雛人形は大安に飾る?友引や仏滅などの六曜を気にした方がいいの?

3月3日は女の子の節句、雛祭り。

美しく豪華な雛人形を飾るご家庭も多いですよね。

 

そこで気になるのが雛人形を出すタイミング。

大安や友引、仏滅などの六曜を

気にした方が良いのでしょうか?

 

今回は、雛人形を出すタイミングや

六曜を気にして大安に飾った方が良いのか、

仏滅は避けた方が良いかなどについて

ご紹介したいと思います。




スポンサーリンク





雛人形はいつ飾る?大安に飾るべき?

雛人形を飾る時期

まず、雛人形をいつから飾ったら良いかについて

説明したいと思います。

 

雛人形を飾る時期は早ければ早い方が良い

という訳ではありません。

早くても節分の後、立春から飾りましょう。

 

立春は、春の節分(2月3日頃)の翌日です。

節分の豆まきで厄災を祓い、

春を迎える非常に縁起の良い日とされています。

立春を過ぎた2月の第1週目に

雛人形を飾るのがオススメです。

 

とはいえ、忙しいのに無理をして

その週に急いで飾る必要はありません。

その場合も、あまり遅すぎるのも良くないので、

雛祭りの1週間前には飾り終えていると良いですね。

 

しかし、地域によっては

お正月の3が日を過ぎたら飾るところや

1か月後の4月3日が雛祭りなので

3月に入ってから飾るところもありますので、

その場所の風習も気にしてみてください。

 

雛人形は大安に飾るべき?

雛人形は立春以降に飾りますが、

大安の日を選んで飾るべきでしょうか?

 

結論から言いますと、

何が何でも大安に飾らなければならないという

決まりはありません。

大安の日が必ず休みとも限りませんしね。

 

とはいえ、雛祭りは女の子のお祝いの日ですから、

縁起の良い日などを気にするようであれば、

大安に飾ることをオススメします。

実際、2月の最初の大安に雛人形を飾ると

良いという説もあります。

 

ちなみに大安とは、六曜の1つです。

カレンダーなどに「大安」「友引」「先勝」「先負」

「赤口」「仏滅」などと記載されているのを

1度は目にしたことがあるかと思いますが、

あれが六曜です。

 

六曜は吉兆や運勢を表しており、

大安は「大いに安し」という意味があります。

これは、何をするにも非常に運勢が良く、

最も吉とされる日です。

大安はお祝い事にはもってこいの日だと言えます。

天気が良ければ尚良いですよ。

 

六曜を簡単に調べられる便利な商品をご紹介します。

 

 

卓上の電波時計です。

日付と一緒に、六曜を表示してくれます。

 

また、電波時計には珍しく

マンスリーカレンダー機能を搭載しており、

こちらでも六曜を確認することができます。

 

例えば「大安」を表示選択すると

「大安」の日が四角で囲まれるので

一目でいつが大安かを知ることができます。

月めくり機能もあり、

先の月の六曜もすぐにチェックできるのが嬉しいですね。

 

電波時計で時間が狂う心配もなく、

シンプルな木枠のデザインが

どんなインテリアのお部屋にもマッチします。




スポンサーリンク





雛人形仏滅に飾っても良い?友引や他の六曜の日は?

仏滅に飾るのはOK?

六曜で吉とされる大安に

雛人形を飾ると良いと言いましたが、

仏滅に雛人形を飾るのはどうなのでしょうか?

 

仏滅は、「仏も滅するような大凶日」と言われており、

六曜の中で最も運勢の悪い日です。

そんなことを言われると、

おめでたい行事の雛人形をそんな日に飾っても良いものかと

少々気になってしまいますよね。

 

とはいえ、六曜は中国の思想を基盤としてもので、

雛祭りは日本古来のもの、

2つは別の国の風習なので

仏滅(大安なども)は関係ないとも言われています。

 

ですから、仏滅が気になるようなら避ける、

特に気にしないのであれば

仏滅だろうが関係なく飾る、

と、個人の考えで判断して良いでしょう。

 

友引や他の六曜の日は?

六曜は書いて字のごとく6種類ありますが、

大安、仏滅以外の日は

雛人形を飾っても良い、飾らない方が良いなどの

謂れはあるのでしょうか?

 

六曜は大安、仏滅、友引、先勝、先負、赤口の6種類。

前述の通り、どの日に飾って良いかなどは

気にしなければ気にしないで

特に問題はありません。

 

しかし、六曜を気にするのであれば

やはり大安を選ぶことをオススメします。

大安の日は1日のいつでも飾ってOKです。

 

大安の日がどうしても忙しい、という場合は

仏滅以外の日であれば、

時間帯を選べば他の日に飾っても大丈夫です。

1つずつ説明していきますね。

 

先勝

「先んずれば即ち勝つ」という意味があり、

急いで物事を行うのが良いとされています。

午前中は吉、お昼以降は安静が吉なので、

午前中に飾りましょう。

 

友引

「凶事に友を引く」という意味があり、

何事も引き分けになる日です。

午前中は吉、お昼は凶、夕方以降は大吉です。

騒音などの問題で夜に飾るのが難しければ

朝飾りましょう。

 

先負

「先んずれば即ち負ける」という意味で、

勝負事などはせずに

大人しく過ごすことが良いとされています。

午前中は安静が吉、午後は吉~大吉なので、

この日に飾るなら午後にしましょう。

 

赤口

「赤」という漢字があることから炎や血を連想し、

火の元や刃物(死に繋がるもの)に注意する必要があります。

11~13時頃のみが吉でそれ以外は凶なので、

この日に飾るならお昼ごろに手早く済ませましょう。

 

雨水の日って何?

六曜の大安以外にも、「雨水の日」と言って

雛人形を飾るのに良いとされている日があります。

この日に飾ると良縁に恵まれるという説もあり、

良いパートナーに巡り合って欲しいという願いから

雨水の日を選ぶ人は多いそうです。

 

では、この雨水の日とは何でしょうか?

雨水の日は「うすいのひ」と読みます。

 

「雨水」は、春分や立春、冬至、夏至などと同じ

二十四節気の1つで、

積もった雪や氷が解け水になり、

振っている雪が雨に変わる頃のことです。

昔は、農作業を開始する目安にもなっていました。

 

雨水の日は「水」の恵みの日ですが、

水は命の源・母であると考えられており、

日本神話の水の女神は「母神」と呼ばれ

子宝や安産の神としても信仰されています。

 

雨水=水神(子宝安産の神)と結び付き、

良縁に恵まれると言われるようになったそうです。

 

雛人形を飾る日を気にする場合、

六曜以外にも、縁起の良い雨水の日も

ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事:雛人形を玄関に飾るのはダメ?飾る場所や方角について詳しく解説!

 

仏滅以外に縁起が悪い日は?

仏滅以外に、雛人形を飾らない日があります。

それは3月2日、雛祭りの前日です。

これは、仏滅以上に避けるべき日です!

 

雛祭りというと3月3日というイメージですが、

実は、3月2日は宵節句、

3月3日が本節句、

更に翌日3月4日は送り節句と言って、

3日がかりの行事となっています。

 

つまり、3月2日には

もう雛祭りは始まっているのです。

行事が始まっているのに

雛人形がないなんておかしいですよね。

 

また、本節句である3月3日の前日に

雛人形を飾ることを「一夜飾り」と言い、

非常に縁起が悪いので

絶対にやってはダメだと言われています。

一夜飾りは「お葬式」を連想するからです。

 

雛人形は見栄えが良く美しいだけでなく、

子供を厄災から守ってくれる大切な役割もあるので、

お葬式と同じ飾り方はNGです。

 

できるだけ長く飾るのが良いですが、

無理な場合も慌てて飾ることのないよう

きちんと予定を立ててくださいね。



スポンサーリンク



関連記事:雛人形のお下がりはダメ?引き継ぐときにお祓いは必要?

雛人形を片付けるのはいつ?

雛人形を飾るのに良いとされる日、

避けた方が無難な日はありますが、

片付けるのに適した日はあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、これも特に決まりはありません。

ただ、雛祭りが終わったら

できるだけ早く片付けた方が良いです。

お彼岸に入る前、3月半ば頃までには片付けましょう。

 

とはいえ、ガラスケースに入ったものは

箱に入れてしまうだけと片付けやすいですが、

豪華な段飾りのものは出すのもしまうのも一苦労。

忙しいとなかなかすぐには片付けられないこともあります。

 

そんな時は、お内裏様とお雛様を

後ろ向きにしておくことで、

「お帰りになる」「眠っている」という意味になるので

しばらくそうしておきましょう。

 

また、片付ける日は

天気が良くて湿気が少ない日にしましょう。

天気が悪くジメジメした日に片付けると、

雛人形がカビてしまう可能性があります。

 

ちなみに、雛人形をいつまでも出しておくと

結婚が遅くなる、という話を聞いたことはありますか?

この話は、もちろん完全な迷信です。

 

が!!!

意味もなく伝わった迷信ではありません。

厄災から守る雛人形を早く片付けるのは、

災いから遠ざける意味があります。

 

また、現実的な話ですが

雛人形の手入れや片付けがしっかりできない人は

だらしがない人ということになりますよね…

きちんとしたことができないとお嫁に行けないよ!

という躾の意味も込め、

このような話が生まれたそうです。

 

いずれにしても、雛人形は雛祭りが終わったら、

きちんとお手入れをして早めに片付けるのがよいですね。



スポンサーリンク



関連記事:お内裏様のしゃくの意味は?服装や持ち物を徹底解説!

最後に

雛人形を出すのにオススメの日や

六曜との関係などをご紹介しました。

 

六曜や雨水の日などを気にするかどうかは

個人の考えによります。

しかし、せっかくの子供のお祝いの日なので

可能であれば縁起の良い日を選んで

飾ることをオススメします。

 

雛祭りは年に1度の大切な行事ですから

当日はもちろんのこと、

準備から片付けまで気を抜かずに行いましょう。

 

そして、年に1度しか顔を見せない雛人形は

できるだけ長く飾ってあげられるよう

早めに出してくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ