節分にめざしと柊を飾る由来と意味は?飾り方や時期は?

節分の時期になると、めざしと柊を飾っているご家庭を見かけたことがありませんか?

当たり前のように飾る風習があるという方もいれば、

一体何のために飾るの?と疑問に思う方もいると思います。

しかしこの風習の由来は平安時代にまで遡る、歴史のある文化なのです。

 

そこで今回は、節分にめざしと柊を飾る由来と意味について解説していきます。

飾り方や飾る時期についても紹介していますので、

興味がある方はぜひ挑戦してみてください。




スポンサーリンク






節分にめざしと柊を飾る由来と意味は?

節分にめざしと柊を飾る意味

節分になると、柊の枝にめざしを刺して飾るという風習があります。

めざしというのは、いわしの丸干しを棒などで刺して連ねたものです。

そのとき目のあたりに棒を刺すことから、めざしと呼ばれるのです。

 

これには、節分の鬼を払うという意味があります。

めざし(いわし)は魚の中でも臭いがきつい部類に入り、

特に焼いたときの臭いとその煙を、鬼が嫌うと考えられていました。

 

また、柊の葉っぱは尖っていて、これが鬼の目を刺すという意味があります。

 

このように、鬼の嫌うめざしと柊を組み合わせることで、

節分の鬼を払う強い効果を得ることができるのです。

 

また、鬼というのは「邪気」と解釈され、

めざしと柊を飾ることで邪気払いの意味があります。

「門守」と呼び、魔物や災難を避けるためのおまじないとしても使われる場合もあります。

 

節分にめざしと柊を飾る由来

節分にめざしを飾るという風習の由来については、平安時代から記録があります。

ただ、最初はめざしではなく「ボラ」が用いられていました。

かの有名な土佐日記にも、しめ縄に柊の枝とボラの頭を刺している描写があります。

 

江戸時代には、民衆にもこの風習が広まっていたようです。

ボラがいつどのようにしてめざしに変わったのかという由来は定かではありませんが、

恐らく、ボラよりもいわしの方が家庭で使われやすい、

手に入りやすいといった事情から、現代のめざしを飾るようになったのでしょう。

 

また、めざしは臭いが強いので、

家に飾るのではなくいわしを食卓に並べて食べてしまうというところもあります。

食べることで体の中の邪気を追い出す効果を期待しているのでしょう。

ただ、このようにめざしを飾るのではなく食べるという風習の由来については、

いつどこで始まったのかなどの詳しい情報がありませんでした。

 

ちなみに、この風習は西日本が一般的に多いと言われています。

東海、関東地方でも一部に見られます。

給食のメニューとしていわしが出るところもあるようです。

徐々に広まっているようですので、今はそんな風習が無い地域でも、

そのうち節分の時期にめざしがスーパーに並ぶ光景が見られることがあるかもしれません。

 

国産めざし36本1ケースセット

頭も骨も食べられるマイワシの丸干しセットになります。

13cm前後で食べ応えもしっかりありますし、

頭をめざしとして再利用することも可能です。

36本となっていますが、冷凍でのお届けになりますので、

保存もしやすいのでご安心ください。




スポンサーリンク






めざしと柊の飾り方は?時期はいつ?

めざしと柊の意味や由来も大切ですが、

実際の所気になるのは、やはり飾り方ですよね。

縁起物として飾るわけですから、飾り方やいつごろ飾るのかという時期も重要です。

続いては、めざしと柊の飾り方・時期について解説していきます。

 

めざしと柊の作り方

めざしの飾り方の前に、作り方を紹介します。

作り方はシンプルなので、安心してください。

 

いわしの頭を用意して焼く

葉付きで、いわしの頭を刺しやすいサイズの柊の枝を用意する。

焼いたいわしの頭のエラから目に向かって刺す。

 

これでめざしは完成です。

柊は目の方からではなくエラの方から刺すというのがポイントになります。

 

柊南天 樹高80cm前後

柊の枝を用意すると言われても、道ばたに落ちているものでもありません。

このような柊を購入して使うのが簡単で良いでしょう。

植えているだけでも厄除け、縁起木としての意味があるので、

1年間植えておき、節分の時期に買い換えてめざしに利用するというのも良いでしょう。

 

めざしの飾り方

めざしは、鬼が家の中に入ってこないように置くので、

玄関扉の外や軒先に飾るという飾り方が一般的です。

ただ、めざしの風習を知らない人からすると不気味に見えてしまうこともありますし、

アパートなどでは隣が近いので独特な臭いの問題もあります。

そのため、玄関の内側に飾るという飾り方をしている家庭も多いです。

 

また、どのように飾るかという細かい飾り方の決まりはありません。

ドアノブにくくりつけても良いですし、

花瓶のようなものに刺して置いてもよいでしょう。

自宅に都合の良い飾り方をしましょう。

 

柊とめざしを飾る時期

柊とめざしを飾る時期ですが、これも地域によって様々です。

節分当日だけ飾り、翌日には外してしまうというのが一番多いようですが、

立春(2月4日ごろ)を過ぎた辺りまでは飾るというところもあります。

他にも、2月いっぱいは飾っておくというところや、

しめ縄のように翌年のめざしを飾るときまで、1年間飾るというところもあります。

 

飾り始めの時期についても、小正月(1月15日)から飾るという地域もあります。

 

そこまで厳密に時期が決められているわけではないですし、

雛飾りのように前日に慌てて作るのが良くないということもありません。

飾り方同様、飾る時期についても家族や地域に合わせて都合の良いようにしましょう。




スポンサーリンク





関連記事:節分の豆や箱の名前は?地域によって豆の種類が違う?

節分でめざしと柊を飾ったあとの処分の仕方は?

節分でつかっためざしや柊をどのように処分するかというのも、気になるところですよね。

厄除けや邪気払いとしてつかったものをそのままゴミ袋に入れてしまうことに

抵抗があるという方も多いでしょう。

 

最後に、役目を終えためざしと柊の処分方法について解説していきます。

 

神社で炊きあげて貰う

まず、めざしと柊の処分の仕方として代表的なのは、

神社で炊きあげて貰うという方法です。

正月飾りやお守りなども一緒に炊きあげてくれるので、

処分に困っていたものも合わせてお願いするのも良いでしょう。

 

ただ、どこの神社でも炊きあげてくれるというわけではないので、

事前に確認しておくのが安心です。

また、炊きあげの時期も神社によって様々なので注意して下さい。

 

塩で清めて半紙に包んで捨てる

わざわざ神社に足を運ぶのが億劫だという方は、

めざしと柊に塩を振りかけて清めて半紙に包んで捨てるという方法もあります。

半紙でなくとも、綺麗な白い紙でも良いです。

 

また、捨てるときは個別に燃えるゴミの袋を用意しましょう。

 

ヒマラヤ天然岩塩500g

ヒマラヤ山脈カルバーグ鉱山から採掘された岩塩を細かく砕いたものになります。

豊富なミネラルが含まれているのが特徴で、

癒やし、ヒーリング、浄化力にも優れているとも言われています。

そのため、お皿に盛り塩として利用したり、振りかけることでお清めの塩としても使えます。

 

使い終わった岩塩はバスソルトとしても利用でき、

天然岩塩の発汗作用で気持ち良くご入浴頂けます。

価格もお手頃でわざわざお清め用の塩を買うのに気が引けるという方にもおすすめです。

関連記事:節分の豆まきのやり方や作法!なぜ豆をまくのかついても詳しく解説!

 

灰になるまで焼いて埋める

役目を終えためざしと柊を焼いて捨てるという方法もあります。

どちらも有機物なので、しっかり焼いて灰にして、

庭に撒いたり、埋めたりという処分方法が可能です。

 

そのまま捨てる

そのまま捨ててもあまり気にならないという方は、もちろんそのまま捨てても良いです。

基本的にはめざしも柊も燃えるゴミとして出すことができますが、

地域によって特別な分別がある場合にはそれに従いましょう。




スポンサーリンク





関連記事:節分の由来や意味を子供向けに簡単に!起源はいつから?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

節分にめざしと柊を飾るという風習は、平安時代から続く伝統的な文化になります。

鬼が嫌う臭いのめざしと、鬼の目を刺す柊を玄関先に飾ることで、

鬼(邪気)を家から遠ざけるという意味があります。

 

また、作り方も簡単ですし、飾り方や飾る時期についても非常に自由度が高いです。

興味が湧いた方は、ぜひ今年からやってみてください。

 

これまであまり馴染みがなかった方も、この風習は徐々に広まっているので、

そのうちスーパーなどで見かけることがあるかもしれません。

一般常識の一つとして、頭の片隅にでも置いておいてくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ