スマホのタッチパネルが指の乾燥で反応しない!対処法は?

どんどんと寒い季節に入ってきました。

外の空気も乾燥して

手もカサカサになってきますね!

 

スマホを操作しようと思って

タッチパネルを触っても

指が乾燥していてなかなか反応しない!

ってよくありますよね。

 

こちらではそんな

スマホのタッチパネルが

指の乾燥で操作できない時の

対処法をご紹介していきます。




スポンサーリンク





どうして指が乾燥するとスマホの操作できないの?原因は?

画面をタッチしても反応がないと

故障かな?と疑いたくなりますよね!

でも、それは故障のせいではないので

安心してください。

 

そもそも、どうして指が乾燥すると

スマホのタッチパネルが

操作できなくなるんでしょうか?

 

不思議ですよね。

 

それはタッチパネルの仕組みにありました。

 

タッチパネルのタイプには大きく分けて

圧力に反応するタイプと

静電気に反応するタイプがあります。

 

「抵抗膜方式」と「静電気容量方式」といいます。

ゲーム機などはこの

抵抗膜方式は使われています。

 

スマホやATMに使われているのは

静電気容量方式です。

 

この静電気容量方式はどういう仕組かというと

スマホの画面を覆っているプラスとマイナスの静電気の膜に

指が触れ、そこから電気が伝わって操作しているんです。

 

微弱な電気に反応しているんですね。

なので、画面を触って操作しているというより

画面の静電気を触って操作している

という感じになります。

 

体に電気なんて通して大丈夫なの?!

と心配になりますが、

ここで使われている電気は

ごく少量なので、人体に影響はありません。

 

心電図や筋電図も、電気を通して行いますが

問題ないですよね。

 

この電気を伝える時に必要なのが

少量の水分なんです。

 

指先に水分が少なくなると

電気が伝わりにくくなるため

タッチパネルが操作しにくくなるんです。




スポンサーリンク





スマホのタッチパネルが指の乾燥で操作できない時の対処法は?!

どうして指が乾燥していると

操作できないのかわかりましたね!

 

ようは、指が乾燥していなければいいということ。

保湿をしてあげればいいということです!

それ以外にも、沢山の対処法があるので

みていきましょう!

 

指が乾燥して操作できない?まずは湿らしてみよう!

一番簡単でお手軽な方法です。

乾燥した指を水やウェットティッシュで濡らしたり

指先に息を吹きかけてみてください。

 

そうすることで一時的に

指に水分が与えられタッチパネルが

反応するようになります。

 

あまり濡らしすぎてしまうと

反応しなくなってしまうので

適度に濡らしましょう!

 

一時的ですが、これでその場は

乗り切ることができますよ。

 

ハンドクリームを塗って、手の乾燥を防ごう!

次におすすめなのは

ハンドクリームを普段から塗っておくことです。

手の乾燥を防ぐことで

スマホの画面がタッチできるようになります。

 

ハンドクリームを使うと、画面がベタベタして汚いから

使いたくない!

 

という方もいると思います。

筆者もその一人です!

そんな時は

スマホ用ハンドクリームを使うといいですよ。

 

 

さらっとしたハンドクリームで

画面を汚さずに使うことができますよ。

 

本格的な手の保湿には向いていませんが

定期的に塗るようにしていれば

手も保湿されますよ。

 

ただ、塗りすぎには注意しましょう。

そんな時はティッシュなどで

ふき取るようにすれば大丈夫です。

 

指で直接触れずに操作できる?手袋や指サックを使おう!

最近は、手袋をはめたまま

スマホを操作できる商品も出ていますね。

 

普通の手袋だと電気を通さないので

使うことができませんが

スマホ対応の手袋は、指先が

電気を通すような繊維を使われています。

 

寒い時期は消え対策と一緒に

乾燥対策やスマホ対策として使えますね。

 

 

この商品以外にもたくさんの

種類がありますよ。

 

もし、気にいった手袋がなかったり

あまり手袋はしたくないという方は

スマホ対応の指サックというものも

あるようです。

 

 

指先で操作したいけど

手袋ははめたくない

もしくは気に入った手袋はなかった

という場合は、こんな商品も

いいかもしれませんね!

 

指を使って操作しなくても大丈夫!スマホ用タッチペンを使おう!

そもそも、画面を触って汚れるのがイヤ!

なんて方は、スマホ用のタッチペンを使うと

いいかもしれません。

 

指で触れない分、画面を清潔に

保つことがで来ますよ!

使い慣れるまで時間はかかるかもしれませんが

慣れてしまえば、細かい操作もできて

便利ですよ。

 

 

こちらもたくさんの商品がありますから

気に入ったデザインのものを選んでみてください!

 

そもそも画面が汚れてない?スマホの画面は清潔に保とう!

指で触れても

ハンドクリームや手袋を使っても

画面が反応しない!

 

という場合は、画面が汚れているかもしれません。

 

スマホ画面は思っている以上に汚れやすいんです。

定期的に柔らかい布やスマホクリーナーでふいてあげましょう。

 

画面が汚れていると

汚れに画面が反応していしまったり

センサーが反応しなかったります。

 

後は、汚れにくくなる画面シートを

貼るのもいいかもしれません。

関連記事:電球のワット数がわからない!調べ方を詳しく解説!

 

指が乾燥してないのに、タッチパネルが操作できない?!アプリで負荷がかかってるかも!

指は乾燥していないし

画面もきれいにしたけど

タッチパネルが反応しない・・・

なんで?!

 

原因は、なんでしょうか。

もしかしたら、沢山開いたアプリがそのままに

なっているからかもしれません。

 

普通なら、開いたままのアプリも

一定時間使わなければ、待機状態になるので

メモリやCPUに負荷がかからないようになっています。

 

ですが、バックグラウンドでも動き続けるアプリを

複数起動したままにしていると

負荷が大きくなってしまい

スマホのセンサーが反応しなくなってしまう

なんてことになります。

 

なんとかタッチ操作ができる状態ならば

アプリをいったんすべて終了しましょう。

 

もし、タッチしても反応がない場合は

スマホを強制終了させてみましょう!



スポンサーリンク



関連記事:宝くじが当たる買い方のコツ!高額当選者の買い方は?

指の乾燥をもとから改善してスマホを操作しよう!方法は?

毎回ハンドクリームや手袋を使うのもいいですが

やっぱりそのまま使えるのが一番楽ですよね。

 

普段の何気ない行動を改善するだけで

手の乾燥を改善していくことができるんです。

 

手が乾燥しているのは、

水分を保存しておく力が弱くなっているから。

 

その働きを取り戻すには

毎日のちょっとした行動を変えるだけでいいんです。

まずは、手を乾燥させないために避けることは

 

熱いお湯を使う

過度な手の消毒をする

夜更かしをする

体を動かさない

お菓子を沢山食べる

手袋をしないで洗剤を使う

 

寒い冬に熱いお湯を使わないのは難しいですが

体を動かす、お菓子を控えるなどは、心掛ければ

改善できそうですね。

 

夜更かしは、肌の乾燥もそうですが

健康のためにも避けたほうがいいですね。

 

食器を洗う時などは

ゴム手袋をして洗うだけで

だいぶ手を乾燥から守ってくれますよ!

 

筆者も、ゴム手袋を使っていますが

今は100均にもかわいいデザインのものが

沢山あります。

 

気分も上がって、手も乾燥から守ってくれますよ。

 

逆に、毎日するといいことはこちら!

 

手のマッサージ

こまめにハンドクリームを塗る

体を温める

 

体を温めることで手が乾燥しにくくなりますよ。

これは運動することにも繋がりますね。

 

お風呂に入った後や、ご飯を作った後など

湿った後はすぐ拭いて保湿ローションや

ハンドクリームをずる用にしましょう。

 

これを毎日続けることで

だんだんと水分を蓄える力が戻ってきます。

 

いきなり全部するのは難しいですから、

一つずつできることから

トライしてみましょう!



スポンサーリンク



関連記事:腹持ちのいい食べ物!朝・昼のおすすめはコレ!

最後に

スマホが操作できないと

イライラしてしまいますが

いろんな方法で、改善できることが

わかりました!

 

皆さんのお好きな方法でトライして

快適なスマホライフを

お過ごしください!



スポンサーリンク

サブコンテンツ