保育園は学級閉鎖にならない?基準は?幼稚園とは違う?

学校内でインフルエンザなどの感染症が流行ると、学級閉鎖が起こりますよね。

 

幼稚園や小学校で「今日は学級閉鎖です」というのはよく聞きますが、

保育園はどうなのでしょうか。

 

イメージ的に、親が仕事へ行くために預けている保育園は

学級閉鎖にならないような感じですよね。

 

そこでここでは、保育園は学級閉鎖にならないのか、

またもし学級閉鎖になる場合はどういった基準で学級閉鎖になるのか、

幼稚園とはどう違うかなどについて説明します。




スポンサーリンク





保育園は学級閉鎖にならない?基準は?

 

0~5才までの小さい子を預けている保育園で

「今日は学級閉鎖なのでお子さんは休ませてください」なんて言われると、

働いている親は本当に困りますよね。

 

これ以上感染症を広げない為の安全対策の一つなので仕方ないと言えば仕方ないのですが、

自分の子供は病気になっておらず元気なら、預け先を探して走り回らなくてはいけません。

ですから急にみんなまとめて休みにされるのはどこか納得がいかないものです。

 

では、保育園では学級閉鎖はあるのでしょうか。

 

子供たちがたくさん集まる「学校」的な施設には、子供たちを病気などから守る

「学校保健安全法」という法律があります。

 

その法律の第二十条には以下のように書いてあります。

「学校の設置者は、感染症の予防上必要があるときは、

臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる」

 

この法律の「休業」というのが学級閉鎖の事ですね。

つまり、感染の予防の為には学級閉鎖ができる権利が学校にあります。

 

ただ、この法律でいう「学校」とは、

学校教育法の第一条で以下のように決められています。

 

「この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、

中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする」

 

よく見ると、「保育所」や「保育園」といった言葉はありません。

ですから、この法律に保育園は当てはまりません。

 

つまり、法律で「学級閉鎖せよ」とは決められていない訳です。

なので保育園には「基本的に学級閉鎖のようなものはない」と思っていて大丈夫です。

 

ただ、

「じゃあ保育園は何があっても学級閉鎖には絶対ならないのね!」と

安心するのは早いです。

 

インフルエンザなどの感染症は、

保育園だろうと幼稚園だろうと大学だろうと流行する時は流行します。

 

インフルエンザといえば、

小さい子がかかると死に至る事もある身近ですが恐ろしい病気です。

 

そこで平成21年に厚生労働省から新型インフルエンザに対する措置として、

「学校・保育施設等の臨時休業の要請等に関する基本的考え方について」という通達が

全国に出されました。

 

そこには以下のような文面があります。

 

「臨時休業には、

地域での流行早期に公衆衛生対策として行われる「積極的臨時休業」と、

地域で流行が拡大した後に、

多数の生徒や教師が休んだ時に行われる「消極的臨時休業」がある。

 

「積極的臨時休業」は、

地域で最初の感染が確認された時など少数の発症者しかいない時点で

積極的な臨時休業を行うことで、

地域への感染拡大を抑える効果があると考えられている。

臨時休業については、上記2種類があることを踏まえ、

流行の段階を少なくとも、流行の開始の前後で二段階に分けて、

都道府県等、及び学校・保育施設等の設置者等において検討されることが望まれる」

 

これを簡単に解説すると、まず

・積極的臨時休業→感染症が広がる前に、学級閉鎖を行い感染者を減らすこと。

・消極的臨時休業→感染症が広がり生徒や教員の欠席者が多数になり学級が運営できず、

やむを得ず学級閉鎖を行うこと。

 

という事になります。

そして学校や保育園などはこの2つをうまく使い分けて

学級閉鎖をするかどうか判断してくださいね、という事です。

 

この法律の肝は、学校教育法では含まれていなかった「保育園」が

「学級閉鎖をする権利がある施設」としてリスト入りしている事です。

この事から、保育園でも学級閉鎖をする可能性はあります。

 

また、「欠席者が多いから結果的に学級閉鎖する」ではなく、

「これから感染者が増えるだろうから予防的に学級閉鎖する」という事も

あり得るという事です。

 

ただ、そうは言っても実際の所は、保育園で学級閉鎖が起こる事は少ないようです。

 

学級閉鎖と言えば冬に流行するインフルエンザが原因である事が多いですが、

厚生労働省のサイトには一週間ごとのインフルエンザの流行状況などをまとめた

「インフルエンザに関する報道発表資料」というページがあります。

 

そこで「インフルエンザによって学級閉鎖した全国の施設」を

インフルエンザが流行る12月の統計で見てみると以下のようになっています。

 

・平成29年11月27日~12月3日まで。

保育園→2

幼稚園→36

小学校→270

 

・平成29年12月4日~12月10日まで。

保育園→1

幼稚園→35

小学校→515

 

・平成29年12月11日~12月17日まで。

保育園→5

幼稚園→78

小学校→926

 

・平成29年12月18日~12月24日まで。

保育園→10

幼稚園→90

小学校→1166

 

・平成29年12月25日~12月31日まで。

保育園→14

幼稚園→4

小学校→51

 

最後の週は年末と言う事で保育園も学級閉鎖になっている所が多いです。

 

ですが基本的には、幼稚園や小学校と比べるといかに保育園の学級閉鎖が少ないかが

よく分かると思います。

 

保育園にも学級閉鎖ができる権利があるとはいえ、

「クラスで〇人欠席者が出たら学級閉鎖」などの明確な規則がある訳ではありません。

 

ですから、保育園も親の負担を考えてできるだけ

学級閉鎖をしないように努力しているようです。

 

保育園も学級閉鎖はありますが、幼稚園や小学校の頻度で比較すると

実際には学級閉鎖はそうそうならないと考えていて大丈夫でしょう。

 

子供も喜ぶかわいいガーゼマスク♪

 

病気の感染予防といえばやはりマスクです。

 

ですが、普通に売られている使い捨てのマスクだと子供は嫌がる事も多いですし、

毎日使うとなると意外にお金がかかりますよね。

 

そこで便利なのが、こちらの子供用ガーゼマスクです。

 

まずこちらのマスクは洗って何度も使えるので、使い捨てよりも断然経済的です。

さらにかわいい柄がたくさんあるので、

見た目を重視しやすい子供にも気に入られやすいようになっています。

 

保育園が学級閉鎖しないからといって、インフルエンザなど感染症の菌を持った子供が

全くいないとは言い切れません。

そんな時はマスクをさせて、自己防衛させるのを学ばせる良い機会になると思います。

 

飛沫感染が心配な時は、洗って何度も再利用できるこちらのマスクを

使ってみてくださいね。




スポンサーリンク





幼稚園は学級閉鎖になる?基準は?

では次に、幼稚園は学級閉鎖になるのかどうか見てみましょう。

 

保育園の項目でも説明しましたが、幼稚園は

学校教育法・学校保健安全法が適用されるので学級閉鎖はあります。

 

また、その頻度は保育園よりもかなり多いです。

その理由としては、幼稚園と保育園の存在意義の違いにあります。

 

保育園の意義としては厚生労働種が通達した保育所保育指針で

「保育に欠ける子どもの保育を行い、

その健全な心身の発達を図ることを目的とする児童福祉施設」とあります。

 

つまり、「仕事や親が病弱などで親が保育できないので子供を預かってもらう場所」と

いう事です。

 

一方幼稚園の存在意義としては、学校教育法第二十二条で

「義務教育及びその後の教育の基礎を培うもの」としています。

 

つまり、「子供たちが学ぶ場所」という事です。

 

保育園では親が子供を見れないので、簡単に学級閉鎖をしてしまうと

その分親は仕事を休んだりと大変です。

 

ですが幼稚園では幼稚園に行かなくても子どもを見る余裕が親にあるので、

仮に幼稚園が学級閉鎖をしても、家に養育してくれる人がいます。

ですから幼稚園は保育園と比べると、学級閉鎖はしやすい環境と言えます。

 

ただ、幼稚園も「〇〇したら学級閉鎖」という細かい規則が

国から通達されている訳ではなく、その施設によって独自の基準がある事もあるので

インフルエンザなどの感染症が流行り出したら

「ここの幼稚園はどうなったら学級閉鎖になりますか?」

「いつも何月くらいに学級閉鎖がありますか?」と事前に先生に聞いてみておくと

いいですね。



スポンサーリンク



保育園が学級閉鎖!預け先はどうする?①民間の子供預かり所

保育園は例えインフルエンザが流行しても学級閉鎖になりにくい施設です。

ですが、可能性は0ではありません。

 

例えば子供ではなく先生がインフルエンザになってしまえば、

子供への感染を考えると保育園を学級閉鎖せざるを得なくなります。

 

では、保育園が学級閉鎖になった時、かつ子供は病気になっておらず元気な場合

預け先はどうしたらいいのでしょうか?

 

ここでは保育園が学級閉鎖になった時の預け先をいくつか紹介します。

 

子供が元気な場合、民間の子供預かり所に預けるのがおすすめです。

一日当たりの子供預かり料は保育園と比べるとかなり割高ですが、

2~3日ならそこまで高額にもなりません。

 

保育園が便利過ぎて民間の子供預かり所は全く利用してない、という人も

いると思いますが、保育園もいつ急に学級閉鎖になるか分かりません。

 

また、「学級閉鎖になります」と聞かされて前日や当日、慌てて探して見つけた施設が

実は以前から評判の悪いところで、それが分からずにそこへ預けてしまい

子供が嫌な思いをしてしまった、という事もあります。

 

ですから普段は使わなくてももしもの時の為に、自分の近くにある安心して預けられる

民間の子供預かり所はしっかりチェックしておきましょう。

保育園が学級閉鎖!預け先はどうする?②ベビーシッター

ご飯の量やお昼寝は何時間、など細かく子供を見て欲しい場合は、

ベビーシッターがおすすめです。

一人の人が集中的に子供を見てくれるので、より安心して子供を預ける事ができますよ。

 

また利用するベビーシッターによってはインフルエンザなどの感染症からただの風邪など

病児でも引き受けてくれる所もあります。

 

細かい気配りをしてくれますので、ぜひこちらも利用してみてください。

関連記事:雨の日に髪の毛が広がらない方法!スタイリング剤のおすすめもご紹介!

保育園が学級閉鎖!預け先はどうする?③ファミリーサポート

ファミリーサポートはベビーシッターよりも安価で

子どもを預かってくれるシッター制度です。

ただその分、会員登録や預かってくれるシッターと顔を合わせておくなど

事前の準備が必要になります。

 

今すぐには利用しなくても、必要な時に当日電話しても

「あの子ね、なら大丈夫!」とすぐ引き受けてもらえるように、前もって

接点を持っておくのをおすすめします。

関連記事:マスクにファンデーションがつかない方法!おすすめのファンデやマスクをご紹介!

保育園が学級閉鎖!預け先NGの場所は?

保育園が学級閉鎖をしても、預け先はたくさんあります。

 

ただその中で、「学級閉鎖中はやめておいた方がいい」という預け先がありますので、

それをひとつ紹介しますね。

 

それは「ママ友に預ける」です。

 

仲の良いママ友ができると、

休日に子供と一緒にママ友と出かけたり遊んだりする事があると思います。

 

また、家が近いとちょっと急用ができた時に子供を1時間だけ預かってもらうなど

相互協力をする事もあると思います。

 

普通の時であればそれでもいいのですが、学級閉鎖の時は別です。

 

保育園が学級閉鎖になったとします。

ですが自分の子供も、預ける予定のママ友の子供も元気だとします。

 

だったら学級閉鎖中、お互いの都合に合わせて子供を預け合う、という事を

したくなると思います。

 

ですが、それはあまりよくありません。

 

なぜなら感染症には潜伏期間というものがあり、元気そうに見えても

実は体内に感染症の菌を保持している事もあります。

また、菌を保持していても最終的に病気を発症するかどうかは、

その子供の免疫力の強さ次第になります。

 

菌を保持していても病気が発症しない子もいれば、

そのまま菌に負けて重症化してしまう子もいます。

 

そういった状態の中、ママ共に子供を預けたその後に

どちらか片方の子供だけが感染症にかかったとなると、

「どちらかが病気を移した?」という話になる事もあります。

 

またその後結局もう片方の子も病気になってしまうと、今度は間違いなく

「あの子から病気を移された」となります。

 

子供が感染症になってしまうと病院に連れて行く必要があります。

ですが、小児科というのはとても骨の折れる場所です。

 

2時間、3時間は当たり前の長い待ち時間の中、

病気の子でいっぱいの待合室で子供を宥めながら延々待機しなければいけません。

 

そう考えると絶対にそれが原因とは言えなくても

「あの時あの子を預からなければ…」という黒い考えが沸き起こってしまいます。

 

よけいなトラブルを作らない為にも、例えお互いの子供が元気でも、

学級閉鎖時にママ友同士で子どもを預け合うのはやめた方がいいでしょう。

 

寝相の悪い子供の寝冷え対策♪

 

子供って寝相が悪いですよね。

 

寝ている間に毛布や布団をけたぐるだけならまだしも、

服をめくってお腹丸出しで寝ている事もしょっちゅうあります。

 

でも親だって眠らなければいけませんから、子供がけとばす度に

いちいち起きて毛布や布団をかけ直す訳にもいきません。

 

そこでおすすめなのが、こちらのキッズ用着る毛布です。

 

こちらは肩から足元まですっぽりと毛布生地の服で覆ってしまうので、

どんなに寝相が悪くてもはだけてしまう事はありません。

寒い冬でも寝冷えする事がないので、

寝ている間に体が冷えて風邪を引いてしまったという事もありません。

 

また、大人用もあるので子供と一緒に着れば子供も喜びますよ。

子供の寝冷えが心配という方はぜひこちらを使ってみてくださいね。



スポンサーリンク



関連記事:玄米子供は何歳から?成長や身長に影響する?消化やアレルギーは大丈夫?

最後に

保育園は幼稚園と比べるとあまり学級閉鎖にはならないです。

 

ただ、そうは言っても可能性は0ではないので、万が一突然学級閉鎖になっても

慌てないように第二、第三の子供預け先を準備しておきましょう。

 

幼稚園は学級閉鎖について法律でしっかり明記してありますが、

詳しい基準は各施設にゆだねられています。

 

具体的にどうなったら学級閉鎖になるのか、

事前にその幼稚園の先生に聞いておくといいですね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ