初節句はいつやるの?仏滅の時は日にちをずらす?

赤ちゃんが誕生すると、さまざまなお祝いの行事があります。

「初節句」もその一つで、お祝い行事の中でも盛大に行われることが多いです。

女の子は3月3日の桃の節句、

男の子は5月5日の端午の節句がその当日になるわけですが、

その赤ちゃんの誕生日によっては生まれて間もなく初節句を迎えてしまうこともあります。

 

お宮参りもしてないのに、初節句のお祝いをするの?

もし当日しないなら初節句はいつやるの?来年でも良いの?などなど、

暦で決まってしまう初節句にはいつやるのが適切なのか難しいところがあります。

また、年によっては初節句が仏滅に当たってしまうことも考えられますよね。

 

今回は、そんな初節句をいつやるのかという疑問にお答えしていきます。

初節句の基本的な知識もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。




スポンサーリンク






初節句はいつやる?生まれてすぐなら来年でもよい?

初節句とは

初節句とは、読んで字のごとく「生まれて初めて迎える節句」のことを言います。

節句というのは、女の子なら3月3日の桃の節句(ひな祭り)、

男の子なら5月5日の端午の節句(こどもの日)になりますが、

子供の健やかな成長を願い、ひな人形や五月人形を飾ってお祝いする行事です。

ちなみに英語では「Baby’s first annual festival」と言います。

 

他にも、生れて初めて迎える正月を初正月と呼ぶなど、

赤ちゃんは生まれてからの行事がすべて初めてなので、それぞれが特別に呼ばれます。

 

初節句はいつやる?生まれてすぐの場合は来年に持ち越してもよい?

子供が生まれてからの行事と言えば、お宮参りやお食い初めといったものもありますが、

これらはどちらも生後〇〇日という節目で行うため、

どの子供も同じくらい成長した段階で行われます。

 

しかし、節句は暦通りに訪れてしまうため、

その子の誕生日によっては初節句が生まれてすぐに来てしまうこともあります。

極端な話で言えば、3月2日に生まれた女の子は、翌日に初節句を迎えてしまいます。

そうなると、初節句はいつやるの?と疑問に思う方もいるはず。

 

そういったときは、初節句のお祝いを来年に持ち越すのも全く問題ありません。

初節句は家族みんなでお祝いできる最初の節句、と解釈すれば良いでしょう。

初節句のときには、ひな人形や五月人形を買って飾りたいという方も多いと思います。

生まれて間もないときにそれらを買うというのも、やはり大変でしょう。

 

また、食事会や祝い膳の手配などもする場合にはどうしてもバタバタしますし、

生まれてすぐにそんなあわただしくするのはいろんなリスクもあります。

 

初節句のお祝いは、厳密に初めての節句じゃなきゃだめ、ということはありません。

祖父母が初節句を心待ちにしているということもあるかもしれませんが、

お母さんや赤ちゃんの体調を最優先にしてください。

生後間もない場合などには、無理なくお祝いできるようになってからで良いでしょう。

 

一般に、生後1ヶ月以内(お宮参り前)、お食い初め前(生後100日以内)に

生まれた場合には翌年に初節句のお祝いをするというご家庭が多いです。

 

お食い初めというのは、

生後100日目に「一生涯食べ物に困らないように」という願いを込めて

尾頭付きの鯛などが載せられた祝い膳を家族で食べるという行事です。

昔は、この行事を済ませたあとから離乳食が始まっていました。

 

すなわち、これよりも前に初節句のお祝いをしても、

節句にちなんだ縁起物を赤ちゃんに食べさせることができないため、

初節句を翌年に持ち越すという考え方があるのです。

 

生後まもなくでなくとも、初節句の祝い方や各ご家庭の考え方に合わせて、

初節句をいつやるのかは柔軟に対応しても良いということです。




スポンサーリンク






初節句が平日の場合は日にちをずらしてもよい?仏滅の場合は?

日にちをずらす場合はなるべく前倒しで

先述の通り、初節句のお祝いの日にちは無理にその当日にする必要はありません。

男の子の場合はこどもの日が祝日になるので、

家族みんなでお休みという日にちになりやすいですが、

女の子の場合は3月3日の桃の節句が祝日ではないので、

家庭によっては当日に予定が合わせづらいということもあると思います。

 

もちろん可能であれば初節句の当日にお祝いするのが望ましいですが、

無理にでも当日にしなければならないというわけでもありません。

家庭や親族の予定が合う日にちを優先してお祝いの場を設けましょう。

 

ただ、祝い事の日にちをずらすときには、

遅れて行うのはあまり好ましくないとされています。

なので、例えば3月3日が平日で都合が付かないというときには、

その前の土日などをお祝いの日にちとして押さえるのが良いです。

 

とはいえ、3月3日の前の週の土日となると、

月末で仕事がかなり忙しいというご家庭もあると思います。

そういう場合には無理に前倒しでのお祝いでなく、

次の土日にお祝いをするというのでも問題ありません。

 

特に、夫婦と子供だけで初節句のお祝いをするというのなら、

あまり日にちにはこだわらず、無理なくお祝いできる日を待ちましょう。

 

一方で、祖父母なども招いてお祝いの席を設けようと思っている場合には、

事前に「当日のお祝いは難しそうだから〇日でも大丈夫かな?」などと

確認を取っておくのが良いでしょう。

 

家によってはお祝い事の日にちにこだわりがあるところもあります。

折角のお祝いのイベントで思わぬトラブルは避けたいですので、

その辺はしっかり手回ししておきましょう。

 

初節句が仏滅なら日にちをずらす?

結婚式など、自分で日にちを選べるお祝い事では、

仏滅を避けた日取りにするというのが一般的です。

ただ、初節句は暦で決まるので、仏滅と当たってしまう場合もあります。

そんなとき、日にちをずらした方がよいのか悩んでしまいますよね。

 

日にちをずらすかどうかは、

当然ですが、参加者に仏滅を気にする人がいるかどうかで決めましょう。

最近では結婚式でさえ、安いからという理由であえて仏滅にする人も増えています。

当人が別に仏滅でも大丈夫、ということであれば、日にちをずらす必要はありません。

 

もちろん、仏滅かどうかを気にする家もありますので、

仏滅を含めた六曜の基本的な内容は知っておくと良いでしょう。

 

六曜について

大安

「大いに安し」ということで、何事にも吉とされる日。

午前・正午・午後、一日を通して祝い事に向く日になります。

 

友引

「凶事に友を引く」ということで、勝負事では引き分けになるとされる日。

午前は吉、正午は凶、午後は吉とされています。

 

先勝

「先んずればすなわち勝つ」ということで、万事に急ぐと良いとされる日。

午前は吉、午後2時から6時は凶とされています。

 

先負

「先んずればすなわち負ける」ということで、万事に急がないと良いとされる日。

午前は凶、午後は吉とされています。

 

赤口

赤は火や刃物を表し、死を連想させるものに注意すべき日。

午前11時から午後1時は吉、その他は凶とされています。

 

仏滅

仏が滅するほどの大凶日。

午前・正午・午後、一日を通して凶とされています。

ただ、「物滅」として、それまでの物が滅び新しく始まる日という解釈をして、

何かを始めるのには適した日という全く逆のとらえ方をする考え方もあります。

 

 

初節句のお祝いは、その子にとって一生に一度の大切なお祝いです。

もしその子に何か不幸が起きたときに、

「仏滅に初節句のお祝いをしたからだ」というような気持ちになるかもしれないと

少しでも思うのであれば、初節句当日が仏滅であれば日にちをずらすのも良いでしょう。

結局はその家庭の考え方によりますので、

事前に話し合って価値観を揃えておくのがトラブルの予防になるでしょう。




スポンサーリンク





関連記事:お宮参りは夫婦のみで両親なしでもいい?抱っこは誰がするの?

初節句のお祝いに必要なもの!定番の料理も紹介!

初節句のお祝いの日にちについての考え方について紹介してきましたが、

実際に初節句のお祝いをするにあたって、何が必要なのか、

どんな料理を出したら良いのかという疑問もありますよね。

 

最後に、初節句のお祝いに必要な料理についても紹介していきますよ!

 

男の子の初節句に必要なもの

端午の節句は、男の子の健やかな成長と立身出世を祝う行事になります。

中国では5月は物忌みの月とされており、

邪気を払うために菖蒲湯(しょうぶゆ)に浸かったり、

菖蒲酒を飲んだりする風習がありました。

 

その風習が日本にも平安時代に伝わり、その後鎌倉の武家社会へと浸透していきました。

そして武士達は菖蒲を「尚武(武道・軍事を大切なものと考えること)」とかけて、

盛んに男の子の節句として祝うようになりました。

なぜ端午の節句に鎧兜?なんて思っていたかたもいるかもしれませんが、

こういった背景があったためです。

 

現代で端午の節句に家に飾るものと言えば、鎧兜、武者人形、鯉のぼりがあります。

昔はそれぞれなるべく大きなものを用意して飾るというのが多かったですが、

最近では家や庭のスペースの問題もあり、省スペースで飾れるものも増えてきました。

家の考え方や置く場所の雰囲気と合わせて選んで見ると良いでしょう。

飾るタイミングとしては、春のお彼岸が開けた頃から飾り始め、

5月5日が過ぎたらしまいます。

 

料理についてですが、端午の節句では伝統的に食べられている料理はありません。

ただ、中国伝来の「ちまき」や「柏餅」を食べると縁起が良いと言われています。

 

たっぷり中華ちまき

鶏脂、香味油、醤油でじっくり具材を煮込み、

さらにその旨みたっぷりの煮汁をもち米によく染みこませた炊きあげ、

それぞれを混ぜ込んだ中華ちまきになります。

もっちりふっくらで、大人から子供までだれもが好いてくれるでしょう。

 

また、国産のもち米、鶏肉を使用していますので、安心して召し上がって頂けると思います。

 

食べるときも電子レンジで温めるだけで簡単なので、

端午の節句のお祝い料理を作るときも手軽に出せますし、

普段のおやつやお夜食としても使えます。

関連記事:赤ちゃんのお風呂の時間帯は?朝・日中・夜のいつがいいの?

 

女の子の初節句に必要なもの

桃の節句は、女の子の健やかな成長を祝う行事です。

ひな人形を飾り、両家の祖母や親戚などを招いてお祝いするのが一般的で、

端午の節句よりも豪勢なお祝いの席となることが多いです。

 

ひな人形を飾るタイミングとしては、

まず立春頃から当日の1週間前くらいまでに出します。

節句当日の前夜に慌てて飾るのは、「一夜飾り」といって縁起が悪いとされていますので、

余裕を持って飾り始めるのが良いです。

また、3月3日を過ぎたらなるべく早く片付けるのが良いとされています。

 

お祝いの定番の料理としては、「ちらし寿司」が挙げられます。

具には「エビ(長生き)」、「はす(見通しの良い人生)」、

「豆(健康でまめに働ける)」などを用いるのが良いでしょう。

 

他にも、「はまぐり」が縁起物の食材として知られています。

はまぐりのような二枚貝は対となる貝殻しか合わないことから、

一夫一妻の願いを込めて、お祝い膳のお吸い物として添えられます。

 

そして、「菱餅」も桃の節句の代表料理です。

こちらももともとは中国から伝来した母子草のお餅から始まっており、

日本でよもぎ餅となり、江戸時代に菱を加えた白い餅が、

明治時代にくちなしを加えた赤い餅が加わり、現代の三色の餅となりました。

 

菱餅かまぼこ

こちらは、菱餅を模したかまぼこになります。

餅は喉に詰まらせそうで心配…というかたにも大変おすすめです。

切り分けてそのまま食べるのも良いですし、

少し細かく切ってちらし寿司の具材として入れるのも良いでしょう。

 

かまぼことしても、高級すり身を使用した職人手作りの一品なので、

とても上等なものになっています。

ギフトとしても人気が高いですよ。




スポンサーリンク





関連記事:赤ちゃんが寝てる時もがく・動く!理由や対処法について詳しく解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

お子さんが誕生して初めて迎える節句のことを初節句と言いますが、

そのお祝いは、無理に初節句当日でなくても良いです。

赤ちゃんやお母さんの具合、そのお祝いに参加する方のご予定などを加味して、

無理なく祝うことができる日にちを計画してください。

 

仏滅などの六曜に関しても、当人達が気にしないというのであれば

仏滅に行うのでも全く問題ありませんのでご安心ください。

最終的には、どんな気持ちでその祝いの日を迎えるかということです。

 

これからたくさんの行事を迎えられると思いますが、

初節句はもちろんのこと、その一つ一つを大切に祝ってあげて下さいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ