いちごの時期!スーパーではいつからいつまで買える?

甘酸っぱくておいしいいちご。

そのまま食べてもおいしいですし、ケーキなどの手作りのお菓子に

デコレーションするのもいいですよね。

 

でも、いちごを手に入れようとしていざスーパーに行ったら

「今は売ってません」と言われた事はありませんか?

 

そこでここでは、スーパーではいちごはいつからいつまで買えるのか、

またいちごの旬の時期などについても解説します。




スポンサーリンク






いちごはどんな果物?

スーパーではいちごはいつからいつまで買えるのか、またいちごの旬の時期などに

ついても解説する前に、まずはいちごについて説明しましょう。

 

イチゴはバラ科の多年草です。

 

ところで皆さんは、「いちごの実」というと、どんな実を想像しますか?

 

多くの人は、よくクリスマスケーキに乗っているような、

赤い三角形のコロンとしたものを思い浮かべると思います。

 

ですが、実はいちごの実はそこではありません。

 

いちごの実は皆さんが想像するいちごの、

「表面についているたくさんのつぶつぶひとつひとつ」というものになります。

 

じゃああのいちごをいちごっぽくしている大分部は何なのかというと、

「花托(かたく)」になります。

花托とは、花びらの根元にある部分です。

 

いちごの場合はその花托が実のように発達しているのでまるでそこが

実のように見えますが、花托にくっついている種のようなものが

いちごの実という事になります。

 

ただ、いちごの場合は花托の部分が実のようにおいしいので、

人も動物も気にせず丸ごと食べています。

 

また、いちごといえばまさに「ザ・果物!」という印象ですが、

実は「野菜」に分類される事もあります。

 

それは、日本では果物と野菜のひとつの分け方として、

果物が「木になり、実だけを食べるもの」で、

野菜が「畑で作る食用の草木(の実や葉や根)」となっているからです。

 

スイカやメロンは畑で収穫しますよね。

スイカやメロンが「野菜」と言われるのはこの分類方法の為です。

そしてこの分類方法で見ると、いちごも畑で採れますから「野菜」となります。

 

ただこれは絶対的な基準ではないので、

場所によってはいちごを果物に分類する事も当然あります。

 

事実、いちごが売られている場所も

果物コーナーだったり野菜コーナーだったりと色々です。

 

赤い部分が実と思いきやそこは実ではなく花托だったり、

果物かと思いきや野菜に分類される事もあり、

いちごは意外と一筋縄ではいかない面白い食べ物です。




スポンサーリンク






いちごの時期は?

野菜や果物には「旬」というものがありますよね。

 

例えその野菜や果物が1年中売られているものだとしても、

旬の季節は特に安くおいしくなります。

 

では、いちごの旬の時期はいつなのでしょうか。

 

皆さんがいちごをよく見かけるのは「冬」だと思います。

また、いちごと見た目が似ているりんごの旬の時期も冬(厳密には秋~冬)なので、

同じくいちごも冬が旬の時期だと思っている人も多いです。

 

ですがいちごの本来の旬の時期は、「春」です。

月でいうと3~4月頃ですね。

絵本などで「春にいちごを摘む」という描写がありますが、あれが正しい表現です。

 

ではなぜそんないちごに、冬のイメージがついているのでしょうか?

 

それは、いちごがクリスマスケーキの飾りとして重宝されているからです。

 

いちごは以前は春から売られていたのですが、クリスマスケーキに

デコレーションされるようになってから冬の需要が急速に高まりました。

 

そこで、冬の時期に合わせていちごを作るようになった結果、

冬によくいちごを見かけるようになったのです。

 

ただ、いちごが本来「春に実る」というのは変わりませんので、冬に見かけるいちごは

ビニールハウスなどで「人工的に春を再現し季節を勘違いさせて収穫している」

ものになります。

 

ちなみに、畑になっているものを直接食べる「いちご狩り」では、

1月~5月、つまり冬から本来の旬である春までがシーズンとなっています。




スポンサーリンク





いちごがスーパーで買えるのはいつからいつまで?

今は農業技術も発達しましたので、本来旬の時期しか食べられなかったものが

いつでも気軽にスーパーで買えるようになりました。

 

といっても、キャベツやニンジン、ジャガイモなど幅広く一般家庭で使われている野菜は

それこそ一年中ありますが、いちごはどうでしょうか?

 

いちごを買おうと思ってスーパーに行くと、「今は売ってないんですよね~」と

言われる事もあります。

 

いちごはキャベツやニンジンほど年がら年中使われるような食べ物でもない為、

需要が少ない時期はスーパーでも入荷していない時があるんです。

 

では、いちごがスーパーで買えるのはいつからいつまでなんでしょうか。

いちごがスーパーで買える時期は、「12月~5月中旬頃」くらいになります。

 

特にクリスマスの時期はいちごがよく売られていますね。

またその流れから、5月中旬くらいまではいちごが途切れる事なく売られ続けます。

 

スーパーでは、冬から春はいちごが売られている思っていればいいでしょう。

逆に言えば、それ以外の季節はスーパーにいちごが置いていない場合もあります。

スーパーにいちごがない時は?

地域にもよりますが、いちごがスーパーで買えるのは「12月~5月中旬くらいまで」です。

 

でも、全員が全員「冬から春の間だけいちごが欲しくなる」という事ではありませんよね。

夏や秋でもいちごが食べたいと思う時があります。

 

勿論スーパーによってはほぼ一年中いちごが売られている事もありますが、

普通のスーパーだとやはり需要が少なくなる夏~秋(6月~11月)は

他の旬の果物を置いている方が多いです

 

では、スーパーにいちごがない時は、どうやっていちごを手に入れたらいいのでしょうか。

スーパーにいちごがない時にいちごを手に入れるおすすめの方法は、通販です。

 

日本のいちごはほとんどが12月~5月に旬の時期を迎えますが、

ケーキ屋さんでは一年中いちごのケーキが売られていますよね。

 

では6月~11月のいちごのを、ケーキ屋さんはどうやって手に入れているのでしょうか。

6月~11月の時期の間は、大部分はアメリカ産いちごを使っています。

 

なんとアメリカ産のいちごは、「旬が6月~11月」となっていて、今の日本と真逆なんです。

つまり、日本で需要の少ない時期でもおいしいいちごを手に入れる事ができるんですね。

 

スーパーにない時は通販で検索!

 

6月~11月の間、スーパーにいちごが売られていない時でも

逆に旬を迎えているアメリカではいちごは普通に売られています。

 

と言っても、たかだかいちご数パックの為にアメリカからわざわざいちごを

個人輸入するなんてコスパが悪すぎますよね。

 

でも大丈夫です。

そういう人の為にアメリカから買い付けている日本の業者がいるので、

アメリカ産いちごで検索すれば、普通に日本のサイトからでもいちごを買う事ができます。

 

アメリカ産いちごは6月~11月と日本でのいちごのシーズンが途切れた後に

旬を迎えますから、6月~11月にいちごを食べたくなったら

むしろ日本のものではなくアメリカ産のいちごを選んでみるのもおすすめですよ。

おすすめのいちごのブランドと旬の時期をご紹介!1.あまおう

スーパーでいちごが売られているのをよく見てみると、販売されているいちごによって

値段が全然違う事に気が付きます。

 

例えばこちらの平積になっている20粒くらい入ってそうなのは1パック398円。

なのにこっちの6粒くらいしか入っていないパックは1つで698円。

 

実はいちごはブランド力が強く、そのブランドによって値段が大きく変わります。

また、それだけ味や見た目(艶、粒の大きさなど)も異なります。

 

そこでここでは、おすすめのいちごのブランドをいくつか紹介します。

 

あまおう(福岡県)

ブランドいちごで一番よく聞く名前が「あまおう」ではないでしょうか。

こちらは2005年に登録された福岡県のいちごです。

 

大きな粒に赤い色がはっきりしており、それに見合うほど味や香りが濃く、

それでいてそこまで高価でもないという事で

「手に入れやすい高級いちご」という位置にいます。

 

ちなみに「あまおう」という名前の由来は、「あかい・まるい・おおきい・うまい」の

それぞれの頭文字から来ているそうですよ。

 

あまおうは11月下旬~5月中旬頃まで売られていますが、3月頃にピークを迎える為、

あまおうを一番おいしく食べたいなら3月のあまおうがオススメです。

 

ギフトにおすすめ!あまおうアイス

 

生のあまおうは勿論おいしいですが、

あまおうを贈りたい時期が6月~11月だと、生のあまおうを購入する事はできません。

 

でも、冷凍なら別です。

冷凍なら新鮮さとおいしさを維持したまま保存できるので、

いつでもあまおうを食べる事ができます。

そこで、ギフトなど時期を選ばない時におすすめなのがこちらのあまおうアイスです。

 

こちらは甘くておいしいあまおうをふんだんに使用した贅沢なアイスになっています。

 

見た目も赤と白でとてもキュートですし、冷凍食品なので賞味期限も長く

「腐って食べられなくなってしまった」という事も少ない為、

忙しい相手でも食べやすい商品になっています。

 

ちょっとオシャレなギフトを贈りたいと思った時は、

ぜひこちらのアイスを選んでみてくださいね。

おすすめのいちごのブランドと旬の時期をご紹介!2.とちおとめ

とちおとめ(栃木県)

こちらは1996年に登録された栃木県のいちごです。

 

こちらの名前もよく聞きますよね。

「とちおとめ」という名前は「栃木の乙女」という言葉から名付けられたそうです。

とちおとめは東日本ではシェア1位になった事もある人気のいちごです。

 

甘味と酸味がほどよく混じり合い、「ちょうど良い味」なのが強みです。

ほかのいちごよりやや日持ちがするのも特徴です。

とちおとめも11月~5月中旬頃まで売られていて、こちらも3月にピークを迎えます。

 

いちご×カレー

 

「いちご商品で少し変わったものを食べてみたい」という方におすすめなのが、

こちらのいちごカレーです。

 

こちらはその名の通り、カレーの中にとちおちめの果汁がたっぷり入っています。

 

「えー!カレーにいちご~?」と思うかもしれませんが、

有名なカレールーであるバーモントカレーにはりんごとはちみつが入っていますし、

カレーと果物は意外と相性がいいんです。

 

さらにやみくもにいちごを入れている訳ではなく、

そこはおいしくなるようにしっかりブレンドされているから大丈夫ですよ。

 

普通のいちご料理に飽きた人は、ぜひこちらのいちごカレーにトライしてみてください。

誰かへのちょっと変わったプレゼントとしてもおすすめですよ。

関連記事:いちごの種類!甘さで人気の糖度が高い品種一覧!

おすすめのいちごのブランドと旬の時期をご紹介!3.さがほのか

さがほのか(佐賀県)

こちらは2001年に登録された佐賀県のいちごです。

中の果肉が白いのでよく驚かれますが、色に反して味はとても甘いのが特徴です。

 

ほかのいちごよりややスリムで尖った形をしているので、手作りのお菓子を作る時に

見た目で選ぶ人も多いですよ。

 

さがほのかも11月~5月中旬頃まで売られていて、こちらも3月にピークを迎えます。

 

いちごソーダでかわいく乾杯♪

 

こちらはさがほのかの果汁で作られたスパークリングソーダ(お酒ではありません)です。

見た目がかわいらしく、かわいく乾杯をしたい時におすすめです。

 

いちごにはビタミンCがとても多い果物ですが、ビタミンCには

お肌のシミやシワを薄くさせたり、さらには皮膚や髪をツヤツヤにする効果があったりと

美容には非常に嬉しい食べ物です。

 

さがほのかの甘味が十分に発揮されて味もおいしく、

さらに美容にも良いとなるとますます食事も楽しくなりますよね。

 

さがほのかというブランド力もありますし

1本1本はそこまで高くなく賞味期限も9か月と長いので、

パーティーや集会で配るノベルティやちょっとした景品などにもおすすめです。

関連記事:いちごで糖度の高い品種ランキング!甘いいちごはコレ!

おすすめのいちごのブランドと旬の時期をご紹介!4.紅ほっぺ

紅ほっぺ(静岡県)

紅ほっぺは2002年に登録された静岡県のいちごです。

 

名前の由来は、「鮮やかな紅い果肉」と「ほっぺがおちそうなくらいおいしい」の

両方を組み合わせたものになっています。

 

その名の通り紅ほっぺも見た目がとても紅く美しいのが特徴です。

また、ほかのいちごに比べるとやや酸味が強いのも印象的です。

 

甘いだけよりも少し酸味があった方が良いという人は紅ほっぺがおすすめです。

紅ほっぺの販売時期もほかのいちごと同じく11月~5月中旬頃までで、ピークは3月です。

 

はちみつを加えたジャムでおいしくパン生活♪

 

カリカリに焼いたトーストに塗るものと言えば、皆さん何ですか?

バターやマーガリンの人も多いと思いますが、オススメはやはりイチゴジャムです。

 

イチゴにはビタミンが含まれているので、炭水化物であるトーストに塗れば

栄養バランスもばっちりですよ。

 

そこで紹介するのが、紅ほっぺを使ったジャムです。

紅ほっぺは少し酸味があるのが特徴ですが、こちらははちみつを混ぜてあるので

やや尖った味が逆にコクを生み出し、他にはない

いちごジャムの味わいを醸し出しています。

 

トーストとの相性は抜群です。

 

小瓶もかわいらしく少しオシャレで余裕のある朝を演出できるので、

「優雅な朝に憧れている!」という人にもおすすめですよ。




スポンサーリンク





関連記事:イチゴ狩りのコツ!時間帯やたくさん食べる方法・美味しいいちごの見分け方について解説!

最後に

いちごの本来の旬の時期は春ですが、現在はクリスマスの需要の高さから

冬によく見かけるようになりました。

 

いちごは勿論いつ食べてもおいしいですが、本当においしいいちごを食べたい時は

しっかりと旬の時期をねらって買ってみてくださいね。

 

また、有名なブランドのおすすめのいちごもいくつか紹介したので、

これは!と思うものがありましたらぜひ食べてみてください。



スポンサーリンク

サブコンテンツ