箱根駅伝の大学が関東だけで関西が出ない理由は?視聴率はどうなの?

お正月になると、テレビで箱根駅伝を見る人も多いと思います。

でもよく見ると、箱根駅伝に出場している大学は関東の大学だけです。

 

関西にもマラソンに強い大学は多いのに、

なぜ箱根駅伝に関西の大学は出ないのでしょうか?

また、駅伝で関西の大学の選手が出ないとなると

やはり関西での箱根駅伝の視聴率は悪かったりするのでしょうか。

 

ここでは箱根駅伝で関西や他の地域の大学がでない理由や

関西での箱根駅伝の視聴率について説明したいと思います。




スポンサーリンク






箱根駅伝って何?

箱根駅伝で関西の大学がでない理由や関西での箱根駅伝の視聴率について

説明する前に、まずは「箱根駅伝とは何か」について軽く見てみましょう。

 

箱根駅伝は「箱根駅伝」という名前が有名ですが、実は正式名称があります。

箱根駅伝の正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」です。

そのコースは「東京箱根間」という名の通り、

東京と箱根(神奈川県)を往復するものになっています。

 

箱根駅伝では、選ばれた20校の大学の選手が出場します。

 

箱根駅伝のコースは大変長く、

往路107.5km、復路109.6km、合計217.1kmというかなりの長距離になっていますが

箱根駅伝ではそのコースを全て一人の選手が走り切る訳ではありません。

 

箱根駅伝は往路復路合わせて10区という区で分けられていて、

1チーム10人が1つの区ずつ走り、リレー形式で箱根駅伝を完走します。

 

またリレーでは相手にバトンという筒を渡しますが、箱根駅伝ではバトンではなく、

たすきという方から斜めにかける布でできた輪っかを相手に渡します。

 

さらに、箱根駅伝は1日で走り切るのではなく、

往路である東京から箱根までを1月2日の朝8時、

復路である箱根から東京までを1月3日の朝8時に走ります。

 

箱根駅伝はリレー形式ですが、往路と復路は

1月2日と1月3日の2日間に分けて行われるんです。




スポンサーリンク






箱根駅伝のルートは?

では、箱根駅伝の具体的なルートを見てみましょう。

 

【1区】

1区はスタート地点である東京都千代田区大手町の読売新聞本社ビル前から

鶴見中継所という所までで、21.3kmあります。

 

【2区】

2区は鶴見中継所から戸塚中継所までで、23.1kmあります。

 

【3区】

2区は戸塚中継所から平塚中継所までで、21.4kmあります。

 

【4区】

2区は平塚中継所から小田原中継所までで、20.9kmあります。

 

【5区】

5区は小田原中継所から折り返し地点である神奈川県足柄下郡箱根町にある芦ノ湖までで、20.8kmあります。

 

【6区】

6区は折り返し点である神奈川県足柄下郡箱根町にある芦ノ湖から小田原中継所までで、20.8kmあります。

 

【7区】

7区は小田原中継所から平塚中継所までで、21.3kmあります。

 

【8区】

8区は平塚中継所から戸塚中継所までで、21.4kmあります。

 

 

【9区】

9区は戸塚中継所から鶴見中継所までで、23.1kmあります。

 

【10区】

10区は鶴見中継所からスタート地点である東京都千代田区大手町の

読売新聞本社ビルの前までで、23.0kmあります。

 

箱根駅伝、往路と復路で距離の長さが違うのはなぜ?

箱根駅伝では「往路と復路は同じコースを走る」という体になっていますが、

具体的に見てみると同じ区間なのに往路と復路で若干距離が違う所がありますよね。

 

これは、なぜなのでしょうか。

それは箱根駅伝では一応は往路も復路も同じコースという事になっていますが、

厳密には往路と復路の区間内で若干のルート変更があるからです。

 

距離が違うのは、1区と4区です。

 

1区では往路21.3kmに対して復路は23.0kmとなっています。

復路の方が1.7kmも長いですよね。

 

これは、復路の方が馬場先門から日本橋を経由するルートに変更になった為に、

少し長くなっています。

 

また4区では往路は20.9kmに対して復路は21.3kmとなっています。

こちらも復路の方が0.4km長いです。

 

実はこちらは、往路の中継所の位置が変更になったからです。

 

往路の距離は以前は18.5kmと箱根駅伝の全区間の中で

唯一20kmを切っていた短い区間でした。

 

その為4区は「新人区間」とも呼ばれていたのですが、

中継所の位置が変更になった事で2.4km伸び、20.9kmになりました。

 

箱根駅伝は基本的には同じコースを走りますが、区間によっては距離に差があったり

また同じコースだからこその上り坂や下り坂という傾斜の変化がある事から、

どの区間をどの選手に走らせるかというのも勝負の分かれ目になります。




スポンサーリンク





駅伝という言葉はどこから来たの?

駅伝はいうなればリレーと同じです。

でも、選手が持って走っているのはバトンではなくたすきですよね。

 

では、なぜ箱根駅伝ではバトンではなくたすきをかけて走っているのでしょうか。

 

そもそも駅伝という言葉は、7世紀後半~10世紀ごろまで使われていた律令時代に

使われた「駅馬(えきば)」「伝馬(てんま)」と言う制度から取ったものです。

 

昔は車などないので、当時位の高い人が旅をする時は馬を使っていました。

 

そして遠い場所だと当然1日では到着できない為、

宿場から宿場へと渡り歩きながら移動します。

 

この時、1頭の馬を旅の初めから終わりまで使い続けると馬も疲れてしまう為、

基本的には駅家(えきか)と呼ばれる今でいう駅に、馬が常駐されていました。

 

旅人は駅家にいる馬を使って、次の駅まで移動します。

そして駅に着くとまたそこに常駐している別の馬を使って移動するのです。

 

こうすれば馬も疲れる事がありません。

このように駅家にいて、駅と駅という限られた区間を走る馬が

駅馬や伝馬と呼ばれる馬なのです。

 

この駅馬や伝馬になぞらえて、今の「駅伝」というものが生まれました。

箱根駅伝ではなぜバトンではなくたすきを使うの?

箱根駅伝はリレー形式ですが、仲間のチームに渡すのはバトンではなくたすきです。

ではなぜたすきを使うようになったのでしょうか。

 

たすきを使うようになったハッキリとした理由は判明していません。

 

ですが、駅伝は普通のリレーと違い1区間を

早いペースで1時間も走らなければならない過酷な競技です。

 

100メートルや200メートルなどの短い区間なら

バトンを握りしめたまま走るのもそこまで大変ではありませんが、

1時間となるとそれも難しくなります。

 

走らずただ座っているだけの状態でも

「1時間それを落とさないようにぎゅっと握っていろ」と言われると中々きついですよね。

 

それで、身に着けていてもできるだけ選手が走りやすく渡せるものとして、

布のように軽い素材・肩にかける事で落とす心配がないなどを考慮して

現在のたすきが選ばれたのかもしれません。

箱根駅での大学が関東だけで、関西が出ない理由は?

箱根駅伝に出場できる大学は20校です。

では、去年(2017年)箱根駅伝に出場した大学を見てみましょう。

青山学院大学(東京)

東洋大学(東京)

駒澤大学(東京)

早稲田大学(東京)

日本体育大学(東京)

順天堂大学(東京)

中央大学(東京)

帝京大学(東京)

大東文化大学(東京)

明治大学(東京)

創価大学(東京)

法政大学(東京)

上武大学(群馬県)

柘植大学(東京)

国土館大学(東京)

日本大学(東京)

國學院大學(東京)

神奈川大学(神奈川)

東海大学(神奈川)

山梨学院大学(山梨県)

 

以上が去年箱根駅伝に出場した大学です。

 

これを見て「あれ?」と思いませんか?

そう、「東京が多すぎない?」という疑問です。

 

箱根駅伝に出場する20校の内、実に17校が「東京都」にある大学です。

 

確かに東京は日本の中心都市なので陸上競技に腕のある選手も集まりやすいですが、

マラソンなら大阪や京都など関西にある関西学院大学や立命館大学もいていいはずです。

 

箱根駅伝は往路復路合わせて約11時間もあるレースですが、

そのすべてをほぼ生中継されます。

 

そんなすごいレースなのに、関西の強豪校が全く出ていないのは不思議ですよね。

 

実はそれには訳があります。

 

箱根駅伝は、「関東」学生陸上競技連盟主催の大会だからです。

つまり箱根駅伝は全国規模ではなく関東という地域に限定されたローカルな大会なのです。

そしてさらに関東学連という団体に加盟をしていない大学でないと出場できません。

 

つまり、箱根駅では関東にある大学だけが出場する小規模な駅伝なので、

関東にない大学はどんなに早い選手を持っていても

そもそも箱根駅伝に参加資格がないのです。

 

だから箱根駅伝の参加校には関西はおろか東北や九州の大学も1校もないんですね。

 

「えーっ!じゃあ駅伝には関東以外の大学の選手は出場できないの?」と

思うかもしれませんが、大丈夫です。

 

日本には全国の大学が参加できる「出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)」と

「全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権大会)」があります。

 

こちらは正真正銘全国レベルの駅伝なので、日本のどの大学も参加資格があります。

 

ただそうなると、箱根駅伝という「ただの地方の大会」が

全国レベルで生中継されるのも不思議ですよね。

 

出雲駅伝・全日本大学駅伝という言葉は知らなくても、「箱根駅伝だけは知っている」

という人も多いはずです。

 

どうして箱根駅伝だけがこんなに有名かといえば、それは箱根駅伝の歴史にあります。

 

先程の出雲駅伝、全日本大学駅伝ですが、出雲駅伝が始まったのは1989年、

全日本大学駅伝が始まったのは1970年です。

 

対して箱根駅伝が始まったのは1920年です。

つまり箱根駅伝は二つの駅伝よりも60年もの歴史の差があり、

昔から人々に親しまれてきた駅伝なんです。

 

ですから箱根駅伝は他の駅伝より群を抜いて人気なんです。

 

 

箱根駅伝グッズで応援しよう!

 

実は箱根駅伝にはグッズがあります。

協賛にミズノというスポーツメーカーがあるのですが、ミズノが毎年

箱根駅伝のグッズを販売しています。

 

ここに紹介しているのは2017年のものですが、スポーツメーカーという事もあり

グッズはランニングする時に使うキャップやシャツなど、ただの「応援グッズ」ではなく

実際にスポーツに使える実用品です。

 

このグッズを身に着けていれば、ぱっと見で「あの人は箱根駅伝が好きなのかな?」と

人に分かってもらえますし、グッズを身に着けて応援すれば選手との一体感を味わう事ができますよ。

 

箱根駅伝を見るのが大好きな人は、ぜひ箱根駅伝グッズを身につけて

より熱い応援をしてみてくださいね。

関東や他の地域での箱根駅伝の視聴率は?

ただの地方の大会とはいえ、多くの人が「お正月言えば箱根駅伝」とイメージするほど

ネームバリューがあるのが箱根駅伝です。

 

では実際は、箱根駅伝はどれくらいの視聴率を取っているのでしょうか。

ここでは中心地である関東は、関西を除く他の地域での箱根駅伝の視聴率を紹介します。

 

まず関東ですが直近である2017年の箱根駅伝の視聴率は

往路(1月2日)が27.2%、復路(1月3日)が28.4%とかなり高い数値になっています。

 

基本的に見る人が多いとされている7時代のNHKニュースの平均視聴率が19.8%なので、

民間放送とはいえNHKを見るような感覚で箱根駅伝を見ている人が

多いのではないでしょうか。

 

また、自分の地域の選手が全く出場していない九州や東北などの地域でも、

20%代の視聴率をキープしているようです。

 

関東以外の地方の人は、大学ではなく選手個人を応援している人も多いですね。

関連記事:干し芋の食べ方!レンジやトースターで温めると美味しい?

関西での箱根駅伝の視聴率は?

では、関西での箱根駅伝の視聴率はどうなっているのでしょうか。

 

実は関西での箱根駅伝の視聴率は2014年のデータでは16.7%となっており、

他の地域と比べるとかなり少なめの視聴率となっていました。

 

特に関西地方にはマラソンに強い大学も多く、

また箱根駅伝と同時に放映されている関西独自の面白い裏番組も多数ある為、

そこまで「箱根駅伝を見たい!」という人がいないのかもしれません。

関連記事:一本締めのセリフと掛け声!歓送迎会での挨拶の例文もご紹介!

箱根駅伝の優勝校は?

箱根駅伝は、往路と復路の距離の長さが違う為、

往路のタイムを競う「往路優勝」

復路のタイムを競う「復路優勝」

往路と復路の合計タイムを競う「総合優勝」

 

の3つの称号があります。

 

では、直近5年間のそれぞれの優勝校を見てみましょう。

 

【往路優勝】

2017…東洋大学

2016…青山学院大学

2015…青山学院大学

2014…青山学院大学

2013…東洋大学

 

【復路優勝】

2017…青山学院大学

2016…青山学院大学

2015…青山学院大学

2014…青山学院大学

2013…東洋大学

 

【総合優勝】

2017…青山学院大学

2016…青山学院大学

2015…青山学院大学

2014…青山学院大学

2013…東洋大学

 

往路復路ともにほぼ青山大学院が独占していますね。

 

次の箱根駅伝もこの通りになるのか、はたまたまたこの勢力図に変化が起きるのか

どうなるのか楽しみですね。

 

 

青山学院大学はなぜこんなに強いの?

 

2015年以降、箱根駅伝で優勝連覇中なのは青山学院大学です。

ですが青山学院大学は以前は、

どんなに頑張っても5位どまりという「絶対にトップにはなれない大学」でした。

 

それが急に優勝するようになったのは、原晋(はら すすむ)という人が

監督として指導し始めてからです。

 

この人は自身にも陸上経験があり現役時代はそれなりの成績を修めていたものの、

途中で故障してからは陸上から離れ普通の会社員として働いていました。

 

そんな「陸上と無縁の生活をしていた人」が監督になった途端、

どんなに頑張ってもトップになれなかった選手達が成績を伸ばし、

ついには優勝というカップまで手に入れます。

 

この本には、監督が選手たちにどんな言葉をかけたのか、

どんな組織改革を行ったのかが書いてあります。

普通のビジネス書としても勉強になるので、気になる人はぜひ読んでみてくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:八方塞がりと厄年の違いとは?重なることはあるの?

最後に

箱根駅伝は毎年全国ネットで放映される為に全国規模の大会だと誤解されがちですが、

実は関東の大学だけが参加できる地方の大会という扱いになっています。

 

ただそれでも、長い距離を頑張って走っている選手を見るのは楽しいですし、

つい応援にも熱が入ります。

 

今年もぜひ、箱根駅伝を楽しんでくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ