節分の玄関の飾り方!手作りできる?

節分といえば、豆まきや恵方巻きが

すぐに頭に浮かびますよね?

 

ところが節分には、豆まきや恵方巻き以外にも

「節分といえば」の風習飾りつけがあるそうです。

その名も「柊鰯」といって玄関に飾るのだとか!

 

今回はそんな節分の飾りつけ

「柊鰯」について調べてみました。

 

柊鰯の玄関の飾り方は?

手作りできるって本当?

 

一緒に見ていきましょう!




スポンサーリンク






節分の玄関の飾りつけ「柊鰯」とは?

節分といえば

「鬼は~外!福は~内!」の豆まきや

その年の吉方を向いて無言で

太巻き寿司を食べる恵方巻きが知られていますよね?

 

テレビなどでも目にすることも多いと思いますが

この豆まきや恵方巻きと並んで

昔から節分に行われている風習のひとつに

「柊鰯(ひいらぎいいわし)」と

呼ばれるものがあるそうです。

 

柊鰯、ご存知でしたか?

恥ずかしながら私は知らなかったのですが

柊鰯とは

 

焼いた鰯の頭を切り取って

柊の枝に刺して玄関に飾る

 

という風習で、これはなんと

平安時代から行われている風習になるそうです。

 

昔から日本には、門守(かどもり)といって

玄関や戸口などにお守りなどを飾って

災難が近寄らないようにする風習があるのですが

柊鰯もこの風習のひとつになるそう。

 

鰯を飾る理由としては、

鬼が鰯を嫌いだからという説と

鬼が鰯を好きだからという2つの説があり

ひとつずつ見ていくと

 

1、鬼が鰯を嫌いだからという説

鬼が嫌う鰯を焼くことで

鰯のニオイを遠くまで届けて

鬼が近づけないようにすることが目的で

柊については、それでも近づいてきた鬼の目を

柊の鋭いトゲで刺して退治することが目的。

 

鬼が鰯を好きだからという説

先の説とは反対に、鬼は鰯が大好物である為

鰯を焼いて鬼を玄関までおびき寄せて

近づいてきた鬼の目を、柊の鋭いトゲで刺して退治する。

 

などになるそうです。

 

どちらの説が正しいのかは

不明なのですが、いずれにしても

鬼を退治する為に玄関に

柊鰯を飾るようになったそうです。

 

また、昔は鰯ではなく鯔(ぼら)が

飾られていたそうです。

なぜ、鯔から鰯に変わったのかは

 

鰯の方が日本海域で獲れやすいから

節分の頃の鰯は脂が乗っていて美味しいから

鰯は焼くことでニオイや煙が大量に出る為、魔除けに良いから

 

などの説があるようですが

こちらも、どの説が正しいのかは

不明とされているそうです。

 

そもそも鰯には、良質なたんぱく質

DHAやEPA、カルシウム、タウリンなどが

豊富に含まれています。

 

鰯の頭は玄関に飾って身の方を食べることで

無病息災を願う意味もあるとも

言われているそうです。

 

また、柊鰯は地域によって

その呼び名が違うそうで

 

柊鰯(ひいらぎいわし)

焼嗅(やいかがし・やっかがし・やいくさし・やっかし)

柊刺し(ひいらぎさし)

 

などの呼び方があるそうです。

 

玄関に飾る際も、柊鰯と一緒に

 

大豆の枝の豆がら

枝や葉に悪臭があるトベラの枝

家内安全などのお札

 

などを添えることもあるそうですよ。




スポンサーリンク






節分の玄関の飾り方!柊鰯は手作りできる?

柊の枝に鰯の頭を刺して玄関に飾る、柊鰯。

 

昔から伝わる日本の風習ですから

節分の時期にはぜひトライしてみたいですよね。

柊鰯の意味を考えたり

お子さんと話しながら行うのもまた

心に残る素敵な節分になりそうです。

 

何より嬉しいのが

この柊鰯は家で手作りすることが可能!

作り方もとても簡単なので

今度の節分には柊鰯を

ぜひ手作りで作ってみましょう。

 

材料

・鰯 1匹

・柊の枝 30センチ~50センチ程度で葉が付いたもの

 

作り方

1、鰯をグリルなどで焼く

 

2、頭と身の部分を切り離す

 

3、鰯の頭を柊の枝でエラの方から目に向かって突き刺す

 

に、なります。

 

焼いて切って刺すだけなので簡単ですよね!

 

3の柊の枝の刺し方なのですが

エラから目に突き刺すことで

鬼の目を突くということを意味するそう。

 

鬼の目を突くと聞くと

ちょっと怖いイメージを抱いてしまいますが

これも節分の鬼退治の大切な風習!

しっかりと突き刺すようにしましょう。

 

また、鰯はスーパーなどで入手できるとしても

柊はどうすればいい?

疑問に思うところですが、なんと!

 

節分の時期になると

節分用に「豆が付いた枝と柊のセット」が

スーパーなどで市販されていることが

多いそうです。

 

節分の時期が近付いたら

スーパーをチェックしてみると

いいかもしれませんが

ネットでも市販されています。

 

リース状に作られた節分のお飾りがありましたよ!

 

節分飾り(大)

 

楽天で購入

 

 

無農薬の藁がリース状に編まれた

節分用のお飾りです。

大豆柄と柊もあしらわれているので

この柊に鰯の頭を刺せばOK!

 

藁のリースがちょっとオシャレな

感じがしますよね!

 

こちらのお飾りに鰯の頭を刺して

節分の時期に玄関へ!

 

しっかりと鬼退治をして

邪気を払ってもらいましょう。

 

節分は毎年訪れる行事!

 

お庭や玄関などにスペースがあれば

柊の苗を植えてしまうのもひとつの方法です!

 

 

オニヒイラギの苗を

植えてみてはいかがでしょうか!

 

オニヒイラギとはその名の通り

魔除けの縁起木として

玄関先に植えられることも多いそうです。

 

もちろん枝を切って

節分の柊鰯にも利用できますし

生け垣などにも利用されることが多く

11~12月には小さな白い花も楽しめます。

 

節分にも使えるオニヒイラギ!

家の縁起木として植えてみても

いいかもしれませんよね。

 

家の柊で節分の柊鰯を手作りすれば

節分の楽しみや重みが

グッと増しそうな気もしますよね。




スポンサーリンク





節分の玄関の飾り方!柊鰯の玄関の飾り方は?

柊鰯、節分に手作りできそうですか?

 

柊鰯の意味を考えながら

節分のお飾りを作る・・素敵な時間に

なりそうですが、手作りした柊鰯は

どのように飾ればいいのでしょうか。

 

玄関に飾るのがいいようですが

その飾り方は?

 

先の通り、柊鰯の風習である門守は

玄関や戸口などに飾るという風習になります。

 

節分の鬼も玄関から入ってくると

考えられている為、節分に手作りした柊鰯も

玄関・・出来れば玄関の外に

飾るのがいいとされているそうです。

 

具体的な玄関への飾り方としては

 

玄関の軒下からヒモなどで吊り下げて飾る

玄関先の門に括り付けて飾る

玄関の外に花瓶などを置いて挿して飾る

 

に、なるそう。

 

とはいえ、現在では節分の時期に

柊鰯を飾るという風習は

すっかり薄れてしまいあまり見かけないですよね?

 

私もこれまで一度も

見かけたことは無い気がするのですが

その為、近隣の方々へのご迷惑も気になるところです。

 

鬼を払う、または寄せ付ける為の

柊鰯ですので、かなりニオイは強いはず。

マンションにお住まいの方は

特にニオイも気になってしまいます。

 

そんな場合の飾り方としては

玄関の中でも良しとされているそう。

 

玄関の中であれば、先に挙げた

柊鰯と一緒に飾るといいとされている

大豆の枝の豆がらや、トベラの枝、お札などと

一緒に飾ることもできますよね!

 

また、こういう可愛い節分のお飾りと

一緒に飾ってもいいかもしれませんよ。

 

暦箱 節分

 

楽天で購入

 

 

節分用のミニチュアの室内用お飾りです。

 

可愛い小さな鬼面、おかめ面

豆入りの枡、豆3粒、敷紙

そして、柊鰯がセットになっています。

 

可愛いですよね!

 

玄関はもちろん、節分の時期に

リビングなどに飾っても素敵ですよね。

 

豆まきや恵方巻きもいいですが

可愛いお飾りを飾って

目で見る節分を楽しんでもいいかもしれませんよね。

節分の玄関飾りはいつからいつまで飾る?

手作りした節分の柊鰯やお飾りは

玄関に飾るのはいつからいつまでに

なるのでしょうか。

 

お正月のお飾りは、多くの方が飾られているので

ちょっと周囲を見渡せば分かりますが

節分のお飾りはあまり飾られている方がいない為

分かりにくいですよね!

 

実は、節分のお飾りをいつからいつまで

玄関に飾るかは、地域によって様々で

かなり違いがあるようです。

 

具体的に挙げてみますね

 

節分の当日だけ飾る

節分の当日から2月末まで飾る

節分の当日から1年間飾る

節分の当日から次の日まで飾る

節分の当日からひな祭りまで飾る

 

節分の当日から翌年の節分まで飾る

小正月(1月15日)から立春まで飾る

小正月の翌日(1月16日)から節分まで飾る

 

などになるそう。

 

様々ですよね!

中には、猫に食べられるまで

飾っておくという地域もあるそう。

 

ご家族や、地域の風習に詳しい方を探して

聞いてみるのが一番安心かもしれませんよね。

関連記事:節分の豆まきのやり方や作法!なぜ豆をまくのかついても詳しく解説!

節分の玄関飾りの処分方法は?

さて、節分に飾った手作りの柊鰯ですが

地域の風習に習って、そろそろ

片付ける時期になりました。

 

とはいえ、どう片付ければいい?

この柊鰯はどのように処分するのが

いいのでしょうか。

 

柊鰯などの節分のお飾りは鬼から私達を守ってくれた

大切なものになりますから

一般のゴミと一緒にポイ・・は避けたいところですよね。

 

昔は川に流していたようですが

それは現在ではNG!

 

節分の玄関飾りの柊鰯をどのように

処分するのが望ましいのかというと

 

神社などのどんと焼きでお焚き上げをしてもらう

自宅で灰になるまで焼いて玄関に盛る

自宅で灰になるまで焼いて玄関に埋める

 

などが、いいとされているのですが

どんと焼きの時期が節分後の柊鰯を

片付ける時期と重なるとは限らず

翌年のどんと焼きまで

待たなければならない可能性もあるそう。

 

また、大きな庭があれば自宅で

灰になるまで焼くことは可能ですが

住宅事情などから、近隣の方への

ご迷惑にもなる場合もありますよね?

 

なので、一番無難でありおすすめの処分方法としては

 

柊鰯は塩で清めて

半紙などで包んで自宅で処分する

 

という方法になるそう。

 

鬼などの魔物から守ってくれたという

感謝の気持を持って丁寧に清めて

お住まいのゴミのルールに従って

処分するようにしましょう。

関連記事:節分の由来や意味を子供向けに簡単に!起源はいつから?

節分の玄関飾りの柊鰯!どんな鰯がいい?

節分の玄関のお飾り「柊鰯」について

見てきました。

 

私は玄関に鰯を飾るという節分の風習を

全く知らなかったので、かなり驚いたのですが

昔から伝わる日本の大事な風習のようでしたので

次の節分にはぜひとも

この柊鰯を玄関に飾りたいと思います。

 

また、柊鰯ではないものの

西日本では「節分鰯」といって

節分には鰯を食べる習慣があるそうで

実は、節分と鰯はとても縁が深いようです。

 

そこで最後に、あまり知られてはいないけれど

実は節分の影の主役「鰯」について

調べてみましたので、紹介したいと思います。

 

まず、鰯の種類としては

 

マイワシ:よくスーパーなどで見かける、鰯の代表的な種類

カタクチイワシ:15センチほどの大きさでマイワシよりも細くて小さく

加工されてイリコとして使われることが多い

ウルメイワシ:目が大きく、マイワシやカタクチイワシに比べて大きい

 

などがあります。

 

節分の玄関のお飾りである柊鰯には

どの種類の鰯を使うのかというと

特に決まりはないそう。

 

鰯の種類は関係なく

スーパーなどで鰯をよく見て

「これだ!」と感じた鰯を購入して

玄関のお飾りにするといいそうです。

 

また、柊鰯は玄関に飾るのは頭だけで

身の方は食べるとされています。

そもそも鰯は、とても栄養価の高い食べ物で

DHAやEPAを含んでいる青魚であることから

 

血液サラサラ

記憶力、判断力アップ

認知症の予防

視力の改善

精神安定

 

などの嬉しい効果が期待できるそう。

 

また、タウリンや鉄分、カルシウムなども

豊富に含まれているので、節分の日には

ぜひとも鰯の栄養をしっかりと頂きたいもの。

 

おすすめの鰯の選び方としては

 

青くて艶がある

身の表面にハリがある

エラの色が紅色できれい

丸みを帯びている

脂がのっている

 

などの鰯がいいそう。

 

節分には、美味しい鰯を購入して

鰯の頭は鬼除けとして!

鰯の身は体への栄養として!

鰯の効果や効能を丸ごと頂くようにしましょう。




スポンサーリンク





関連記事:トイレマットは風水で必要?柄や色は?東西南北の方角別の運気アップの方法!

最後に

節分の玄関の飾り方について。

柊鰯と呼ばれる節分の

お飾りを中心に見てきました。

 

鰯は、私達の体に嬉しい効果が

たっぷりの食べ物でもあります。

次の節分は、ぜひ柊鰯を手作りで作って

美味しい鰯を頂くようにしましょう。

 

柊鰯の玄関飾りと

豆まきと恵方巻きと鰯料理!

心強い鬼除けになりそうですよね。

 

日本の風習を大切に

心に残る楽しい節分をお過ごしくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ