春節とは?2019年の期間はいつなの?

日本では新暦の正月を盛大にお祝いするのが一般的ですが、

中国では今でも旧正月の方を重要視し、盛大にお祝いします。

春節という長いお休みもその一つで、

休みを利用して家族みんなで集まったり、海外旅行をするなどして過ごします。

 

日本への中国人旅行者が「爆買い」することがニュースになることも最近では多く、

日本の企業も「春節」という風習を意識し始めています。

また、中国人旅行者が増えるということは、

その期間の飛行機や宿泊先の予約などが取りにくくなるということでもあるので、

皆さんの生活にも大きく関わってくるところですよね。

 

そこで今回は、「春節とは?」ついて詳しく解説していきます。

2019年の春節の期間はいつからいつまでなのかなど、

春節とは何かというポイントをまとめています。




スポンサーリンク






春節とは?日本でいうところの何にあたるの?

春節とは?

春節とは、中国の旧正月のことで、中国読みでは「チュンジエ」となります。

同じく中国語圏の台湾や香港も同じように呼んでいます。

 

中国では旧正月の前日から7日間を休日としていて、

これは中国の「全国年節及記念日放暇弁法」という法令で定められています。

日本では旧正月はなんてことのない平日ですが、

中国では春節という長いお休みになるわけです。

そのため、春節になると大勢の中国人がこぞって旅行に出かけます。

日本でいうところの、ゴールデンウィークといったところでしょうか。

 

春節を祝うのは中国だけでなく、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム、インドネシア、

シンガポール、マレーシアなどの国々も国の休日として春節を定めています。

基本的には、アジア諸国の風習ということになります。

 

中国の方の春節の過ごし方は?

中国の方にとって、新暦の1月1日はただの休日で、

特に行事が行われたり、盛大なお祝いもありません。

 

確かに年が変わるのは新暦の1月1日なのですが、

中国の方にとっては春節を迎えることこそが新年を迎えることであり、

家族や親戚が集まって盛大なお祝いをする行事になります。

 

日本でも新暦の年末年始では実家に帰省したり、

海外旅行に行ったりして過ごすかと思いますが、

中国でも春節のお休みを利用して日本などの海外へ旅行に行く方も多いです。

 

家で春節を迎えるというときには、次のような流れで過ごします。

 

旧暦 12月25日~

日本でも年末になると大掃除をして正月飾りを買ったりなど、

お正月を迎える準備を始めますよね。

中国では、旧暦の年末に年越しの準備を始めます。

 

そして、春節飾りという縁起ものを飾り付けますが、

代表的なものとしては、「福」の文字を逆さまに大きく書いたものがあります。

これは、「逆」を意味する「倒」という言葉が「福」と同じ発音であることからきていて、

あえて福を逆さまに貼ることで縁起を担いでいるものです。

 

開運 賀紙【福】(招財)

赤地の中央に金箔で「福」の字を逆さまに書いたものになります。

最もポピュラーなタイプのもので、福の周りには双魚や古銭などの

招財のモチーフが描かれております。

家の壁に貼っておけば、招財の御利益があるかもしれませんね。

 

旧暦 大晦日

旧暦の大晦日の中国では、日本で言う紅白歌合戦のような歌番組が放送されます。

家族みんなでそれを見ながら過ごし、旧正月を迎えるというのが一般的です。

また、ニュース映像などで見たことがある方も多いと思いますが、

爆竹と花火を盛大に鳴らしながら新年を迎えるというのも特徴的です。

 

日本での大晦日に鳴る除夜の鐘と比べると、かなり違いを感じますが、

この文化はある言い伝えから始まったものなのです。

その昔、大晦日になると「年」という怪物が街を襲っていたのですが、

ある年に、赤い服を着た老人が爆竹を鳴らしたところ、「年」が逃げ出したという逸話です。

 

そのため、赤色や爆竹には厄除けの効果があるとされ、

大晦日に爆竹と花火を馴らすようになったというわけです。

 

旧暦 1月1日~

中国では、旧正月にお年玉が配られます。

「圧歳銭(ヤースイチェン)」と呼ばれる赤い袋に入れられていて、

子供だけでなく、従業員や部下にも配るという風習があります。

 

旧暦1月15日

旧正月後の初めての満月の日を元宵節と呼び、広義での春節の最終日になります。

日本でいうところの松の内という感じでしょうか。




スポンサーリンク






2019年の春節の期間はいつからいつまで?

春節の期間はその年によって変わる

まず基本的なこととして、春節の期間がいつからいつまでかは、

その年によって変わるということを覚えておきましょう。

 

現在の暦の基本となっている「新暦」は太陽の公転周期を基準とした暦ですが、

この春節を定める旧暦は月の満ち欠けを基準としたものになっています。

旧暦は新暦と比べて一年が早く終わってしまうため、

新暦のカレンダー上で春節を考えると、毎年少しずつズレてしまうのです。

 

ただ、毎年日は変わりますが、

旧正月は1月21日から2月20日の間になると決まっています。

 

それでは、気になる2019年の春節の期間がいつかという問題ですが、

2019年の旧正月は2月5日なので、春節の期間は2月4日から2月10日までとなります。

 

また、2019年の2月4日は月曜日なので、

その前の土日を含めると、春節のお休み期間は9連休になる方もいるでしょう。

 

春節の期間の正式な発表は毎年12月に中国の国務院からなされますが、

例年通りであれば、2019年の春節は上記のような形になることが予想されます。

 

ちなみに、2019年以降の春節の予定は次の通りです。

2020年:1月25日

2021年:2月12日

2022年:2月1日

2023年:1月22日

毎年、時期が大きく異なっていることがわかりますよね。

 

春節に長期休暇を取る人もいる?

春節の期間は旧暦の大晦日から7日間となっていますが、

そのカレンダーのお休みとは関係なく、春節に1ヶ月以上の長期休暇を取る方もいます。

 

その方々は、工場に勤めている方々です。

中国では春節の2週間前から工場が休みに入り、帰省ラッシュが始まります。

そして、春節の休みは旧暦の1月15日の元宵節まで続き、

その翌日からやっと工場が再稼働するという流れになります。

 

日々工場で過酷な仕事をしている方にとっては、

旧正月の前後2週間、実に1ヶ月もの長期休暇となるので、

春節の休みがいかに大切とされているかがわかりますよね。




スポンサーリンク





関連記事:すねの乾燥におすすめのクリームはコレ!ニベアはどうなの?

春節のお祝いで食べるものって?

水餃子

中国北部の春節では水餃子がよく食されます。

旧暦大晦日になると家族が集まって餃子を作るという家庭も多いようです。

餃子の形が金子や銀子に似ていて縁起が良いから、と言われています。

 

中国名点友盛 山東特色水餃子

お鍋やスープに入れるだけで、

ぷるもち食感、中国本場の味が家庭でも簡単に楽しめる逸品です。

皮も中国の職人と試行錯誤の末に完成したもので、

主食にもおかずにおつまみにもぴったりの水餃子です。

100個入り、2500円という驚異のコストパフォーマンスも見逃せません。

 

水餃子は1個あたり大体25~50kcalと、

焼き餃子や揚げ餃子と比べてもヘルシーなので、女性にも大変おすすめです。

 

温圓(タンユエン)

中国南部では、主食がお米ということもあり、

水餃子ではなく温圓と呼ばれるものを食べます。

 

餡子やごまなどの具が入った白玉団子の入ったスープで、

満月のように丸く、銀元のように白いことから、

幸せの象徴の縁起物として扱われています。

 

糖年糕(タンニェンガオ)

日本で言うお餅にあたる食べ物です。

糕(ガオ)が「高」と同じ読みであることから、

運気や収入が高まるという縁起を担いで春節に食べられています。

関連記事:宝くじが当たる買い方のコツ!高額当選者の買い方は?

 

縁起物の食材

日本にも、おせち料理で豆やれんこんなどの縁起物の食材を使いますが、

中国にも同様に縁起物と考えられている食材があります。

 

魚は「余」と同じ読みで、毎年余裕のある生活が送れるという意味を持つ。

 

赤身肉

赤は「鴻(幸)」と同じ読みで、幸運に恵まれるという縁起を担いでいる。

 

鶏肉

鶏と「吉」の発音が似ていることから。

 

白菜

財を成すという意味の「百財」と発音が似ていることから。

 

麺類

細く長く、長寿を願うという意味から。

 

発音が似ている、語呂合わせによる縁起担ぎは、日本と同様ですね。




スポンサーリンク





関連記事:古い財布の処分方法!風水では?保管や再利用についても詳しく解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

春節とは中国での旧正月のお祝いのことで、

法令によって7日間のお休みが定められています。

中国の方にとっては新暦のお正月よりも盛大にお祝いする行事で、

爆竹や花火を盛大に鳴らして迎え、家族みんなで集まって食事などをします。

 

また、旧暦のお祝いということもあり、

毎年春節の期間はずれていきます。

2019年の春節の期間は、2月4日から2月10日までとなっています。

 

その時期には日本への中国人旅行者も増えることが予想されますので、

予定を立てるときは少し早めの行動を心掛けるとよいかも知れませんね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ