五月人形の処分時期や方法!何歳まで飾るの?

男の子のいるご家庭では、毎年5月5日の

端午の節句が近付いてくると五月人形を

飾っているというご家庭がほとんどでは

ないでしょうか。

 

こういった行事ごとは、こどものうちは毎年

ちゃんとやるものですが、お子さんが大きく

なるにつれてやらなくなっていってしまうもの

なのではないかと思います。

 

五月人形って、飾るのに結構手間が掛かったり

するので飾るのが面倒だな、と思いつつも

「毎年やっていることだから」となんとなく

飾られているご家庭もあるかもしれませんね。

 

そんなこともあり、五月人形ってお子さんが

何歳になるまで飾るものなのか気になりますよね。

また、飾り終わったあとでも場所を取る点が

ネックに感じているという方もいらっしゃる

かも・・・。

 

五月人形は処分しても問題無いのでしょうか?

 

今回はそういったことについて、ご紹介

していきたいと思います。




スポンサーリンク





五月人形は何歳まで飾るものなの?

5月5日の端午の節句(こどもの日)が

近付いてくると、男の子のいるご家庭では

五月人形を飾るというのが通例となっている

ことと思います。

 

お子さんが小さいうちは飾られている

五月人形に興味を示してくれることも

あるでしょうし、家族揃って記念写真を

撮ったりすることもあるかもしれません。

 

しかし、お子さんがだんだんと大きく

なっていくと端午の節句の日にお祝いを

することもなくなるでしょう。

 

それと同時に、「今年も五月人形を

飾るほうがいいのか?」と考える方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

そもそも、五月人形って、お子さんが

何歳くらいまで飾るべきなのでしょう?

 

まずは、五月人形を飾っておくべき時期

についてご紹介していきたいと思います。

 

五月人形はなんのために飾るのか

「端午の節句=五月人形を飾るもの」

というふうに考えるのが一般的に

なってきていますが、そもそもなんで

五月人形を飾るのでしょうか。

 

五月人形というのは、簡単に言うと

「お守り」の人形ということになります。

それには、男の子の誕生を祝う意味と共に、

強くたくましい男の子に成長してくれるように

といった願いが込められているのです。

 

属に五月人形と呼ばれている兜飾りや

鎧飾りは「内飾り」と言い、無事に成長することを

祈った飾り物とされています。

 

一方で屋外に飾られる鯉のぼりや武者幟

といった飾りは「外飾り」と言い、

立身出世を祈る意味が込められていると

されているのです。

 

また、こどもの身代わりになってくれる

という意味合いもあるようで、厄を

引き受けてくれるということから毎年

飾られるようになっています。

 

つまり、五月人形というのは縁起を

担っている人形ということが言えますね。

 

五月人形は何歳まで飾るべきなのか

五月人形には先にご紹介したような意味合いが

込められているため、端午の節句の日には

毎年飾ることが理想的です。

 

しかし、五月人形に込められた願いや意味合い

というのは「こども」に向けられたものである

ということがお分かりいただけるかと思います。

 

つまり、そのご家庭のお子さんがある程度大きく

成長されたら飾る必要も無くなるというのが

五月人形ではないかと考えられます。

 

では、具体的にはお子さんが何歳になるまで

飾るのがいいのでしょうか。

 

それにはいくつかの考えられ方があると

されているのです。

 

五月人形を飾るのは「7歳」まで?

まずひとつめは、「7歳まで」です。

 

五月人形というものが飾られるようになった

当時は、現代とは違って乳幼児の死亡率

というのが非常に高かったという時代背景が

あります。

 

そういうこともあり、7歳まで生きることが

そもそも難しいとされていました。

なので、7歳まで生きることができれば

成人の儀式である元服ができるというふうに

考えられていたというのです。

 

そういったことから、7歳になる年まで

五月人形を飾るという考え方があります。




スポンサーリンク





五月人形を飾るのは「15歳」まで?

ふたつめは、「15歳頃まで」です。

 

上で、元服する年齢は7歳というふうに

ご紹介しましたが、これは室町時代~戦国時代頃の

話です。

 

それよりももっと昔、奈良時代・平安時代の

頃の元服の年齢というと15歳前後と

されていました。

 

なので、このことから見て元服する15歳頃まで

五月人形を飾るという考え方もあります。

 

五月人形を飾るのは「20歳」まで?

そしてみっつめは、「20歳まで」です。

 

これは、現代でいう成人の年齢である20歳

というところからきています。

 

主に、これらの年齢が五月人形を飾っておくべき

年齢という風に考えられていますが、明確に

「〇〇歳まで飾っていないといけない!」と

いうような決まり事というのはありません。

 

なので、五月人形を飾っておく時期というのは

そのご家庭ご家庭で都合の良いタイミングまで

という認識でも構わないのではないでしょうか。



スポンサーリンク



五月人形の処分時期や処分方法は?

五月人形というのは、そのお子さんのための

身代わり人形ともいえるものなので、もう

飾ることが無くなってしまったからと言って

親戚の子に譲ったりするというのはあまり無い

ものだったりしますよね。

 

しかし、立派な人形を普通ごみとして捨てる

というのは罰が当たりそうだし、なんだか

縁起が悪いような気がして気が引ける・・・

そう考えるのが普通の事では無いかと思います。

 

では、五月人形というのはどのようにして

処分するのが正しいのでしょうか?

 

また、処分する時期というのも気にするべきなのか、

そういったことについてもご紹介していきたいと

思います。

 

五月人形の処分方法①供養してもらう

五月人形に限った事ではありませんが、

思い出の詰まっている人形やぬいぐるみ

なんかも普通に捨てるのは気が引ける

ということで、神社やお寺で供養してもらう

というのが一般的な気がします。

 

人形には命が吹き込まれているというふうに

考えられていることもありますからね。

人形の供養というのは、基本的にはどこの

神社やお寺でもされていることです。

 

神社やお寺に持ち込むと、神主さんやお坊さんが

御祈祷をして焼却処分をしてくれます。

 

初穂料として、3,000円ほど掛かるのが

一般的ではないかと思います。

 

神社やお寺によっては対応してくれる人形が

異なることもありえますので、五月人形を

持ち込む前に一度問い合わせてみる方がいいかも

しれませんね。

 

五月人形の処分方法②寄付をする

五月人形を知り合いや親戚に譲るというのは

あまり聞かないことですが、五月人形の

処分方法として「施設などに寄付する」

という方法があります。

 

ここで言う施設というのは、保育所や児童館、

老人ホームといったところです。

 

五月人形というのは一式揃えようとすると

結構な金額がかかるものです。

 

なので、飾りたくても金銭的な問題で難しい

という施設は結構あったりします。

 

譲れそうな施設をご自身で見付けるのが

難しい場合には、お住いの地域の役所なんかに

問い合わせてみるといいかもしれませんね。

 

譲り受けた先の施設の方々や利用者さんが

喜ばれることはもちろんですが、五月人形も

そうやって次に飾ってもらえる場所を

見付けてもらえるというのは嬉しいことだと

思いますよ!

 

五月人形の処分方法③オークションやフリマサイトに出品

五月人形というのはリサイクルショップなどでは

なかなか買い取ってくれないものなのですが、

オークションやフリマサイトに出品すると案外

売れるものなのです。

 

「本当は新品のものを我が子に買ってあげたい

けど値段が高くて買うのが難しい」という事情を

お持ちの方もいるでしょう。

 

また、近年は海外で空前の日本ブーム

ということもあり、こういった日本人形

というのは海外の人に人気があったりするんです。

 

なので、そういった人がサイトを使って購入

してくれることもあります。

 

しかし、その場合は注意が必要です。

 

送料を売り主が負担することになっている場合

なんかは、送り先が海外になっていないか等

しっかりと確認をしておく必要がありますね。

 

また、発送する際の梱包の仕方にもしっかり

気を配っておかないと、五月人形というのは

非常にデリケートなものなので受け取り後破損

していたなんてことがあるとトラブルに

なってしまいかねませんからね。

 

 

代行サービスを利用する

自ら神社やお寺に五月人形を持ち込むのが

難しい場合には、人形の供養を代行して

やってくれるサービスを利用するというのも

手です。

 

一箱5,000円で、年中いつでも受けてもらえます。

 

このサービスを利用すれば、梱包する手間は

掛かるものの、全国どこからでも出すことが

できるので非常に便利ですよね。

関連記事:初節句のお祝いはいつまでに渡す?のしの書き方や金額相場は?

 

五月人形の処分時期はいつがいい?

五月人形の処分を考え始めた時、どの時期に

処分すべきか悩まれることかと思います。

 

明確には「この時期がいいですよ!」というのは

ありませんが、例えば神社やお寺で供養してもらう

ことを考えられているのであれば10月頃に

持ち込むのがいいのではないかと思います。

 

というのも、多くの神社では10月に人形供養が

されることが多いからです。

代表的なものでいえば、東京大神宮や明治神宮で

行われる「人形感謝祭」でしょうか。

 

処分時期を悩んで、「また今度・・・」と

伸ばし続けていると人形の状態が悪くなって

しまいますし、処分することを決めてしまっている

のであれば、処分方法をさっさと決めてしまって

処分されるのがいいと思いますよ。



スポンサーリンク



 

最後に

いかがだったでしょうか。

 

五月人形というのはとても立派なものなので

その処分時期や処分方法に悩まれている方が

結構いらっしゃるのではないかと思います。

 

しかし、飾らないのに押し入れにしまいっぱなし

にしてしまっていては人形が可愛そうです。

 

神社やお寺で供養してもらうでも良し、

施設などに譲るのでも良し、押し入れの肥やし

になってしまう前に五月人形の処分方法について

一度考えられた方がいいかもしれませんね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ