お内裏様のしゃくの意味は?服装や持ち物を徹底解説!

3月3日はひな祭りで、

女の子のいる家庭では

ご馳走を食べたり雛人形を飾ったりします。

 

雛人形といえば、お雛様の隣にいる「お内裏様」は

手にしゃくを持っていますよね。

あのしゃくにはどんな意味があるのでしょう?

 

今回は、お内裏様のしゃくの意味、

お内裏様の服装や持ち物についてご紹介します。

 

ひな祭りの豆知識を知りたい人、

お子さんに説明したい人は

ぜひチェックしてください。




スポンサーリンク






お内裏様のしゃくの意味は?

お内裏様って誰?

そもそも、お内裏様って誰なのか

知っていますか?

 

お内裏様は「親王(しんのう)」だと

言われています。

 

現在の親王は、最高位の皇族男子や

東アジアの嫡出の皇子などに

与えられる称号のことですが、

お内裏様の場合は皇族男子でしょう。

お内裏様のモデルは天皇だとも

言われていますしね。

 

ひな祭りは、そんなお内裏様とお雛様の

結婚式のお祭りです。

 

天皇は当然ですが位の高い身分なので、

天皇をモデルとしたお内裏様も

身分の高い人と同様の服装をしています。

 

お内裏様が持っている「しゃく」も、

位の高い人が持つとされているものですが、

なぜ位の高い人はしゃくを持つのでしょうか?

 

なぜしゃくを持っている?

お内裏様は右手に板のようなものを持っています。

これが「しゃく」です。

漢字で「笏」と書きます。

 

しゃくは、平安時代以降の

天皇以下公家の正装である「束帯」を着る際に、

右手に持つことが決められていました。

 

結婚式でも束帯は着られていたので、

ひな祭り(結婚式)の主役である

お内裏様も束帯を持っているのですね。

 

しゃくは、「威儀を正す」為に持つものとされていました。

威儀を正す、とは

身だしなみを整える

威厳ある所作を行う

という意味です。

 

しゃくを持つと、自然と背筋が伸びるので、

服装が整うのはもちろんですが、

堂々とした雰囲気を出すこともできるのですね。




スポンサーリンク






しゃくはカンペだった!?

「威儀を正す」為に持つしゃくですが、

実は正装の一部としてだけでなく

意外な役割がありました。

 

しゃくは、今で言う「カンペ」としても

使用されていたのです。

 

正装をする=しゃくを持つのは、

基本的には何らかの儀式を行う時です。

儀式は大切なことが色々とありますから、

しゃくの裏側に忘れてはいけないことを

メモしていたんですね。

 

具体的には

儀式の順番

必要事項

出席者の名前

話をする内容

などです。

 

これらを紙に書き、

しゃくの裏側に貼り付けていたと

言われています。

 

現代でもスピーチや進行などをする際に、

大切なことをメモや手に書いて

こっそり見ることがありますが、

遠い昔の平安時代の、

天皇や公家といった身分の高い人たちも

カンペを使って

忘れたりミスをしたりしないように

工夫をしていたんですね。

 

ただ書いたものを持つのではなく

しゃくの裏側に貼ると言うのも、

威儀を正すのにふさわしいのではないでしょうか?

 

しゃくは正装の一部、カンペと、

重要な役割を果たすアイテムなので、

きちんとした雛人形はもちろん、

可愛らしい動物やキャラクターの雛人形、

陶器製、木製、布製、ステッカーなど

多くの商品で持たれています。

 

 

こちらは、クリスタルガラス製の

名入れリングピローです。

お内裏様とお雛様を

1つ1つ手作りしています。

4cm弱という小さなお内裏様ですが、

しっかりと金色のしゃくを持っています。

 

この商品は神前の結婚式にオススメです。

 

挙式の後には美しいガラスのオブジェとして、

ひな祭りにお部屋に飾ることができます。

リングピローなので場所を取りませんし、

大人っぽい雰囲気で

どんなお部屋にも合うのが嬉しいですね。

 

 

また、こちらのひな祭り用ケーキピックは

3cm×4cmほどの小さな扇に

可愛らしいお内裏様とお雛様が

仲良く並んでいます。

 

この狭いスペースに描かれたお内裏様も

ちゃんとしゃくを持っていますよ。

 

こちらの商品はケーキに刺すだけでなく、

お弁当やオムライスなどにも使うことができます。

これ1つでひな祭りの特別感が出て、

ケーキやお弁当が一気に可愛くなります。

 

このように、お内裏様のしゃくは

重要なアイテムとして

小さなし商品の中でも持たれています。




スポンサーリンク





お内裏様の服装や持ち物と意味は?

 

View this post on Instagram

 

増村人形店-松屋町-さん(@masumuradoll)がシェアした投稿


「しゃく」がお内裏様にとって

重要なアイテムであることはわかりましたが、

お内裏様の服装やその他の持ち物についても

どのような意味があるのか見て行きましょう。

 

お内裏様の服装

先程も少し触れましたが、

お内裏様が着ている服は「束帯衣装」と言って、

平安時代から皇族や、身分の高い人だけが

正式な場において

着ることを許されていたものです。

 

雛人形のお内裏様は座っているものが多いので

見えにくいですが、

何枚も袴を重ねて着用しており、

表になっているものを「表袴」と言います。

 

表袴は年齢や身分によって

生地が決まっていますが、

色は全て白でした。

 

また、お内裏様は腰に「石帯」という

革製の帯を巻いていますが、

最近のお内裏様は、石帯がないものが多いです。

 

上の着物も何枚も重ね着をしており、

一番上には「縫腋袍」と呼ばれる

丸襟と唐風が特徴的な着物を着ています。

 

ひな祭りはお内裏様とお雛様の「結婚式」ですから、

このように正式な衣装を

身にまとっているのですね。

関連記事:雛人形の処分や供養の仕方!時期や無料の方法についても詳しく解説!

 

お内裏様の持ち物

お内裏様がしゃく以外に持っている、

身に付けているのは

どのようなものでしょうか?

 

冠(かんむり)

お内裏様の頭に飾られているのが冠です。

冠は正装の1つで、大切な行事の際には

必ずかぶらなければいけないものと

されていました。

 

纓(えい)

冠の後ろにある、

細長くて薄い羽のような飾りを

纓(えい)と言います。

 

纓は身分によって種類があり、

天皇だけがつけることができる

直立した特別なものは

「立纓(りゅうえい)」と言います。

 

ちなみに他の皇族がつけるのは「垂纓」、

随身がつけるのは「巻纓」と言います。

 

巾子(こじ)

髪をまとめて上にあげたものを

立たせた状態を「ちょんまげ」と言いますが、

ちょんまげを収めるのが巾子(こじ)です。

 

冠の上にある高さのあるものを指します。

 

笄(こうがい)

ちょんまげと冠を固定させるために

左右から差しているものを

笄(こうがい)と言います。

 

冠の左右にはみ出た棒のことです。

 

飾剣(かざたち)

腰についている刀のことを

飾剣(かざたち)と言います。

これは、儀式用に身に付ける刀で、

刃はついていません。

ですから、「飾り」の「剣」と書くのですね。

 

平緒(ひらお)

飾剣を腰から下げる為に垂らした帯のようなものです。

平緒は細いので、飾る時に見栄えよく垂らすのが

意外と難しいです。

関連記事:五月人形はいつからいつまで飾る?年齢は何歳まで?

 

頭に被っているのは烏帽子?

お内裏様の被っている冠を

烏帽子だと思っている人も多いですが、

間違いです!!!

烏帽子ではありません。

 

お内裏様がかぶっているのは冠です。

しかも、天皇のみが使用を許される

「立纓」がついたものです。

 

また、烏帽子は日常でかぶる帽子なので、

結婚式の最中であるお内裏様がかぶるのは

おかしいですよね。

 

冠と烏帽子の形が似ていることや、

アニメなどで昔の貴族が出てくると

烏帽子をかぶっていることが多いので、

そのイメージから

お内裏様がかぶっているのは烏帽子だと

勘違いする人が多いのかもしれませんね。




スポンサーリンク





関連記事:初節句はいつやるの?仏滅の時は日にちをずらす?

最後に

お内裏様の服装や持ち物についてご紹介しました!

しゃくはカンペだったり、

刀は刃がなかったり、

帽子は烏帽子ではなく冠だったり…

知らなかったことや間違って覚えていたことが

意外とあったのではないでしょうか?

 

ひな祭りの雑学として、

ぜひ周りの人に発信してくださいね!!



スポンサーリンク

サブコンテンツ