」と呼ばれます。

「手打ちによって締める」というのが語源となっており、

その行事が無事に完了したことを参加者に感謝して行われるものです。

 

手拍子の数によって一本締めや三本締め、一丁締めという名前がついていますが、

いきなり締めの挨拶をお願いされたりしたときに、

一体どうやるんだったっけと不安になることもありますよね。

 

まずは、一本締め、三本締め、一丁締めのやり方を確認しておきましょう。

 

一本締めのやり方

手締めの基本のリズムは「3・3・3・1」で、リズムよくその数だけ手を叩きます。

音で見ると「タタタン、タタタン、タタタン、タン」という感じです。

一本締めのやり方は、この基本のリズムで一回叩いて終了になります。

 

また、参加者全員でタイミングを合わせるために、

最初に「イヨーッ!」と掛け声を発するのが普通です。

この掛け声も、「祝おう」が転じたものとする説があるので、

「せーの」などとは言わずに、「イヨーッ」と言うのが無難です。

 

ちなみに、「3・3・3・1」という手拍子の数にも意味があります。

「九」に一本加えると「丸」になるというところから、

九回手拍子を打った後、さらにもう一回加えることで、

その宴会を丸く収めるという意味が込められているのです。

 

意味を知っておけば、やり方も度忘れしにくいですよね。

 

三本締めのやり方

三本締めのやり方は、一本締めを三回繰り返すという単純なものです。

「イヨーッ!タタタン、タタタン、タタタン、タン!

ヨッ!タタタン、タタタン、タタタン、タン!

もう一丁!タタタン、タタタン、タタタン、タン!」という感じになります。

 

三回も繰り返すのにも意味があり、

一本目は送別会などを企画、運営してくれた方に、

二本目は主賓の送別される方に、

三本目は参加した全員、都合がつかず欠席した方に、

それぞれ感謝を伝えるために行うと言われています。

 

一丁締めのやり方

一丁締めのやり方は、一度だけ手を打つという簡単なものです。

「イヨーッ、タン!」という感じです。

短気な江戸っ子が端折ってしまったというのが由来のようです。

 

関東一本締めという呼ばれ方もしていますが、

通常、一本締めと言った場合には上述の10回手を打つものになりますので、

間違えないようにしましょう。




スポンサーリンク





関連記事:送別会の挨拶の順番!送られる側が複数の場合は役職で決める?送る側の場合は?

送別会で一本締めと三本締めの使い分けはどうする?

一本締めと三本締めの使い分けについて

手締めにも種類がありますが、

基本的には手の打つ数が多いほど正式な手締めになります。

三本締めを簡略化したものが一本締め、

さらに一本締めを簡略化したものが一丁締めと覚えておけばOKです。

 

したがって、オフィシャル度が強い送別会の締めの挨拶なら三本締めが適しています。

また、オフィシャル度の強さというのは、集まる規模に比例することがほとんどです。

 

具体的には、身内以外に関係者も大勢参加するような送別会なら三本締め、

身内だけの少しくだけた雰囲気の送別会なら一本締めという感じになります。

身内だけの送別会でも役職が上の方が大勢参加していてオフィシャル度が高い場合には

三本締めが適しているでしょう。

 

締めの挨拶でどの手締めにするか迷ったら

締めの挨拶が自分に回ってきて、どの手締めにすればよいか迷ったときには、

少し長くなってしまいますが三本締めをすると間違いがありません。

三本締めが一番丁寧な手締めですので、

自信をもって「三本締めで締めたいと思います」と言えば、みんなついてきてくれます。

 

また、手締めに関しては地域性も強く出るため、

周りに先に確認しておくのも一つの手だと思います。

 

中締めには一丁締め

送別会が長丁場になると、途中で席を立つ方も出てきます。

そういう場合には、途中で中締めをすることがあります。

このときは、時間もかからず簡略化された一丁締めが適しています。

三本締めを中締めにしてしまうと、

送別会のせっかくの盛り上がりも途切れてしまうかもしれません。

 

決定版 知らないとつまずく大人の常識力

一本締めと三本締めの使い分けもそうですが、

大人の常識力は日常の様々なシーンで問われます。

こちらの書籍には、物の言い方や食の作法など、

知っているといろんな場面で堂々と振る舞うことができる

大人の常識がまとめられています。

テーマ毎に分けられて読みやすく、電車の移動中の隙間時間でも読み進められます。



スポンサーリンク



関連記事:歓送迎会で乾杯と締めは誰がする?挨拶の例文もご紹介!

送別会の締めの挨拶で押さえておきたいポイント!

送別会の締めの挨拶は別れの言葉ではない

送別会には、異動される方、定年退職される方への感謝や慰労の意味があります。

確かに、この送別会を最後に会うこともなくなってしまう方もいるかもしれませんが、

締めの挨拶では「別れ」よりも「感謝」や「労い」の言葉をかけるようにしましょう。

 

異動になる方の場合なら、仕事上での付き合いは続くわけですし、

今後ともよろしくというような締めの挨拶が良いかと思います。

 

例文としては、

 

「〇〇さん、この度はご栄転おめでとうございました。

新天地でのさらなるご活躍をお祈り申し上げます。

今後も何かしらお仕事でご一緒することもあるかと思いますが、

その時はまたよろしくお願い致します。」

 

というような感じでしょうか。

 

もちろん、同僚ならではの印象深いエピソードなどを交えながら、

締めの挨拶を楽しく終えると、最高の送別会になるでしょう。

 

定年退職される方への締めの挨拶の場合なら、

 

「〇〇部長、〇年間大変お世話になりました。

本日、ここにご勇退の日を迎えること、本当におめでとうございます。

〇〇部長にご指導頂いた日々は、私の中で大きなものとなっております。」

 

というような感じが基本形になります。

 

目上の方への言葉遣いに注意

これまでの功績を労うのが通例ですが、

「お疲れ様でした」という表現は目上の方に対して使うのが

マナー違反と感じる方もいます。

 

目上の方への締めの挨拶をする場合には、

「お世話になりました」「ありがとうございました」といった表現を使って

これまでの感謝を伝えるようにしましょう。

 

大人のスピーチ実例集 冠婚葬祭職場地域の集まりで使える!

大人になると、様々なシーンで挨拶を求められることになります。

誰でも初めは緊張して上手に挨拶を組み立てられないものですので、

こういったテンプレートを見ながら事前に考えておくのがおすすめです。

 

今回のテーマである送別会の挨拶以外にも、

シーン別・立場別に113種類のスピーチ文例が収録されています。

一冊あると、いざというときに力になってくれるはずです。



スポンサーリンク



関連記事:一本締めのセリフと掛け声!歓送迎会での挨拶の例文もご紹介!

最後に

いかがでしたでしょうか。

送別会の締めの挨拶は、あまりしんみりするような内容は好まれません。

アットホームな送別会ならなおさら、少し笑いが起きるような挨拶ができると最高です。

締めの挨拶が終わったら、そのままスムーズに手締めの流れに移り、

一本締めや三本締めで締めましょう。

 

ぐだぐだとやってしまうと締まるものも締まりませんので、

自信を持って勢いよく締めの挨拶を行うのがポイントです。

 

締めの挨拶は事前にお願いされることも多いと思いますが、

異動や定年退職、寿退社などなど、送別される方の理由もさまざまですし、

それぞれの立場にあった自分なりの締めの挨拶を準備しておくようにしましょう。

 

それでは、送別会の締めの挨拶がうまくいくことを祈っています。



スポンサーリンク

サブコンテンツ