卒業旅行中学生だけで行ける?ホテルに泊まれる?日帰りなら?

中学校を卒業したら、進路がバラバラになってしまう友達も多いですよね。

 

ですから「中学生活の最後に、大切な友達と卒業旅行をして思い出を作りたい!」と

思う中学生はたくさんいます。

 

でも、中学生はまだ未成年です。

卒業旅行と言えど、中学生だけでホテルに泊まるというのは色んな意味で

中々難しそうですよね。

 

そこでここでは、中学生だけでもホテルに泊まれるのか、

またホテルに泊まらず日帰りだとどういう場所が卒業旅行におすすめかなどを説明します。




スポンサーリンク






中学生だけの卒業旅行、親の意見は?

卒業旅行って素敵ですよね。

ただ、中学生は未成年なので色々問題もあります。

 

中学生だけで卒業旅行をする場合、まず一番重要な関門が「親の同意」です。

いくら中学生が泊まれるホテルがあったり泊まりではなくただの日帰りであっても、

親が「ダメ!」と言えば卒業旅行には行けません。

 

では実際の所、「中学生だけの卒業旅行」について、親はどう考えているのでしょうか。

 

実はこれは誰と行くか・ホテルに泊まる(1泊する)かどうかというケースで

賛成と反対が大きく変わるので、まとめてみます。




スポンサーリンク






中学生だけの卒業旅行、親の意見は?①男子だけの卒業旅行

まずは、「男子中学生だけ」で行く卒業旅行の場合です。

中学校ではよくつるんでいる仲の良い男子グループはちらほら見かけますよね。

 

この子達が「自分達だけで卒業旅行に行きたい」と言った場合、

基本的には「OK」と言う親が多いです。

日帰りは勿論の事、ホテルに泊まる1泊2日の旅行も

おおむね「良し」を出される場合が多いです。

 

それはなぜでしょうか。

中学生はまだ未成年なので心配な部分も多いですが、それでもOKという親が多いのは

「男の子だから色々学んでほしい」という理由が多いです。

 

卒業旅行はただの楽しいイベントに感じますが、大人という引率者がいない分、

社会勉強の宝庫です。

例えば

ある時間までにある場所へ着くという計画を立てる。

(遅刻すると友達に迷惑をかける為、自分の行動に責任を持つようになる)

 

電車やバスに乗る。

(公共交通機関の乗り方や時刻表の見方が分かるようになる)

 

帰り賃を残しておかないといけないので、自分の所持金の許容範囲で買い物をする。

(無駄遣いせず、お金の使い方を吟味できるようになる)

 

どうでしょうか。

これらの事は、大人になって働き始めたら重要になってくるものばかりですよね。

 

中学生だけで旅行をするというのは、

1泊するのでも日帰りでも社会で生きていく上で

かなりの勉強になります。

 

特に男の子は「お金の使い方がよく分かっていない」という子も多いので、

卒業旅行で自分の行動を見つめ直すきっかけになってほしいと思う親も多いようです。

 

まとめますと、男子中学生だけの卒業旅行の場合、

・日帰り→OK

・ホテルで1泊→OK

 

という場合が多いです。

中学生だけの卒業旅行、親の意見は?②女子だけの卒業旅行

次は、「女子中学生だけ」で行く卒業旅行の場合です。

 

「仲良しグループ」というと女子の方が強いイメージがありますよね。

 

男子中学生だけの卒業旅行では日帰りもホテルで1泊もOKな親が多かったですが、

女子中学生だけの場合はどうでしょうか。

 

女子中学生だけの場合だと、「日帰りはOK」という親は多いですが、

「ホテルで1泊はダメ」という親がほとんどです。

 

ではなぜホテルで1泊はダメなのでしょうか。

 

それは、ホテルで1泊するという事は「親から離れた場所で夜を迎えるから」です。

男子と違い、女子は事件に巻き込まれやすい傾向があります。

女子で一番心配な被害が「暴行」ですね。

 

もしうっかり暴行などされてしまったら、それこそ一生の傷を負う事になります。

 

中学生は背伸びをしてみたい時期でもあります。

例え普段真面目でホテルに1泊させても問題なさそうな中学生でも、

卒業旅行となると親の目がない事もあって「ちょっと夜の町を探検してみない?」などと

はっちゃけてしまう事はあります。

 

また、女子中学生だけで歩いていると変な大人に目をつけられやすくなります。

 

そして中学生はまだまだ子供ですから、

うまい大人の口車に乗ってとんでもない目にあってしまう事も考えられます。

 

卒業旅行は確かに社会勉強になります。

 

ですがホテルに1泊するとなると、男子中学生と比べると、女子中学生だけの場合は

考えられるリスクが高すぎるのでダメという親が多いんですね。

 

まとめますと、女子中学生だけの卒業旅行の場合、

・日帰り→おおむねOK

・ホテルで1泊→ダメ

 

という場合が多いです。

 

女子の場合は「あれはダメ」「これはダメ」と制約が多く、

「男子はいいのに何で女子だけ…」と思う人もいるでしょう。

 

ですが現実問題女子の方が事件に合う確率の方が高いので、

これも「自分の身を守る為の社会勉強」だと思うようにしましょう。




スポンサーリンク





中学生だけの卒業旅行、親の意見は?③男女混合の卒業旅行

次は、「男子中学生・女子中学生混合」で行く卒業旅行の場合です。

 

仲が良いのは同性だけとは限りませんよね。

 

中学生は小学生からの持ち上がりですから、

小さい頃から仲良くなってそのまま友達、というグループというのは存在します。

 

では、男子中学生・女子中学生混合の場合の卒業旅行はどうでしょうか。

この場合、「日帰りはOK」、でも「ホテルで1泊は絶対にダメ」という親が多いです。

男子中学生・女子中学生混合の卒業旅行で

ホテルで1泊がダメな一番の理由は、「男女の間違いがあったら困るから」です。

 

まとめますと、男子中学生・女子中学生混合の卒業旅行の場合、

・日帰り→OK

・ホテルで1泊→絶対ダメ

 

という場合が多いです。

 

大人になれば好きなだけ男女で旅行できますので、中学生の内は我慢しましょうね。

中学生だけでホテルは泊まれる?

さて、これまでは「親の一般的な意見」を見てきました。

 

中学生だけでも、例えば男子中学生だけの場合などは

ホテルに泊まる事にOKを出してもらえる事があります。

 

でも親からOKをもらった所で、

ホテル側が「中学生はダメです」と言っていたらホテルに泊まる事はできませんよね。

 

では実際の所、中学生だけでホテルに泊まる事はできるのでしょうか。

 

答えは「そのホテルによる」です。

 

「中学生をホテルに泊まらせたらダメ」という法律はありません。

ですから本来であれば、例え中学生であってもお金さえ払えば

どのホテルでも泊まる事ができます。

 

ただ中学生は未成年なので、「子供の安全」を考えて

自主的に中学生の宿泊をお断りしているホテルがあります。

 

そう言ったホテルでは、中学生だけでは泊まる事はできません。

それは諦めましょう。

 

ただ、「中学生だけでもOK」というホテルもあります。

ですからもし中学生だけでホテルに泊まるなら、そのようなホテルを探すのが大事ですね。

そしてその場合、ホテルに泊まるのに「親の同意書」や「学生証」

などが必要な場合があります。

 

そのホテルによって何が必要か違いますので、事前に確認しておきましょう。

 

まとめますと、中学生だけでホテルに1泊する卒業旅行の場合は

以下のようなポイントを押さえておきましょう。

 

泊まる予定のホテルに事前に「中学生だけで泊まっていいか」確認する。

断られたら諦めて別のホテルを探す。

もしOKなら、必要な物(親の同意書や学生証)がないか確認する。

 

また、未成年が泊まれるホテルとして「ユースホテル」というものがあります。

 

これは手持ちの少ない子供でも気軽に宿泊できるように配慮されたホテルで、

日本だけでなく世界中にあります。

 

ただ、こちらは安い分普通のホテルよりかなり「セルフサービス」の部分が多いです。

例えば普通のホテルには当然のようにある

アメニティ(歯ブラシやタオルなど)はないですし、

布団も自分で敷かなくてはいけません。

 

そのようなホテルでもいい場合は、「ユースホテル」で探してみるのもおすすめです。

中学生だけの卒業旅行、ホテルに1泊と日帰り、どちらがおすすめ?

中学生だけで卒業旅行をしたいと思うのは、悪い事ではありません。

親に頼らず自分達で行動するというのは実質かなりの社会勉強になります。

 

とはいえ、高校生ならまだしも中学生だと「まだ少し早い」という側面もありはします。

 

では中学生だけの卒業旅行だと、

ホテルに1泊と日帰り、どちらがおすすめなのでしょうか。

 

まずはそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

【ホテルに1泊】

メリット

ホテルに泊まるという社会勉強ができる。

友達と夜も一緒にいる事ができる。

 

デメリット

ホテル代がかかる。

夜を跨ぐので事件に巻き込まれる可能性がある。

旅行計画が複雑になる。

1泊分の荷物があるので移動がやや不便。

親の同意を取り付けるのが難しい。

親への定期的な連絡が必要。

 

【日帰り】

メリット

荷物が軽い。

ホテル代がかからない。

安全。

・親の同意を取り付けるのが簡単。

旅行計画が簡単。

 

デメリット

特になし。

 

どうでしょうか。

ホテルに1泊するのは楽しいように感じますが、中学生だけでそれをやろうとすると

実質かなりのハードルがある事が分かります。

 

逆に日帰りは、デメリットがほぼなくメリットは多いです。

 

また、親の同意を得やすいというのは重要なポイントですね。

 

ホテルに泊まる同意をもらう時に親とひと悶着起こしてしまっては

楽しい卒業旅行ではなくなってしまいます。

 

ホテルに泊まるのは高校生からでも遅くはないので、中学生の時は

荷物も少なく計画も簡単に済み、お金も遊ぶ方向へ全て持っていける

日帰りの方がおすすめです。

中学生だけの卒業旅行、おすすめの日帰りスポットは?①テーマパーク

手間やお金、親の同意の事を考えると、

中学生だけの卒業旅行は日帰り旅行がおすすめです。

 

そこでここでは、中学生だけの卒業旅行でおすすめの日帰りスポットを紹介します。

 

まず最初は「テーマパーク」です。

テーマパークは遊ぶ場所なので、友達とワイワイ楽しむには正にうってつけの場所ですね。

 

テーマパークの有名どころと言えば、ディズニーランド、ディズニーシー、UFJなどです。

 

ただ、地方に住んでいるとこれらのテーマパークは中々遠くて

移動だけで時間がかかってしまいます。

 

さらにこれらは人気の施設で全国から人が集まってくるので、

アトラクションに乗るのにも時間がかかります。

 

例えばせっかくディズニーランドに来たのに移動に時間がかかって

実質遊べる時間は4時間だけ、しかも人が多すぎて乗り物は

どこも2時間待ちなんて事になると、

遊ぶ時間よりただ立って待っている時間の方が長くて楽しい卒業旅行にはなりません。

 

ですから有名どころに拘らず、移動時間と遊べる時間を計算しつつ

近場で遊べるテーマパークを探してみましょう。

中学生だけの卒業旅行、おすすめの日帰りスポットは?②日帰り温泉

卒業旅行で、「はしゃぐよりはのんびり時間を過ごしたい」という時は、

「日帰り温泉」がおすすめです。

 

テーマパークの場合は遊ぶ時間が重要なので移動時間は短い方が良いですが、

温泉の場合は浸かるだけなので場所を遠くに指定して

移動時間を長めにして移動時間を楽しむのもいいかもしれません。

 

友達とワイワイ電車で旅をするのもいいですね。

 

ただ、この日帰りの場合「温泉」なので男女混合だと一緒に入る事はできません。

 

日帰り卒業旅行に温泉を選ぶ場合は

一緒に湯船につかる事のできる同性グループの方がおすすめですね。

関連記事:高校生の卒業旅行!海外でおすすめの安い穴場は?

中学生だけの卒業旅行、おすすめの日帰りスポットは?③日帰り体験(モノづくり)

「卒業なので、何か記念になるものを作りたい!」と思う人もいると思います。

そこでおすすめなのが、日帰りで行く「モノづくり体験」です。

 

自分だけのお皿を作ったり革で財布を作ったりと、今は色んな「体験教室」があります。

テーマパークなどでただ遊ぶのもいいですが、何か手作業をしながらみんなで

作品を作るのも中々面白いですよ。

 

その場合、卒業旅行は1日だけ(日帰り)なので、

1日でできるものや完成品を郵送(取りに行く必要がない)してくれるものがいいですね。

関連記事:高校生の卒業旅行の予算相場は?ディズニーの場合は?

中学生だけの卒業旅行、おすすめの日帰りスポットは?④旅行会社の日帰り旅行ツアー

「友達と卒業旅行に行きたいけど、自分達で色々計画を立てるのは難しい」

「公共交通機関を乗り継いで自分達だけで無事目的地に着けるか不安」という場合は、

いっそ旅行会社のツアーに参加するのも手です。

 

旅行会社は何泊もする旅行だけでなく日帰りの旅行も扱っています。

しかも日帰りと言えど「〇〇食べ放題ツアー」や「〇〇体験ツアー」など

プランもかなり充実しています。

 

電車の乗る時間や利用する施設の予約も全て旅行会社が行ってくれますので、

とてもお手軽ですよ。

 

色々計画を立てるのが面倒くさいという人は、旅行会社に頼ってみるのもおすすめです。




スポンサーリンク





関連記事:中学生・高校生の頭皮が臭い!シャンプーでおすすめをご紹介!

最後に

中学生だけで卒業旅行をするなら、日帰りがおすすめです。

 

ホテルで1泊する事もできなくはありませんが、

手間やお金や親の事を考えると中学生でそれをやるのは

デメリットが大きいように感じます。

 

日帰りなら計画も簡単に済むのでトラブルになる事も少なく

純粋に友達とワイワイ楽しむ事ができますよ。

 

ぜひ日帰りで卒業旅行を楽しんでみてくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ