雛人形のお下がりはダメ?引き継ぐときにお祓いは必要?

3月3日の桃の節句には、

娘さんに雛人形を用意しますよね。

 

しかし本格的な雛人形は値段も高いし

保管にも場所を取るので、

自分のものがあれば

それを使いたい、という人も

少なくないと思います。

 

雛人形は新しいものを用意すべきでしょうか?

お下がりはダメなのでしょうか?

もし引き継ぐ場合、お祓いなどは必要でしょうか?

 

今回は雛人形に関するそんな疑問にお答えします。




スポンサーリンク






雛人形のお下がりはダメ?理由は?

 

雛人形のお下がりはダメ?

結論から言いますと、

雛人形のお下がりはダメではありません。

 

雛人形は人型に切った紙の人形に厄をうつし、

川に流していた風習が

由来の1つとされています。

 

雛人形や五月人形は、

持ち主の厄を受けてくれる身代わりであり、

大人になるとその役目を終えると言われています。

 

この考えでいくと、

お下がりの雛人形は前の持ち主の厄を受け、

更にその人が大人になった所で

厄除けの役目を終えているので、

ただの人形になってしまっている

ということになります。

 

しかし、これはあくまでも言い伝えです。

そもそもそんな言い伝えはなく、

人形屋さんが人形を売るために言い出した

という説もあります。

ですから信じる・信じないは個人の考え方ですし、

何が正解という明確なものもありません。

 

古い風習が気になる方や

娘さんに新しいものを買ってあげたいという方、

お下がりをあげたいけど大きさが合わない、

など色々な理由で新しい雛人形を買ってあげたければ

新しいものを用意すれば良いでしょう。

 

自分が使っていたものを受け継いでほしい、

自分が大切にしていたものを使って欲しい、

まだまだキレイで使えるから新調するのは勿体ない、

雛人形は高いので他のことにお金を使いたい、

などと思う場合はお下がりでも問題ありません。

 

夫婦で話し合い、ベストな選択をしてくださいね。

 

お下がりの場合の注意点

雛人形のお下がりはOKだと言いましたが、

お下がりを貰う、受け継ぐ場合に

注意すべきことがあります。

 

それは皆が納得している、ということです。

夫婦で話し合うのは勿論ですが、

雛人形は基本的に、

どちらかの祖父母から贈られることが

多いと思います。

 

特に義理の両親が、

お下がりに反対していたり、

孫に新しい雛人形を用意してあげたいと

申し出てくれている場合は、

それを押し切ってお下がりを使うのは

後々まで引きずったり、

関係が悪くなる原因となる可能性があります。

 

買ってくれると言っているなら

お言葉に甘えて買ってもらうことを

オススメします。

良いものを買ってもらえればありがたいですしね。

 

状態が良く立派な雛人形があり、

やはり受け継いでほしいと思うのであれば、

上手に説得し、

小さなお雛様やつるし雛、

市松人形などを買ってもらうなどで

納得してもらいましょう。

 

せっかくの可愛い子供の節句のお祝いに、

大人が揉めていては意味がありませんからね。

 

お下がりを飾る場合に、

新たに何か買ってもらうのであれば

こちらの商品はいかがでしょうか?

 

 

1つずつ心を込めて手作りされたつるし雛です。

つるし雛は雛人形の脇に飾るものです。

 

動物は長寿、健康、子孫繁栄。

植物は厄除け、縁起物。

鞠は人生の輪、家族の幸福など

それぞれに深い意味があります。

 

春らしい模様のはぎれやちりめんを使用し、

お子さんの健やかな成長を願い

丁寧に作られています。

 

スタンドもセットになっているので、

雛人形と一緒にすぐに飾ることができます。

 

思い入れのあるお下がりの雛人形が、

新しい雰囲気に生まれ変わりますよ。

 

また、家庭の方針も大切ですが、

雛人形を代々受け継ぐものとしているところや、

新調すべきものとしているところなど

地域によっても風習が異なりますから、

自分たちの意見ももちろん重要ですが、

無駄なトラブルを起こさないよう

その点も注意しましょう。

 

お下がりでも問題ないと言いましたが、

保存状態が悪く汚いものや

祖母、母親、近しい親戚などではない

赤の他人からもらったものなどは

オススメできません。

 

雛人形はお子さんの健やかな成長を願い

用意するものでもあるので、

お子さんが喜んでくれるものでなければ

意味がありません。

いくら受け継いだものとはいえ、

汚い人形ではお子さんもガッカリしてしまうでしょう。

 

また言い伝えとはいえ、

雛人形は身代わりのような存在なので、

どこの誰のものかよくわからないものは

やはりちょっと気持ちが悪い気がします。

 

代々大切にしているものだからこそ、

お下がりである意味があるのではないでしょうか?




スポンサーリンク






姉妹や双子の場合は2つ用意する?

雛人形を受け継ぐのは問題ありませんが、

姉妹や双子の場合は

1人1つずつ用意した方が良いのでしょうか?

 

雛人形は身代わりなどの意味があると言いましたが、

現代では「女の子の幸せを願って飾る縁起物」

という意味合いが強くなっています。

 

ですから、お下がりでも問題はありませんが、

1人1つずつあるのが望ましいです。

姉妹で差をつけられたと揉めたり

喧嘩する原因にもなりませんしね…

 

とはいえ豪華な雛人形を

1人1セットずつ用意するのは

予算的にもスペース的にも難しいという

ご家庭がほとんどだと思います。

 

女の子が複数いる家庭では、

1人1つ用意するが、2つ目からはコンパクトになる

1つの雛人形を共有して名入れのものを人数分作る

雛人形は1つ、以降は市松人形や羽子板などを用意する

などの方法で飾っているようです。

 

本格的な雛人形でオススメなのはこちらです。

 

 

高さ38cm、幅58cm、奥行き31cmとコンパクトなのに

華やかで可愛らしい雛人形です。

ガラスケースに入っているので、

段ボールから出して置くだけと

設置も簡単で棚の上やピアノの上、

玄関など色々な場所に飾れます。

 

小さいのに人形や小物の細部にまでこだわっており、

コンセントを挿せば

ぼんぼりには灯りが点きます。

見栄えが良いだけでなく、

オルゴールまで付いていて、

これ1つでひな祭りを盛り上げてくれますよ。

 

本格的な雛人形の中に、

現代的なデザインを取り入れており、

お子さんが喜ぶこと間違いなしです。

 

既に立派な段飾りがある場合は、

豪華な名旗はいかがでしょうか?

 

 

木札よりも目を引く美しい刺繍の名旗です。

7種類の色と模様、5種類の房から

好きな組み合わせを選ぶことができます。

 

約30㎝の名旗は

大きな7段飾りなどと一緒に置いても

存在感抜群で見劣りしません。

 

雛人形は1つでも、

自分の名前の入った華やかな旗があれば、

お子さんも嬉しいでしょうし、

大きさの違う人形を複数用意するよりも

差がつかなくて良いかもしれません。




スポンサーリンク





関連記事:雛人形の処分や供養の仕方!時期や無料の方法についても詳しく解説!

雛人形を引き継ぐならお祓いが必要?複数ある人形はどうする?

雛人形を引き継ぐのにお祓いは必要?

お下がりの雛人形にはお祓いは必要でしょうか?

 

人形をお祓いするのは

古くなってしまい処分する場合なので、

これからも使うものには

お祓いは必要ありません。

そのまま受け継いで使っても大丈夫です。

 

とはいえこれも「気持ち次第」という部分が大きいので、

気になるようであれば

お祓いをしても問題はありません。

 

絶対こうしなければいけない、という

明確な決まりはありませんから、

自分が良いと思う方法を取ってくださいね。

関連記事:五月人形はいつからいつまで飾る?年齢は何歳まで?

 

複数ある雛人形はどうする?

古い雛人形はあるけれど、

やはり子供には新しいものを用意したいと思い

購入した場合、

複数の雛人形が家にある状態になります。

 

新しい雛人形はもちろん飾りますが、

古い雛人形はどうしたら良いのでしょうか?

 

雛人形が複数ある場合、

全て飾っても問題はありません。

 

昔は1人1つ雛人形を持っている家庭も多く、

祖母、母、娘と親子3代の雛人形を

飾っているのも珍しくなかったようですし、

スペースさえあれば複数飾るのも良いですね。

 

7段飾りを2つ飾る場所がない!という場合は、

娘さんにはガラスケース入りの小さい雛人形や

ミニチュアの置物の雛人形を購入しても良いですし、

お子さんには大きなものを購入し、

古い雛人形はお内裏様とお雛様だけを玄関などに飾る、

実家に飾る、というご家庭もあります。

 

しかし、飾る場所だけでなく

収納スペースなどの問題もあり、

雛人形を複数所持することが難しいこともあります。

 

その場合は、感謝の気持ちを込めて

お祓いや人形供養をして処分する。

施設など寄付できる場所を探して

引き取って使ってもらうなどしましょう。

 

雛人形を出さずにしまいっぱなしにすると

お雛様が怒るなどの迷信もありますし。

そんなことはありえなくても

せっかくの高価で美しい雛人形を

飾らないまま箱に入れたままにするのは

勿体ないですよね。

 

また、保管状態が悪いと虫に食われたり

ボロボロになったりしてしまうので

あまり良いことではありません。

 

使わないのであれば、

きちんと処分するなり

使ってくれる人の元へ旅立たせるなりして

見送ってあげましょう。




スポンサーリンク





関連記事:初節句はいつやるの?仏滅の時は日にちをずらす?

最後に

雛人形のお下がりは問題ありませんが、

お子さんや家族みんなが

納得する選択をするのが1番大切です。

 

お下がりの雛人形を受け継ぐ場合も、

初節句には娘さんの記念になり

長く持つことのできる何かを

プレゼントしてあげると良いかもしれませんね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ