節分の豆や箱の名前は?地域によって豆の種類が違う?

節分といえば、豆まき!

「鬼は~外!福は~内」と言いながら

ご家族や親しい仲間でワイワイ!

楽しい時間だったりもしますよね?

 

そんな節分の豆まきですが

この豆や豆を入れている箱の

名前ってご存知ですか?

 

また、節分の豆って

地域よって種類が違うなどという

噂もチラホラ。

 

今回はそんな節分の豆まきに使う

豆や箱について調べてみました。

節分の豆や箱の名前は?

地域によって豆の種類が違うって本当?

 

一緒に見ていきましょう!




スポンサーリンク






節分に豆を投げるのはなぜ?

「鬼は~外!福は~内!」の豆まき。

 

節分の行事として当たり前のように

行われていますが、そもそもなぜ

節分に豆を投げてまくという風習が

生まれたのでしょうか。

 

季節を分けると書いて、節分。

その字の通りもともとは

立春、立夏、立冬、立冬の前日のことを

節分と呼んでいたそうです。

 

ところが、旧暦では立春を新年としていたことから

立春の前日を主に「節分」と呼ぶことが増え

その後、室町時代になると「節分=立春の前の日」と

定着していったそうです。

 

また、冬から春に変わる時期である

この節分の時期は、様々な邪気がいると

考えられていたのだとか。

 

季節の変わり目などは体調を崩しがちですが

それらは全て邪気が原因であるとされていたそう。

 

この邪気を払う為に

行われていたのが「豆まき」で

この豆まきは平安時代に中国から伝わってきた

「追儺(ついな)」と呼ばれる儀式が

由来となっているそうです。

 

邪気を払う為に

 

魔目(まめ)を投げつけて

魔滅(まめ=魔物を滅ぼす)させる

 

という、語呂合わせから

豆を投げるようになったそうですよ。

 

また、家庭ではお父さんが

鬼役になることが多いですが

当時は、方相氏という名の役人が

鬼役となっていたそうです。

 

その後、江戸時代、室町時代になると

この儀式は「豆まき」として庶民の間に

広まっていったそうです。

 

邪気が多い季節の変わり目である節分に

豆をまいて邪気を払い、この豆を食べることで

厄除けや無病息災を願ったことが

節分の豆まきのはじまりになるそう。

 

本来は「鬼は~外!福は~内!」と

豆まきにまいた豆を拾って食べることが

正式な儀式になるようですよ。




スポンサーリンク






節分の豆の名前や種類は?

節分の由来や節分になぜ

豆をまくのかがわかりました。

節分は大昔から伝わる風習なのですね。

 

そんな節分にまく、豆。

この豆は何という名前で

どんな種類なのかご存知ですか?

 

見れば「これこれ!」と、わかるけど

豆の名前や、豆の種類は?

ひとつずつ見ていくことりにしましょう!

 

節分の豆の名前は?

まず、豆の名前から見ていきましょう。

節分の豆まきに使われる豆は

一般的には「福豆」という名前で

呼ばれていることが多いそうです。

 

地域によっては「節分豆」や

「鬼打ち豆」という名前で

呼ばれていることもあるそうですが

節分の豆を購入する際は

「福豆」で探すといいそうです。

 

節分の豆の種類は?

次に見ていくのは節分の豆の種類!

 

ひとことに豆といっても

様々な種類がありますが

節分の豆まきに使う豆は

「大豆」になるそうです。

 

なぜ、大豆なのかというと

昔は「米、麦、豆、ひえ、あわ」などの

五穀には穀霊が宿る為

生命力や魔除けの力があるとされていたそう。

 

昔はこの穀霊で

悪霊払いをしていたそうです。

 

特に、この五穀の中の

豆である大豆は

 

先の「魔目」の語呂合わせ

米などに比べると一粒が大きい

 

などから、悪霊を払うのに

最適であると考えられ

節分の豆まきには

大豆を使うとされたそうです。

 

節分の豆は炒った大豆でないとダメなの?

そうなのです!実はこの節分の豆!

大豆は大豆でも

炒った大豆でないとダメと

されているそうです。

 

その理由はふたつあって

 

1、「豆を炒る=魔目を射る

=魔物を滅ぼす」という語呂合わせ

 

2、豆まきでまいた大豆から芽が出てしまうことを防ぐ為

 

になるそうです。

豆まきでまいた大豆から芽が出る?

ちょっと「?」ですよね。

 

どういうことかというと

節分の豆まきでまかれた豆は

季節の変わり目の邪気を払う為に

まかれたものですよね?

 

この邪気を払う為に投げた豆から

再び芽が出てしまうのは良くないことだと

考えられていたそうです。

 

昔は家の中にも土間があったことから

節分でまいて拾い損ねた豆から

芽が出てしまうこともあったのだとか。

 

その為、万が一拾い損ねても芽が出ないように

炒った豆で豆まきをする習慣になったそうです。

 

スーパーなどで「節分用」として

市販されている豆は炒ってあるので

豆まきに使えますが、もし乾燥した大豆で

豆まきをする場合はご自宅で豆を炒ってから

豆まきをするといいそうですよ。

 

ちなみに、自分で炒った豆は

香ばしくてとても美味しいのだとか。

 

大豆とフライパンだけで

意外と簡単に炒ることができるので

大豆の炒り方も紹介しておきますね。

 

1、大豆をさっと洗ってゴミなどを取り除く

2、熱湯に2時間以上浸けておく

3、ザルにあけて水気をよくきる(最低でも1時間以上)

4、強火で水分を飛ばすように炒る

5、パチパチと音がし始めたら弱火にして時々混ぜながらさらに炒る(15分程)

6、焼き色が付いたらバッドなどにあけて冷ます

 

以上になります。

 

豆を水に浸ける時間等がかかりますが

手順としては簡単ですよね!

 

お子様と一緒にご自宅で炒った豆で

豆まきをするのもまた、

楽しい節分になりそうですよね!

ぜひ、次の節分はご自宅で炒った豆を使って

鬼退治をしてみてくださいね。

節分の箱の名前は?

節分の豆には色々な逸話があったのですね!

 

私は何も考えずに豆まきを

していましたが、大豆である意味や

炒り豆である意味など

知れば知るほど面白くて興味深いです。

 

そんな節分の豆ですがこの豆を入れる箱!

この箱は何という名前なのか

ご存知ですか?

 

四角い木で出来た箱・・これは

「升(ます)」という名前になるそうで

中でも、特に節分で使う升は

「節分升」という名前で呼ばれているそうです。

 

一般的に家庭では節分升を

使うことが多いようですが

神社やお寺などでは

 

高坏(たかつき)

三方(さんぽう)

柳井箱(やないばこ)

 

という名前の箱を使うことが

多いそうですよ。

 

ご自宅に升はありますか?

節分は毎年のことなので

ひとつ節分用に素敵な升を

用意してもいいかもしれませんよ!

 

 

天然木で作られた一合升です。

素敵ですよね!

豆まきにも気合が入りそうです!(笑)

 

もちろん節分の豆入れの箱としてだけでなく

お祝いの席やお酒のお供にも使えます。

 

また、木製ではないのですが

節分用の豆と小さな鬼のお面と

セットになった升もありますよ!

 

 

こちらは木製ではなく紙製の升になります。

 

お手軽に且つ、本格的に

節分の豆まきができちゃいます!

 

35g升と小さめなのですが

ご家族で楽しむくらいなら

十分かもしれませんよね!

 

小さな鬼のお面も上手に使って

節分ムードをグンと

盛り上げちゃってくださいね!




スポンサーリンク





地域によって節分の豆の種類が違う?

節分の豆まきの豆や箱について

見てきましたが、な、な、なんと!

節分の豆まきの豆は地域によって

その種類に違いがあるそうです。

 

どの地域も節分の豆まきは

炒った大豆をまいているわけでは

ないそうです。驚きですよね!

 

大豆以外にいったいどんな種類の豆を

まいているのか調べてみました。

 

地域によって違う節分の豆の種類!落花生をまいている地域もある!

節分に落花生が!?そうなのです!

落花生とは殻付きのピーナツになりますが

この落花生を節分の豆まきでまく地域もあるそうです。

 

具体的な地域としては

 

北海道

東北

九州(鹿児島県、宮崎県)

 

などの地域が、節分に豆ではなくて

落花生をまいているそうです。

 

私は知らなかったので

驚いてしまったのですが

地域によっては当たり前の習慣で

節分の時期に豆まき用に市販されているのは

落花生のみという地域もあるそうです。

 

とはいえ、理由を知ると納得ですよ!

なぜ落花生を節分にまくのか、

北海道や東北などの寒い地域の理由としては

 

落花生なら豆と違って、雪が積もっていても拾いやすい

落花生なら豆と違って、雪が積もっていても見つけやすい

落花生の方が豆よりも高カロリーで腹持ちがいい

 

などになるそうです。

雪が降り寒い地域ならではの

理由に納得ですよね。

 

また、九州の鹿児島県や宮崎県が

落花生をまく理由としては

「名産だから」に、なるそうですが

実は落花生の生産が多い地域は

 

1位 千葉県

2位 茨城県

3位 神奈川県

 

になるのだとか。

 

また、これらの地域が節分に落花生を

まいているのかというと、その答えはNO!

落花生の生産3トップのこれらの地域は

節分の豆まきには炒った大豆をまいているそうです。

 

千葉県や茨城県などの地域でも

節分には名産である落花生をまけばいいのに・・と

煮え切らない思いも残りますが、いずれにしても

落花生が嬉しいのは殻付きなので

まいたものも安心して食べられますよね!

 

と、いうことで!

次の節分の豆まきには

落花生を試みてみようかと思った

あなたの為に!

美味しい落花生のご紹介です。

 

 

先の落花生の生産1位の地域

千葉県産の落花生です!

 

さすが生産1位の地域の落花生は違う!

風味が豊か、食感が軽やか、甘さがしっとりの

三拍子が揃った美味しい落花生です。

 

パチンと割ったら

その風味がきっと漂ってくるはず!

 

ちょっと黒ずみがあるのが

この千葉県産の落花生の特徴で

ミネラルたっぷりの関東ローム層の

土壌に含まれる鉄分がこの黒ずみの理由で

これは美味しいサインになるそうです。

 

今度の節分は、まいた後も安心な

美味しい落花生でガツンと元気に

鬼退治をしちゃいましょう!

 

また、節分の豆まきの後は

豆を年の数だけ食べますが

落花生はひとつの殻に2つのピーナツが

入っていることが多いですよね?

 

殻付きのまま数えるのか

殻から出したピーナツを数えるのか

ふと、疑問に思ったのですが

これについては「殻付きのまま数える」そう。

 

なので、年齢によっては

けっこうな量のピーナツを

食べることになるそうですよ。

 

地域によって違う節分の豆の種類!まだまだある節分の豆の種類!

節分の豆まきにまく豆!

落花生で驚いていてはいけません!

 

なんと!節分の豆の種類には

様々なバリエーションがあったのです。

その種類とは

 

うぐいす豆

アーモンド

ピスタチオ

納豆

 

などなど。

ちょっとツッコミどころが、満載ですよね!

豆状なら何でもアリなのかな、と!(笑)

 

この中で意外と多かったのが、ピスタチオ!

 

特に「この地域の方達が・・」とか

「こういう理由でピスタチをまく」などはなく

ただ単純に、ピスタチオが好きだから

節分の豆まきにピスタチオをまく方がいるそう。

 

ピスタチオなら落花生と同様に殻付きなので

まいた後食べるのに衛生的だったりしますよね!

大きさも豆よりは大きめなので

見つけやすいかもしれません。

 

また、納豆については、

あのネバネバをどうやってまくの?と

思うところですが、乾燥したドライ納豆も

市販されているそうです。

 

節分の豆まきに、このドライ納豆を

利用されている方もいらっしゃるそうです。

 

せっかくやるなら好みのものを!

そう、考えて柔軟に節分の豆選びを

されている方も多くいらっしゃるようですよ。

関連記事:節分の玄関の飾り方!手作りできる?

 

地域によって違う節分の豆の種類!豆以外のものをまく地域もある!

節分の豆まき!炒った大豆から始まり

地域によっては落花生や、好みでピスタチオなど

様々な豆やナッツ類をまいている方が

いらっしゃるようです。

 

驚いてしまいましたが

柔軟に考えれば節分が

もっと楽しくなりますよね!

 

豆まきをしなくなっているご家庭も

多くなっている昨今ですから

堅苦しく考えずに、日本の古き良き

行事である節分をもっと楽しんでみても

いいのかもしれません。

 

とはいえ、実は地域によっては

豆類やナッツだけにとどまらない

パターンもあるそう。

 

節分の豆まきに

何をまいているのかというと

お菓子やお金!

 

これまた驚きですよね!

お菓子については静岡県や愛知県で

まかれていることがあるそうで

紙に包んだお菓子を節分の豆まきとして

まいているそうです。

 

確かにお子さんにしてみたら

炒った大豆をまかれるよりも

お菓子をまいてくれた方が

テンションも上がりますよね!

 

そんな理由もあってか、最近では

地域に関わらずスーパーなどでは

節分用に豆とお菓子のセットなどが

売られていることも多いそうですよ。

 

また、お金をまく地域は

主に広島県、北海道、鳥取県の

一部の地域になるそう。

 

地域によって、そのまき方は異なるのですが

やはりお金を紙やティッシュで包み

家の前や家の近所の三叉路などにまくそうです。

 

お金をまく習慣のある地域に住んでいたら

節分の翌日は落ちているお金はないか

チェックしてしまいそうですよね!

下ばかり見て歩いてしまいそうです・・。

関連記事:節分の豆まきのやり方や作法!なぜ豆をまくのかついても詳しく解説!

節分の豆が余ったらどうすればいい?

節分の豆まきの豆。

 

地方によって豆の種類が違ったり

自分の好きな豆の種類やナッツ類などをまいたりと

様々なようでしたが、やはり

一番多くまかれているのは炒った大豆!

 

地域による違いはあるものの

やはり炒った大豆を

節分の豆まきにまくのが王道と

されているそうです。

 

だけど、この炒った大豆・・余りませんか?

豆まきも終えて豆も年の数だけ食べたけど

まだ豆が余るといった現象は

意外と「節分あるある」のようです。

 

そこで、余った節分の豆をどうするか!

余った豆の利用法を最後にいくつか

紹介したいと思います。

 

実は様々なリメイク法があるようです・・

 

お味噌汁に入れて豆入りのお味噌汁に!

 

フライパンでバターと絡め、ガーリックパウダーをふって

ガーリックバター豆に!

 

フライパンでオリーブオイルとメープルシロップで絡めて、メープル豆に!

 

めんつゆ、砂糖、水で昆布と一緒に煮て、煮豆に!

 

醤油、お酒、和風だし、人参、油揚げなどと一緒にご飯を炊いて、豆ご飯に!

 

砂糖と水を鍋でトロトロに煮て豆を加えて、甘い豆菓子に!

 

豆をフードプロセッサーにかけて、クッキーやパウンドケーキに!

 

などなど。

 

意外と余った豆は色々な料理に

リメイクが可能!

甘いお菓子にしてあげれば

お子様も喜んでくれそうですよね!

 

そもそも豆は、とても身体にいいものですから

余った節分の豆は美味しくリメイクして

最後までしっかりと食べきることも大切!

鬼を退治できる元気な体作りをしていきましょう!




スポンサーリンク





関連記事:節分の由来や意味を子供向けに簡単に!起源はいつから?

最後に

節分の豆や箱の名前。

地域によって違う豆の種類について

見てきました。

 

節分は日本の伝統行事ですから

大事にしていきたいものですよね。

 

「この豆じゃないといけない!」と

決めつけすぎずに

楽しむことも大切なのかもしれません。

 

皆で元気に鬼退治を!

楽しい節分の日をお送りくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ