三寒四温は春だけでなく秋にも使う?逆の言葉はあるの?

冬から春にかけての寒さと暖かさが入り乱れる気候を「三寒四温」と言ったりしますが、

その意味を正確に理解して使いこなしている方は意外と少ないです。

秋から冬にかけても同じような気候になりますし、

三寒四温は春だけじゃなく秋にも使えるの?と疑問に思うこともありますよね。

 

そこで今回は、使い方の難しい「三寒四温」の言葉の意味について解説していきます。

なぜ三寒四温という言葉になったのか、

逆の意味の言葉はあるのかなどについてもまとめています。

三寒四温は少し難しい言葉ですが、

正しく使えるとかっこいいのでこの機会にぜひ学んでしまいましょう。




スポンサーリンク






三寒四温って何?春の言葉?それとも秋の言葉?

三寒四温の意味

三寒四温とは、「三日寒い日が続き、四日暖かい日が続く」という意味で、

この七日間の周期で天候が変化しながら春に近づいていくという

春先の気象の状態を示している言葉になります。

一般的に、寒い日は晴れで暖かい日は天気が悪くなります。

 

もともとは中国北東部や朝鮮半島におけることわざで、

冬場、シベリア高気圧の勢力がほぼ七日間の周期で

強まったり弱まったりすることからきています。

それが日本付近の天候にも影響を与えるため、

日本でも同様の言葉が使われるようになりました。

 

ただ、日本の天候はシベリア高気圧だけなく太平洋の高気圧の影響も受けるため、

中国東北部や朝鮮半島のようにきれいに周期的な天候にはなりにくいです。

実際に三寒四温の天候になるのは、1シーズンに一度あるかないかという程度です。

 

三寒四温は春に使う?秋に使う?

日本で三寒四温の気候が見られる可能性が高いのは、

気温の変化が見られやすい2月頃、つまりは春先です。

 

そのため、春に三寒四温という言葉が用いられることが多いのですが、

先ほど紹介したように本来の三寒四温の時期は冬なので、

本来の意味では間違いということになります。

 

また、秋頃も気温が変わりやすいので、

「三日寒い日が続き、四日暖かい日が続く」という周期を繰り返しながら

徐々に寒くなっていくという解釈をして、

秋でも三寒四温という表現をすることもありますが、これも正確には誤りなのです。

 

元々の三寒四温は春でも秋でもなく、「冬」の言葉と覚えておきましょう。

ただ、日本の真冬には三寒四温の気象状況がないため、

三寒四温には「だんだん暖かくなる気候」という広い意味が加えられたのです。

 

そのため、早春に使うというのは日本においては正解ということです。

ただ、秋に使うのは、本来の意味からも現在の広義からも外れているので、

誤った使い方と言えるでしょう。

 

実際、天気予報などを注意深く聞いていると、

2月頃には三寒四温という表現が用いられることがあります。

気象予報士の考え方によって三寒四温という表現を用いるかどうかが分かれるようなので、

天気予報を聞くときに少し意識して見ると面白いかもしれません。




スポンサーリンク






三寒四温の正しい使い方!

三寒四温の使い方

「三寒四温」という気象状況は、日本ではほとんど起こらないと紹介しました。

それでは、一体どんなときに三寒四温という言葉を使えば良いのでしょうか?

 

それはずばり、手紙の挨拶です。

三寒四温は手紙の「拝啓」に続いて使える時候の挨拶になります。

普段手紙を書かない方でも、例えば結婚式の挨拶状など、使える場面は意外とあります。

 

一般常識の一つとして、三寒四温の正しい使い方を知っておくと良いでしょう。

いくつか例文を紹介しておきます。

 

「三寒四温の季節となり、春の兆しが感じられる時節となりました。」

三寒四温を「だんだん暖かくなる気候」として使っています。

 

「三寒四温の季節柄、風邪など召されませぬようご自愛ください」

三寒四温を「寒さと暖かさが繰り返される気候」として使っています。

 

「三寒四温の候、体調を崩されること無く新年をお迎えのことと存じます」

1月頃にもこのような新年の挨拶も兼ねた使い方ができます。

 

基本的には、2月ごろの春先に使うのが正しい使い方です。

「気温が変わりやすく体調を崩しやすい」、「寒さのピークが過ぎ、春が近づいている」

といった意味合いで使うと、意味を外しにくいでしょう。

 

「三寒四温もまだ遠く、寒い日ばかりが続きますがお元気でしょうか」

ちなみに、まだ時期的に三寒四温ではないけど、挨拶として使ってみたいというときは

こういう使い方もありです。

 

また、言葉の使い方というものは、時代と共に変化することも多いです。

実際、この三寒四温を本来の正しい意味で使う方は少数で、

春に使ったり秋に使ったりする方が多いのが現実です。

いずれは春や秋に使うのが正しい言葉として広まる可能性も、ないとは言えないでしょう。

 

三寒四温の使い方 例外編

三寒四温の使い方は、気候を表すだけではありません。

 

寒い時期と暖かい時期を繰り返すことを景気の上がり下がりにかけて、

経営者などがコラムやインタビューなどで用いることもあります。

同様に、CFDやFXなどの価格変動にも用いられることがあるなど、

業界用語としての三寒四温の使い方があります。




スポンサーリンク





関連記事:虫の知らせとは?意味や語源・使い方について詳しく解説!

三寒四温の逆の言葉はある?

三寒四温は、だんだん暖かくなってくる気候の状態を表す言葉です。

それなら、だんだん寒くなってくる気候の状態を表す、

逆の意味の言葉もあるのでは?と思いますよね。

 

結論から言うと、三寒四温の逆の意味をもつ四字熟語はありません。

由来から考えれば納得かと思いますが、

そもそも三寒四温はシベリア高気圧によって実際に起こる気候を表した言葉で、

この逆の気候というものがない限り、逆の言葉も生まれませんよね。

 

ただ、四字熟語以外で見てみると、いくつか寒くなっていく状態を表す言葉もあります。

 

「向寒(こうかん)」

「寒(かん)」というのは一年で最も寒い時期のことを指し、

そこへ向かう状態、日増しに寒くなることという意味になります。

一般的には11月から12月上旬の手紙の時候の挨拶としても用いられます。

 

ちなみに、向寒の逆の言葉としては「向暑(こうしょ)」が当たります。

 

「ひと雨ごとに秋も深まり…」

秋口には、雨が降る度に冬に近づいていく感じがしますよね。

そんな気候を表した言葉がこの言葉になります。

徐々に寒くなっていく9月頃に使う時候の挨拶です。

関連記事:ピンキリ語源や使い方!ピンの意味は?どっちが上?

 

ことば検定「語彙」編

朝の情報番組の某人気コーナー「ことば検定」が書籍化したものになります。

知っているようで、細かく聞かれたら困ってしまうような言葉達が、

いまやテレビで見ない日はない林先生の丁寧な解説付きで紹介されています。

 

言葉の由来や語源と一緒に学べるので、記憶にも定着しやすいですし、

言葉毎にさくっと読めるので隙間時間のちょっとした勉強にもおすすめです。

日本語力は一朝一夕ではなかなか身につきませんが、

こういった書籍で楽しみながら勉強できると良いですよね。

 

美しい日本語と正しい敬語が身につく本

三寒四温のような時候の挨拶など、日本語は美しい表現に溢れています。

こちらの書籍には、時候の挨拶を始め、和の色や「おいしい」の様々な表現などなど、

ひとたび読めば実生活でも絶対に使いたくなる日本語がたくさん掲載されています。

 

手紙やメールの常識から、大人のSNS文章術まで、分かりやすく解説されているので

普段の文語表現を見直す良い機会になると思います。




スポンサーリンク





関連記事:七七七の漢字㐂の意味や読み方・変換の仕方は?名前に使える?

最後に

いかがでしたでしょうか。

三寒四温は「三日寒い日が続き、四日暖かい日が続く」気候の状態を表す言葉です。

もともとは中国東北部や朝鮮半島の気候が元になっているため、

日本の気候に照らし合わせるとあまりぴったりくる時期がありません。

だからこそ、春に使うのか秋に使うのか、なんて疑問が生まれるわけです。

 

手紙の時候の挨拶などで使う場合には、2月前後の冬に用いるのが一般的です。

秋や春に使ってしまうと、常識知らずと思われてしまうかも知れないので注意しましょう。

 

また、気候を表す言葉である都合、完全な逆の意味の言葉もありません。

逆の意味に近い言葉としては、「向寒」や「ひと雨ごとに秋も深まり」などがあります。

どちらも手紙の時候の挨拶として使えるので、

季節に合わせた上手な言葉選びをしながら、大人なやり取りをしてみてくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ