お内裏様の帽子の名前は?烏帽子?意味は?

女の子のお祝い事であるひな祭り、

別名桃の節句は3月3日にやってきます。

 

女の子がいるご家庭では、ひな祭りに

ひな人形を飾らなければ「お嫁に

行き遅れる」という言い伝えがあることも

あり、みなさん必ずひな人形を

飾られるのではないでしょうか。

 

ひな人形を飾ると、やはり注目されるのは

どうしてもお雛様ですが、お雛様のとなり

には必ずお内裏様がいますよね。

 

お内裏様は基本的に帽子をかぶっている

のですが、みなさんどんな帽子だったか

覚えてらっしゃいますか?

 

昔の人が被っている帽子だから・・・

烏帽子?

 

今回はそんなお内裏様が被っている

帽子について、その意味合いなども

一緒にご紹介していきたいと思います。




スポンサーリンク






お内裏様の被っている帽子は烏帽子?名前とその意味は何?

 

View this post on Instagram

 

増村人形店-松屋町-さん(@masumuradoll)がシェアした投稿

お雛様の隣りに必ず一緒にいるのが

お内裏様です。

 

そんなお内裏様の風貌で最も目立っているのが、

お内裏様の被っている帽子ではないでしょうか。

 

なんといっても高さがありますからね。

 

ところでこの帽子、なんと言うかお分かりですか?

 

お内裏様の被っている帽子が「烏帽子(えぼし)」

だと思われている方は結構いらっしゃるのでは

ないでしょうか?

しかし、実はあの帽子は烏帽子ではないのです!

 

では、一体なんなのでしょう?

 

お内裏様の帽子は烏帽子ではない!?

多くの人が烏帽子だと認識していたであろう、

お内裏様の被っている帽子。

 

実は、烏帽子ではないんですよ!

 

烏帽子でなければ、なんなのか?

 

実はあの帽子の名前は「冠(かんむり)」

と言うのです。

 

冠と聞くと、どうしても西洋の王様などが

被る被り物を想像してしまうかもしれませんね。

 

しかし、冠というのは江戸時代のころから

ある一定の身分の人間たちが被る被り物

として被られてきたものなのです。

 

「冠」とは?

江戸時代のころには、公家や武士といった

身分の人たちが冠を被る慣例というのが

ありました。

 

それは、朝廷に赴くときです。

 

朝廷で大切な、特別な行事があるとき

には冠を被らなければならなかったのです。

 

雛人形が今のような形で広まり始めたのも

江戸時代頃だったということなので、

ひな人形にはその時代のファッションが

反映されていたということになりますよね。

 

ちなみに、烏帽子というのは冠とは

真逆のようなもので、日常的に被る

被り物のことを指します。




スポンサーリンク






「立纓」とは?その意味合いは?

ちなみに、お内裏様の被っている冠は冠でも、

お内裏様の被っているそれには

別名があります。

 

その名も、「立纓(りゅうえい)」です。

「立纓」というのは、天皇以外は

被ることが許されていない冠なのです。

 

つまり、お内裏様というのは天皇を

模している人形ということになります。

 

それもまた意外な事実だったかもしれませんね。

 

ちなみに、お内裏様が天皇ということは

お雛様というのは皇后という立場である

ということもここから分かります。

 

立纓という冠は、江戸時代の頃から天皇が

被り始めた帽子なのです。

 

立纓の「纓」というのは、冠の付属具の

名称であり、背の中央に向かって垂らす

部分のことを言います。

 

この部分は、他の冠にも付いています。

 

しかし、天皇の被っている冠に付いている

纓にはある特徴があります。

 

それは天皇の被っている「立纓」という

名前からも表われています。

天皇の被る冠の纓は、直立しているのです。

 

纓には、その冠を被る人の身分によっても

いろいろと特徴があります。

 

天皇以外の皇族が被る冠に付いている

垂纓や、随身が被る冠に付いている巻纓

なんかがそれにあたります。

 

何故「烏帽子」と間違われるのか

実は形も烏帽子と冠では少し

異なるのですが、では何故多くの人が

お内裏様の被っている帽子を烏帽子

だと認識しているのでしょうか?

 

これはあくまでも憶測ですが、この当時の

貴族や偉い立場にあった人たちが被っていた

帽子というのは烏帽子であるというイメージ

が世間一般的になっていることと思います。

 

テレビや漫画などで見る、当時のそういった

人たちが被っている帽子はどれを見ても

烏帽子ですからね。

 

そういったことから、お内裏様の被っている

帽子も烏帽子であると私たちが勝手に

思い込んでしまっていたのかもしれません。




スポンサーリンク





お内裏様の身に付けているものと、その意味とは?

お内裏様が被っている帽子が「冠」

であるということはお分かりいただけました

よね。

 

では、お内裏様の身に付けている他の

ものはどんなものなのか、ご存知ですか?

 

冠同様、身に付けているものにはそれぞれ

意味もあります。

 

次に、そんなお内裏様の身に付けている

ものについて、その意味も一緒に

ご紹介していきたいと思います。

 

冠に使われる「巾子(こじ)・笄(こうがい)」は、どんなもの?

お内裏様の髪型に関することですが、

お内裏様は髪を上にあげてまとめ、

立たせた髪型をしています。

 

これはいわゆるちょんまげです。

 

このちょんまげの髪型は、冠の中に

まとめ上げているわけですが、冠の

にはそのちょんまげを納め入れる

「巾子(こじ)」と呼ばれる部分があります。

 

これは、冠の頭頂部に高く突き出ている

部分のことを指します。

 

また、巾子の中に納め入れられた髪と

冠を固定させる必要があるのですが、

この固定するための道具として「笄

(こうがい)」と呼ばれる、細長い棒状の

ものを使うのです。

 

お内裏様の衣装は、どんなもの?

ひな人形で飾られるお内裏様は

決まって袴を着ています。

 

それは、ひな人形が流通していた当時の

服装というのがそれだったからということが

関係していますね。

 

この袴には正式名称があります。

その名も「束帯(そくたい)」です。

この束帯は、当時の正装として着られていた

服装なのです。

 

この束帯は平安時代の頃から着られていた

衣装です。

 

天皇やその他偉い立場にあった役人の人たちが

朝廷で行われる公事のときに着ることが決められており、

言わばその当時の男性の一番正式な衣装だったという

わけなのです。

 

今でいう燕尾服のような役割だったということ

でしょうか!?

 

袴を何着にも重ね着しており、この袴は

身分や年齢によってその素材や生地が

異なっていたのだそうですよ。

 

何着にも重ね着した袴の上からは、

石帯と呼ばれる革で作られている帯び

を腰に巻きます。

 

これが本来の正装の姿なのですが、最近では

この石帯は省略されることが多くなってきている

ようなのですけどね・・・。

関連記事:雛人形の処分や供養の仕方!時期や無料の方法についても詳しく解説!

 

お内裏様が持っているものは、なに?

どのお内裏様も基本的に必ず手に

持っているものがあります。

 

それは、「笏(しゃく)」です。

笏は、束帯を着る人が持つものとして

決められていたアイテムなのです。

 

笏は別の書き方として「尺」とも

書くことがありますが、これは笏の

長さが一尺であることからきているのでは

ないかということも言われています。

 

また、笏には持ち方のルールというのがあり、

正しくは右手に持ちます。

 

一見、ただの木の板のように見える笏

ですが、実はこれには大事な役割があるのです!

 

笏は表向きでは「威儀を正す」といった

意味合いがあるとされていたのですが、

本来は違った意味合いが持たれていました。

 

実は、笏の裏側(持っている人に向いている側)

には、その日行われる儀式の順序であったり

必要事項を書き記していたんだそうですよ。

 

つまり、笏というのはカンペだったのだということ

ですね。

 

束帯を着る文化が無くなってしまった現在でも、

神職に就く人が持つものとして笏は存在しています。

 

また、先に笏は右手で持つのが正しいということ

をご説明しましたが、出雲大社では両手で

持つのが伝統とされているようなんです。

関連記事:初節句はいつやるの?仏滅の時は日にちをずらす?

 

お内裏様の腰にある「飾剣(かざたち)・平緒(ひらお)」は、どんなもの?

お内裏様の腰部分にはとあるアイテムが

身に付けられています。

 

まずひとつめは、「飾剣(かざたち)」です。

 

これは、正装のときに必ず身に付けることが

決められているアイテムなのです。

 

飾剣は読んで字の如くで、飾りの剣なので、

刀身に刃をつけていない状態のものです。

 

あくまでも儀式用のものなので、そのような

形だったのでしょう。

 

物によっては、珠が装飾されたものも

あったのだそうですよ。

 

そしてふたつめが、「平緒(ひらお)」です。

 

これは、飾剣を身に付ける際には必ず一緒に

身に付けるアイテムです。

 

飾剣を腰に据えるために、これを垂らすのですが、

形状は細い帯のような形をしています。




スポンサーリンク





関連記事:五月人形はいつからいつまで飾る?年齢は何歳まで?

最後に

いかがだったでしょうか。

 

恐らく多くの人が「烏帽子」だと

思っていたであろう帽子、あまり

聞き馴染みのない「立纓」というもの

であるということを今回初めて知った

という方はたくさんいらっしゃるのでは

ないでしょうか!?

 

また、お内裏様は天皇を模した人形

であるということにも驚きましたよね。

 

今度、ひな人形を出すときにお内裏様の

被っている帽子や身に付けている物について、

お子さんにも鼻高々に教えてあげてくださいね!



スポンサーリンク

サブコンテンツ