上履きの名前が洗うとにじむ!にじまないようにする方法は?

お子さんの上履きに書いた名前が洗うとにじむ!

という経験はありませんか?

 

そもそも書く時点でにじむこともあるでしょうし、

せっかく上手く書けたのに、

何度も洗ううちににじんで汚くなってしまった…

なんてことも。

 

今回は、上履きの名前がにじまない為の対策を

徹底的にご紹介します。

また、万一書き間違えた、

にじんで汚くなったという場合に、

名前を消すことができるのかについても

ご紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。




スポンサーリンク





上履きの名前が洗うとにじむ場合の対策

上履きの名前が洗ってもにじまないようにする、

名前を書くときににじまないようにする為の

色々な対策を見てみましょう。

 

水で濡らす

まずは必要なのはペンと「水」だけという

とっても簡単な方法です。

 

名前を書きたい場所を水で濡らすだけ!

インクは乾いた繊維に染み込むので、

濡れた場所に書けばにじみません。

 

とはいえ水がしたたるほど濡らしては

うまく名前が書けないので、

霧吹きで軽く濡らしたり

しっかり濡らしたら軽く絞ったりしてから

名前を書いて下さいね。

 

もちろん、洗ってもにじみませんよ。

 

ヘアスプレー

水を使うのはとても簡単ですが、

上手くしぼれない、ちょうど良い具合に濡らせない、

ということもあるでしょう。

 

そんな時はヘアスプレーを使って

にじみを防止することができます。

 

名前を書きたい場所にヘアスプレーを吹き掛け、

よく乾かしてから書けばにじみません。

洗っても大丈夫です。

 

ヘアスプレーを使用する際は、

「コポリマー」という成分が配合されているか

チェックしてくださいね。

ほとんどのヘアスプレーに含まれているので

まず心配はないと思いますが…

 

このコポリマーは、繊維に入り込むとインクを弾くので、

スプレーした上に名前を書くとにじみません。

更に、ペンの滑りが良くなり書きやすいので、

キレイに名前を書くことができるのも嬉しいですね。

 

白チョーク・ボディソープ

白チョークやボディソープなどでも

にじみを防止することができます。

白チョークのあるご家庭は

多くはないと思いますが…

 

名前を書きたい場所に白チョークを塗って、

布を指で広げながら文字を書きます。

 

ボディソープも同様で、

名前を書きたい部分にまんべんなく塗ったら、

ドライヤーで完全に乾かしてから

名前を書きます。

 

どちらも書くとき、洗う時どちらもにじまないので、

1度試してみる価値はあるでしょう。




スポンサーリンク





にじまないペン

そもそもにじみやすい油性ペンではなく、

布用のにじまないペンを使う方法です。

 

わざわざ上履きの為にペンを買うなんて…と思い、

家にあるもので何とか対策しようという

気持ちもわかりますが、

お子さんの持ち物で記名が必要なのは

上履きだけではないはず。

 

帽子やタオル、雑巾、ゼッケン、手提げ袋など、

あらゆる布に名前を書くことがたくさんあります。

布用のペンは、他の方法と比べて

書いても洗ってもにじまない可能性が高いです。

この機会に1本購入するのも良いかもしれません。

 

布用の名前ペンは色々なメーカーから販売されていますが、

今回オススメしたいのはこちらの商品です。

 

 

布製品にペイント、デコレーションできる

11色セットのペンです。

 

布に好きな文字やイラストを書いたら、

当て布をしてアイロンをかけるだけ。

チャコペンもセットになっているので

下書きできて失敗も少ないです。

 

色落ちしないという口コミも多いので、

上履きの名前を書くのにも向いています。

黒以外にもたくさんの色があるので、

キャラクターや動物のイラスト、

自分だけのマークを決めて

名前と一緒に上履きに書いても可愛いですね。

 

上履き以外にも、

バッグやハンカチ、Tシャツなど

色々な布に書くことができ、

あっという間にオリジナルグッズができます。

 

他の人のものと間違えない為に印をつけたり、

夏休みの作品やプレゼントなどにも使えそうですね。

 

尚、上履きや学校用品にイラストを書く際は、

学校での決まりを守って使用してください。

 

お名前シール・スタンプ

お名前シールやスタンプを使えば、

にじまない上にキレイな文字で記名ができるので

お子さんが喜んでくれること間違いなしです。

 

お名前シールは、名前を書いたシールを

貼り付けるだけ。

簡単にはがすこともできるので、

キレイなままサイズアウトした場合などは

お下がりなどに回せるので良いですね。

 

しかし、簡単にはがせるということは、

簡単にはがれるということ…

洗ったらはがれてしまうことも多いですから、

また貼り直す手間がかかります。

 

お名前シールを使いたい場合は、

はがれないよう縫い付けると

良いかもしれません。

 

一方お名前スタンプは、インクを付けて押すもので

こちらも簡単に記名ができます。

 

お名前スタンプは、文字のフォントやイラストなど

デザインを自由に選ぶことができ、

更に大小様々なサイズがセットになっているものも多いので、

お子さんの好みのデザインのものを、

上履きに合った丁度良いサイズで押すことができます。

 

スタンプは上手に押さないと、

ズレたりかすんだり濃くなったりしますし、

特に上履きは平ではないので、

押し方にコツがいるのがちょっとした難点です。

 

とはいえ、シールもスタンプもキレイに記名ができ、

洗ってもにじまない、

更に他の文房具類などにも使えるという利点もあるので

ぜひ検討してみてください。

 

名前がにじまず、更に可愛くユニークな商品で

このようなものがありました。

 

 

かかと部分につけるネームタグです。

可愛らしいマークと名前のシールが

セットになっています。

 

マークと名前の両方で

自分のものだとすぐわかりますし、

名前シールはラミネート加工で水に強いので

名前がにじむ心配がありません。

 

残ったシールは水筒やお弁当箱、

教科書などにも使用できますよ。

 

かかと部分に立体的なタグをつけることで、

お子さんが上履きのかかとを踏まないよう

対策することもできます。

 

名前を直接書くよりも可愛く、

お子さんも喜んでくれること間違いなしです。

学校などで使用がOKであれば

1度使ってみても良いかもしれませんね。

関連記事:年少・年中・年長の年齢は何歳?特徴や違いも詳しく解説! 

 

洗剤の濃度

名前の書き方も大切ですが、

上履きを洗う際の洗剤の濃度にも

注意が必要です。

 

白い上履きは汚れも目立つので、

どうしても洗剤をたくさんつけて

ゴシゴシとこすりたくなりますよね。

 

洗剤は、バケツ1杯のお水に対し、

スプーン1杯くらいで充分です。

濃い洗剤は逆に汚れが落ちにくかったり

名前がにじむ原因となります。

 

薄い洗剤では汚れが落ちないのでは?

と思うかもしれませんが、

バケツにお水と洗剤、上履きを入れ

一晩浸けておけば、

翌日さっとこするだけでキレイになりますよ。

 

ゴシゴシこすらなくても良いので上履きも傷みにくいです。



スポンサーリンク



関連記事:コンビニおにぎりは常温保存で大丈夫?冷蔵庫や冷凍の保存期間は?

上履きのにじんだ名前は消せる?

上履きの名前を書くときに失敗したり

洗ってにじんでしまったりしたら、

名前を消して書き直すことはできるのでしょうか?

 

結論から言いますと、

上履きに書いた名前を消すことは可能です。

 

上履きは消耗品ですから、

お下がりで使い回すことも

少ないとは思いますが、

キレイな状態のままサイズアウトした場合にも

名前を消すことができればありがたいですよね。

 

上履きに書いた名前の消すには、

除光液かエタノールを使用します。

消し方はどちらも同じです。

 

まず、上履きの目立たない場所に

除光液やエタノールを少し垂らし、

変色しないか確認しましょう。

 

問題がなければ、消したい部分に

除光液やエタノールを垂らし、

捨てても良いハンカチなどの布で、

名前の部分をトントン叩くと

インクが布にうつります。

 

最後に上履きを洗えば、

あっという間に名前が消えますよ。

 

ただしこの方法は、

真っ白に完璧に消せるわけではありません。

にじんだ跡が少し残ってしまいます。

 

気にならなければ問題ありませんが、

少しでも気になる場合は

白い布テープを貼って上から名前を書いたり

上からお名前テープを貼ったりすれば

跡は見えないですし、

名前もキレイに書くことができますよ。

 

気合いを入れて書くので

間違えることはないと思うかもしれませんが、

失敗できない場面ほど

「やってしまった~」ということが起こりがちです。

 

上履きを買い直さなきゃと諦めず、

ぜひ試してみてくださいね。



スポンサーリンク



関連記事:書き初めの筆の選び方!小学生や中学生におすすめのサイズは?

まとめ

上履きの名前がにじまない方法や、

名前の消し方をご紹介しました。

 

白い上履きに名前を書くと目立ちますから、

名前の書き方や洗い方に注意して、

名前がにじまない対策をしましょう。

 

学校側がOKを出していれば、

ネームタグをつけたり

イラストなどで可愛くデコったりするのも

個性的でお子さんが喜ぶでしょう。

 

キレイな上履きでお子さんが過ごせるよう

工夫をしてみてくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ