厄払いのマナー!支払いや服装・のし袋などについて徹底解説!

皆さんは“厄払い”行っていますか?

 

毎年は行かないけれど,

「厄年だから厄払い行かなきゃ」と

 

厄年には厄払いに行く,

という方が多いと思います。

 

人の一生のうち数回訪れる厄の年だけ

厄払いに行く,という方々のなかには

厄払いの支払いや相応しい服装など,

厄払いのマナーが不安...

という方も多いのではないでしょうか?

 

今回は,厄払いのマナーについて

 

祈祷料の支払いやのし袋の書き方,

厄払いを受けるときに相応しい服装

などをまとめました!




スポンサーリンク






厄年とは?厄払いとは?基本情報まとめ

厄年は,「災難や災厄が降りかかりやすい年」

と言われていて,体調を崩すなど

良くないことが起きやすいと言われています。

 

厄年は,人の一生のうち

男性は3回,女性は4回訪れます。

 

男女で厄年の年齢が異なっていて,

男性は25歳,42歳,61歳

女性は19歳,33歳,37歳,61歳

が“本厄”とされています。

 

特に男性の42歳,女性の33歳は

“大厄”とされ,

最も厄が重いと言われています。

 

また,本厄の前後1年は,それぞれ

“前厄”,“後厄”とされており

本厄とまでは行かなくとも

注意が必要な年と言われています。

 

そして,人に降りかかる厄を

祓うために行うのが

“厄払い”と言われる祈祷です。

 

厄払いに対する考え方は人それぞれで,

前厄・本厄・後厄すべての年で

厄払いに行く方もいれば,

そもそも厄年を全く気にしておらず

一度も厄払いに行ったことがない,

という方もいます。

 

必要以上に厄を気にし過ぎるのは

かえって厄を招くことがあります。

 

多くの人にとっては,

厄払いは「厄を祓った」という

精神的安心感の役割が大きいでしょう。

 

厄払いは地元の神社がいい?有名な神社で受けるのは?

厄払いをしていただく神社は,

自分が育った地域の神様である氏神様

がいらっしゃる神社でしていただくのが

望ましいとされています。

 

厄払いで有名な神社が遠くない距離に

あるならば,そちらでも問題はありませんが,

無理に厄払いで有名な神社へ行こう,

とは思う必要はありません。

 

自分が育った地域で守ってくださっている神様

に祓っていただく方が,良いと思いますよ。




スポンサーリンク






厄払いのマナー!祈祷料の支払いの相場は?

厄払いを受けるときには,

お祓いをしていただく神社へ

祈祷料を支払います。

 

祈祷料は神社によって違います。

 

祈祷料の相場としては,通常

5,000円~10,000円となっています。

 

公式のHPがある神社ではHP内に

「祈祷料は○○円~」と提示しているので,

その提示に沿って祈祷料を用意しましょう。

 

また,事前に神社へ尋ねるのも良いと思います。

実際,事前に電話で尋ねる方は多いですよ。

 

祈祷料の支払い場所についても,

神社によって異なります。

 

HPを持つ神社へ厄払いに行くならば,

事前にHPを良くチェックしておきましょう。

電話で聞いておいても良いですね。

 

厄払いで事前に調べておいた方が良いことは?

いざ,厄払いを受けようと神社へ行く前に

調べて確認しておいた方が良い事柄は,

祈祷料の金額や支払い場所のほかにもあります。

 

厄年の年齢とお祓い時期

厄年の年齢が地域や神社によって

多少違うことがあります。

厄年を数え年と満年齢のどちらで

考えているかにより違いあり注意が必要です。

HPで確認しておきましょう。

 

厄払いの日時の確認と予約

厄払いをしていただく神社が決まったら,

神社へ予約の電話をしておきましょう。

そうすることで,神社側から

詳しい案内をしていただけます。

 

このときに一緒に,祈祷料の金額や

当日の服装を確認すると良いと思います。

厄払いのマナー!のし袋の書き方は?

厄払いのときに支払う祈祷料は,

基本的に紅白の蝶結びの水引があるのし袋に入れます。

 

祈祷料を入れるのし袋には,

まず水引の上部中央に

“御初穂料”または“玉串料”と書き,

水引の下部中央に,上部の字よりも小さい字で

自分の氏名を書きましょう。

お寺での厄除けの場合は,“お布施”と書きましょう。

 

のし袋の裏面下部には,

中に入っている金額を書きましょう。

 

祈祷料としてのし袋に入れるお金は

新札を入れるのが良いでしょう。

 

新札は,銀行で両替することが出来ますが

手数料がかかってしまうことがあるので,

普段から折り目のない綺麗なお札を

貯めておくと良いと思います。

 

祈祷料のほかにも,

慶事関係の祝い金やお年玉などで

折り目のないお札が必要になるので,

普段から集めておくのは良いと思いますよ!




スポンサーリンク





関連記事:八方塞がりと厄年の違いとは?重なることはあるの?

厄払いのマナー!厄払いに相応しい服装は?

厄払いを受けるときの服装は,

スーツなどの正装が良いと言われてはいますが,

厄払いを受ける格好に明確な決まりはありません。

 

しかし,神社やお寺で厄を祓っていただく

神様や仏様に対して敬意を示す格好,

である必要があります。

 

男性は,襟・ネクタイ付きのシャツに

無彩色のズボン,といった格好,

女性は,襟付きのシャツに無彩色のスカート

または落ち着いたワンピースが無難でしょう。

 

「この格好は大丈夫かな...?」

「このシャツ,ワンポイント飾りがあるんだけど...」

などと迷うならば,スーツで行くのが

個人的には一番良いと思いますよ!

 

フォーマルな場,という意識を持った

恰好を心がけておきましょう。

 

厄払いに相応しくないNGな服装とは?

「これは落ち着いた服装だから

大丈夫だろう。」と思っていても

NGと判断される服装をまとめました。

 

「普段着でOKですよ」と言っている

神社でも断られる可能性のある服装を

中心にご紹介していきます。

 

帽子やコート・マフラーはNG

 

厄払いを受けに神社へ行くときは構いませんが,

厄払いを受ける本殿内では取りましょう。

これは,厄払いに限らない,一般的なマナーですよね。

 

厄払い中は外すから,といって

派手なコートを着ていくのも避けてくださいね。

 

また,忘れがちになるのが“マスク”です。

季節によっては花粉症などで

マスクが手放せない場合もありますが,

厄払い中は一時的には外すようにしましょう。

 

短パン・裸足はNG

肌の露出が多い恰好は避けましょう。

女性のミニスカートはもちろんのこと,

男性も短パンを着て行くのは控えましょう。

 

男性も女性もズボンやスカートの丈には

気を付けて,神前で肌の露出を避けてください。

 

また,女性のスカートでは

ストッキングの着用で

肌の露出を控えるのが好ましいです。

 

そして,厄払いの祈祷を行う本殿では

靴を脱いで建物内に上がるので,

裸足は避けてください。

 

そもそもサンダルは厄払いへ行く格好として

カジュアル過ぎるので控えましょうね。

 

ゴチャゴチャするアクセサリーはNG

アクセサリーはシンプルなものは

付けて行っても大丈夫です。

 

ただし,あまりにもキラキラピカピカした

ものや大きいもの,ジャラジャラ音がするもの

などは,避けてください。

 

アクセサリーを付けて行くならば

シンプルなアクセサリーにしましょう。

 

中には,アクセサリー型の厄除けなども

あるので,一緒にお祓いを受けて

お守りとして身に付ける,

という方もいらっしゃいます。

 

クリスタル水晶は,パワーストーンとして

幸運を運ぶとされています。

デザインも綺麗な六角柱で

シンプルなので普段使いできそうです。

 

一緒に厄払いを受け

その後お守りとして身に付けると

一層の効果がありそうですよね!

 

死を連想させる毛皮素材はNG

 

神様は穢れや不浄を嫌うので,

死を連想させる毛皮や動物のファーが

付いた服装は避けましょう。

 

神社ではそこまで厳密に拒否される訳では

ありませんが,お寺での厄除では

殺生がタブーとされているので,

死を連想させる素材を使った服は控えましょう。

 

ただし,革靴やベルトは革を使ってはいますが,

一般的にビジネスにフォーマル用として

使われているので例外的にOKとなっています。

 

派手な色の服装はNG

あまりに派手な色や柄物の服装は

神社へ参拝する格好として

相応しくありません。

 

神社へ行く際は,シンプルで大人しい

色の格好を心がけるようにしましょう。

関連記事:厄落としとは?意味や方法を徹底解説!

 

冬の寒い季節はどうすればいい?

厄払いは,正月から節分までの間に

行っていただく方が多いと思います。

 

まだまだ寒い冬の時期では,

寒さ対策も必要になってきます。

 

なかには,神社側で暖房器具を

用意していただけている場合もありますが,

自分自身の対策も必要になります。

 

貼るカイロを貼っておく

暖かい機能性インナーを着ておく

靴下を2枚重ねで履く

 

などで,寒さ対策を行ってください。

 

くつ下用のカイロなども寒さ対策に良いと思います。

くつ下用の貼るカイロは通勤・通学中も足元を暖め,

普段使い用にも使いやすいので,

まとめ買いしておいても良いですね!




スポンサーリンク





関連記事:厄除けのお守りはいつまで効果がある?複数持ってもOK?

最後に

今回は,厄払いでのマナーについて

祈祷料や服装についてまとめました!

 

厄払いには,厄年のときに行くだけ

という方にとっては,

厄払いでのマナーは難しいものですよね。

 

知らず知らずのうちに神様の前で

マナー違反となってしまわないか

不安になると思います。

 

事前の確認を怠らないようにして

正しい方法で厄払いを受けられるよう

準備しましょうね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!



スポンサーリンク

サブコンテンツ