保育園の先生へプレゼント!喜ばれるのはコレ!

働くママたちにとって、いつも心強い存在でいてくれる保育園の先生。

子供のお世話をしてもらうのはもちろんですが、

時には子育ての相談にものってもらって、ママもお世話になるということもありますよね。

 

そんな子供もママも大好きな保育園の先生とは、卒園や先生の転任などで

お別れの日はやってきてしまいます。

感謝の気持ちを言葉で伝えるのは当然のこと、

できれば形に残るもので気持ちを伝えたいですよね!

しかし、いざプレゼントを選ぼうと思うとなかなか難しいもの。

 

そこで今回は、保育園の先生にプレゼントを贈る時には何が喜ばれるのか?

というお悩みに関して、

ママたちみんなで贈る場合と、個人的にプレゼントする場合に分けてご紹介します!

またプレゼントの注意点も解説しているので、最後まで読んでくださいね。




スポンサーリンク





保育園の先生へみんなでプレゼントしたい!何が喜ばれる?

園によって伝統的に、毎年贈るものが決まっていたりすることもありますが、

そうでない場合には、役員さんもしくは有志のママたちが集って

先生へのプレゼントのアイデアを考えたり、実際に品物を用意したりしますね。

アレコレいろいろ悩むものですが、

最終的には、先生が喜んでくれるものでないと意味がありませんね!

 

そこでやっぱりおすすめしたいのは、手作りのアルバム!

台紙を取り外して、1枚ずつ作成できるものにすれば

各家庭で1ページ担当してもらえるので、最終的に園児みんなからの

 

贈り物のようになりますね。

 

それぞれ先生との思い出があるでしょうから、

印象に残っているイベントの写真を貼ったり、子供が折った折り紙を貼ってみたり、

ママからも先生へ感謝のメッセージを伝えることができますよ!

 

そしてアルバムのメリットはこれだけでなく、低予算で済むこと。

家庭の事情も様々なので、一人当たりの徴収額が大きくなってしまうのは避けたいもの。

アルバムなら100円ショップでもホルダーが買えたりするのでリーズナブルです!

 

次におすすめしたいのは、定番ではありますがお花です。

生花の花束を贈るのももちろん素敵ですが、

プレゼントとして見栄えがするように、ちょっと豪華な花束を作ってもらうと

それなりに値段が高くなってしまいますよね。

そのため、最近では比較的お手頃なプリザーブドフラワーがかなり定着しつつあります。

 

生花よりも人気がある理由としては、やはりその保存期間!

3~4年は綺麗な状態を保てるので、先生への気持ちもそのぶん持続するという想いと、

長く飾ってもらえるという観点からプリザーブドフラワーはおすすめ。

メッセージを入れることもできるので、何年度の卒園生からの贈り物かというのも

分かりやすく、卒園の記念には最適です!

 

こういったドーム型のケースに入ったプリザーブドフラワーなら

さっとホコリを拭くだけでいいので、インテリアとしてお手入れが簡単です。

小さくて丸い形がエレガントな印象なので、女性へのプレゼントとしては最適。

 

カラーバリエーションも豊富なので、先生の年齢に合わせて選んでもいいですし、

お子さんに先生の好きな色を聞きだしてきてもらうのもいいですね!

 

そして最後にもうひとつおすすめなのは、ハンカチ。

日用品のひとつなので、何枚あっても困らないものですよね。

しかもこちらもプリザーブドフラワーと同じく、名入れができたりするので

「〇〇組一同」とか「〇〇年度卒園生一同」などと記念に残すことができます。

 

しかもこちらもそこまで高額なものではないので、

アルバムと一緒にプレゼントするのにもちょうどいいですよね!

 

ハンカチやタオルハンカチはいつも持ち歩くものなので

プレゼントでもらって嬉しいもののひとつでもありますよね。

 

刺繍でしっかり名前などを入れてくれるので、先生の使い勝手を考えて

名前を入れたり、卒園年度を入れたり、ありがとうなど感謝の気持ちを

入れてみたり、プレゼントとしての用途は様々。

お子さんへの卒園祝としても使うことができますよ!

 

トラブル回避!アンケートや集金方法に気をつけて!

先生への感謝の気持ちというのは、それぞれが持っていることでしょうが

それぞれのママによっても考えがあるので、プレゼント選びや金額、

そして代金の徴収方法などに、わだかまりが残ってしまうと

子供が小学校にあがってからも、関係がギクシャクすることも・・・

そんな事態にならないように、先手を打っていきましょう。

 

まずそもそもですが、プレゼントは必要か?

ということから念のために意見を聞く必要があります。

そして贈ることになった場合には、代表のママたちでいくつかプレゼント案を絞って

アンケートをとったり、それに関して各自に準備をお願いしたいものを発信します。

 

ここで一番大切なのは、意見を聞くことと結果を報告すること。

しかも、どういういきさつでその結果になったのかが大切。

多数決で決めるならその旨を、そうでない場合はどういった事情でその結果になったのか。

いろいろな意見を持つママがいることを前提に、みんなに納得してもらえるように

状況や結果をお知らせしていきましょう。

 

そして、アンケートの際には「賛同していただける方は」とか「ご希望の方は」など

の文言をつけ、強制ではないことをアピールしておくのも大切です!

 

また、集金に関してもやり方はいろいろ。

保育園の行事のように、先生へのプレゼントが恒例になっている場合には

個人情報の観点から保育園を通して集金することもあります。

しかし有志の場合には、各自で集金しなければなりませんね!

 

この集金方法も、卒園式のあとで一斉に集めるなどはやめましょう。

なるべく早い段階で集金期日を設定しておき、余裕を持って集めること。

催促はする方が気を遣いますし、された方も恥ずかしい思いをするかもしれません。

なかなか顔を合わせる機会がないママもいるでしょうから、

お互いに余裕を持ったほうが慌てなくて済みますね!




スポンサーリンク





 

お世話になった先生に個人的にプレゼントする場合には?

では次に、学年みんなでプレゼントするのではなく、

個人的にプレゼントしたい場合には、なにが喜ばれるのか考えてみましょう!

実際のところ、保育園はみんなで募ってプレゼントをするのも

なかなか難しい環境にあったりしますので、うかうかしていると

プレゼントをしそびれてしまいますよ!

 

個人的に贈る場合に、一番おすすめなのは手紙やメッセージカード。

お子さんからのお手紙と、ママからの感謝の気持ちを込めて書きましょう。

先生と撮った写真があれば添えてもいいですね!

 

またこのお手紙と一緒に何か贈りたい場合には、

お子さんと一緒に作ったお菓子がいいでしょう。

高級なお菓子よりも、お子さんの気持ちと成長を感じられる手作りお菓子のほうが

先生も嬉しいものです。

 

また、もう少し予算が出せるという場合には、ボールペンもGOOD。

先生は毎日、いろいろな書き物をしたりするので使ってもらいやすいものです。

もしくはタオルハンカチなんかも、仕事とは関係なく日常的に使えるものなので

女性ならもらって嬉しい品物ですよね!

 

ボールペンも名入れまでしてしまうと、かなり予算が上がってしまいますが、

シンプルにデザインが素敵なものをチョイスすれば、

そこまで高額にならないので、先生も受け取りやすいでしょう。

 

しかも文房具は働く女性にとって、もらって嬉しいアイテムのひとつ。

あまり実用的過ぎてもプレゼントという雰囲気がなくなってしまうので、

少し女性らしいデザインのものを選ぶようにしましょう!

 

個人的にプレゼントをする場合に、一番やってはいけないことは

他の保護者の方の目に付くような場所でプレゼントを渡すこと。

これは先生としても、せっかくの気持ちを受取りにくくなってしまいます。

また、他の先生が見ている場合もNGです。

 

個人的に渡す場合には、他の保護者の方、先生方がいない場所で

こっそりと渡すことが大切!

そういう環境を考慮すると、必然的にあまり嵩張るようなものは持ち歩けないので

小さめの紙袋などにおさまる、手紙やお菓子、ボールペンなどの小物類は最適です。



スポンサーリンク



 

保育園の先生にプレゼントするときにはコレに気をつけて!

最後に、一番気をつけておきたいプレゼントの注意事項をご紹介します。

そもそも、保育園によっては保護者から先生へのプレゼントを

お断りしている園もあります。

 

なぜかというと、特に公立の保育園の先生は公務員だから。

公務員法により、公務員は贈り物の授受を禁止されています。

そのため、一切の贈り物を受け付けていない場合もあれば

ハンカチやボールペンなどの高額ではない日用品などであればOKという

線引きだったり、園によって考え方も様々。

 

プレゼントをすることで、受け取っていいのかどうか先生を困らせてしまうと

かえって迷惑になってしまうので、まずその保育園がプレゼントに関して

どういった方針を持っているのかをチェックしておきましょう。

 

そしてプレゼントOKの場合でも、先生がもらって驚いてしまうような高額な

ブランド物は避けるのがマナーです。

また、衛生上の理由からも生の食品もやめたほうがいいですね。

 

置物などの雑貨類も先生のお宅のインテリアや間取りの都合もあるので、

好みが分かれますし、持って帰るのが大変なものはもらっても嬉しくないでしょう。

エプロンはプレゼントに良さそうな気がしますが、実は素材や形、サイズなど

先生が使いやすいものにこだわりがある場合もあるので、避けた方が無難です。



スポンサーリンク



 

最後に

いかがでしたか?

保育園の先生にプレゼントをする場合には、

まず先生に受取ってもらえるかどうかチェックすることから始めましょう。

 

園児のママたちみんなでプレゼントする場合には、代表のママはちょっと大変ですが

その分、先生の感動も大きくなるもの。

感謝の気持ちを最大限に伝えられるよう、みんなで協力できるといいですね!



スポンサーリンク

サブコンテンツ