初節句のお祝いはいつまでに渡す?のしの書き方や金額相場は?

赤ちゃんが生まれて初めて迎える

節句のことを「初節句」と言い、その日には

盛大にお祝いをしたりすることもあります。

 

もし、親族のなかに初節句を迎える赤ちゃん

がいるご家庭があるのであれば、それは

おめでたいことなのでお祝いを渡すのが

一般的なマナーであるとされています。

 

しかし、遠方に住んでいたりと節句の当日に

お祝いを渡すのが難しいという場合もあるでしょう。

 

そんなとき、いつまでにお祝いを渡すのが

いいかご存知でしょうか?

 

また、初節句を迎える赤ちゃんとの関係性

にもよることと思いますが、お祝いは大体

いくらくらい包むのが一般的なのか、という

ことも気になるところではないでしょうか。

 

今回はそんな初節句のお祝いについて、

色々とご紹介していきたいと思います。




スポンサーリンク






初節句のお祝いはいつまでに渡すのがいいの?

赤ちゃんが迎える大きなお祝い事の

ひとつとして、「初節句」があります。

 

男の子であれば初めての端午の節句

(こどもの日)が、女の子であれば初めての

桃の節句(ひな祭り)が初節句にあたります。

 

大きなお祝い事ということで、親族のなかに

初節句を迎える赤ちゃんがいるのであれば

お祝いを渡すのがマナーということになるでしょう。

 

しかし、近くに住んでいない場合や、

お仕事などで忙しい場合、なかなか節句の

当日に会うのは難しいということも

大いにありえるでしょう。

 

ではそんなとき、初節句のお祝いというのは

どのようにして、いつまでに渡すのが一般的な

常識として正しいのでしょうか。

 

まずは、初節句のお祝いを渡すタイミング

などについてご紹介していきたいと思います。

 

お祝いを渡す人との関係性によって違う!

一言に「初節句のお祝い」と言っても、

みんながみんないつまでに渡せば大丈夫!

といった簡単な話でもないのです。

 

いつまでに渡すべきかというのは、初節句の

お祝いを渡す相手との関係性によっても

異なってくるというわけなのですよ。

 

これは、大きくふたつの分類にわけることが

できると言えるでしょう。

 

つまり、初節句のお祝いを渡す相手から見て、

祖父母であるか、そうじゃないかで渡すべき

時期というのが違うということになります。

 

祖父母は、いつまでにお祝いを渡すべきなのか

初節句を迎える赤ちゃんから見て祖父母が

お祝いを渡す場合、遅くても初節句の当日の

1カ月前までには渡しておく必要があります。

 

元々、祖父母というのは初節句を迎える

孫にひな人形や五月人形といった節句飾りを

贈るというのが昔からの一般的な風習として

ありました。

 

ただ、昨今はその家の広さや親御さんの

希望もあったりすることから、節句飾りを

選んで買うのはお父さんお母さんの役割

になりつつあるのも事実です。

 

そういったことから、今日では祖父母は

節句飾りを買うためのお金をお祝いとして

包むというのも一般的な風習になりつつ

あるのです。

 

節句飾りというのは基本的には節句の

日からみて1カ月、遅くても1週間前には

飾り出すというのが一般的ではないでしょうか。

 

つまり、それに間に合うように節句飾りを

買わなければならないので、初節句のお祝いは

1カ月以上前までには渡しておかなければ

ならないということになりますよね。

 

最近はショッピングモールやネットショッピング

といったところでも簡単に節句飾りを購入

することができますが、昔からあるような

人形屋さんなどで節句飾りを買うとなると

家に届くまでに数日~数週間掛かってしまう

なんてこともあります。

 

なので、お祝いを渡す時期としては充分に

余裕をみて渡した方がいいのかもしれませんね。

 

祖父母以外の人は、いつまでにお祝いを渡すべきなのか

祖父母以外の人、例えば初節句を迎える

赤ちゃんから見て叔父叔母であったり従兄弟

といった関係性の人たちがお祝いを送る

場合は、1週間前までに渡せれば問題無い

かと思われます。

 

ただ、節句の当日に家や食事会といった

場に招待されているような場合には、

その日にお祝いを渡すというのでも特に

問題はありません。




スポンサーリンク






初節句のお祝いを渡す相手が遠方に住んでいる場合は・・・

最近は核家族化しているということもあり、

親戚同士が遠方に住んでいてなかなか

会うことができないといったところも

多いのではないかと思います。

 

そうした場合、初節句のお祝いを渡すタイミング

というのもなかなか難しいものです。

 

家族親戚が集まる時期というのは一般的には

お盆やお正月が多いのではないでしょうか。

 

お祝いですから、直接渡したいと考える方は

そのタイミングでお祝いを渡すのがいいのでは

ないかと思います。

 

女の子の初節句は3月3日のひな祭り、

男の子の初節句は5月5日のこどもの日、

それに近い事前のタイミングとなると

お正月に会った時に渡すのが適当なのかも

しれませんね。

 

その時に「少しタイミングは早いけど、

節句の当日は会えないだろうし直接渡せる

タイミングが今日しかないとおもって・・・」

といった言葉を添えて渡されると丁寧で

いいかもしれません。

 

また、そういった時期にもタイミングが

合わず、直接渡すのが難しいといった場合

などにはお祝いを郵送で送っても構わないと

思います。

 

ただし、その際はお祝い(現金)を必ず

のし袋に入れるようにするのを忘れないで

くださいね!

 

突然お祝いのお金だけ送られてきても先方は

びっくりされるかもしれませんから、

お祝いと一緒に簡単な手紙なんかも添えておくと

丁寧で印象もいいでしょう。

 

初節句のお祝いを渡す日柄はいつがいいのか?

初節句のお祝いを渡したり郵送したり

する場合には日柄に気を付けるべきだと

思います。

 

お祝いを渡す側である人間が日柄を

特に気にしていないからと言って、いつでも

渡して良いというものではありません。

 

渡す相手側がそういったことを非常に

気にする人である場合もありますからね。

 

日柄については、カレンダーなどに

記載のある六曜を参考にしてみてください。

 

ちなみに、六曜の日柄の意味については

以下の通りです。

 

  • 先勝(せんしょう・さきかち)

・・・なにかをする際、午前中であれば吉、

午後になると凶となります。

 

  • 友引(ともびき)

・・・「凶事に友を道連れにする」といった

意味があるので、葬儀のようなことは慎むべき日

であるとされています。

なにかをする際、朝晩であれば吉ですが、

正午のみ凶となります。

 

  • 先負(さきまけ・せんぷ)

・・・勝負事や急用といったことはなるべく

この日を避けるべきであるとされています。

なにかをする際、午前中は凶ですが、

午後であれば吉となります。

 

  • 仏滅(ぶつめつ)

・・・なにをするにしても、全てにおいて凶

となる日です。

特に婚礼などの祝い事は良くない日とされています。

 

  • 大安(たいあん)

・・・万事において吉とされる日です。

婚礼などの祝い事には特に良い日とされています。

 

  • 赤口(しゃっこう・せきぐち)

・・・なにかをする際、正午のみ吉となり、

他の時間帯に関しては凶となります。

特に祝い事には大凶とされています。

 

つまり、お祝いを渡そうと思っていた日や

時間帯が六曜的にまずいのであれば、日を

改めるか、もしくは渡す際に一言「お日柄の

良い日に開けてくださいね」といったことを

言うと良いと思いますよ!

 

今日が六曜でいつにあたる日なのか、

なかなかすぐには分からないと思います。

 

 

そんなとき、この電子時計があれば

一目瞭然!

 

カレンダーの下に、今日が六曜でいつに

あたるのかということを示してくれています。

 

時計・カレンダーの役割の他、温湿度計も

内蔵されているのでこれひとつあれば

事足りますよね。

 

また、東西電波自動受信の機能も

備わっているので、半永久的に時計が

狂うことは無いという優れものです!




スポンサーリンク





関連記事:初節句はいつやるの?仏滅の時は日にちをずらす?

初節句のお祝い、のしの書き方や金額の相場が知りたい!

初節句のお祝いを渡すことなんて、人生のうちで

そんなに多いことではありません。

 

ですから、のしの書き方であったり、お祝いの

金額の相場なんていうのはよく分からない

というような方も結構いらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

次に、そういった疑問についてご紹介していきたいと

思います。

 

初節句のお祝いの際の、のしの書き方は?

初節句のお祝いを渡す際には、それが物

なのであればのしを掛ける必要がありますし、

現金なのであればご祝儀袋に入れる必要が

あります。

 

その際、のし袋やご祝儀袋はどのような

ものを選べばいいのでしょうか。

 

のし袋やご祝儀袋には水引が

掛けられていますが、紅白蝶結びの

ものを選んでくださいね。

 

 

初節句のお祝いの場合は、渡す相手が

お子さんになるのでこのような可愛らしい

デザインののし袋に入れてみては

いかがでしょう?

 

また、お祝いで現金を渡す場合は、

ご祝儀袋のデザインはその中身(金額)に

応じて変える方がいいでしょう。

 

お祝いを渡す人が、初節句を迎える

赤ちゃんの祖父母といった比較的近い

関係性の人であればそれなりの金額を

包むことになるのですが、その場合は

水引のデザインも豪華なものを選ぶ方が

良いとされています。

 

のし袋に水引が印刷されているような

ものは簡素な感じがしてあまり印象が

良くないかもしれませんね。

 

表書きについては、「御祝」もしくは

「初節句御祝」で問題ありません。

関連記事:雛人形のお下がりはダメ?引き継ぐときにお祓いは必要?

 

初節句のお祝いの金額の相場は?

初節句のお祝いの金額の相場に関しては、

お祝いを渡す相手との関係性によっても

異なるところがあります。

 

例えば、

  • 祖父母・・・5~30万円
  • その他の親族・・・5,000~1万円
  • 知人等・・・3,000~5,000円

 

あくまで金額の目安に過ぎませんので、

上でご紹介した金額の相場を参考にして

あとはお祝いを渡す方との親密度などで

金額を設定されたら良いかと思いますよ!

 

祖父母が渡すべきお祝いの金額の相場だけが

あれほど高くなっているのは、先にも

述べましたが節句飾りの購入資金として

渡すのが一般的とされているからですね。




スポンサーリンク





関連記事:雛人形は買わない?買う?いらない理由は?

最後に

いかがだったでしょうか。

 

初節句というのは、赤ちゃんにとっても

その親御さんにとっても、とても大切で

思い出に残るお祝い事のひとつとなります。

 

なので、そのお祝い事に対してお祝いの物

やお金を渡す際には日取りやタイミング

というものが重要になってきます。

 

今回のこの記事を参考に、お祝いを渡す方も

渡される方もハッピーになれるようなお祝いを

渡せると良いですね!



スポンサーリンク

サブコンテンツ