送別会の挨拶の順番!送られる側が複数の場合は役職で決める?送る側の場合は?

ただの飲み会の幹事なら慣れたものという方も多いでしょうが、

それが送別会ともなれば話は別でしょう。

 

中でも難しいのが、送別会の挨拶の順番ですよね。

送られる側が複数いる場合、誰から挨拶を頂戴すれば良いか悩むことも多いと思います。

また、送る側も送別会の随所で挨拶がありますので、その順番も大事です。

 

偉い方は最後にすべきなのか、それとも最初にすべきなのか、などなど、

挨拶の順番に関しての疑問を今回は分かりやすくまとめてみました。

 

送別会は、送られる側にとってはその部署で参加する最後の会になる大切な場です。

しっかりと送別会を楽しんで貰いながら、明るく送ることができると最高ですよね。




スポンサーリンク





送別会の挨拶の順番!送られる側が複数いる場合は役職で決める?

送別会の挨拶の順番の原則は「役職の高い順」

送別会で送られる側が複数いたとき、

挨拶をどの順番でお願いするかで悩むことってありますよね。

その基準となるのは「役職」です。

 

送られる側で一番役職が高い方から順番に挨拶をしていくのが、

送別会の挨拶の順番の大原則になります。

年齢が下でも役職が上ならその方が先に挨拶をします。

 

また、定年退職でも寿退職でも、本社へ異動でも支社へ移動でも、

送られる側の理由がなんであれ、役職で挨拶の順番は決めます。

もちろん、あくまで原則がそうだということで、

会社や送別会自体の雰囲気、送られる側の人柄などで原則から外れることもあります。

 

送別会の幹事を初めてやるという時には、

事前に経験者に確認しておくとスムーズに運べると思いますよ。

 

同じ役職が複数ある場合はどうする?

営業部長、経理部長など、送られる側に同じ部長職が複数いた場合はどうでしょうか。

これは悩むところですが、正式には会社の組織図や並び順で判断します。

 

組織図がある場合は、上に位置している方が上位に、

横書きで左右に並んでいる場合には左側が上位に、

縦書きで左右に並んでいる場合には右側が上位になります。

 

また、組織図が確認できない場合には、社員名簿の順番で決めます。

社員名簿もない場合には年齢順で、年齢も同じであれば勤務年数の長い方が先です。

 

役職早見表

役職は呼び方がたくさんあるので、

どちらが上かと考えると混乱してしまうこともあります。

役職順に分かりやすくまとめたので、参考にしてみてください。

同じ位の別の呼び方も添えてあります。

 

取締役会長理事長、相談役、顧問など

 

代表取締役取締役社長、社長、最高経営責任者、CEOなど

 

取締役副社長、役員、専務、常務など

 

執行役員COOなど

 

部長次長、支店長、工場長、ゼネラルマネージャーなど

 

課長室長、課長補佐、副支店長、副工場長、マネージャー、チーフリーダーなど

 

係長班長、リーダーなど

 

主任チーフ、サブリーダー、アシスタントマネージャーなど

 

あくまでも慣例的なので、会社によっては呼び方と位が異なる場合もあります。




スポンサーリンク





送別会で送る側の挨拶の順番はどうする?

送別会の流れ

送別会での挨拶は、送られる側だけではありません。

送る側の挨拶の順番も事前にしっかり確認しておかないと

スムーズに送別会を勧めていくことはできません。

まずは、送別会全体の流れを押さえておきましょう。

 

送別会 最初の挨拶

まずは、送別会に集まってくれた方々に、簡単な挨拶と主賓の紹介をします。

主賓の入社後の経歴や貢献などを概説し、退職に至った経緯を簡単に紹介しましょう。

 

送別会には、主賓と顔なじみの方ばかりがくるとは限りません。

普段あまり一緒に仕事をしない上司や、途中から一緒になった方なども、

ある程度主賓の会社人生を共有しておく必要があります。

 

また、寿退社や栄転などの円満退社なら良いですが、

送られる側が不本意に思う異動などの場合もあります。

送る側、送られる側の気持ちが共に明るくなれるような紹介を心掛けましょう。

 

ゲスト挨拶

ゲスト挨拶は、送別会に参加する方の中で最高役職の方にお願いします。

直属の部長や課長などが該当することが多いでしょう。

当日にお願いするのでは無く、

招待状を送るときにゲスト挨拶の依頼もしておくのがスマートです。

 

主賓が上位の役職の場合は、

主賓の上司だった方、同僚だった方にお願いするのが良いでしょう。

 

乾杯の挨拶

続いて、乾杯の挨拶に移ります。

 

ゲスト挨拶とは別の、主賓の直属上司や同期入社した方などに、

主賓のエピソードなどを交えながら乾杯の挨拶をしてもらいます。

これから始まる会が和やかになるよう、明るい挨拶をお願いします。

 

ただ、ゲスト挨拶した方の次に上位の方には、最後の締めの挨拶がありますので、

その方以外に乾杯の挨拶はお願いしてください。

 

主賓の挨拶

ある程度歓談が済んだら、主賓に挨拶を貰います。

挨拶の順番は、先ほど紹介したものを参考にしてみてください。

 

締めの挨拶

ゲスト挨拶した方の次席の方に締めの挨拶をお願いします。

送別会の終わりまでに退席してしまっている場合には、

主賓の同僚や先輩でも問題はありません。

 

完全に酔っ払ってしまっている方、主賓との関わりが密でなかった方だと、

送別会を締めくくるには荷が重いでしょうから、

空気を読んで選ぶ必要があります。

 

・二次会などのご案内

締めの挨拶が終わったら、場が騒がしくなる前に二次会の案内をします。



スポンサーリンク



関連記事:送別会で送られる側のマナー!服装や寸志・お金の必要性についても詳しく解説!

送別会の挨拶で押さえておきたいポイントを解説!

挨拶は短すぎず長すぎず

挨拶で大事なのは、話す時間です。

あまりに短いとあっけなく終わってしまうので、

「全然思い入れがないのだろうか」と感じてしまいます。

送る側も送られる側もあまり良い気持ちにならないので、

挨拶にはある程度の長さが必要です。

 

ただ、長すぎるのも問題で、

食事とお酒の場でもある送別会で長々と挨拶をすると、場がダレてしまいます。

 

大体、3分~5分くらいがちょうど良いくらいで、

10分を超えると長過ぎと感じてしまいます。

 

挨拶をお願いするときには、「大体3分くらいで」などの時間の指定も入れておくと、

お互い考えやすくて良いでしょう。

多くの場合、思い入れがある分挨拶が伸びやすいので、

短めにお願いしておくのがベターです。

関連記事:送別会で送られる側からプレゼントは必要?お礼にはお菓子がいい?会費はどうする?

 

花束を渡す場合

送別会で送る側が送られる側に花束を贈呈するということもありますが、

渡す相手も事前に打ち合わせておく必要があります。

 

例えば、寿退職する女性に男性から花束を渡すのは気持ちの良いものではありません。

その場合は、女性の同僚で仲の良い方にお願いするのが良いでしょう。

逆に、男性に渡す場合は女性が手渡す方が嬉しいと思うので、

同じ職場の女性、いなければ近い部署の女性にお願いするのが良いでしょう。

 

また、花束の色も、寒色系よりはピンクやオレンジなどの明るい色が良いです。

未来に向かって元気に歩き出せる花束が良いですね。

 

あとは、人によっては花言葉を気にする場合もあるので、

花屋さんに花束の目的を告げて、縁起の悪い花言葉を避けて貰うのがベターです。

 

フレグランスソープフラワー

普通の花束も良いですが、こういった変わった花束もおすすめです。

こちらは、石けん素材で作られた香り付きの観賞用ソープフラワーになります。

世話の必要もなく、枯れる心配もないので、貰う方も楽でしょう。

 

花にアレルギーがある方でも安心ですし、おしゃれな芳香剤としても人気があります。

サイズ直系14cm、高さ20cmと持ち帰りやすいのも良いところです。

 

名入れ 送別会Tシャツシリーズ

少しくだけた送別会なら、こういったネタTシャツも盛り上がります。

定年や感謝、栄転などのバリエーションもあるので、

その方の退職理由にぴったくるものが見つかるはずです。

 

そのまま二次会で着て貰ったりなど、楽しみ方も様々でしょう。



スポンサーリンク



関連記事:歓送迎会で乾杯と締めは誰がする?挨拶の例文もご紹介!

最後に

いかがでしたでしょうか。

送別会で送られる側が複数いると、挨拶の順番は悩みます。

一般的には役職の高い順ですが、

自信がないときは組織図や職員名簿を確認すると確実です。

 

また、その職場の慣例によっては役職にこだわらないということもあり得ますので、

初めて幹事をする場合には、前年の送別会を知る人に聞いておきましょう。

事前に流れをシミュレーションしておけば、

複数の挨拶があっても当日も落ち着いて進行できると思いますよ。



スポンサーリンク

サブコンテンツ