大根おろしの効能!加熱や時間で効果がなくなる?

焼き魚に、天ぷら、ハンバーグにお蕎麦などなど。

大根おろしが添えてあると

ちょっとテンションが上がりますよね。

 

まさに名脇役ともいえる

大根おろしですが、実は大根おろしには

たくさんの効能や効果があるって

ご存知でしたか?

 

「大根おろしに医者いらず」

などという言葉もあるそうです。

 

ただ、その効果や効能は

加熱したり時間が経過したりすることで

変化してしまうこともあるのだとか。

 

今回は、そんな大根おろしの

効能や効果、加熱や時間による変化について

調べてみました。

 

脇役なんかじゃもったいない

大根おろしの効果や効能とは?

一緒に見ていきましょう。




スポンサーリンク






大根の効能や効果は?

まずは、大根おろしの元となる

大根の栄養とその効能効果を見ていくことにしましょう。

 

スーパーなどで大根を買う際は

ズッシリ重みのある大根を

選ぶのがいいとされているのですが

そんな大根に含まれている栄養とは

 

食物繊維

 

ミネラル

(ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム

鉄、リン、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレン、モリブデン)

 

ビタミン

(ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6

ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンP)

 

などになるそうです。

 

また、これらの栄養が私達の体に

どのような効能や効果を

もたらしてくれるのかというと

 

老化防止効果やガン予防の効果、免疫力アップの効果(ビタミンC)

美肌効果(ビタミンC、ビオチン)

疲労回復効果(ビタミンB1)

皮膚や粘膜の保護や健康維持効果(ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン)

循環器疾患の予防の効果(葉酸)

 

動脈硬化予防効果、抗ストレス効果(パントテン酸)

便秘予防効果、生活習慣病予防効果(食物繊維)

血圧降下効果、コルステロール抑制効果(ビタミンP)

 

などがあるようです。

すごいですよね!

 

そもそも大根自体にこれだけの

効能や効果があるのですが

驚くのはまだ早いですよ!

 

実は、大根には注目すべき栄養素

「酵素」がたくさん含まれているのです。

 

この酵素の効能や効果がまたすごい!

大根に含まれる酵素の効能や効果とは?

次の項目で詳しく見ていくことにしましょう。




スポンサーリンク






大根の酵素の効能や効果とは?

ビタミンやミネラル、食物繊維などを

豊富に含む大根ですが、何より生の大根には

酵素が含まれていて、その酵素が

私達の体にとても嬉しい効能や効果を

もたらしてくれるそうです。

 

そもそも酵素には

 

老廃物の除去効果

老化の原因や様々な病気の原因になり得る活性酸素の除去効果

整腸作用効果

 

などがあると言われています。

 

中でも大根に含まれる酵素は

 

アミラーゼ(ジアスターゼ)

プロテアーゼ

リパーゼ

 

などになるのですが、特に注目すべき酵素は

アミラーゼ(ジアスターゼ)と呼ばれる酵素で

大根に含まれる酵素の代表とも言える

酵素になるそうです。

 

このアミラーゼには消化促進効果があり

市販の胃腸薬などに含まれることも多いのですが

具体的には

 

胃もたれ

胸やけ

消化不良

 

などの効果があるそうです。

また、

 

アミラーゼはデンプン分解酵素なので

お蕎麦などの炭水化物を分解してくれる酵素

 

プロテアーゼはタンパク質分解酵素なので

お肉などを分解してくれる酵素

 

リパーゼは脂肪分解酵素なので

揚げ物などを分解てくれる酵素

 

になり、それぞれの酵素が

それぞれ得意とする食べ物に働きかけ

胃腸への消化促進をサポートしてくれるそうです。

 

また、GI値ってご存知ですか?

 

何かを食べた際に私達の体内で

その食べ物が糖に変わっていく速さを

示した数値になるのですが

この数値が低い方が血糖値の上昇が

ゆるやかになるそうです。

 

血糖値が高めの方はこのGI値が

低い食品を摂るといいとされているのですが

そもそも大根自体はGI値がとても低い上に

酵素のアミラーゼの働きで消化を助ける為

血糖値の上昇を抑えることができるそう。

 

大根は、血糖値を気にされている方には

救世主とも言える食材になるそうですよ。

大根おろしならではの効能や効果を持つ成分があるって本当?

大根に含まれる栄養や酵素と

それらによる効能や効果を見てきました。

 

もちろん、これらの効能や効果は

大根おろしにも期待できるのですが

実は、大根おろしならではの効能や効果、

大根をおろすからこそ生まれる

効能や効果があるそうです。

 

その正体とは

「イソチオシアネート」と、呼ばれる

成分になるそうです。

 

私は主婦歴十数年になりますが

はじめて聞いた名前だったのですが

このイソチオシアネートは

もともと大根には含まれていない

成分になるのだとか。

 

大根おろしってツンと辛みを感じますよね?

 

その辛みの成分がイソチオシアネートで

イソチオシアネートは大根を細かく刻んだり

大根おろしにすることで生まれるそうです。

 

具体的に、どう生まれてくるのかというと

大根を大根おろしにすると・・

 

1、大根の細胞膜や細胞壁が壊れる

2、大根の細胞内にあるグルコシノレートとミロシナーゼと呼ばれる酵素が混ざる

3、化学反応が起きてイソチオシアネートが発生する

 

に、なるそうです。

 

つまり、イソチオシアネートを

発生させたかったら大根おろしにすることが

必須になるのですが、

このイソチオシアネートって何?

発生させたほういいの?疑問ですよね!

 

実はこのイソチオシアネートの効能や

効果がすごい!

ぜひとも、大根おろしにして

発生させた方がいい成分なのです!

 

次の項目で詳しく

見ていくことにしましょう。




スポンサーリンク





大根おろしのイソチオシアネートの効能や効果とは?

大根を大根おろしにすることで

化学反応が起きて発生するという

イソチオシアネート。

 

このイソチオシアネートの効能や効果は

驚くほどにたくさんあるそうです。

具体的に挙げてみると

 

殺菌効果

解毒効果

発がん抑制効果

消炎作用効果

 

血栓の予防効果

抗酸化作用効果

美肌、アンチエイジング効果

新陳代謝の促進効果

 

血流促進効果

免疫力アップ効果

消臭効果

 

などが期待できるのだとか。

すごいですよね!

 

これらの効果が私達の体に

どのような効能をもたらしてくれるのか

いくつか具体的に挙げてみると

 

ダイエット(新陳代謝や血流促進効果)

ニキビや吹き出物(消炎作用の効果)

口内炎(消炎作用効果や殺菌効果)

食中毒予防(殺菌作用)

 

などがあるそうです。

 

大根おろしのあのツンとした辛み。

苦手な方もいるかもしれませんが

あの辛みこそが大根おろしが持つ

大きな効能と効果!

しっかりと頂いたほうがいいそうですよ。

大根おろしは時間がたつと効能や効果はなくなる?

大根おろしには嬉しい効能や効果が

たくさん含まれていることがわかりました。

大根おろしは医者いらず・・納得ですよね。

 

そんな大根おろしの効能や効果ですが

時間がたつと変化はあるのでしょうか。

 

正直、大根おろしって面倒ですよね!

私はあまり好きではないので

先に済ませてしまいたいのですが

時間がたっても大根おろしの効能や効果は

変わらない?

 

この答えは、変わるものもあれば

変わらないものもある

 

そうで、結論としては

 

大根おろしはできるだけ

おろしたてを食べた方がいいそうです。

 

大根おろしは時間がたつと

どのように効能や効果に変化が起こるのか

また、大根おろしを保存する場合は

どうすればいいのか。

 

一緒に見ていきましょう。

 

大根おろしのイソチオシアネートの効能や効果は時間がたつとどうなる?

大根おろしならではの

嬉しい効能や効果がたっぷりの成分

イソチオシアネート。

 

このイソチオシアネートは

時間がたつとその効能や効果に

変化があるのでしょうか。

 

答えは、ある!

そうです・・残念。

 

このイソチオシアネートの効能や効果は

大根をおろしてから15分程で

半減してしまうそう。

 

大根おろしって時間がたつと

ピリっとした辛みが飛んで

食べやすくなったりもしますよね?

 

それはこのイソチオシアネートが

減っているからで、その分

効能や効果も減ってしまっているそうです。

 

大根おろしのビタミンCの効能や効果は時間がたつとどうなる?

大根おろしに含まれる、ビタミンC。

こちらも残念ながら時間がたつと

減ってしまうそうです。

 

ビタミンCが時間とともに

酸化して減ってしまうことは

わりと知られていますよね?

 

酸化型のビタミンCへと

変化してしまい、ビタミンCの

効能や効果は期待できなくなると

言われています。

 

ただ、最近の見解では

 

酸化してしまったビタミンCでも

体内に入ることで還元されて

もとのビタミンCと同様の

効能や効果がある

 

とも、言われているそう。

 

気分的に急いで食べたくなってしまいますが

それほど神経質にならなくてもいいとも

言われているそうです。

 

大根おろしの酵素やビタミン、食物繊維の効能や効果は時間がたつとどうなる?

大根おろしに含まれる成分、

酵素やビタミンC以外のビタミン、

食物繊維の効能や効果は

時間たつと変化するのでしょうか。

 

まず、食物繊維はほとんど変化がないそう。

時間がたっても食物繊維が

減ってしまう心配はないそうです。

 

酵素やビタミンC以外のビタミンの

効能や効果は、イソチオシアネートや

ビタミンCに比べると

時間がたっても安定していることが多いそう。

 

とはいえ、やはり効能や効果が減ったり

変化してしまうことも多いので、大根おろしは

すりおろしたらあまり時間を空けず

できるだけ早く食べたほうがいいそうですよ。

 

大根おろしの保存方法は?効能や効果はどうなる?

大根おろしの効能や効果は

時間がたつと減ってしまったり

変化してしまうことが多いようでした。

大根おろしはおろしたてを食べるのが

望ましいようでしたよね。

 

とはいえ、ササっと食べたいから

予め大根おろしを準備しておきたい!

または、大根おろしが余ってしまった!

などということもあるかもしれません。

 

そのような場合、効能や効果を減らさずに

大根おろしを保存する方法はあるのでしょうか。

 

この答えは、大根おろしの効能や効果を

減らさずに保存するのは不可能!

に、なるそうです・・これまた残念。

 

ただ、どうしても

保存せざるを得ないこともありますよね?

 

そんな場合、できるだけ効能や効果を

減らさずに保存する方法としては

「大根おろしを空気に

触れさせないことが重要」になるそう。

 

具体的には

 

密閉容器に入れて冷蔵庫に保存する(2日程保存可能)

ラップに小分けにして、フリーザーパックなどに入れて冷凍保存する

(1ヶ月程保存可能)

 

に、なるそうです。

 

完全にマイナス18度以下を

キープして冷凍できれば

効能や効果の減少を抑えて

保存できるとも言われているそうですが

難易度は高いそう。

 

やはり、大根おろしは食べる分だけ

食べる直前におろすのがいいそうですよ。

関連記事:カップラーメンが賞味期限切れ!3ヶ月・半年・1年・2年でも食べれる?

大根おろしは加熱すると効能や効果はなくなる?

大根おろしの嬉しい効能や効果は

時間がたつと変化してしまうことが多いようでした。

せっかく食べるなら、効能や効果を

たっぷりと頂きたいものですよね!

 

ちょっと面倒でも食べる直前に

大根おろしは準備したほうが良さそうですが

では「加熱」はどうなのでしょうか。

大根おろしを加熱すると

効能や効果はどうなるのか!

 

よく大根おろしと魚やお肉を煮た

みぞれ煮やおろし煮などがありますよね?

さっぱりと頂けてとても美味いですが

加熱した場合の効能や効果はどうなのでしょうか。

 

この答えは、大根おろしに含まれる

 

イソチオシアネート

酵素

ビタミン類

葉酸やカリウムなどのミネラル

 

などは、加熱をすることで

無くなってしまったり減ってしまったりすることが

多いそうです。

 

イソチオシアネートやビタミンCは

時間がたっただけでなくなってしまうと

されているのですから

きっと加熱は無理だろうな・・と

察しはつきましたよね?

 

ビタミン類についても

βカロテン、ビタミンK、ビタミンEなどは

脂溶性である為、加熱してもなくなることは

少ないそうなのですが、この成分は

大根の葉に多く含まれる成分なのだとか。

 

大根の身の方に含まれるビタミン類は

加熱することでなくなってしまうことが

多いそうです。

 

ただ、食物繊維については

加熱をしてもほとんど変化はないそう。

 

とはいえ、あの盛りだくさんの

大根おろしの効能や効果が

なくなってしまうのは悲しいですよね。

 

大根おろしは加熱せずに生のまま!

且つ、食べる直前におろして

頂くようにしましょう!

関連記事:チョコレートの食べ過ぎで下痢や頭痛になる?病気になることもある?

大根おろしの効能や効果を引き立たせるおろし方は?

大根おろしの効能や効果や

その特徴がわかってきましたよね!

 

体に嬉しい大根おろしですから

ぜひとも毎日でも食べたいものですが

1日に摂る量としては輪切りで

1センチ程度でいいそう。

 

あまり食べ過ぎてしまうと

体を冷やしてしまうこともあるそうです。

 

そんな大根おろし!

辛み成分をより多く引き出すおろし方には

ポイントがあるそうです。

 

具体的には

 

大根の細胞をつぶすように勢いよく一気にすりおろす

おろし金に大根の輪切りの切断面を垂直に当てて繊維をたつようにすりおろす

 

などになるそう。

 

なお、これまで見てきた大根の栄養は、大根の皮や

皮と身の境目の部分に多く含まれている為、

できれば皮ごと大根おろしにするのがいいそう。

 

勢いよく、一気にガツガツと

しかも楽におろせる「おろし金」ありますよ!

 

 

シャキシャキにおろせるおろし金

「おろしま専科」です!

 

おろし部分が曲面になっていることと

刃がV字であることで

大根おろしがスピーディーに完成!

 

時間の経過による効能や効果の減少が

きっと少なくすむはずです。

 

また、荒目と細目とがあるので

力の入れ加減で食感の違う

大根おろしが出来ちゃいます。

 

シャキシャキとした食感の大根おろし!

 

辛みはもちろん、効能や効果たっぷりの

体に嬉しい大根おろしを

スピーディーに用意しちゃいましょう!

 

どうしても手で大根をおろして

大根おろしを作るのは面倒!

でも頻繁に大根おろしを食べたい!

 

そんな方は、電動の大根おろし器を

常備しちゃいましょう!

 

 

電動おろし器「おろしちゃん」です!

ネーミングがまた可愛いですよね。

 

大根おろしの面倒なガシガシ作業を

おまかせできちゃう優れものです!

しかもたった7秒で完成しちゃいますよ。

 

電動だと片付けが面倒なイメージがありますが

容器を取り外して丸洗いがOKなので

こちらも楽チン!

 

もちろん大根おろしだけでなく

人参やりんごなど

他の野菜や果物にも使えますから

スープやデザート、離乳食作りなどにも

使えちゃいます。

 

ひとつあればきっと便利!

 

万能な電動おろし器で

簡単に素早く大根おろしを

作っちゃいましょう!

 

さて!素敵なおろし金で

大根おろしが出来ました!

 

大根おろしをさっそくお料理などに

添えたいところですが

大根おろしではなく、受け皿に残った

大根おろしの汁ってどうされていますか?

 

実は、大根おろしの汁には

大根の栄養が多く流れ出ていて

大根おろしの汁こそ栄養の宝庫!

 

捨てていたとしたら、

とてももったいないそうです。

 

とはいえ、あの大根おろしの汁って

辛いんですよね?

 

私は、私の母がよく大根おろしをした際に

おろし金の受け皿に残った

大根おろしの汁をクーっと飲んでいたので

それを真似て飲む習慣があるのですが、とにかく辛い!

 

そんな場合は、

無理に飲まなくても

 

ごはんを炊く時の水に大根おろしの汁を利用して、艶や甘みのアップさせる

お肉の漬けダレに大根おろしの汁を利用して、お肉を柔らかくさせる

 

などの利用の仕方もあるそうです。

また、

 

喉が痛い時や声枯れをしている際に、大根おろしの汁とはちみつを混ぜて飲む

歯肉炎や虫歯、口内炎が出来ている時に、大根おろしの汁でうがいをする

 

などで利用をしても

大根おろしの殺菌作用や消炎作用が

痛みや炎症に効果を

発揮してくれるそうですよ。

 

汁まで嬉しい大根おろし!

大根はぜひ大根おろしにして

汁もしっかり頂くようにしましょう!




スポンサーリンク





関連記事:ご飯が臭い原因と対策!食べられる?

最後に

大根おろしの効能や効果について

加熱することや時間の経過で

どのような変化があるのかなどと

合わせて見てきました。

 

まず、驚いたのが大根おろしの効能や効果!

すごいですよね!

 

作り置きが出来ないのが

少し残念ではありますが

あの効能と効果はすごい!

 

ぜひとも、毎日の食事に

大根おろしを添える習慣を!

 

美味しい辛みと嬉しい効能や効果を

余すことなく丸ごと頂くようにしましょう!



スポンサーリンク

サブコンテンツ