和歌・俳句・短歌・川柳・狂歌の違い!歴史も詳しく解説!

「和歌・俳句・短歌・川柳・狂歌」

この言葉自体は耳にしたことが

あることと思いますが

それぞれの違いって、ご存知ですか?

 

言葉は聞いたことがあっても

違いは?というと

実は、曖昧だったりしますよね?

 

そこで今回は、和歌、俳句、短歌

川柳、狂歌の違いを詳しく解説!

 

それぞれの歴史も合わせて

紹介していきたいと思います。

 

曖昧だったことをスッキリ!

短歌、俳句、短歌、川柳、狂歌の違いとは?

一緒に見ていきましょう。




スポンサーリンク





和歌・俳句・短歌・川柳・狂歌の違い!和歌って何?その歴史は?

和歌、俳句、短歌や川柳に狂歌の違い。

もちろん、私も知らずに今日まで至っているのですが

この違いをサラリと言えたら、かっこいいですよね!

 

ぜひ、一緒に勉強してご家族や

お仲間に披露しちゃいましょう!

 

まずは、和歌とは何か、またその歴史から

見ていくことにしましょう。

 

和歌とは、漢詩に対する言葉で

「大和言葉(やまとことば)」「大和歌(やまとうた)」

とも呼ばれ、日本で昔から読まれている

詩歌の形になるそうです。

 

5・7・5・7・7を基本として

全部で31文字になることから

「三十一文字(みそひともじ)」とも

呼ばれているそう。

 

また、和歌の歴史はとても古く

奈良時代に発生したと言われていて

奈良時代に大伴家持によって編集された

「万葉集」が一番古い和歌集と

されているそうです。

 

この万葉集には天皇、皇族、庶民など

幅広い層によって歌われた和歌が

収められていて、その後の

「古今和歌集」「新古今和歌集」あたりまでに

収められている歌を和歌と呼ぶそうです。

 

また、和歌の歌のテーマとしては

恋愛や季節など多岐にわたり

その場での感情をよんだ歌が多いそう。

 

この感情をいかに美しく表現するかが

和歌のポイントになる為

「枕詞(まくらことば)」や「掛詞(かけことば)」などの

技法を使うことが大きな特徴になるそうです。

 

馴染みのある和歌といえば

百人一首の小野小町のこの和歌!

 

「花の色は移りにけりないたづらに

我が身世にふるながめせしまに」

 

これは、誰もが一度は

耳にしたことがあるであろう

有名な和歌ですよね。

 

「花の命は短いとは言われるけれど

その花の命と自分の容姿の衰えを重ねて

切なくなる」

 

という思いを歌った和歌になります。

 

小野小町は和歌の歌人の中でも

恋の和歌のカリスマとも呼ばれていたそう。

 

「小野小町は恋の和歌のカリスマ・・」

何とも素敵ですよね!

 

小野小町以外の和歌には、

どんな和歌があるのだろう?

和歌に興味がわいてきますよね!

 

そんな時は、百人一首を

楽しむのがおすすめです!

 

 

楽しい百人一首のかるたです。

 

実は、百人一首かるたは

記憶力、集中力、判断力、瞬発力を

使うので大人の脳トレや脳活にいいと

言われているのだとか!

 

しかもこのかるたは

自動読み機が付いているから

1人でも楽しめちゃいます。

 

再生ボタンや繰り返しのボタンもあるので

安心して自分のペースで楽しめますよね。

 

もちろん札を読む順番は

毎回シャッフルされるので

何度でも繰り返し楽しめます。

 

歴史深い日本の美しい和歌を

百人一首でじっくり堪能しちゃいましょう!

 

また、実はこの和歌は

5・7・5・7・7

という形だけではないそう。

 

実は、和歌は一定のリズムがある定型詩

 

短歌

長歌

旋頭歌(せどうか)

片歌

 

など、日本に古くからある歌の総称を

和歌と呼んでいるそうです。

 

ただ、平安時代以降は短歌以外の歌が

すたれていってしまった為

和歌といえば、次に紹介する「短歌のこと」と

なっていったそうです。




スポンサーリンク





関連記事:漢数字の縦書きで日付・西暦や生年月日・0の書き方は?

和歌・俳句・短歌・川柳・狂歌の違い!短歌って何?その歴史は?

和歌の歴史は古く奈良時代に

生まれたようでした。

日本の歴史を感じながら

百人一首を楽しむのもまた

素敵な時間になりそうですよね。

 

和歌に続いて見ていくのは、短歌!

 

先の和歌の項目でも少し触れましたが

実は「短歌は和歌の一種」になるそうです。

 

和歌には様々な種類があったものの

短歌以外の和歌がすたれてしまった為

現在の和歌といえば短歌になるそう。

 

その為、短歌の文字も和歌と同様に

5・7・5・7・7になるそうです。

 

ただ、明治時代以降に正岡子規、

与謝野鉄幹、佐佐木信綱らによって

新しい近代的な短歌が登場するようになり

これらの近代的な短歌は、先の和歌とは違い

枕詞や掛詞などは使わずによまれていたそう。

 

「短歌は和歌とは違って難しい規則などがない」

・・これが和歌と短歌の大きな違いになるそうです。

 

また、この明治時代が短歌の歴史の

大きなポイントになるようで

 

・明治時代以前に作られた歌:和歌

・明治時代以降に作られた歌:短歌

 

と、分けて呼ばれるようになったそうです。

 

正岡子規らの登場が和歌と短歌の歴史に

深く関わっているのですね。

新しい近代的な和歌を誕生させた

立役者となるようですよ。

 

また、そんな近代的で新しい短歌の

代表ともいえる短歌の歌集が

1987年に販売された俵万智さんの

「サラダ記念日」

 

 

流行語になるなど

大ヒットしましたよね!

 

私も当時、母が買ってきて

一緒に読んだことをよく覚えています。

 

改めて、短歌の歴史を感じながら

現代の短歌を味わい直してみるのも

いいかもしれませんよね。



スポンサーリンク



関連記事:難関大学といえる偏差値は?どこからどこまで?国立・私立について詳しく解説!

和歌・俳句・短歌・川柳・狂歌の違い!俳句って何?その歴史は?

和歌と短歌の違いがわかったところで

次に見ていくのは俳句!

 

俳句といえば、5・7・5の

17文字のみで構成される歌になり

和歌や短歌やよりも

とっつきやすいイメージがありますよね?

 

ただ、俳句の歴史としては

シンプルな5・7・5の句ではなく

室町時代の「俳諧の連歌」と呼ばれるものが

俳句の歴史の始まりになるそう。

 

俳諧の連歌とは、まずひとりが5・7・5の発句を作り

次の人が7・7の下の句を作り、さらにその下に

5・7・5の句を作ることを何度も繰り返し

36句から100句でひとつの作品とされていたそうです。

 

その後、江戸時代に松尾芭蕉が

俳諧の芸術性を高め、明治時代になると

正岡子規が「俳句」を近代的な文芸として

誕生させたのが俳句の歴史になるそうです。

 

松尾芭蕉といえば、

有名な俳句がありますよね!

 

「古池や 蛙飛び込む 水の音」

 

恐らく、皆さんご存知の俳句ですが

この俳句の中の「蛙」は春の季語になり

俳句には季語を必ず入れるという

決まりがあるそうです。

 

単純に「5・7・5の句をよめばOK」

というわけではなく、俳句には

 

自分の目にしたものを表現する=季語を必ず入れる

「わび・さび」を表現する

「や」「かな」「なり」などの切れ字を必ず入れる

 

などの決まりごとがあるそうですよ。

 

そんな歴史ある奥深い、俳句。

趣味やおけいこ事として始められている方も

多くいらっしゃるようです。

 

日本の歴史や季節を感じながら

俳句をよむ・・素敵ですよね!

 

あなたも俳句を始めたくなったのでは

ありませんか?

そんな素敵な趣味のおともには

こちらの俳句手帳がいいそう。

 

 

ズッシリ高級感ある手帳!

俳句をしたためられる手帳になります。

 

俳句をよむ箇所はもちろん

予定表や俳人住所録などもあるので

お友達同士で俳句を楽しめますよ。

 

また季節の風物詩も紹介されているので

季語に困ったら助けてもらうこともできます。

 

素敵な頼もしい手帳で

風情ある俳句時間を楽しんでくださいね!

関連記事:スマホのタッチパネルが指の乾燥で反応しない!対処法は?

和歌・俳句・短歌・川柳・狂歌の違い!川柳って何?その歴史は?

和歌、短歌、俳句の次に見ていくのは、川柳!

和歌や短歌、俳句と川柳の違いを

見ていくことにしましょう!

 

川柳は、よく耳にしますよね?

そう、あの「サラリーマン川柳」も

この川柳になります。

 

川柳とは、先の俳句と同様に5・7・5で

構成されてはいるものの

俳句と異なり難しい決まりごとがないのが

川柳の特徴になります。

 

また、この川柳の歴史は江戸時代。

 

俳諧などの優劣を判定する点者である

柄井川柳(からいせんりゅう)という人物が

呉陵軒可有(ごりょうけんあるべし)という

俳諧者とともに「排風柳多留(はいふうやなぎたる)」と

呼ばれる句集を刊行したのが始まりになるそう。

 

これが後の川柳となるのですが

この川柳は俳句と違い

 

季語や切れ字を使わなくてもよい

字余りでもよい

ダジャレを入れてもよい

 

など、難しい形式にとらわれず

内容も人間模様や社会の風刺をメインにし

誰もが分かりやすい内容であることが

多いそうです。

 

俳句をより、親しみやすくした

イメージかもしれません。

 

初心者で気軽に作れる為

現代においても親しまれ

サラリーマン川柳やシルバー川柳などでは

多くの一般の方からの応募があるようです。

 

また、昔の有名な川柳といえば

作者は不明のようですが、戦国時代の

 

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス(織田信長)

鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス(豊臣秀吉)

鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(徳川家康)

 

こちららも川柳になるそうです。

 

有名な3人の性格がわかりやすく

表されていて、現代でも

「あなたは、信長タイプ?」などと

この川柳を例え話しに引用したりもしますよね?

 

これまで見てきた

和歌、短歌、俳句、川柳の中で

一番私達が親しんでいるのは

川柳なのかもしれませんよね。

関連記事:桜の豆知識・雑学!お花見がもっと楽しくなるうんちく!

和歌・俳句・短歌・川柳・狂歌の違い! 狂歌って何?その歴史は?

和歌、短歌、俳句、川柳の違いが

わかってきたところで

最後に登場するのは、狂歌。

 

和歌や短歌、俳句や川柳と狂歌の

違いを見ていくことにしましょう。

 

そもそも、狂歌ってご存知でしたか?

私は恥ずかしながら始めて耳にしたのですが

それもそのはず実は、狂歌の人気は

明治時代に、すでにすたれて

しまっていたそうです。

 

狂歌の歴史のはじまりは、江戸時代で

江戸時代に和歌の一種として、社会への皮肉を

よんだことが始まりになるそう。

 

江戸時代においては

この狂歌は大人気となったものの

その後、明治時代に一気にその人気が

なくなってしまったのだとか。

 

その為、現代おいても

あまり知られていることが

ないそうです。

 

そんな狂歌の中でも

知られている歌としては

 

「田や沼やよごれた御世を改めて 清くぞすめる白河の水」

 

「白河の 清きに魚も すみかねて もとの濁りの 田沼こひしき」

 

になるそうで、はじめの狂歌は

江戸時代中期に田沼意次が行っていた

汚れた政治を、白河藩主の松平定信に

清いものにしてほしいという

願いが込められた歌になるそう。

 

ところが、次の狂歌では

期待していた松平定信が行った

寛政の改革が、あまりにも厳しかった為

田沼意次の政治を懐かしむ気持ちが

込められているそうですよ。

 

少しの文字数に様々な

日本の歴史が込められた狂歌。

何とも奥深いですよね!

当時の歴史をもっと詳しく

知りたくなってしまいます。

 

また、狂歌に限らず

日本の古き良き文化である

和歌、俳句、短歌、川柳などを

改めてじっくり味わってみるのも

いいかもしれませんよね。



スポンサーリンク



関連記事:干支の方角で鬼門や裏鬼門は?桃太郎との関係は?

最後に

和歌や俳句、短歌や川柳、狂歌の違いや

それぞれの歴史について見てきました。

 

何となく、それぞれの言葉は

聞いたことがあっても

違いや歴史などは知らずにいましたが

詳しく知ると案外楽しい!

 

日本の美しい言葉遊びを

もっと身近に楽しめたら

より、味わい深い人生に

なっていくかもしれませんよね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ