梅の花の季節は何月?春に咲く?開花条件は?

日本で花というと、桜の花を思い浮かべる方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

ですが、江戸時代以前の日本では花といえば梅を指していました。

現在でも梅の花を楽しんだりすることはありますが、

それでも桜と比べると開花の状況を教えてくれる「前線」もニュースで

取り上げられることがほとんどないですよね。

 

しかし梅の花は、丸い花びらとポツポツと開花していく様子がとても可愛らしく

お花見をしてその美しさを楽しめるものです。

そこで今日は、梅の花の開花時期や開花条件などをはじめとして、梅の見ごろや

梅を自宅でも美味しく楽しむ方法などをご紹介したいと思います!

 

ぜひ次の梅の時期に、梅をめいっぱい楽しむヒントとしてご参考にどうぞ!




スポンサーリンク






梅は春の花?開花の季節はいつごろ?

梅の季節は何月?と聞かれてパッと答えられるでしょうか?

あまりピンとこないという方が多いのではないかと思います。

桜ならば「桜前線」といって、お天気予報などでお花見に適した時期なども

予想して伝えてくれますよね!

 

しかし梅は「梅前線」という言葉は聞かないですよね。

桜に押されて少し地味な印象になっています。

実は梅にも前線があり、桜のように南からどんどん北上していきます。

地域によって、梅の開花時期をまとめてみましたのでこちらを参考にどうぞ!

 

九州地方:1月末~2月上旬頃

中国地方:3月上旬頃

関西地方:3月上旬頃

東海地方:1月末~2月上旬頃

 

北陸地方:3月下旬頃

関東地方:2月下旬頃

東北地方:4月中旬頃

北海道:5月中旬頃

 

このように地方別で見ていくと、かなり開きがあることが分かります。

九州地方を皮切りに北海道まで前線が北上するのには4ヶ月以上かかるんですね!

ちなみに北海道は梅の時期と桜の時期が重なることが多いので

この時期を狙って訪れれば、梅も桜も両方楽しめるという

とっても贅沢なお花見ができちゃうんです!

 

梅は桜などほかの花と比べて早く咲くので、「花の兄」とも呼ばれています。

あの可愛らしい花からは「兄」というイメージは想像が付きにくいですね・・・

 

梅は品種によっても開花時期が違う!

日本列島で見ても梅の開花時期はかなり違っていますが、

梅の品種で見ても、開花時期はけっこう差があるんですよ。

梅の品種は、なんと500種類以上もあることをご存知でしたか?

 

しかしその中でも大きく分けると、4種類に分類することができます。

「紅梅」、「白梅」、「八重」、「しだれ」の4つです。

この種類の中でも、名前がついているので有名なものをご紹介したいと思います。

 

紅梅では、御所紅(ごしょべに)や緋の司(ひのつかさ)。

この品種は開花時期はだいたい2月頃です。

白梅だと白加賀(しろかが)や白牡丹(はくぼたん)があります。

白加賀は2~3月に開花しますが、白牡丹は3月~4月の開花で

同じ白梅のなかでも時期がズレるんですね。

 

そして八重は八重冬至(やえとうじ)と八重寒紅(やえかんこう)。

八重冬至の開花は早いと1月ごろからです。

八重寒紅は2~3月の開花が時期の目安になります。

最後にしだれは藤牡丹枝垂(ふじぼたんしだれ)は2~3月の開花、

白滝枝垂(しらたきしだれ)なら3~4月です。

 

品種や地域によって梅の花は開花時期がかなり変わってくるんですね!

それにしても梅の花はお酒の名前のように風流な印象ですが、

ちょっと難しいので覚えにくいかもしれませんね^^;




スポンサーリンク






梅の花の開花条件は?見頃はいつ?

梅の花のおおよその開花時期は分かりましたが、

もちろん開花には条件があり、

それによって開花の時期は左右されることがあるので、

目安としてお住まいの地域の開花時期を覚えておくといいですね!

では、梅の開花条件はどんなものかご紹介していきます!

 

梅の木というのは、初夏に実を付けて、秋になると休眠という時期に入ります。

そして冬の寒さで休眠から目を覚まし、春に向けてだんだんと暖かくなる頃に

成長して、開花するというサイクルがあるんです。

 

梅の休眠は比較的浅いので、開花時期は天候によって左右されることが多いんです。

大切なのは、冬にぐっと寒くなること。

これがないと目が覚めないんですね!

また気温が上がっていかないと、開花も遅くなってしまいます。

 

そのため、気温が高い日が続くと開花は早くなり

寒い日が続くと、開花が例年と比べて遅くなるということなんです。

 

開花時期と見ごろは違う!

最初の項目で、地域ごとの梅の開花時期をご紹介しましたが

これはあくまで「開花」の時期です。

梅の花は、開花してから1つずつ開花が進んでいきます。

そのため、1本の木が満開という状態になるまで1ヶ月ほどかかるんです!

 

桜は開花から1週間ほどで満開になり、

風や雨ですぐに散ってしまうことがあるので

お花見をできる時期は非常に短くなっていますが、

その点、梅はゆっくりと楽しめる花なんですよ!

 

開花の時期からだいたい1ヵ月後が見ごろなので、

梅の花を楽しむなら、その頃に予定しておくといいですね。

梅の見ごろの時期を迎えたそのすぐ後くらいに

桜の時期を迎えることになるので、初春から春にかけては

とても華やいだ時期ということですね!

 

春が近いと言っても、お花見の季節はまだまだ冷えます。

そんな時には、スヌードがあると首から肩にかけて温めることができますよ。

スヌードの中でもおすすめは、こういった変形できるもの。

 

お出かけ用にはもちろんですが、自宅用にも1つあると便利。

少し寒いときに、肩まで広げてつけるとそれだけで体が温まります!

ウォームビズにもなるので省エネ、エコですよ。




スポンサーリンク





関連記事:スイートピーの花言葉を色別に!赤・白・紫・ピンク・黄色について詳しく解説!

梅は見るだけじゃない!梅を美味しく楽しむには?

梅は見るだけでなく、実も楽しめる嬉しいお花。

梅の実はだいたい6月頃に収穫時期を迎えます。

その頃になると、スーパーなどでもたくさん売られていますよね!

 

自分で梅の実を加工してみたいなぁと思っても、

手間がかかりそう!とか難しそう!と思って

毎年諦めているという方もいるのではないでしょうか?

ここでは簡単に梅の加工方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください!

 

ちなみに熟しきっていない、青い梅の実には毒素が含まれることがあります。

食べてしまうと、けいれんや呼吸困難、場合によっては死につながることも。

加工していない梅の実を食べるのはやめましょう!

関連記事:紫陽花の花言葉を青・白・紫・ピンクの色別に詳しくご紹介!

梅干しは自宅で作れる?

おにぎりや料理にも使える梅干しは、保存がききますし

あるとなにかと便利ですよね!

意外と簡単なので、ぜひ作ってみましょう。

 

1、梅の実を丁寧に洗い、軽く水気を拭き取りビニール袋に入れておきます。

2、1を計量し、その重さの15%ほどの量の粗塩をまぶします。

3、一日に何度かビニール袋の中で梅の実を混ぜ、上下ひっくり返すようにします

4、2日ほど置くと塩が溶け、水分が出てくるのでかめや広口の容器に移します

 

5、容器に移したら、丈夫なビニール袋を何重かにして水を入れて重石を置きます。

梅の実が空気に触れないようにして置き、フタをしめましょう。

6、半月から1ヶ月ほど漬けておきます。

 

ここまでで下漬けの作業が終わり、あとは梅を干すだけなので、もう一息です!

1、下漬けを終えた梅の実を、一度洗います

2、ザルなどに乗せて2日干し、3日目にひっくり返してまた2日干します

3、干し終わったら密封容器に入れて保存します

4、3ヵ月ほどで熟成が進み、美味しい梅干しが完成!

 

梅を干すときには、こういったザルがあると便利。

梅だけでなく干し野菜を作る時や、お鍋やバーベキューなどで

たくさん野菜を使う時にも便利なザルです。

 

取っ手が付いているので、使わないときには吊り下げて保管もできるので

場所をとりません。




スポンサーリンク





関連記事:古い財布の処分方法!風水では?保管や再利用についても詳しく解説!

最後に

いかがでしたか?

梅というのは、桜の前に開花が始まり見ごろを迎える花なので

春の訪れが近づいていることを教えてくれる花でもあるということですね!

 

梅の季節はまだまだ寒いので、暖かくして梅を見に行きましょう。

そして初夏まで待てば、美味しい梅干しや梅酒の季節になるので

梅は1年を通して、私達に楽しみを与えてくれます。

ぜひ、次の梅の季節にはお近くの梅園などに出かけてみましょう!



スポンサーリンク

サブコンテンツ