骨抜きの意味!恋愛だと?使い方や例文も!

「骨抜き」という慣用句は恋愛関係でよく聞きますが、

実際にはどういう意味なのでしょうか。

 

ここでは骨抜きの意味や恋愛で使われる場合の使い方、

また例文などを紹介していきます。




スポンサーリンク





骨抜きの意味は?

ではさっそく、「骨抜き」の意味を見ていきましょう。

 

骨抜き(ほねぬき)の意味は辞書では以下のようになっています。

 

物事の中心の部分が失われて空疎なものになること。

肝心の中身がないこと。

腑抜けになること。

性根や気骨が抜けてしまい軟弱になること。

 

色々意味はありますが、なんとなく「こんな感じかな?」というのは分かると思います。

 

脊椎動物である人間にとって、骨と言うのは体を支える大事な部分です。

骨がなければ体を自立させる事ができません。

「骨抜き」とはその肝心な骨がなくなった状態で、

本来はしっかりしていなければいけないものが、イカやタコのように

ぐにゃぐにゃになってしまっている状態だとイメージしておけばいいでしょう。




スポンサーリンク





骨抜きの使い方は?

では、骨抜きという言葉はどんな使い方をすればいいのでしょうか。

骨抜きというのは、「骨という大事な部分が抜かれてしまった状態」を指します。

 

大事なものがない状態ですから、骨抜きというのはどちらかというと

「あるものが以前よりかなり残念な状態になってしまった時」に使います。

 

例文を見ると分かりやすいと思うので、次は例文と一緒に見てみましょう。

骨抜きの例文は?

ではここでは、骨抜きという言葉を使った例文とその解説を紹介していきます。

 

上司がワイロをもらっているせいで、

わが社の極秘情報はダダ漏れ、コンプライアンスは骨抜きの状態です。

 

→会社の情報を守るコンプライアンスという立派な規則がありながら、ワイロを

もらっている上司がそれを行使しないので、

実質全くの意味のない規則(骨抜きの規則)になっている。

 

プロジェクトの中心人物だったAさんが急に退職してしまって、

実質このプロジェクトは骨抜きになってしまった。

 

→Aさんはこのプロジェクトの骨格とも言うべき重要人物だったのに、

その人物がいなくなったせいでプロジェクトはガタガタだ。(骨抜きのプロジェクト)

 

せっかく脱税を取り締まる新しい法律を作ろうと思ったのに、

途中で横やりが入り結果抜け穴だらけ、骨抜きの状態にされてしまった。

 

→新しい厳しい法律を作ろうとしたが、

結局は厳しくない法律(骨抜きの法律)にできあがった。

 

悪を問いただそうと強めの記事を書いたが、編集の段階でいくつもNGが入り、

徐々に内容が変更され、結局は箸にもかからない骨抜きの記事にされてしまった。

 

→強めの記事が、結局はぬるい内容の記事(骨抜きの記事)になってしまった。

 

骨抜きという言葉は、このような感じで使います。



スポンサーリンク



骨抜き、恋愛だとどんな意味になる?

「僕はあの人に骨抜きにされてしまった」「あーあ、あの人骨抜きにされてるよ」など、

骨抜きという言葉は、恋愛関係でよく使われます。

 

では恋愛関係で使われる場合、骨抜きという言葉はどういう意味になるのでしょうか。

恋愛での骨抜きという意味は以下のようになります。

 

その人に夢中になり過ぎて、その人の言いなりになっている。

その人が好き過ぎてキャラが変わっている。

 

つまり、相手が好き過ぎてその人の人格が変わってしまっている、

相手によってその人の人格(骨)を抜かれてしまっているという事ですね。

例えば普段クールな人がその人の前だと人が変わったようにデレデレしたり、

その人の悪い部分を見てしまっても「そこもかわいいんだ!」「それは悪くない!」と

言い張って正常な判断をしなくなったりします。

恋愛で使われる骨抜きという言葉の類義語は?

ではここで、恋愛で使われる骨抜きに似た言葉、類義語を見てみましょう。

 

類義語①

首ったけ

意味→ある人に恋愛的な意味で深く心を奪われ、夢中になっている様子。

 

メロメロ

意味→ある人に恋愛的な意味で、酔ったように心を許すこと。

 

ホの字

意味→ある人に惚れること。

 

ゾッコン

意味→ある人に夢中になり周りが見えなくなること。

 

ベタ惚れ

意味→ある人に惚れ込んでしまうこと。

 

恋は盲目

意味→ある人に恋をし過ぎて、冷静な判断ができない状態。

 

どの言葉も、「相手が好き過ぎて自分を見失っている」または

「相手に思考を掴まされている状態」という意味です。

 

恋愛において骨抜きという言葉は、かなり強力な言葉だと言えますね。

恋愛での骨抜きの使い方は?

では、恋愛での骨抜きの使い方を見てみましょう。

 

使い方①

女っ気のないAさんが、生まれて初めて見合いをしたらしい。

 

その見合いの相手と言うのがAさんの好みにドンピシャの人で、

それまで女性の話なんてほとんどしてこなかったAさんが、

それからその人の話ばっかりする。

まるで人が変わったようだ。

 

Aさんは好みにストライクな人と出会う事により、それまでのクールな人格から

デレデレな人格に変貌してしまいました。

 

こんな状態の時に、

「Aさんはその人に骨抜きにされてしまったな」という使い方をします。

 

使い方②

今まで男性アイドルに全く興味がなかったBさん。

 

しかしひょんな事からとある男性アイドルのライブを無料でもらい、見に行く事になった。

そのライブでものすごいイケメンを実際に目撃したBさんは、一瞬でその人の虜に。

 

帰ったその日にその男性アイドルのグッズを買い漁り、

ライブがあれば全国へ飛んでいくという性格になった。

 

こんな状態の時にも、

「Bさんは見事骨抜きされてるね~メロメロじゃん」という使い方をします。

関連記事:チェストとは?鹿児島弁?意味を詳しく解説!

恋愛の「骨抜き」を体験してみよう!

骨抜きは「人格が変わるほど人に影響されてしまう」という中々怖い言葉ですが、

恋愛に関しては「その人の為なら何でもしてあげたいと思うほどとても好きな人がいる」という事で、ある意味羨ましい状態です。

 

そんな恋愛の意味での「骨抜き」を体験してみませんか?

「そんな人すぐには見つからない」と思う人、大丈夫です。

 

そんな時は恋愛マンガを読んで、骨抜き状態を疑似体験してしまいましょう。

 

そこでここでは、おすすめの恋愛マンガベスト3を紹介します。

ちなみに全部完結済みなので、

「面白いけど続きが気になって苦しい~!」という事はありません。

 

1.君に届け(椎名軽穂)

 

君に届けは別冊マーガレットに掲載されていた恋愛マンガです。

内容が面白く大ヒット、アニメ化、実写映画化もしました。

 

全30巻とちょっと長めですが、第32回講談社漫画賞少女部門も受賞した作品で、

あっという間に読む事ができますよ。

 

では内容を軽く説明しますね。

主人公の女子高生、黒沼爽子は性格はいい子なのですが、

見た目が陰キャで孤立気味、中々クラスに馴染めずにいました。

 

ですが風早翔太というクラスメイトと仲良くなる内にだんだんと友達ができ、

クラスに馴染めるようになります。

 

「君に届け」の良さは、風早君のイケメンさです。

見た目が完全な陽キャなのに完全な陰キャである爽子に構ってくれるだけで

ありがたいイケメンなのに、さらにスポーツ万能頭脳明晰と

言う事のないイケメンさです。

 

「君に届け」を読めば、きっと風早君に骨抜きにされてしまう事間違いありません。

「こんな人が自分の近くにもいれば…!」と逆に爽子が憎たらしくなるくらいです。

 

ぜひ風早君に骨抜きにされてください。

 

2.逃げるは恥だが役に立つ(海のつなみ)

 

逃げるは恥だが役に立つはKissに掲載されていた恋愛マンガです。

こちらは普通の恋愛マンガとは話が少し変わっており、

その面白さからドラマ化された時かなりの人気になりました。

 

ドラマ逃げ恥のエンディング曲である「恋」とその歌に合わせて踊る「恋ダンス」は

一時期大ブームにもなりましたね。

 

こちらは第39回講談社漫画賞少女部門を受賞しています。

全9巻と短めなので、さくっと読めますよ。

 

では内容を軽く説明しますね。

主人公である森山みくりは派遣社員として働いていましたが、

急な派遣切りにあい無職になってしまいます。

 

そして新しく始めたのが家事代行サービスでしたが、

そこで出会った津崎平匡と気が合い、ついでに「従業員と雇用主」という

契約結婚を持ちかける事にしました。

 

意外にも津崎はそれを了承して…という話です。

 

こちらは「一方がもう一方に猛烈に惚れる」というものではなく、

最初は契約だけで結ばれていた二人が一緒に暮らすうちになんとな~く惹かれ合っていき、

最終的にはラブラブになるというラブコメです。

 

みくりさんも津崎さんもかわいいので、どちらにも骨抜きにされてしまいますよ。

不器用な大人の恋を楽しみたい人におすすめのマンガです。

 

3.俺物語!!

 

俺物語!!は別冊マーガレットに掲載されていた恋愛マンガです。

別冊マーガレットと言えば主人公はかわいい女性、しかもその女性が恋する相手は

基本的にイケメンという組み合わせがほとんどなのですが、

こちらの場合は少し違っています

 

まず、主人公は男性です。

しかもこの男性、男らしさはあるのですが全くイケメンではありません。

イケメンではないですが男気溢れる主人公が、恋に奔走する物語です。

俺物語!!は全13巻で、第61回小学館漫画賞 少女向け部門を受賞しました。

 

こちらも主人公以外はかわいい絵柄で読みやすく、しかも完結済みなので

簡単に読む事ができます。

 

では内容を軽く説明しますね。

 

主人公の男子高校生、剛田猛男は不器用ですが純情で優しく男気溢れる

まさに「男が惚れる男」です。

 

ですが反面女性にはその強面の面から避けられまくり、全く縁がありませんでした。

 

そんな時偶然痴漢から助けた大和凛という女子高校生と知り合い、

不器用ながらも仲良くなって恋人になるという話です。

 

この物語では、とにかく主人公の剛田猛男がかっこいいです。

 

性格イケメンという言葉がぴったりで、

もし性格が顔に出るなら彼は世界一のイケメンになっていたでしょう。

 

読んでいけば剛田猛男の顔も気にならなくなり、彼に骨抜きにされる事間違いありません。

ぜひ剛田猛男に骨抜きにされてください。

 

恋は健康や美容にもとっても良い!

相手が漫画の人物だろうと実在の人物だろうと、「恋をする」というのはとても良い事です。

恋をすれば何をするのも楽しくなり、日々の生活がキラキラと輝き始めます。

 

それだけでなく、恋をする事は

健康や美容にもとても良い効果がある事が分かってきました。

 

では、恋が与える健康や美容効果を少し紹介しましょう。

 

1.血圧を下げる(正常にする)。

恋をすると胸がドキドキして息が苦しくなりますよね。

ですから恋をするとむしろ血圧が上がり、高血圧になってしまいそうな気がします。

 

ですが実は逆です。

恋は宗教のようなもので、信者は教祖様を見ると心が落ち着きますよね。

恋をしている人は相手を見るとそれだけで心が落ち着き、血圧が安定します。

 

2.肌や髪がキレイになる。

「恋をすると女性は美しくなる」と言いますが、

それは本当で科学的にも証明されています。

 

恋をすると女性ホルモンであるエストロゲンが増加する事が知られており、

このエストロゲンは肌を若返らせたり髪に艶を出したりしてくれます。

 

アンチエイジングは女性の永遠のテーマですよね。

その為に高い化粧品やシャンプーを買ったりします。

 

ですが実は、恋をするだけで人の体は自然と若返っていくのです。

 

3.ストレスに強くなる。

現代ではストレスを感じる事が多く、ストレスのせいで色んな病気になってしまう人も

多いですよね。

 

生きていく中でいかにストレスを発散させるかというのは

現代人の大きな課題にすらなってます。

ですが恋をすると、無条件でそのストレスに強くなります。

 

例えば仕事で怒られて凹んだとしても、恋をしている相手から一言

「気にするなよ」と言われたら一発でへこみなんか元に戻ってしまいますよね。

 

また、嫌な事が続いても恋をしている相手をちらっと見るだけで元気になります。

 

恋というのは強烈なカンフル剤なんです。

 

また、恋がストレスからその人を守ってくれる科学的な根拠もありますよ。

 

恋をした時には体からオキシトシンというホルモンが出る事が知られています。

このホルモンは心を幸せにする効果があります。

 

またこのオキシトシンには、ストレスを感じた時に出る不安ホルモンである

コチゾールを抑制する作用もあります。

 

つまり、恋をしてオキシトシンをたくさん出しておけば、

いざストレスがかかった時もそれほど体に負担がかからないのです。

 

4.免疫力が強くなる。

さきほど恋をするとオキシトシンと呼ばれる幸せホルモンが出ると書きましたが、

このホルモンは免疫力をアップしてくれる効果もあるんです。

 

ですから恋をすれば、病気にもかかりにくくなるんです。

 

いかがでしょうか?

恋をするだけで血圧が安定し、病気にも強くなり、ついでに綺麗にもなってしまうんです。

どんな高い化粧品や健康食品より効果があり、しかも元手は0です。

 

さらに恋というのはただ「恋をしている状態」を保っておけばいいので、

無理に相手と両想いになる必要もありません。

 

また恋する相手は誰でもいいので、

相手が実在の人物ではなくマンガの中のキャラクターでもかまいません。

 

恋と言うのは日々の生活を鮮やかにしてくれますし、健康や美容にも効果てきめんです。

 

ぜひ骨抜きにされるほど恋をして、

自分の肉体的・精神的な健康や美容に役立てて下さいね。



スポンサーリンク



関連記事:ピンキリ語源や使い方!ピンの意味は?どっちが上?

最後に

人の体にとって骨というのは体を支える基礎のようなものです。

 

骨抜きという言葉はその骨がないという事であり、これは大変な事です。

恋愛においては、「人格が変わるほどその人に支配される」という意味で使われます。

 

骨抜きという言葉は中々面白い言葉で、ここでは使い方や例文をたくさん紹介したので

皆さんもぜひ使ってみてくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ