ほうとうとは?うどんやきしめんとの違いは?

ほうとうは冬になると

野菜をたっぷり入れて

鍋を囲んで食べたくなりますね!

 

体も温まって栄養もたくさん取れて

冬にはもってこいな郷土料理です。

そんなほうとうですが

きしめんやうどんとそっくりですが

何が違うんでしょう。

 

こちらではほうとうとはなんなのか

きしめんやうどんとの違いを

確認していきます。




スポンサーリンク





ほうとうとは?

ほうとうとは山梨県の郷土料理です。

山梨県の大体が山間部で

水田が少なく、米は貴重な食べものだったそうです。

米の代わりに食べられていたのがほうとうでした。

 

なので、家庭の食事の主食として親しまれていたので

嫁入り修行として、ほうとうの麺の打ち方を

学んだそうです。

 

ここまで郷土料理として広まったのは

あまり例がなく、

2007年、農林水産省主催の

日本各地につたわる郷土料理として

「農山漁村の郷土料理100選」に

選ばれています。




スポンサーリンク





ほうとうとうどんやきしめんの違い①由来

そもそも見た目がそっくりの

ほうとうときしめんとうどん、

由来から違いがあるんです。

 

ほうとうの由来は?

ほうとうの由来は諸説ありますが

一つが、中国から伝わった

「はくたく」といううどん粉を水で練って

切った食べ物のことで

 

それが変化していって

「ほうとう」と呼ばれるようになった説です。

確かに似たような食べ物ですね。

 

もう一つは

現在の山梨県で江戸時代、

穀物の粉を用いた郷土料理が

「はたきもの」と呼ばれていて

穀物を粉にする作業を

「はたく」といったそうです。

 

その「はたく」が変化して

「ほうとう」となった説です。

 

ほかにも、武田信玄が自分の刀で

食材を切ったことから

「宝刀」→「ほうとう」と

呼ばれるようになったという話も

あるそうですよ。

 

ほうとうは沢山の由来がありますね。

 

きしめんの由来ってなに?どこの料理?

きしめんといえば愛知県ですね。

愛知県刈谷市で作られたきしめんが

元祖として有力だそうです!

 

そんなきしめんにも由来があります。

 

キジの肉が入った麺の事を

「きじめん」と呼ぶようになり

そこから「きしめん」に変化した説や

九州からきた殿様のお土産の

「紀州麺」がなまった説があります。

 

もう一つは禅僧が中国から伝えた

「碁子麺」という

小麦粉を練って平らに伸ばし

碁石の形にし、きなこを

まぶして食べた食べ物が

変化して「きしめん」に

なったとも言われています。

 

ほうとうとは全く違った由来ばかりですね。

 

うどんってどんな由来があるの?

私たちが普段なにげなく食べている

「うどん」にも由来がありました。

 

「小麦粉を練ったもの」は中国から伝わり、

そのなかの「こんとん」という

唐から伝わったお菓子があるのですが

これが熱いお菓子だったので

「おんとん」と呼ばれるようになり

そこから「うどん」に変化していったのではないか

といわれています。

 

中国から伝わったなんて知りませんでしたね。

 

ちなみに、うどんは香川の

讃岐うどんが有名ですが

 

讃岐は古くから

「日本で最高の小麦が収穫できて

良質な塩や出汁に使う魚の漁が

とても盛んだった」という点で

うどん作りに最適な土地だったそうです。

 

有名になるのが頷けますね!

 

由来だけ見てもほうとう、きしめん、うどん

まったく違う由来ばかり!

 

見た目がそっくりなのに不思議ですね。



スポンサーリンク



ほうとうとうどんやきしめんの違い②作り方

ほうとうもきしめんもうどんも

見た目はそっくりで

由来意外に違いなんてなさそう・・・

 

でも、作り方も全く違ったんです。

 

ほうとうの麺って、うどんやきしめんとどう違うの?

一番の違いは塩を入れていないこと。

うどんやきしめんは麺に塩を

含ませていますが

ほうとうは含んでいません。

 

また薄さや厚みも違います。

特に規定があるわけではありませんが

きしめんよりもさらに薄く平たい麺

になっています。

 

また、ほうとうは麺を打った後は

寝かせずに、平たく伸ばして切ります。

 

生地を寝かせないので、こしが弱く

もちもちした食感に出来上がります。

 

また、うどんやきしめんと違って

必ず麺の形をしているわけではなく

手でちぎったものが入っていることも

あります。

 

ほうとうは、麺を生のまま

鍋に入れるので、汁に打ち粉が

入るため、とろみがつくようになります。

 

きしめんの麺はほうとうやうどんとどう違うの?

きしめんの麺には塩が含まれており

小麦粉と水とあわせてこね、

麺の形に切っていきます。

 

塩分がうどんの1.5倍の濃度で

作られているのが特徴です。

 

そしてこの麺なのですが

きしめんの麺には太さの規定が

日本農林規格(JAS)

によって定められているんです。

 

驚きですね!

 

乾麺のきしめんの場合は「幅4.5mm厚さ2.0mm

未満の帯状のもの」と決まっています。

 

麺を打つ際に使う棒も特徴があります。

長さ90cm、直径1.2~1.4cmと

細めの麺棒を使います。

 

生地に塩分を含ませていて硬めの生地のため

細い綿棒のほうが生地を伸ばすのに

適しているためです。

 

そのため、こしがあり、麺が固くちぎれやすい

うどんよりも長い麺が仕上がります。

 

きしめんはうどんとほぼ変わらない

工程のため

「平打ちうどん」とも「ひもかわ」とも

言われています。

関連記事:もち麦は効果なし?原因や効果が出るまでの期間は?

 

うどんの麺ってほうとうやきしめんとどう違うの?

一番オーソドックスなうどんですが

やはりほうとうやきしめんと

微妙に違います。

 

うどんも生地に塩を加えて

小麦粉、水と併せてこね、

生地を寝かせて、幾重にも

重ねて生地を切り、麺を作ります。

 

麺棒も、きしめんのものより太く

長さ94cm~100cm

直径2~3cmのものを使います。

 

ゆで時間もきしめんより長く

でき下がりの麺はきしめんより太く

柔らかい麺です。

 

また、ほうとうは粉を落とさず

汁に入れとろみを出して食べますが

うどんは粉を落としてから

汁をかけて食べるので

とろみはなくつるっとした

食感で食べることができます。

関連記事:夜勤明けのご飯のおすすめは?寝る前だと太る?

ほうとうとうどんやきしめんの違い③味付け

麺と由来だけで

こんなにも違いがあるとは

思いませんでしたね!

 

確かに見た目がそんな感じだったかも・・・

と思えてきます。

ですがまだまだ違いがありました!

 

それは味付け。

ほうとうは出汁が煮干しで取られており

味噌で味付けされています。

 

そこに、夏はネギ、ジャガイモ、玉ねぎ

冬はカボチャやニンジン、白菜

さらにキノコなどを加えて

生の麺と一緒に煮込んで食べます。

 

豚肉や鶏肉を入れることもあるそうですよ。

特に、カボチャを煮崩して

溶かしたほうとうがおいしいと

されています。

 

山梨県の郷土料理のほうとうですが

県外の人々が「うどん」や「鍋」と

おなじくくりで考えているところを

山梨県内ではあくまで「ほうとう」

という一つの料理として

家庭の食卓で並ぶそうです。

 

汁ものとして添えられることが

多いそうですよ。

ボリュームのある食卓になりそうですね!

 

現在ではほうとうの外食もできるようになり

味付けもみそ味に限らず

小豆やコチュジャンを入れたものや

具材に牡蠣やカニ、スッポンなどを入れた

メニューもあるそうですよ!

 

野菜が沢山とれる汁物ということもあり

美容や健康用としてとりいれられる

事もあるそうです。

 

ご家庭で楽しむほうとうには

こんな商品はどうでしょうか。

 

 

期間限定で、1000円ぴったりで

購入することができます!

 

しかも生のほうとう麺なので

乾麺と違って本格的なほうとうを

味わうことができますよ。

 

レシピも一緒に送ってくれるので

初めての方でも

上手にほうとうが作れちゃいます。

 

きしめんやうどんは

味付けはほぼ同じものが使われています。

 

かけうどんの要領で、かけきしめんに

様々な具材がトッピングされています。

 

例を挙げると

カレーきしめん、カレーうどん、ざるきしめん、

ざるうどん、冷やしきしめん、冷やしうどん

 

などです。

 

さらにきしめんの特徴といえば

出汁に「ムロアジ」という魚の出汁を使います。

濃いめの出汁がでるそうで、

さらにそこにほかの出汁を混ぜて

使われます。

 

さらにそこに「たまり」という調味料を

混ぜて作られます。

 

このたまりは、スーパーで売られている

刺身用のたまりとはまた違い

独特な味噌臭やアルコール臭があります。

 

醤油と色は似ていますが醤油とは違い、

ほぼ大豆のみで作られているため

通常の醤油よりもうまみ成分が

多く含まれているそうです。

 

なのでうどんと同じ塩分量で

きしめんを作った場合

出来上がりは普通のうどんよりも

濃いめな味付けになっていて

麺が薄く平たいきしめんにあった

出来上がります。

 

きしめんはこんな麺があるそうですよ。

 

 

こちらは名古屋名物の

コーチンきしめんです!

 

名古屋コーチンの

鶏がらエキス入りのめんつゆが

ついてきます。

冬は暖かい麺つゆで

夏は冷やしていただくのもいいですね!

 

10食入りなので

何度もきしめんを楽しむことができますよ。

 

うどんはこんな商品もあります。

 

 

本場の讃岐うどんです!

しかも価格が安い!

 

これは、業務用の乱切りうどんで

切れ端などの規格外の麺も

入っているからだそうです。

 

ですが、ちゃんと香川県内で作られた

手打ちのうどんに違いはありませんよ。

味も正規品と違いはありません。

安くおいしく頂くには

もってこいの商品ですね。



スポンサーリンク



関連記事:寿司は太る?太らない?カロリーは高いの?

最後に

ほうとう、きしめん、うどんの違いが

こんなにあるとは知りませんでしたね!

 

どれをとってもこれからの季節

おいしく頂けそうです。

 

野菜やお肉をたっぷり入れて

おいしいほうとうを食べましょう!



スポンサーリンク

サブコンテンツ