桜の豆知識・雑学!お花見がもっと楽しくなるうんちく!

春になると楽しみなのが、桜。

日本の春の代名詞とも

言えるかもしれませんよね。

 

あの優しいピンクの桜は

日本人ならみんなが大好き!

毎年、お花見を楽しみにされている方も

多くいらっしゃいます。

 

そんなお花見をもっと盛り上げて

楽しくする為に、今回は

桜の豆知識や雑学を調べてみました。

 

桜の素敵な豆知識や楽しいうんちくを

お花見で披露してみませんか?

きっと、お仲間から尊敬の

熱いまなざしが注がれるはず。

 

桜の楽しい豆知識や雑学とは?

一緒に見ていきましょう!




スポンサーリンク





お花見が楽しくなるうんちく!桜の歴史の豆知識や雑学

桜の豆知識や雑学を調べてみたところ

これがビックリ!

驚くほどたくさんあるのです。

しかも「へ~!」「ほ~!」と

驚くものばかり。

 

お花見などで話したら

きっと盛り上がること間違いなしの

たくさんのうんちくに出会えました。

 

そんな楽しい雑学やうんちくを

桜の歴史、桜の生態、桜のお花見の

3つのジャンルにわけて

紹介していきたいと思います。

 

まずは桜の歴史に関する豆知識や雑学

うんちくを見ていきましょう!

 

桜の歴史の豆知識や雑学!桜の名前の語源

桜の花も可愛いですが

この「桜(さくら)」という名前も

可愛いと思いませんか?

 

実はこの「桜(さくら)」は

近年、女の子の名前のランキングでは

上位に上がる人気な名前になっているそうです。

 

・・こんな話も、桜の豆知識のひとつですが

この桜という名前はどこから来たのか

その語源って、ご存知ですか?

これには諸説あるようですが、中でも

 

1、桜は「咲く」という動詞と複数を意味する

「ら」という接尾語が合わさった

 

2、古事記や日本書紀にも登場している姫の名前

「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」の「さくや」からとった

 

などが、よく言われている

桜の語源になるそうです。

 

ちなみに、木花開耶姫とは

桜の霊とも言われていて

富士の上空から桜をまいたという

逸話があるそうですよ。

 

桜の歴史の豆知識や雑学!昔は桜よりも梅だった

今はお花見といえば「桜」

また、春の花といえば「桜」ですよね?

ところが、奈良時代はお花見といえば

桜よりも「梅」とされていたそうです。

 

そもそも、梅は中国から伝わったのですが

香りの高いその梅はとても人気が高く

最古の和歌集である「万葉集」では

桜をよんだ和歌が43首だったのに対し

梅をよんだ和歌は110首もあるのだとか。

 

その後、平安時代になると

894年の遣唐使の廃止と共に

中国の文化の影響が少なくなり

日本ならではの文化が発展し日本の国花である

桜の人気が高まっていったそうです。

 

平安時代に作られた「古今和歌集」では

梅をよんだ和歌が18首、

桜をよんだ和歌が70首と、その数の割合が

逆転しているそうですよ。

 

そんな桜と梅の歴史を感じながら

家で桜と梅を育ててみませんか?

 

 

桜と梅の盆栽セットです。

桜と梅の寄せ植えタイプもありますよ!

同じ鉢に桜と梅・・とても素敵ですよね!

 

桜の大樹がそのまま

手に平サイズになったこの盆栽は

枝振りのバランスも抜群で

満開時には圧巻の桜を咲かせてくれます。

 

また、梅の方ももちろん圧巻!

樹齢5年の1級品の玉牡丹の盆栽で

威風堂々としたその樹からは

約80輪の梅が甘い香りと

可愛い姿を楽しませてくれます。

 

丁寧なアフターフォローも付いているので

盆栽初心者の方も安心です。

 

可愛い梅と桜をもっと身近に!

歴史に思いを馳せながら

じっくり堪能しちゃいましょう。

 

桜の歴史の豆知識や雑学!昔、桜は縁起が悪いと言われていた

「え!あの桜が、縁起が悪い?」

これもビックリ仰天な豆知識。

恐らく「ウソだー!」などと

お花見が一気に盛り上がること間違いなしの

雑学ですよね!

 

昔とは、江戸時代頃までのことで

江戸時代は「桜は縁起が悪いもの」とされていて

桜の咲く時期に結婚はしないなどの

習慣もあったそうです。

 

その確実とされる理由は

不明なものの

 

桜は「散る」印象がある

桜は墓地や戦場の跡地に見られることが多い為

人骨を吸って育つとか、桜の下には死体があるなどの怪談話が多かった

 

・・からなのではないか?

と、言われているそう。

 

また、桜の木を庭に植えると

 

他の木の養分も吸ってしまい他の木が育たなくなる

大きく成長する為、家が日陰になる

木の根も大きく伸びる為、家の基盤が崩れる

 

などから「家に桜の木を

植えるのは縁起が悪い」とも

言われていたそうですよ。




スポンサーリンク





お花見が楽しくなるうんちく!桜の生態の豆知識や雑学

桜の歴史・・とても興味深かったですよね!

 

今でこそ「縁起がいい花」として

広く愛されている桜ですが

縁起が悪いと言われていた時代も

あったようです。

 

梅より桜だったというのも

梅には申し訳ないのですが驚きでした。

 

続いては、桜の生態のうんちく!

桜自体が持つうんちくです。

知ればきっと驚きの豆知識や雑学を

紹介したいと思います。

 

桜の生態の豆知識や雑学!桜の代表「ソメイヨシノ」はクローン

ソメイヨシノがクローン?

どいうことでしょうか!

 

お花見の桜といえばソメイヨシノですが

実はソメイヨシノは、種から作るのが難しく

元となるソメイヨシノの木から

クローンのようなかたちで増やしているそうです。

 

「ソメイヨシノの桜の木から種を取り

種を植えて芽が出て・・」ではなく

ソメイヨシノの枝を切って接ぎ木や挿し木などをして

人の手によって増やしているのだとか。

 

同じ遺伝子を持つ桜の木を

次々とコピーしているような状態になる為

「ソメイヨシノはクローン」と

言われているそうです。

 

また、そもそもソメイヨシノは

エドヒガンザクラとオオシマザクラを

園芸用に掛け合わせた雑種になるそう。

 

桜といえばソメイヨシノですが

ソメイヨシノは野性の植物ではないそうです。

 

この雑学もお花見をしながら披露したら

盛り上がりそうな気がしませんか?

「ソメイヨシノ?クローン?どういうこと?」と

食いついてくれそうですよね!

 

お花見でソメイヨシノを眺めながら

「実はこの桜はクローンで、

純粋な野生の植物ではなくて・・」などと話して

お仲間の驚きを買ってみてくださいね!

 

桜の生態の豆知識や雑学!桜の花言葉

花のうんちくと言ったら

やはり花言葉はおさえておきたいところ!

ベタですが女性はけっこう

花言葉が好きなものです。

 

桜の花言葉は

 

優れた美人

純潔

淡泊

精神美

 

に、なるそうです。

 

純潔や優れた美人とは

何ともあの可憐な桜そのものの

花言葉ですよね、とても素敵です。

 

花言葉や占いは女性が

興味を抱く分野のうんちく!

女性が多いお花見の場合は

ぜひ披露してみてくださいね。

 

桜の生態の豆知識や雑学!桜はバラの仲間

そうなのです!

実は桜はあのバラの仲間になるそうです。

これも驚きですよね?

 

バラも人気の高い花ですが

そのバラと桜が仲間だとは

ビックリなうんちくです!

 

正確には、桜は「バラ科スモモ属サクラ亜種」と

呼ばれる品種になるそうです。

 

バラとスモモと桜、どれも可愛いお花!

桜の愛らしさをますます

感じてしまいますよね。

 

桜の生態の豆知識や雑学!桜には毒がある

こちらも驚きのうんちく!

桜といっても桜の葉っぱになるのですが

あの可愛らしい桜の葉っぱには

クマリンと呼ばれる毒があるそうです。

 

とはいえ、この毒には意味があり

雨などで落ちた葉が周辺に毒をまいて

雑草などが生えてくることを防ぐ

働きをしているそう。

 

その為、桜の木の周りには雑草や

他の植物が生えていないことが多いそうです。

 

桜の葉に毒となると

気になってくるのが桜餅!

 

桜餅は桜の葉ごと

食べることが多いですよね?

毒のクマリンを含む葉っぱを

食べてしまって大丈夫なの?

 

大いに気になるところですが

桜餅の葉っぱに含まれている毒は

毒といってもごくごく少量になるそう。

 

その為、通常食べる個数の範囲であれば

問題はないと言われているそうです。

 

大量に桜餅を食べた場合であっても

毒のクマリンの悪影響よりも

糖尿病や高血糖などの病気への

心配の方が大きいそうですよ。

 

桜の生態の豆知識や雑学!桜には神経を興奮させる作用がある

これもまた驚きのうんちく!

桜に興奮作用?イメージ的には

ちょっと結びつかない気もしますよね?

 

どちらかというと、桜には

リラックスの作用が

あるような気がします。

 

ところが、桜の花粉には

エフェドリンという物質が含まれていて

このエフェドリンは人の脳に直接作用して

交感神経を刺激し興奮状態に

してしまうそうです。

 

また、エンドルフィンという物質も

含まれていて、このエンドルフィンも

興奮させる作用があるのだとか。

 

エンドルフィンは私達の脳に

そもそも備わっている物質なのですが

瞑想や運動などをすることで

幸福感をもたらしてくれるそう。

 

この幸福感により、桜の木の下で行う

お花見は、皆ハイテンション!

盛り上がることが多いと

言われているようですよ。

 

なので、お花見はもちろんですが

「愛の告白」も桜の木の下で行うと

成功率が高い・・?

とも、言われているそうですよ。

 

盛り上がっているお花見の最中に

「お花見って、なんでこんなに

盛り上がるのかわかるー?」

などとクイズ形式でこのうんちくを

披露しても楽しいかもしれませんよね。

 

桜の生態の豆知識や雑学!川沿いに桜が多いのは地盤を固める為

桜と、川や湖など「水面」のコンビって

最高に美しい光景ですよね!

 

水面のブルーと桜のピンクがとても綺麗で

私は大好きな光景のひとつなのですが

その好みに答えてくれるかのように

 

川沿いにズラーっと桜の木が

植えられていることが、実に多い!

 

これは、水面と桜の光景が美しいから

・・ではなく、川沿いの地盤を固めるために

桜を植えているそうです。

 

へ~!これも驚きのうんちくです。

 

まず、川沿いに桜を植えることで

桜の木の根によって地盤が強化されるそう。

 

その上、桜が植えられていることで

多くの見物客が訪れる為、地面を踏みますよね?

それにより、さらに地盤が強化されるそうです。

 

その上、水面と桜のコラボレーションが

楽しめるわけですから、一石二鳥!

 

川沿いでお花見をされた場合などは

皆が興味を持つ楽しいうんちくになりそうですよね。

 

桜の生態の豆知識や雑学!日本産の桜は10種類程しかない

桜といえば、日本の国花ですから

さぞ、日本生まれのたくさんの桜が

あるのだろう・・と、思うところですが

実は、それは間違った思い込み!

 

実際は日本産の桜は

10種類程しかないそうです。

 

これも、皆さんが驚くうんちくに

なりそうな気がしますよね!

 

桜の名前としては実に1000種類程もの桜が

存在するのですが、植物の生態による分類としては

その種類は100種類程になり、その中で

日本産の桜はというと10種類程しかないそうです。

具体的には

 

オオシマサクラ

ヤマザクラ

カスミザクラ

マメザクラ

タカネザクラ

 

オオヤマザクラ

チョウジザクラ

エドヒガシ

ミヤマザクラ

カンヒサグラ

 

に、なるそう。

 

ただ、2016年に発見されたクマザクラと

呼ばれる種類が、今後この仲間に入る可能性も

あるそうです。

 

また、日本産の桜ではないものの

桜というとピンク色のイメージがありますが

実は、桜の中には薄黄緑色の桜もあるそうで

その桜の名前は

 

ウコンザクラ

ギョイコウザクラ

 

と、呼ばれているそうですよ。

 

「来年は薄黄緑色の桜の下で

お花見しよう!」などと

約束してもまた、楽しいかもしれませんよね。



スポンサーリンク



お花見がもっと楽しくなるうんちく!桜のお花見の豆知識や雑学

桜の歴史や生態の豆知識と

雑学を見てきました。

 

「ほ~」「へ~」思わず唸ってしまう

うんちくばかりでしたよね?

私も調べながら「え?そうなの?」などと

1人でブツブツ・・早く誰かに披露したい気持ちです!

 

さて、続いて見ていくのは

「桜といえば?」のお花見!

お花見に関する豆知識や雑学を

紹介していきたいと思います。

 

きっとお花見がもっと

楽しくなるはずですよ!

 

どんな桜のうんちくなのか!

じっくり見ていきましょう。

 

桜のお花見の豆知識や雑学!お花見の歴史

お花見のはじまり、ご存知ですか?

実はお花見の歴史は古く

平安時代には貴族達が宮廷や庭園で

お花見を行っていたそうです。

 

その後、室町時代になると

武士達の間にもお花見は広まり

武士のお花見は宮廷などではなく

野外で行われるスタイルだったそうです。

 

特に、盛大なお花見と言われているのが

豊臣秀吉によって行われた「吉野の花見」と

「醍醐の花見」と呼ばれるお花見で

 

・吉野の花見:1594年に大阪から千本の桜を運び

五千人が召集されたお花見

 

・醍醐の花見:1598年に京都の醍醐寺裏の山麓で行われ

千人以上を招集したお花見

 

に、なるそうです。

 

かなり大規模なお花見ですよね?

参加した武士たちはコスプレなども

行ったと言われているようですよ。

 

その後、江戸時代に入り

徳川吉宗が行った政策がきっかけで

一般庶民の間にもお花見が

広がっていったそうです。

 

桜のお花見の豆知識や雑学!お花見団子の色の意味

お花見の時によく見かける

その名も「お花見団子」。

ピンクと白と緑の色味が可愛くて

今流で言うところの「SNS映え」も

狙える可愛いお団子です。

 

このお花見団子がなぜ

ピンクと白と緑色の3色なのか!

このうんちくを紹介したいと思います。

 

実はこれには諸説あり、有力な説としては

次の3つになるそうです。

 

1、お花見団子の3色は春を表している

2、お花見団子の3色は神様が好きな色

3、お花見団子の3色は季節を表している

 

それぞれ見ていきましょう!

 

1、お花見団子の3色は春を表している

 

お花見団子の3色それぞれの色は

春を連想させるものを

イメージしているのだとか。

具体的には

 

ピンク=桜、白=甘酒、緑=ヨモギ

 

に、なるそうですよ。

 

2、お花見団子の3色は神様が好きな色

 

古くから、桜の木には神様が宿ると

言われていて、神様に喜んでもらえるように

神様の好きな色であるピンクと白と緑を

お花見団子にしたと、言われているそうです。

 

3、お花見団子の3色は季節を表している

 

お花見団子の3色は季節のイメージを表しているそう。

ん?季節って、4つあるはずなのに

3色とはちょっとおかしいですよね!

実際のところ

 

ピンク=春、緑=夏、白=冬

 

になり、やはり3つで、秋がない!

 

実はこれには意味があり

「秋がない=飽きがこない」という

意味合いが込められているそうです。

 

さて!そんなお花見団子の

話しをしていたら、

お花見団子が食べたくなりませんか?

美味しい三食のお花見団子

見つけちゃいました!

 

 

その名も「幸ふくだんご」です!

ハッピーになれそうなネーミングですよね。

 

緑のよもぎのお団子は粒あんで

ピンクと白のお団子はこしあんです。

 

個包装されて冷凍で送られてくるのですが

常温の自然解凍で食べることがおすすめなので

お花見に持って行ってもいいですよね!

 

冷凍のままお花見に持って行けば

デザートタイムには

ちょうど食べ頃になっているかも!

 

12センチと小ぶりで鉄砲串なので

とても食べやすいお団子です。

 

あんこがぎっしり詰まった

もちもち美味しいお花見団子を食べながら

このお花見団子のうんちくを

ぜひ披露してくださいね。

関連記事:上野公園の花見の屋台!営業時間や期間はいつまで?

 

桜のお花見の豆知識や雑学!桜前線は気象用語ではない?

お花見をするにあたって

ニュースや天気予報などで伝えられる

「桜前線」をマメにチェックしたりしますよね?

 

「いつ頃、お花見をしようか」

「お花見の予定のあの日、桜の様子は?」

 

などを、調べるのにとても便利な情報です。

 

そもそも、この桜前線とは

桜の同じ開花日の土地同士を

地図上で結んだ線のこと。

 

主にソメイヨシノを対象としていて

天気図の前線のように見えることから

「桜前線」と呼ばれるようになったのですが

この桜前線は正式な気象用語ではないそう。

 

実は、マスコミが造った言葉になるそうで

気象庁の言葉としては「桜の開花の等期日線」

という、言葉があるそうです。

 

あまり馴染みがないですよね?

しかも「桜の開花の等期日線」だなんて言いにくい!

 

この言いにくさが理由なのかは

定かではないものの、1967年頃から

桜前線という言葉が広く使われるように

なったそうです。

 

ちなみにこの桜前線のスピードは

日速30キロ!気候などにも左右されますが

基本的には1日30キロのスピードで

北上しているそうですよ。

関連記事:お花見の持ち物リスト!あると便利なものやデート・子供連れの場合は?

 

桜のお花見の豆知識や雑学!日本の三大桜も押さえておこう!

うんちくの定番といえば

「日本で一番○○なのは~」などの雑学!

 

まずそこで「へ~!」を頂いてから

高度なうんちくを披露すれば

皆、あなたの話しに引き込まれていくはず。

 

そんな、うんちくの定番

「日本の三大桜」を

押さえておくことにしましょう!

 

日本の三大桜は

 

福島県の三春滝(みはるたき)桜

山梨県の神代(じんだい)桜

岐阜県の淡墨(うすずみ)桜

 

に、なるそうです。

 

また、日本の「三大桜の名所」は

 

青森県の弘前公園

長野県の高遠城址公園

奈良県の吉野山

 

に、なるそうで

いずれも「行ってみたい全国の桜の名所(都内を除く)」などの

桜の人気スポットランキングのトップ5にも

ランクインしているようですよ。

 

ちなみに、桜の人気スポットランキングで

第1位を占めることが多いのは

大阪の造幣局の桜になるそう。

 

こういううんちくは、お花見の席で

「そこ、行ってみたい~!」

「行ったことある~!」などと

盛り上がりそうな気がしますよね?

 

楽しい桜のうんちくのつかみに!

ぜひ、披露してくださいね。



スポンサーリンク



関連記事:レジャーシートを押さえる重りは?風で飛ばない方法を徹底解説!

最後に

桜の豆知識や雑学。

お花見がグッと盛り上がるような

うんちくを見てきました。

 

「へ~!」「ほ~!」

感心するものばかりでしたよね。

 

たくさん披露して

お仲間の皆さんを驚かせて欲しい

・・ところですが、

はりきりすぎるのも要注意!

 

お花見に疲れて

ヘトヘトになってしまうことを

「花疲れ」というのだとか。

 

これも桜やお花見のうんちくのひとつ!(笑)

 

花疲れを起こさないように

大いにお花見を盛り上げて

楽しんでくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ